宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!

宇宙は自分の目の前まで繋がっている 宇宙からの愛はみんなに燦々と降り注いでいる


テーマ:

音譜



今日 やっと夏の「よしず」の始末が終了した

「葭簀」という字は今初めて見た・・・


ヒッキスのhoちゃんが 取り付けてくれたのだが

夏は日除けになって活躍し台風の9月は乗り越えて

10月になってからの強い風で倒れたのであった


ベランダに横たえて 劣化するのを待っていた

だいぶ色あせて弱弱しくなったので 解体を始めた

今日は3回目の解体である そして無事に完了した


幅3メートルはありそうな大きなもので

高さも2.5か3メートルはありそうだった



・・・



この大量の葦の 昔ながらのよしずを

触ったのは 実は初めてだった

育った家にもなかったし すだれとも違う



時代劇の映画で 団子屋の軒先に見かけたりする



・・・



解体してわかったことは

この細い植物は 竹ではなかったということで

けれども両端と中央に2本の 合計4班は確かに小竹であった

その4本だけは 小さいはさみでは歯が立たない

これらは結んで横たえて 劣化を待つことにした


本当は 粗大ごみ等に出すべきだったかもしれないが

出すまでの運び方がわからない ・・・

hoちゃんは これを外から釣り上げたのかしら?



・・・


小竹ではなかったその他の植物は

多分葦などの丈の高い草と 竹でもなく嘉でもなさそうな

けれども長さのある植物が バランスよく編みこまれていた


・・・


ジョイントは たぶん麻ひもであって 劣化して黒くなっていた

その全体をベランダに止めるために使ってあったビニールひもは

劣化しまくりで 細~~~い糸状になっていた


・・・


かなりのほこりまみれになりそうな作業だったが

hikkiは こういう作業が大好きだから

とても手際よく 竹以外の植物は25センチくらいに切りそろえて

ごみ袋に収めたが 先が突き出てけがをしそうなので

ごみ袋に厚紙の袋を入れて 収集袋にひびかないようにした



・・・



今日の作業に途中で hikkiは突然右側だけ鼻水が止まらなくなった

それで マスクをしたり なんだかんだと工夫をしたら

今ほもう治っている ・・・ きっと大気中のいろんな埃が

ついていたのに違いなかった ・・・ いろんなほこりである


・・・


それで 前置きが長くなったけれど

なんか いつものhikkiがブログに帰ってきたと思わない?

たぶん 日常生活にも♪


それで「我に返る」という実感に包まれたのであった


自分の精神の中身が 自分の身体に帰ってきたのだと思う

気付かずに 自分は自分でなかったと思う


ブログにもずっと来ていなかったし

プレスリリースの記事は アメーバに来なくても投稿できるから


久々 アメーバから 書いているわけで

いつもの音譜マーク 入ってるでしょ



・・・



でも また忙しくなったら

我を忘れる日々になるんだろうね


ちょっと しばらくは このままでいたいな♪




ブログ読んでくださってありがとうございます♪




音譜




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日記」 の記事

テーマ:

音譜



思考力が欠如している

きっとそうなのだと思う 集中できない



ブログにだって集中できない しかし

書き留めておきたい 今朝 母に言ったこと

『忘れないからね』 この間 桜塚やっくんにもそう言った



そう『忘れないから』 大丈夫だから安心して・・・と。



気持ちが 音もなくザワザワするのは

いくつもの魂がhikkiに何か言っているから?

