宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!

宇宙は自分の目の前まで繋がっている 宇宙からの愛はみんなに燦々と降り注いでいる


テーマ:

冬の図書館
bibliotheca hiberna

 

 

会場:galleryFUURO(フウロ)
会期:2018年1月13日(土)~27日(土)
時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで)
休館日:18日(木)・25日(木)

 

アクセス

 

JR・目白駅改札を出て左へ進み徒歩3分。

◎目白通りを下落合方面へ(交番のある側)
◎リッチモンドホテルの道路を挟んだ向い
◎UFJ銀行より手前の建物です。

 

 

版画家の

長島 充(Mitsuru Nagashima)先生から

展覧会のご案内をいただきました

 

頂いたフライヤーから

コピーしました

 

 

本(テキスト、および形態)と

版画家による個性的でオリジナルな造形
(版画、絵画、立体、工芸的アプローチなど)との親和性をかたちで示し
目で見るさまざまな「ことば」の

集合としての図書館を構成します。

 

参加作家


岩切裕子 柄澤齊 木下恵介 木村繁之 田中彰 永井桃子 中村桂子 長島充
林孝彦 藤井敬子 筆塚稔尚 古谷博子 安井寿磨子 横山智子

 

 

皆様どうぞお出かけくださいませ!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原 三郎作 『緑衣の楽士』 F100 油彩

 

さくら絵の会 作品展
佐倉市立美術館3F展示室
2017年7月9日(日)午後5時まで:

 

 

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

 

案内ハガキをいただきました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2016年11月7日(月)~2017年1月6日(金)

午前10時~午後6時(土・日・祝日は午後5時まで)

 


 会場:ノエビア銀座ギャラリー

株式会社ノエビア 銀座本社ビル 1F 
 主催:株式会社ノエビア  入場無料

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



 

第41回 花兆会 

 

会期:2016年11月15日(火)~20日(日)

時間:11:00~18:00(最終日は16:00まで)

 

会場:東京銀座画廊美術館・A会場

 

中央区銀座2丁目7-18 銀座貿易ビル

    「名鉄メルサ」 8F

       ℡03-3564-1644

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

安房が誇る近代の洋画家

 鱸(すずき)利彦展

 

 

房総強度美術館様よりご案内をいただきました

ありがとうございます♪

ちょっと遠方ですがどうぞいらして下さい

空気の澄んだ美しいところです

 

※会期中「金・土・日」の開館です

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

作家さんの履歴も掲載いたします

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

伊藤 哲 日本画展

 

会期: 9月29日(木)~10月5日(水)
※最終日は午後4時30分閉場

 

会場:東武百貨店 池袋店 6F1番地 美術画廊

 

今年、江戸琳派の祖、

酒井抱一から始まる酒井家雅号「雨華庵(うげあん)を継承し、

琳派作家として独自の世界を確立しつつある伊藤哲氏。


江戸琳派を持つ「侘び・寂び・粋」を受け継ぎ、

これから益々の活動が期待されています。
次代の琳派を担う作品を、ぜひ、この機会にご高覧くださいませ。

 

「千草」 4号S 

 

伊藤哲先生から ご案内状をいただきました。

ありがとうございます。

 

「竜門」 100×37.5cm

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

写真は頂いたパンフレットより

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お近くの方 ご遠方の方も

是非いらして 御覧くださいませ♪

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

白井正二展(メキシコにて)

 

白井先生から ご案内をいただきました

文京区の東大赤門前の ギャラリー愚怜さんです

 

日曜休みなので お気をつけ下さい

以前他の展でhikkiは 日曜に行ってしまいました(ノω・、)

 

 

Shoji Shirai 「いつもアディオス」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

付近は 秋のお散歩にも 素敵な場所なので

どうぞ いらしてくださいね♪

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜


宇宙から愛ブログ過去記事のコピー

記事は2008年7月25日(金)投稿



制作の動機 「レイチェル・ホワイトリード」



テーマ:



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レイチェル・ホワイトリードは 1993年゛House"を製作中に

ターナー賞を受賞した



今年の4月26日(土)午後 

レイチェル・ホワイトリード氏のトークを聴くことができた

主要作品の説明をするにあたり スライドを用意しての 

とてもわかりやすい講演だった



内容はノートを取ってから 整理してまとめたけれど 

ここに書くには多すぎるので

最初の作品と 後の作品の

製作動機となったものを 書きとめておこうと思う




* * * * * * * * * * *



最初につくったのは『クローゼットの型』

>クローゼットに 石膏を流し込んで型を取り 

フェルトを張ってクローゼットにした<

その制作の流れの中で生まれた発想が

『ひとつの部屋の中の空気をミイラ化する』というものだった



その後の作品「ゴースト」 「Cell」 「

アンバーベッド」等のスライドを見せながら

>子供時代に よくこの中に隠れた クローゼットや 椅子の下<

空間の思い出を 再現してみたかった とのことであった




* * * * * * * * * * *




つい先月まで 森美術館に展示されていた ターナー賞受賞作品の中の

レイチェル・ホワイトリードの作品は 実物では ほんの一部と

受賞作品の 「既に取り壊されて更地になった 作品のあった土地や

制作順に撮影された 家型のコンクリートがある一角の写真」

が展示されていた




* * * * * * * * * * *




話しはじめに 『実は子供の頃の思い出から自分のアートは始まっている』

といわれたのが とても印象的だった




彼女の話は きちんと構成された順序で スライドも使って

テキパキとなされたので 自作プレゼンの手本となりうると思った








※「英国美術の現在史=ターナー賞の歩み展」2008/4/25~7/13 森美術館


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。