宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!

宇宙は自分の目の前まで繋がっている 宇宙からの愛はみんなに燦々と降り注いでいる


テーマ:

音譜



http://ameblo.jp/saraie/entry-12152223522.html


↑「熊本で車中避難の方の為のエクササイズがあります」



音譜


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



直径10cmほどの陶の碧い器で

311のあと 当時の新聞紙に包まれてしまってあった


それが先日のお片付けで出てきたので

久々に飾ってみたら なんだかいい感じなのである


しかも英国の作家ルーシー・リーの作風に似ている















ルーシー・リーのかたちを すぐに連想したのは
この夏 千葉市立美術館で個展を見たからで


作品を買った時に 気付かなかったのは

ルーシー・リーを 知らなかったからである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



購入した場所が 今思うとなんで? という感じなのだが

カリフォルニア州アーバインの コミュ二ティーの文化祭だった



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



続きを書く予定 ・・・





音譜









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


◎hikkiの帽子と同じなのです びっくり! それでここに書いておくことにしました♪



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



昨年12月佐賀県の親戚からいただいたミカンの中

隙間に 一枚の新聞紙が入っていた

多少はクシャッとしていたが 捨ててしまいそうになった時


何気なく「知ってる人出てるかも知れない

と思った ・・・ 親戚の人でなくて 誰かが ・・・


そうしたら 本当に出ていたのでびっくりした

表参道で個展を拝見したことがあり

奥様にはお目にかかった陶芸家草場一壽さん



宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!
アップ 新聞は佐賀新聞



こういうことって 滅多にない と思うんだけど

なんか とても不思議な気がした ・・・


草場さんのギャラりー(東京)に

あとでリンクしようと思う



* * * * * * * * * * *



音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


音譜



ウースラという女性の名前のメモ書きから始まったちょっとした出来事は


昨日になって もう一つおかしなシンクロを伴って  取敢えず終了した



* * * * * * * * * * *



でも 書きかけがある ・・・ 『軽井沢』



8月の初めごろ 知人の話に軽井沢が出てきた


hikkiは 小さい時にはよく行ったけれど


ここのところずっと 忘れていたかのように


「軽井沢へは何年も行っていないわ」と云い 


内心 とても行きたいなぁ と思った のだったが




それから3日と置かずに


旅の案内が来て その行く先が軽井沢だったのである


すごく驚いて 早速申し込んだのは云うまでもない


一月半くらい先の話だったけれど 不思議な気持ちになっていた



* * * * * * * * * * *



『ストイック』 




先週テレビを見ていたら 対談の中で 


ストイックという言葉が出てきた


芸に対してストイックだとか トレーニングに対してストイックだとか ・・・




その次の日になって


別のテレビでまた ストイックという言葉が出てきた


この人は音楽家で 練習に対してストイック だという


楽器の練習が人生のほとんどを占めるというような



英語で話している所に 翻訳テロップが出ていたので


ストイック と 云ったかどうかはわからないので


あとで聞き直してみようと思う



* * * * * * * * * * *



つまり みんな ストイック=禁欲的に修行に励んでいるそうなのである



* * * * * * * * * * *



それで昨日 おまけの 出来事があった


その前の日に カードを眺めていたら


一枚だけ サインが逆さに書いてあったので


そそっかしいというか みっともないというか


がっくり来て 早く新しいのが来るといいのに と思った




そうしたら ちゃんと正しい方向にしてサインするわ!




・・・ なんて思った次の日=それが昨日なんだけど


本当にそのカードがきたので ホントにびっくりしてしまった


それですぐにチャックして 正しい向きにサインしたのであった




* * * * * * * * * * *




hikkiはカードとか持つと すぐ使うので


ほとんど見もしないのに たまたま見たら こんなことがあったので


ほんとに 可笑しい愉快な人生を送っていることに


ちょっと いや かなり 自嘲気味に くすっと笑った




* * * * * * * * * * *



音譜


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜




・・・ 続き


* * * * * * * * * * *




続きを書こうとしている ・・・ ブログ記事は


ずっと前に書いた記事のように思えたが 


日付を見たら 書いたのは昨日ジャン!



