2009年02月15日(日)

顔面の黒子治療~施術法の選択~

テーマ:形成外科

今回は黒子治療のお話です。



黒子は


顔、体、どこにでもできます。


小さいものあれば、


大きいものもあります。


小さいものはレーザー治療で十分取り除くことができますが、


大きなものになると、切除術も選択肢になります。


もちろん黒子の存在する場所によっては施術法に違いも生じます。


また、


レーザー治療はご存知のように、


傷を残さず黒子を取り除くことができます。


しかし、多くの人は


黒子をレーザー以外で取り除いた場合・・・


つまり、メスで切除した場合、


『傷跡が目立つのでは???』


と思われているようです。


しかし、形成外科医はメスを使用して切除しても


ほとんど傷跡を残さないように取り除く工夫も行っています。



顔面の以下に生じた黒子を


レーザーと切除術・・・


というように別々の方法によって取り除いた例をみてみましょう。


①鼻(鼻翼部)     *写真をクリックすると拡大します


ヒルズ美容ステーション  
                 (頭側からのVIEW)


鼻翼部は局面になっていて、皮膚の余りはほとんどなくシワもありません。


またこのような局面で丸い傷をそのまま縫合した場合、


前々回に説明したdogear(>>>dogearのお話 )が生じるでしょう。

またシワもないので、縫った傷がシワに沿うこともなく、


きっと目立つでしょう。


そこで、CO2レーザーで治療しました。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション
▼CO2レーザー治療


確かに傷跡は残りません。



②目(下眼瞼)       *写真をクリックすると拡大します

ヒルズ美容ステーション  

目の下の黒子です。


目の下はシワがあり、また皮膚に余りがあります。


このシワと皮膚の余りを利用すれば、


黒子を切除してもほとんど目立ちません。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション
▼切除術


よくみれば傷跡のようにも見えますが、


シワになじんでいるので目立ちませんね。


黒子一つを取る場合も、


その大きさや場所によって、


正しい施術法を選択すれば、


目立たないようにすることが出来るわけです。




                  丸山成一















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。