ちょっと暖かくなったり、冷え込んだり、

気温の変化が急な毎日ですねえっ


カゼインフルエンザカゼも猛威を振るっているご様子。

皆様は予防接種は済ませましたかはてなマーク


私は………。

ご想像にお任せします。


それはさておき、動物にも人のインフルエンザのように

季節によって起こりやすい病気があります。


今の時期に起こりやすいのは、猫の下部尿路疾患ですブタネコ



Q下部尿路疾患とははてなマーク


下部尿路とは膀胱や尿道を指しており、

下部尿路疾患とは膀胱や尿道に発生する病気の総称です。


膀胱炎尿石・尿結晶の出現などが多く見られます。


にゃーはもともと砂漠で進化した動物ですので、

水分をそれほど多く採らなくても良いように設計されています。


濃縮した少量のおしっこを出すことで、

体からの水分の喪失を防いでいるんです。


しかし、体とは中々上手くいかないもので、

この利点が、下部尿路にとっての欠点となることがあり、

それが下部尿路疾患として現れます。



Q原因ははてなマーク

膀胱炎や尿結石・尿結晶によって症状が出ます。


病気を引き起こす原因として主に以下のような原因が考えられています。


●食事中のミネラルの過剰摂取による尿石・尿結晶の形成

●食事内容や体質による尿pHの変化

●室内飼育での運動不足・肥満、水分摂取量の低下

雪寒さ雪による運動不足、水分摂取量の減少、

トイレ回数の減少


冬に起こりやすい理由が一番下にありますね雪


※ pHとは酸性・アルカリ性の基準値のことです。



Q性別や年齢は関係あるのはてなマーク

性別では、男の子に多く認められます。


ストルバイト尿石症は7歳以下で起こりやすく、

シュウ酸カルシウム尿石症は7歳以上で発生が多いようです。

アップストルバイト結晶アップ



Qどのような症状が出るのはてなマーク

血尿トイレへ行く回数の増加(頻尿)

などが認められます。


トイレ以外で排尿をすることもあります。


また、尿結晶や尿石によって尿道が詰まってしまうことを

尿道閉塞と呼びます。


尿が出ない状態が長時間続くと急性腎臓病

起こる可能性があるため、非常に危険な状態です。



Qどのような治療をするのはてなマーク

抗生物質消炎剤など症状に合わせた治療を行います。


尿石や尿結晶については療法食を用いて治療を行いますおにぎり


ストルバイト尿石症は尿pHがアルカリ性に傾くと出現するため、

療法食によって酸性領域に戻すことで溶解させることが出来ます。


大きな結石が存在する場合、

外科的な摘出を行うこともあります。


適切な食事管理、運動、水分摂取、肥満の改善など

ホームケアも非常に重要です。


また、ネコトイレが汚れていると排尿を我慢する

傾向にありますので、排尿や排便の後は出来るだけ早く片付け、

トイレを清潔に保つことが重要です。




これらの病気でお悩みだったり、気になる症状がある場合、

お気軽にお問い合わせ下さい。


さいたま博通り動物病院
〒360-0015
埼玉県熊谷市肥塚1-6-35
電話:
048-577-3774
URL:http://www.saitamahaku-vc.com/

【診療時間】
月~木、土; 9:00-12:00、16:00-19:00
日; 9:00-12:00
休診日:金曜、祝日













AD