それで『忘れないからね』というと すっと静まり返るのである



誰もあなたを忘れないよ いつだって心に思っているよ

だから 大丈夫だよ 『忘れないからね』 やっくんも 母も。



母が なくなってちょうど一週間が過ぎた

母も やっくんも 周りの人は絶対そう思ってなかった

「地球から 消えてしまうなんて そんなに急に!」



『忘れないからね 安心していていいんだよ ・・・ ラブラブ




音譜




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ラブラブ


今日は11月14日である

昨日と今日 天空では

最近では珍しい美しい空をしていた


hikkiのブログは 今見たら

11月9日で止まっていた


その日 普通じゃないことが起きたのである

ちょっと嚥下の力が ・・・  危篤で ・・・

息を引き取られました ・・・


三回の電話は ほんのわずかの間のことである

最初の電話で hikkiはもう出かける支度をしていたが

既に間に合わなくて ついに再度言葉を交わすことはなかった




それから3日間 実家にいて

母の服や手芸道具のお片付けをしたり

そこに集うであろう人たちのために

空間を作ったりしていたら 12日まで滞在してしまった




11月14日の今日は 早い葬儀のために

5時半に家を出て スカイライナーで 東京へ向かった

丁度朝日が出始めるちょっと前の

夜と間違えそうな空の 東の端のほうが

わずかに光を帯び始めていたときであった


ライナーが走るのと 時間が過ぎるのと

光がすべての存在に輝きを与え始めた早い朝の

小さな旅を急ぐ旅人のようにして たどり着いた母は


小さな顔が ローマ人のように見えたり

あるいは中世の壁画の中の人のようにみえたが


だれかが 宇宙人のようだといっている

そういえば そんな感じ 既に人間ではなくて

宇宙の一部なのである 表情が人間を手放していたのである


hikkiは 不思議な感覚で 今もここにいる


生きているうちしか 人と話せないし

生きているうちしか 動いたりできない


そんな とても普通のことを

強烈に語りかけている ひとがた が

美しい花に包まれて 横たわっていた



当分 hikkiは この不思議さの中にいるのだと思う




自分の命も 他者の命も 大切にしなくては!



なんか不思議な日々なのである



母は 父のもとへ行ったのであろうと考えた

お父様・お母様と 眠りの祈りの言葉に 

お母様という言葉が加わったのが なんだかやっぱり不思議なのである




ラブラブ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



今日は朝から雨降りである

雨の中 家の近くの道路では工事が進んでいる

けたたましい音が 時々届いてくる


宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!



今朝 メールBOXを開いたら 

ヤフオク!アラート!のお知らせが来ていた

めったに来ないのだけれど でも来るのである


申し込んだつもりはないので たぶん

ヤフオクしていた時に どこかクリックしたのだと思う

それが 前回はデコパージュ製品 今朝は復刻版の本の中古品


見ないで削除が多いのに この2回は見に行った

復刻版の「赤い鳥」の本は 500円でスタートしたばかり

家の中の本を処分しきれないのに 入札は無いよな~と自分に言う


家の中の本 面倒でもヤフオクに出せば?と自分に聞いてみる

前に「ガルシア・ロルカ」戯曲集3冊組を出したら落札された

大体この本 市川へ行ったときに買って 何故買うの? だった

そしてhikkiは読まずに 愛好家の手に渡っていったのであった


ヒッキスの美術本も 誰かが捜しているかもしれない ・・・

ヤフオクに出してみればいいのに! それとも、

八重洲ブックセンターが取りに来てくれる? どっちにせよ

やる気が芽生えてきたらやってみる~ という答えが内側からくる

家の中のクリーニング=心のクリーニングでもあるから

いまは3段跳びの ホップのあたりである


ブログに書いているうちに 少しやる気が出てきたようである


   

音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



21:00~22:00までのNHKBSプレミアムの番組

プロファイラー「チェ・ゲバラ」を見たところである


宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!


多くの人が目にしたことのあるポートレート

それ以下でなくそれ以上でもないこの写真だけ

この写真だけの知識・革命家・医師というだけの知識



それしかなかったhikkiに 新しいゲバラ像が加わった

他者のために生きる」という生き方の信念は

hikkiの幼児期 祖母が毎日口にした言葉と同じである

だからhikkiは今この番組を見 一方hiroは語っているのだと気付く

おまけに祖母は「赤ひげのような医師」の娘だった



hikkiのようにチェを 写真でしか知らなかった者にとって

番組は非常に理解しやすい展開で チェの人生を提示してくれた



人生は厳しいけれど 他者のために生きるなら楽しいであろう

そう思えて 納得しているのである 





チェ・ゲバラの言葉は つい最近世界文化遺産になったそうだ!




音譜










いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



『チェ・ゲバラ』

11月6日(水)BSプレミアム ザ・プロファイラー

午後9時00分~午後10時00分


『それでも僕は見過ごせない

 ~チェ・ゲバラ世界を変えようとした男』


【司会】岡田准一

【ゲスト】石井正則 伊高浩昭 鎌田實
【語り】桐本琢也

【声】道谷眞平


宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!


