宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!

宇宙は自分の目の前まで繋がっている 宇宙からの愛はみんなに燦々と降り注いでいる


テーマ:

西村玉翠個展

第7回玉舎書院社中展

玉舎書院社中三人展


* * * * * * * * * * *


GINZA TANAKA HALL 4F/5F

10月9日(木)~14日(火)

11:00~19:00(最終日は~17:00)






お友達が 参加しますのでいけたらいいなと思います♪

とてもお洒落で 現代風の書も多いのです v(^-^)v


* * * * * * * * * * *


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2008/8/11

「OMA/Rem Koolhaas メモ63」  OMA/Rem Koolhaas メモ
El croquis AMOMA REM KOOLHAAS 134/135

Rem Koolhaas(レム・コールハース)
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=Rem+Koolhaas&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi
You Tube(Rem Koolhaas)
http://jp.youtube.com/results?search_query=Rem+Koolhaas&search=%E6%A4%9C%E7%B4%A2
Beatriz Colomina(ビアトリス・コロミーナ)
http://en.wikipedia.org/wiki/Beatriz_Colomina

P.360
B.C.:あなたは建築家になる前はジャーナリストだった。あなたはジャーナリズムの学校に行かなかったの?

R.K.:行かなかった。

B.C.:あなたは真直ぐに高校を出てから執筆の仕事に就いたの?またそれは何処で?

P.362
R.K.:週刊誌のハーグ・ポストで。人々が十分に理解していないことは、60年代の初頭にはある社会的地位から別の社会的地位へ動くことはあまりにも容易だったということである。誰もCVが何だったか知らない。人々は過去ではなく前途にある生活(人生)に興味があった。

B.C.:あなたはどんな種類の記事を書いたの?

R.K.:すべてだ。アートやスポーツや社会学や政治や著者等・・・。私はインタヴューをした、幾人かの建築家達や、幾人かの映画制作者やフェリーニについてのカバーストーリーについて。映画は私の主な興味だった。

Federico Fellini(フェデリコ・フェリーニ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B

B.C.:どの建築家にあなたはインタヴューしたの?

R.K.:ル・コルビジュエだ、しかしそれはとても短い記事だった。

B.C.:ル・コルビジュエ?どの機会に?

R.K.:彼の人生の本当に最後に、彼はオランダで賞を勝ち取った。彼は完全に近づきがたく、はっきり意見が言えなかった。彼は「imitating Le Corbusier ル・コルビジュエをイミテーション(模倣)している」状態へ行った、左手で「フェルメールの光」を示し、右手で「ゴッホの光」を示しながら。それはとてもモダン(近代的な)建物だった。それがすべてだった。私はそれが殆ど終わりに近いと思った。いつ彼が死んだのか・・・?それは1964年だったにちがいない。そしてWijdeveldと呼ばれる建築家、20世紀からのオランダの幻視者(先見者、夢想家)、そしてコンスタン。

Le Corbusier(ル・コルビジュエ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%A5%E3%82%B8%E3%82%A8

Johannes Vermeer(ヨハネス・フェルメール)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB

Vincent van Gogh(フィンセント・ファン・ゴッホ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%9B

Hendrik Wijdeveld
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&client=firefox-a&channel=s&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&q=Hendrik%20Wijdeveld&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi

Constant Nieuwenhuys(コンスタン・ニウヴェンホイス)
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&um=1&hl=ja&lr=&inlang=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=Constant+Nieuwenhuys&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5
http://en.wikipedia.org/wiki/Constant_Nieuwenhuys
New Babylon(ニュー・バビロン)
http://www.digischool.nl/ckv1/studiew/destad/constant/babylon.htm
http://fr.wikipedia.org/wiki/New_Babylon

→コールハースが、このハーグ・ポストで記者をしている1966年に、美術批評家Betty Ban Garrelとともにコンスタンへのインタヴューが行われた。(井戸)

B.C.:あなたのお父さんである、アントン・コールハースはジャーナリストだったの?

R.K.:彼は作家になったジャーナリストだった。

B.C.:どの様な種類の作家だったの?

R.C.:彼は左翼の週刊誌「De Groene」の編集者で、40歳の時に突然、インドネシアで作家になった。彼のフィクションの殆どすべては動物や寓意の本当に光り輝く何かについてのものだ。彼はおそらく20冊の本を書いたが、殆ど人間については書かなかった。後に彼はオランダの映画アカデミーのディレクター(校長)にもなった。私の友人であるReneは映画アカデミーに行ったが、私は行きたくなかった、なぜなら私は私の父が映画についてひどい趣味を持っていると思ったからだ。映画の現実的な感覚(意味)がない。私は私の父よりもより「モダン(近代的)」だった。私はFassbinderやAntonioniが好きだった。

Rainer Werner Fassbinder
http://en.wikipedia.org/wiki/Rainer_Werner_Fassbinder

Michelangelo Antonioni
http://en.wikipedia.org/wiki/Michelangelo_Antonioni

B.C.:しかしあなたの友達は行った?

