犬の皮膚病

テーマ:

動物病院で1番の悩み…と言えば、病院ごとにそれぞれですが、

普段から1番多く診察する病気は?と聞かれれば、

それは皮膚病ではないでしょうか。


皮膚病は主にわんわんで診察機会が多いため、

今週はしっぽフリフリの皮膚病をテーマにお話ししたいと思います。


皮膚病の症状はそれぞれ差はありますが、

大まかに列記すると以下の通りです。

アメーバ赤みがある

アメーバかゆい

アメーバ毛が抜ける

アメーバフケが出る

アメーバ黄色いカサブタが出来る

アメーバベタベタしている


わんわんの皮膚に悩まれる飼い主様はとても多いのですが、

我々獣医師も、皮膚病に対しては非常に悩みます。


理由は非常に明快で、治療が困難な皮膚病が多いからです。


もちろん、お薬を一度飲めば治ってしまう、そんな皮膚病もあります。


しかし、悩んでいらっしゃる飼い主様のわんわんは、そうではありませんね。


幾つかの動物病院を回るうちに、

大抵の子は標準的な治療を受けています。


そのため、治りづらい子には新しい治療を模索する必要があります。


まだ行っていない治療を見つけるための手段として、

お話を十分聞くことから治療が始まります。


1 皮膚病の回数、期間

アメーバ初めての皮膚病か、2回目以上か?

アメーバ症状が出て、どのくらい経っているか?


2 お薬を使用しているか?

アメーバ抗生物質の使用の有無、薬剤の種類、内服量

アメーバかゆみ止めなどに何を使っていたか?

アメーバその他に使用していた薬が無いか?


3 スキンケアの有無

アメーバシャンプーの種類、回数

アメーバサプリメントの使用があるか?


4 食事、おやつの種類


以上のようなお話を伺い、動物の状態と照らし合わせながら、

治療やスキンケアを決めていくのですが、

治りづらい子にはこんな検査をご提案しています。


キノコ 細菌培養検査
さいたま博通り動物病院     さいたま博通り動物病院

アップ細菌性の皮膚炎に罹っている場合、

どのような菌が原因で、どのような抗生物質が効くかを検査します。


キノコ アレルギー検査
さいたま博通り動物病院

アップアレルギー性皮膚炎が疑われる場合、

現在、どのような物質にアレルギーを示しているか

また、食事をどのように選ぶべきかを検討します。


ちなみに、病院で毛を抜いて検査するだけで、

こんなものが出てきたりしますので、

ちょっとした検査であっても疎かにすべきでは無いですねあせる
さいたま博通り動物病院

アップニキビダニ(デモデックス、アカラスとも呼ばれます)



ひと口に皮膚病と言っても、原因によって様々に分かれますので、

今回は大まかにご説明しました。



このような皮膚病でお悩みの方がいらっしゃいましたら、

お気軽に当院までお問い合わせ下さい。


どうしても治りづらい場合、皮膚科専門医をご紹介することも可能です。




さいたま博通り動物病院
〒360-0015
埼玉県熊谷市肥塚1-6-35
電話:
048-577-3774
URL:http://www.saitamahaku-vc.com/


【診療時間】
月~木、土; 9:00-12:00、16:00-19:00
日; 9:00-12:00
休診日:金曜、祝日




AD