2009年08月31日(月)

刺青切除~その後の傷跡の経過~

テーマ:イレズミ治療

今回は刺青を切除(せつじょ)したあとの・・・


そう!


気になる傷跡(きずあと)の経過のお話です。



現在ヒルズ美容クリニックでは、


レーザー(Q-スイッチルビーレーザー)治療と、


手術(切除術や植皮術など)によって刺青を治療しています。


レーザーは切ることや縫うことなく施術できますが、


取れるまでに回数がかかります。


一方、手術は大きなものでない限り、1回で取り除くことができますが、


その後の傷跡が心配です。


それぞれメリット、デメリットがあるわけです。



では、その刺青を手術(切除)した場合、


その後の傷跡がどのように変化していくのか・・・


経過を一緒にみていきましょう!


*以前に紹介した刺青(いれずみ)治療のお話です。


     刺青切除~このような場合はどうデザインするか?(詳細は>>>こちら


・・・でした。


この症例の傷跡が、その後どのように変化したか説明します。


ヒルズ美容ステーション

手首に星形の刺青があります。


これを切除して、縫合した状態です。


ヒルズ美容ステーション

前回はここまでしたね。



ところで、


一度ついた傷はもと通りの皮膚にもどるわけではありません。


形成外科医は、


そのついた傷をいかに目立たなくするか・・・


そこに真価が問われます。


また、一度ついた傷はどの部分も同じように治るのか???


・・・そういう疑問をお持ちの方もいらっしゃいます。


傷は場所によって、はやくから目立たなくなるものもあれば、


時間をかけてゆっくり目だたなくなっていくものもあります。


特に、よく動かす場所は、


傷が目立たなくなるまでに時間がかかります。


このことを患者様にはしっかり説明しておく必要があります。



これは施術後1ヶ月の状態です。

ヒルズ美容ステーション

まだまだ傷は赤いですね。


傷の周りに色素沈着も認めます。



これは施術後2ヶ月の状態です。


ヒルズ美容ステーション


少し赤みは落ち着いてきましたが、


色素沈着を認めます。



これは施術後4ヶ月の状態です。


ヒルズ美容ステーション

母指(おやゆび)側の色素沈着は改善してきました。



これは施術後7ヶ月の状態です。


ヒルズ美容ステーション

この時期になって、色素沈着は改善し、


傷跡も目立たなくなりました。



この手首のようなよく動かす場所でも、


傷のケアー(施術後のテーピングなど)をしっかりしていれば、


3~6ヶ月で綺麗になります。



最近何かと話題の刺青(いれずみ・タトゥー・入れ墨)ですが、


一度入れてしまうと、


それを消したいときには、なかなか簡単には消えません。


気軽にお洒落感覚で入れるのかもしれませんが、


皮膚を傷つけるわけですから、


立ち止まってよく考えましょう!



                         丸山成一








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。