R.K.:友達は行った。

B.C.:あなたのお母さんは?あなたのお母さんは何をしていたの?

R.K.:彼女は建築家であるDirk Roosenburgの娘で、彼女は演劇の為のセット(舞台)をしていた。

Dirk Roosenburg
http://nl.wikipedia.org/wiki/Dirk_Roosenburg

B.C.:それは建築のフォーム(形、形式)だ。

P.363
R.K.:事実、セットよりもコスチューム(衣装)の方が多かった。

B.C.:私は彼女にかつてお会いした。それはクンストハルでだった。彼女は友達と一緒に訪れていて、そこにはあなたも一緒だった。私達がその建物から出てきながら、突然彼女は彼女の友達と共にそこで高揚した(近づいてきた、天国に行ってしまった?)。

R.K.:あなたは彼女のポートレイトを見ましたか?彼女はとても(肌が)黒く見えた。彼女はイランの王女だったと人々はいつも思った。

B.C.:しかし彼女はオランダ人だったのでは?

R.K.:そうだ。スペインとの80年間戦争の終わりに、敗北したスペイン人達はベルギーの国境まで撤退した。人々は特別に(肌が)黒く、時々ムーア人の様にさえ見えた。あなたと私はおそらく多くのDNAを共有している・・・。

B.C.:彼女は私にはスペイン人の様に見える。彼女の目と彼女の肘はとても(肌の色が)黒い・・・。
あなたはかつて日記をつけましたか?

R.K.:いいや。

B.C.:あなたは日記のフォーム(形式)で書く執筆をどのように考えていますか?

R.K.:時々。最も抑圧された部分・・・大抵はフィクションだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は 2008年8月5日(火) やけに1日が短いのが8月だなぁ


* * * * * * * * * * *


「島袋勉さんという人の講演を聴いた」と 書こうと思った

どのテーマに入れようかと 考えたら ・・・


その記事より先に この「テーマ」のことを書きたくなった


* * * * * * * * * * *


なんか 自分で考えても どっちでもいいとおもいつつ

(hikkiは考えたりするんだ)=(考えないキャラだと思っていたからね)


* * * * * * * * * * *


8月2日になるまでに かなりの「助走期間があった」事に気がつく

その主たるものが「島袋勉さんの講演」なのだった から


* * * * * * * * * * *


hikkiは昨日から 物凄い 『部屋の整理』 にやっと手をつけた

「ものすごい」 という形容は hikkiの思い切りに対して 付けられている


hikkiの所有物のメインは 

何と言っても : 『Letters』 『Postcards』 『Notebooks』 『書籍』 『辞書類』 

絵画関係の道具類 : キャンバス/色紙/スケッチブック/ノート/白い紙類/額類ほか

洋裁道具 : 布類/リボン類/レース類/糸類/毛糸類/型紙類/作品ほか

文具関係 : 絵具/ペンシル/ボールペン/色鉛筆各種/パステル/コンテ/線引き


・・・ これらの分類が あまりにアバウトだったので

↑上に書き出したら 丁度いい感じになった ・・・

これらの見出しを付けて 分けてゆけば あっさり終わるかもしれない


* * * * * * * * * * *


この「片付けけのきっかけ」は 先週絵を描いていたら 絵具がなかったからで

「絵具を どこかにしまっちゃったらしくて」 ・・・(別キャラの仕業だと思う)

結構年中絵を描いているにもかかわらず ・・・ 緑がたりないんだ~~~~


* * * * * * * * * * *


そういう面と 違う面が 混在している 8月は とても忙しいけれど

なんとなく 人間的で 楽しいと思う !

hikkiは 今日は「人生は楽しい」と感じている


午前中に お医者へ行ったら ものすごく混んでいた

熱の子供達は何人か いたけれど

みんなたいした重病人には見えなくて のどかであり

ここの信頼されている医師に 面会に来るのが楽しそうに見えた


hikkiは体重48kgが理想的だそうです~~~

あと2キロ減量しますね~ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


* * * * * * * * * * *


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月3日 朝目が覚めたら 半分くらいは hikkiに戻っていた

