2007年06月11日(月)

目の上の脂肪とり

テーマ:目のその他の施術

今回は目の上の脱脂(脂肪取り)のお話をしましょう。


日本人は腫れぼったい「まぶた」をしていると言われています。


目の上が腫れぼったくなる原因は様々ですが、


その1つとして、目の上の脂肪が原因で、


腫れぼったく見える場合があります。


これを改善するためには、大きく切開して脂肪を少し取り出す方法があります。


しかし、患者様の中には


「そんなにたくさん切りたくない!」・・・


・・・とおっしゃる方もおられます。


そこで、小さな穴(約1.5mm)から脂肪を取り出す方法をご紹介します。


イラストと写真でご紹介しましょう。



図1は「上まぶた」の断面図です。


施術は局所麻酔で行います。


二重のラインに、約1.5mmの穴を開けます。


そこから図2のように指で軽く「上まぶたを押しながら、脂肪を取り出します。


下には実際の写真をしめします。
  



脂肪の中を走る毛細血管を丁寧かつ確実に止血し、慎重に取り出します。


この操作を確実にすることで、施術後の腫れが少なくなります。


穴のところは縫合しません(図3)。


希望があれば、この操作の後に、


二重まぶた(埋没法)を行うこともできます。



いかがでしたか?


こんな小さな穴からでも、脂肪を取り除くことができるわけです。



                           丸山 成一













AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。