2008年08月25日(月)

目の上のたるみ~眉毛下切開法~

テーマ:目の上たるみ治療

さて・・・


今回は目の上のたるみとりのお話です。


加齢によってまぶたが下がってくると、


●視野が狭くなる


●まぶたを上げるときに、おでこを使うので、余計にしわがふえた


●頭痛や肩こり


などなど様々な症状がでてきます。


そのような場合、


目の上のたるんだ(余った)皮膚を取り除くことで改善します。



ヒルズ美容クリニックでは、


目の上のたるみとりの手術を行う場合、


眉毛の下で皮膚のたるみをとる方法


まぶたで皮膚のたるみをとる方法


以上の2通りの方法で手術しています。



では・・・


イラストと写真をおりまぜながら説明していきます。


まずは


眉毛の下で皮膚のたるみをとる方法です。


この方法はずいぶん前にも説明しましたが、


イラストなどを追加し、もう一度説明します。



症例は、もともと一重まぶたで、


目の上が腫れぼったく、


更に・・・加齢によって瞼が下がり、視野が狭くなってきた。


「目の上をスッキリさせてほしい」・・・とのことでした。




確かに目の上が腫れぼったいですね。


また、目から眉毛までの間の幅が広いように思われます。



手術は局所麻酔で行います。





デザインです。


眉毛の下で皮膚をとる量を決めます。



皮膚を取り除きます。


必要に応じて脂肪も取ります。




眉毛の下に縫合線がきます。


    *まぶたに傷はつきません。





症例でみてみると・・・


  


特に①と②のホクロの位置に注目して下さい。


②のほくろは上に上がり、


①のほくろは完全に無くなっていますね!


それだけ皮膚が余っていて、


その余った皮膚は取りきれたということです。


目と眉毛の幅も狭くなり、自然な目もとになりました。


傷跡も目立ちません。


次回は②のまぶたで皮膚のたるみをとる方法を説明します。


                              丸山成一










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。