昨日の『自分がブロックされたような変な感覚』は消えうせていた


それで昨日書いた記事は「8月2日関連」というテーマにまとめた

この記事もその関連事項なので ここにいれることにする

このテーマに入れたいことは かなりいっぱい有って・・・


* * * * * * * * * * *


ブログを読んで心配してくださったみんな ありがとうです♪

コメント欄をつけないで置いて よかったです

だって 答えのしようがないと思いますから あの「しおれていたのは」

「日本なんだ」と わかりました 今朝の新聞を見たらわかったの

何とかしたいですよね~~~~日本/世界/地球

この三つの中で 一番重症なのが「日本」みたいです

いろいろな「解決策」を 目にすることはしますが 動きが取れないからね

誰に頼んだらいいのか?と思って 困ってしまいます 

やっぱり「五嶋龍さんの嘆き」「日本は美しい国なのになぁ・・・」に

つながってゆきます ・・・


* * * * * * * * * * *


『アートに出来ること』 を また考えようと思います


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これはフィレンツェのmikoが 4CATSに行った時もらってきた

4CATSのパンフで ヒッキスにあって ピカソを追体験できるもののひとつ


コースターもあったのだけれど ・・・
                      panf


bunaさんのブログに このカフェの外観が写っていたっけ!

日本の8月は 戦争を思い出させようと 必死だけれど

ピカソも 戦争はしたくはないと 『ゲルニカ』 を残した☆


人間は好戦的であるから余計 『戦争はしない方がいい』 と叫ぼう

だってブログできなくなるよ 10代の君ぃ デイとも出来なくなるよぉ

身近なことで その大変さを 伝えたい ・・・ それっきゃない


日本は 『国が国民を大事にしていないという もう壊れそうな国』 だから 

五嶋龍さんの 嘆きを 日本の誰か一人でも 理解したなら いいな ・・・

先週の「情熱大陸」見た人は わかると思うんだ !







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この写真も去年の夏 はないろカフェに あおひと君の個展に行った時ので

室内から 外の風景を 写したもの ・・・ 案内ハガキはちゃんと写っていて

時の記録を 残している 
                    4


昨日ミクシーで紹介されていたブログは アメーバではなくて

個人ブログだったけれど アルケイディアとか プレアデスとか

そういう星から来た人たちの メッセージが書かれていて ・・・


そういえば「火星」調査の結果はどうだったのかしら?


宇宙系が本来の宇宙とすると 『地球系』の人々は?

『地球も宇宙の一部だから ・・・ 宇宙系なのよね』という人は多くて

そうじゃないという人の方が 少ないんだよ ~~~~~~~


hikkiは ただの人だから 立ちすくんで ぼーっとしている ・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このハイビスカスも 今咲いてはいるけれど

写真は去年ので しかもヒッキスの2階に置かれている



                      hana


今年は 真白い小さい羽虫がついてしまったので

ベランダに出されている ・・・ 毎年次から次へと花を咲かせて

毎日を楽しくさせてくれるけれど 大きくなりすぎたので どうしよう?


日本でハイビスカスを育てるのは 大変だろうと思っていたが

何のことはなく 毎年自然体で咲き始める ・・・ もう5年以上も咲いている


キーボードを勝手に打たれた文章で ブログが埋まってゆくとき

hikkiは「こんな事を書こうと思ったのではない」 と 反発する

7月の終わりは もっと大変で hikkiは 辛うじて体力維持に勤めた


8月になったら 何とかなりそうな気がしたが

とんでもなく とんでもない !




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

写真集(アメーバの画像フォルダ)を 見ていたら

この写真が出てきた 丁度今 この花が咲いている ↓


                       6


ヒッキスの夏は 暑くて 今日は印旛沼の花火大会

2階のベランダから 2尺玉をいくつか見た


小さい花火は森の陰に 半分隠れて けれどもリアル

テレビで観るより当然リアル それで階段をのぼったり降りたり


大きい花火はリアルを見て 小さいのはテレビで見て

・・・半分森で 大きくてカラフルな観覧車のように見えたのが

いちばんよかったなあ と さっきの花火は 既に記憶の彼方へと ・・・



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

* * * * * * * * * * *


あまりに暑い盛夏 hikkiは 意気消沈して 呼吸もせずしおれて行って

もう生きている意味はないので 生きている意味があることは何か?と考えたら

『展覧会を開くこと』 だろうかと思い当たる ・・・ とりあえず来年4月までは大丈夫


それで あと10年分くらい 展覧会場を予約しておけば 責任感の強いhikkiだから

それを全部終了するまでは生きているだろうなあと思った


展覧会をしたい場所/国とか都市とかのリストアップをして/時間つぶしをしよう

ロンドンと フィレンツェは リストに入れたいなぁ 時間が余ったらアテネに立ち寄る

ローマはとても好きな都市 特に緑色の水が流れる河・・・は 雄大で・・・


* * * * * * * * * * *


しおれたhikkiなんて 見たことがないからね! びっくりだよ!

かなりおかしいよ~~~ ハンパないおかしさ~~~ 


誰か? 別キャラ 来ちゃったのかも ~~~~~~~~~ 出てけっつ~の♪


* * * * * * * * * * *



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。