朝日新聞デジタルのニュースで、

マダニ媒介ウイルスの飼い犬への感染が取り上げられています。


●マダニ媒介ウイルス、身近な場所にも 飼い犬の感染確認

http://www.asahi.com/tech_science/update/0920/OSK201309200027.html


昨年から度々世間を騒がせるこのニュースですが、

ついに私たちに一番近い存在であるわんわんから感染が確認されました。


山口大学の調査によれば、山口、宮崎、熊本の3つの県において、

飼いわんわんの1割強でSFTSウイルス抗体値が強陽性と、

好ましくない状況が認められたようです。


ただし、この病気については分かっていないことも多く、

感染したわんわんが病気を発症するかどうか不明で、

わんわんから男の子女の子への感染例も報告されていません。


海外では野生動物から、このウイルス感染が確認されているため、

わんわんから見つかるのも時間の問題かと言われていましたが、

残念ながらその通りになってしまいました。


現時点で私たちがわんわんに出来る予防は、

1マダニが潜む草むらにはわんわんを近付けない

2マダニの予防・駆除薬を使ってわんわんへの寄生を防ぐ

…この程度しかありません。


また、私たちが感染しても病気を発症することが無いよう、

食事、運動、睡眠を適度に取ることによって、

体力低下を招かないようにする日頃からの努力も

大切なのではないか、と思います。


過去にこの病気に触れた記事がありますので、

病気についての詳細はこちらをクリックしてご覧下さい。

↓↓↓

マダニからの病気について


ちなみに今回はわんわんで調査された結果ですので、

にゃーについてどうなのかはまだ明らかになっていません。


100%室内にいるにゃーは問題ないのでしょうが、

室内外を自由に出入りできるネコは、

マダニに吸血される危険性がありますので、

はっきりしたことが分かるまでは、マダニの予防をおススメ致します。



さいたま博通り動物病院
〒360-0015
埼玉県熊谷市肥塚1-6-35
電話:
048-577-3774
URL:http://www.saitamahaku-vc.com/


【診療時間】
月~木、土; 9:00-12:00、16:00-19:00
日; 9:00-12:00
休診日:金曜、祝日


AD