2008年09月28日(日)

光治療によるシミ治療の考え方③

テーマ:シミ・美肌 フォトフェイシャルファースト

前回までは光治療の考え方を述べてきました。


では・・・


今回はその光治療において、、、


“1回でどのぐらいシミがとれるのか?”


   あるいは


“どの程度薄くなるのか?”


・・・をみてみましょう。



まず・・・


前回の復習ですが、


ダウンタイムは約1週間程度です。


  

いくつかのシミの部分が薄いかさぶたになり、


とれかかっています。(施術後6日目の状態)



では本題に入っていきますが、


一番知りたい情報は・・・


「先生・・・シミは1回でとれますか?」


この問いかけなのです。。。



では症例を供覧しましょう。。。


*以下の写真は全てフォトフェイシャルファーストを1回行っただけの症例です。


   そして、どの症例も上記程度のダウンタイムです。


▲頬のしみ(光治療は頬全体+シミの部分照射のコンビネーション治療)


  


薄くはなりましたが、1回では完全にとれていません。残っています。



▲鼻根部のしみ(光治療は頬~鼻にかけて+シミの部分照射のコンビネーション治療)


  


いくつかのシミはとれています。もちろん残っているものもあります。




▲目尻のしみ(光治療は顔全体+シミの部分照射のコンビネーション治療)

  


薄くなっています。ほぼ1回でとれたと言っても過言ではありません。



いずれの治療も光治療を1回終えた状態です。


この状態を患者様がどの程度満足され、


あるいはまだもう少し治療しようと思うか・・・は


人それぞれの考え方もありますので、


何ともいえません。


ただ、、、


シミにも“シミの個人差”があるわけです。




フォトフェイシャルファーストを使用した光治療で、


ある程度ダウンタイムを短くして、


出来る限り少ない回数でシミをとる!


ということを試みてきました。


今回のように、


ダウンタイムはテープや絆創膏をはるようなこともなく、


比較的短い期間ですみました。


またシミへの効果ですが、


様々な部位、


あるいは同じ人の肌のなかでも、


1回でとれる、あるいは薄くなるシミもあれば、


1回でとれないシミもあることもわかりました。



いずれにせよ・・・


シミの治療を行う場合、


その治療の特性や経過など


患者様に誤解を与えないように


しっかり説明し、


納得してもらったうえで治療をおこなう必要があります。



                           丸山 成一



*フォトフェイシャルファースト


詳しくはこちら→フォトフェイシャルファースト

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。