* * * * * * * * * * *



hikkiはつい最近 自分の脳みそに余りすぎるほどの情報を入れたので

ごちゃごちゃしていること この上なくて 困り果てているのに


情報たちは一気に hikkiの頭から出ようとしているので

出口でつっかえてしまっているのである


それで 


そういう日には 頭を静めるに限るとばかり 縫い物をしたのは昨夜のこと



* * * * * * * * * * *



分厚いタオル地を 足形に切って 中にドミット芯というのを挟んで


丁寧に周囲をステッチした ・・・ 


両方の足形の周囲かがりで作業はいったん切り上げて 時は今朝になった




昨日の作業は 録画したロンドンオリンピックの閉会式を見ながら であった


ロンドンはナルシスとだなあ とか 英国は人材を大切に扱うなあ とか


日本にはなさそうな 感覚の見事さを感じていた




画面の色彩が 変化に富んでいたし 綺麗だから


この録画は 記録しておこうと思っている



* * * * * * * * * * *



ウースラのこと



先週だった 新しいノートに 1ページ目だけ書き込みがあった


それを読んでみたら


「ウースラ」という名前に同じ日に4回も遭遇した と書いてあった


わけわかんないと思って その一枚を切って捨ててしまったのである




そのときは このノート片は絶対に不要だと思っていた



けれど 頭についていて離れないのだった


それを追い出すには 書いておくことしかないから


それをこのブログに書こうとしたしたのだ



* * * * * * * * * * *



書いてあったことのあらまし(思い出せる限りで ・・・)



* * * * * * * * * * *



hikkiがその日読んでいた本の登場人物にウースラという女性がいた


その日 テレビをつけてやっていた映画にウースラ 


次にニュースかなんかでインタビューされていたのもウースラ


あとは 海外ドラマの中にもウースラという名前が出てきた


* * * * * * * * * * *



その日のそういう体験が 鉛筆書きされていた


「だからどうだとは書いてなかった」し


こんなの いらない と思って捨てたのだった


なのに頭から離れない のだったが




ここに書き留めたから


もう ウースラのことを考えなくていいとおもう



* * * * * * * * * * *



あと 軽井沢と ストイックのことは 次につづく






音譜








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


音譜




軽井沢 ウースラ ストイック ・・・


というタイトルだけが書かれたブログの下書きがあった


8月22日に書かれていた ・・・ hikkiは何か書こうとしていた




* * * * * * * * * * *



そういえば 最近 同じ表現を頻繁に見つけてハッとすることが多い


それは、めったに使わなかったことば」が 突然意識されるような、


記憶の中から 急に引き出される「ことば」で しかもどういうわけか


全く関連のない所で 同じ日何回も 使われたりするのである



* * * * * * * * * * *


つづく






音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



最近は特に「ブログに書こう」と思って 書き始めると

打ち出されてくる文章が 全然ちがう内容なので ・・・


「最初に考えていたことを書くには 長すぎるブログになる」

ということが多くて ・・・昨日もそうだった


昨日は タイトルを「恐怖と安心」と付けておいたのに

中身が違ったので タイトルを書き直す羽目になったのだった



* * * * * * * * * * *



昨日書きたかったことは

恐怖という感情は 安心という感情と 表裏をなしていて

両方同時に感じることは出来ないそうで ・・・ 

・・・ ということはいろんな本にも書いてあるけど


だから安心という感情/安心だぁー/を優先させるのがいい爆弾



爆弾マークをつけるくらい大事なことで

特に3・11以来やたらしょっちゅうやってくる地震の余震には

たとえ僅かでも 効果があるかもしれない


それと地震は 人間の感情には無関係にやってきて

ゆさゆさと揺れて 居心地のいい地盤に戻るまで

自分をゆすり続けるらしい 地盤は地球の一部で

人間は そこに間借りしているのかもしれないけれど

人にも地球にも意志や命があるのだとしたら


揺れた地盤が飲み込んでしまった沢山の命に

赦しを乞うてているに違いないと信じている



* * * * * * * * * * *



hikki安心を呼び戻さないといけない状況にあって

これから展ラッシュなのに 揺れるから落ち着かなくて

新しい絵がかけない ・・・ 

もしかしたら ・・・ 描こうとしていないのかもしれない



* * * * * * * * * * *



一時間ちょっと前の地震で PCを中断する前に

書架の思い本を下の段に 置き換えていた時

小さい絵が見つかった ・・・ 裏を見たら

「山もあり海もあり空もあり川もあった」というタイトルで(’97)

