2009年11月05日(木)

目もとの若返り①

テーマ:アンチエイジング

今回は気になる目もと


そう!目もとの若返りをご説明します。



目もととは、


目の上目尻目の下などを指しますが、


年齢を重ねると、この部位に老化のサインが現れます。



今回の症例は、


ヒルズ美容ステーション


目もとの若返りを希望され、来院されました。


では・・・このような場合、


どのようにすればスッキリした目もとになるのか!?



その前に、


どのような老化現象があるのか?


またどのような施術があるのか?をご説明します。



目の上であれば、やはりたるみですね。


たるみによって、まぶたは下がり、視野が狭くなります。



また目尻であれば、


笑ったりすることで、“カラスの足”と呼ばれる表情じわが出来ます。



そして、


目の下には小じわ、たるみ、クマなどが出現し、


お顔を暗い印象に変えてしまいます。




ではそれらを改善するにはどうすればいいでしょうか?


少し簡単に説明します。



目の上であれば、


切るのは>>>NO!・・・であれば、埋没法(まいぼつほう)がオススメです。


      ただし、たるみが軽度の場合が良い適応でしょう。


切るのは>>>YES!・・・であれば、切開法(せっかいほう)がオススメです。




目尻のシワにはあまり大きな施術はありません。


どちらかと言えば、注射系によるプチ整形が人気です。


表情じわを出来にくくするのであれば>>>ボトックス


出来てしまったシワを埋めて目立たなくするのであれば>>>ヒアルロン酸


・・・がよいでしょう!




最後に目の下ですが、


ここは様々な方法があります。


シワが一番気になるような場合で、


切るのは>>>NO!・・・であれば、シワを埋めるようなヒアルロン酸がオススメです。


切るのは>>>YES!・・・であれば、切開法(様々な方法があります)がオススメです。



また、たるみやクマが一番気になるような場合には、


まぶたの側から施術を行う方法(腫れも少なく、抜糸も不要です)


まぶたの側から施術を行う方法


・・・があります。


    ただし、側から施術は、目の下の脂肪が主に原因となっている場合が良い適応です。


いずれの場合もやはり切開法は腫れや内出血が改善するまでに時間がかかります。




今回の症例は、


そんな目もとを気にされ来院された患者さまです。


改善すればよくなるであろうポイントを


写真の中に矢印で示します。


ヒルズ美容ステーション



ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


改善できるポイントは、特に・・・


まぶたのたるみと目の下のクマ・たるみですね。


特に目の下のたるみは、


上方視した際に前方に飛び出してくる脂肪に原因がありそうです。



患者様は・・・


「仕事もあるので、切開におる施術は避けたいし、


   見えるようなところに傷をつけたくない。


      でも、目もとをスッキリ若返りたい・・・できますか???」


・・・というご希望でした。



では、、、


今回のような場合、


上記に説明した・・・どの方法を利用し、


そして、


どのような施術をしたのか・・・


次回ご説明しますね。



                          丸山成一











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。