「And so, now flouwers are on Earth」(’07)

と書いてあった 花はけなげにも精一杯咲こうとしている 



* * * * * * * * * * *



hikkiは地震で時々作業を中断しながら

とても少しづつだけれど 前へと進んでいる



* * * * * * * * * * *



音譜




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



昨日 4月11日(月)は 二回目の展の当番だった


hikkiの担当は 午後1時からなので15分前似到着

とても天気が良く のどかな春の日に違いないのに


時には自分の錯覚で 時には本当の余震が来た



* * * * * * * * * * *



午後の来客の最初は S・満寿夫氏であった

2月に教室へ向かうコリドーですれ違って以来であった


rayの作品は展示当日の真夜中に出来上がったから

展の初日に案内ハガキを出すことになって・・・

(もし作品が出来なかったら ハガキは出せないと思っていた)


それで満寿夫先生がお近くまでいらしたときには

ハガキはまだ届いていなかったそうで

それに次に会場近くへ来られる日には展は終わっているので


ということでhikkiの当番の昨日11日に時間を取って下さった



* * * * * * * * * * *



書くと長くなる幾つものシンクロを発見したのは興味深かった

先生は仏師であって rayの個展で知り合ったが

いつも骨董の話とか 古書の話題などを

個展会場で話すのが常であったから


今回のように 地震の話題が出るなんて想像だにしていなかった



* * * * * * * * * * *



hikkiは さっきブログに書いた金魚の話を持ち出し同意を得て

先生は骨董の陶器のことをお話された 

地震で歪んだのが余震で逆に歪んで 元の形に近くなったと・・・


これは地殻が歪んだのを 矯正する力が働くのと似ていて

土同士はどこかで共鳴しているに違いないということになった



* * * * * * * * * * *



また 他の話も思い出したら書きたいけれど

今日は朝から頻繁に余震や 長野を震源とするのや

いろいろ続いていて 落ち着かない日である



* * * * * * * * * * *




音譜



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜


今思い返すと そうだったのかという気がして

ここに書いておこうと思った 今朝早朝にそう思った



* * * * * * * * * * *



ヒッキスの1Fに 熱帯魚の水槽がある

もうかなり前からあって 命の循環を繰り返していたが

去年の秋ごろに みんな居なくなってしまったので


ひっきが8尾買ってきた オレンジ色のと黄色のと

黄色いほうは雌で どれも可愛くて いつもどおりに見えた

hikkiは何でも金魚というけれど グッピーである



* * * * * * * * * * *



それが今年の2月から急成長して倍くらいのサイズになった

特に雌は いつも孕んでいて 体型はころんとして見える


初めのうちは いつものように稚魚は藻に隠れていて

1cmほどに成長してから やっと姿を見せるのだけれど

地震の後 生まれたばかりの稚魚(普通は成魚に追われている)が

大きい魚と共存していて 水槽の中が満員なのだ

ものすごく小さいのが居ても 親達は追い掛け回さないのである

稚魚を食べないという緊急時の約束事みたいに!


その上 まだまだ親グッピーは子を宿している



* * * * * * * * * * *


もしかして 彼らは水槽の中で地震を/地球の異変を察知して

子孫を出来るだけ多く残そうとしているのだろうか?


* * * * * * * * * * *



そういえば最近テレビで「巨大イカ」とか「巨大貝」を

見つけたのが取材されていたのを 看たことを思い出した

あれは多分臓器を大きくして 「子孫を沢山残しておこう」という

自然界のいきものたちの 地殻変動への対処だったのかもしれない



* * * * * * * * * * *




音譜


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。