音譜




※hikkiの知ってる人が出るから見ようと思っている


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



落下してから30分は過ぎた今である

テレビはイタリア語講座になっていた

チャンネルをそこにしたのも知らなかった

いつも自動で録画しているし ・・・


それでなんで気が付いたかというと

自分の「あっ」という声が聞こえたから


自分の声で気づいたら

ほっぺが床についていた「あ 落っこちたんだ!」

落ちた経緯はわからない


でも右肩と右ひざが痛いから 打ってはいるらしい

いそいで経皮鎮痛剤を塗った


落ちて目が覚めたのでパソコンに来た


教訓:座ったまま眠ったり 立ったまま眠ってはいけない



音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



書いている今は 2013年11月4日午前6時半 ・・・

でも この時間通りにはupできないなぁ!



慶應義塾の記事と ブラウワーの記事と

マルグリット・デュラスの記事の 近くに

ほぎゃ! とかいう記事 載せたくないもんね爆弾



それで今外は大雨 … 昨日の夜から雨降り

11月3日は雨が降らないのが通常の年なので

今年は 超珍しい日なのだ!


11月3日に雨が降ると いいことがあるのがhikkiの人生♪


人生でまだ5回も降ってないもんね

3回目かな? 一度カリフォルニア州のアーバインで

友達の友達の友達の家に泊めていただいたことがあって

彼女は偶然11月3日生まれで 跡見の卒業生で

いろいろ不思議だった! おともだち その節はありがとう!

しかも泊めて頂いた日が11月3日で 物凄いザーザー降りだったの



日にちをさかのぼって投稿しようと思ったけれど

これがhikkiのリアルだもんね しょうがないっか


前の記事も 読んで下さるとうれしいんですけど ・・・

あの記事書く人と どっちがhikkiなのかわからんのです

hikkiの本体の人には 凄い沢山のキャラが来るもんですから

だからキャラ別に ブログあるんですけど ・・・

ここに書きたいなあ と 今は思ったわけで ・・・♪


慶應義塾の記事と 

ブラウワーの記事と

マルグリット・デュラスの記事



も よろしくぅ♪



音譜



hikkiは ケーキを焼いたことを書こうと思ったんだ!

昨日誕生日だったからケーキを焼いた

さっき写真撮ったから upするかもしれない


誕生日の午後になって ケーキ焼くなんて!

たいてい前日焼くんだ そうするとなんか馴染んだ味になる

でも前日忙しくて 自分の分だとケーキ焼くことも忘れる


今年何個目のケーキかしら? 7個目

あとはクリスマス♪ ケーキは簡単で あっという間にできるのよ!



音譜





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



昨日佐倉市のDIC川村記念美術館へ行った

宇宙から愛ブログ(このブログ)に その記事を書いたのに

急に電源がつながらなくなったり

パソコンが固まったりして 何回も阻まれて

記事にできなかったのである


・・・


今日は 記事を書いたらすぐに「下書き」として登録

たとえば この上の5行は 既に下書き登録してあるわけで

いま電源が切れても固まっても 文章は残るわけである


・・・


エーリヒ・ブラウワーは 初めて聞いた名前であった

今は少しは知っている パンフを見たから

「ウィーン幻想派を代表する画家のひとり」だそうだ


エーリヒ・ブラウワー「ソロモンの箴言(しんげん)より」

という特集展示が 今回の企画展示の中に組まれている


それと 今回のパンフレットの絵が その中の一枚なのであるが

パンフレットは 確実に現代の印刷物であって 原画ではない

ということを 展示された実物を見て心からそう思ったのである


hikkiはパンフを見て「ここへは行かない」と決めていたのに

どうしても時間つぶしをする羽目になって選んだのが

この展覧会だったのだが それが幸いして自分の考えも反転した


エーリヒ・ブラウアーの作品は どれも興味深い展開を見せた


全部の作品に hikkiは関心を覚えた

そしてその次元たるや 時空を超えて 現内閣にまで

あるいは 範囲をもっと広げてもよく 現代人にまで及ぶ

ブラウワーがソロモンの教訓を 伝えようとした人間は

とうの昔に地球を立ち去ってしまっ高と思ったが 心配ご無用

伝えたい人間たちは そっくりそのまま現代に生きているのである

ブラウワー氏も(1929~)と書いてあるから 80代の方なんだ!


話を聞きに行きたければ 行って聞ける人なのかもしれないのだ



アートは しばしば 美的感覚を満たすだけのものではなく

箴言を 現代人に伝達する役目を持たされたりするのだと感じた


・・・


この企画展はよかったので

会期中に何回か行きたいものだと思っている

そのために昨日DIC川村記念美術館の友の会に

入りなおしに行ったわけだし ・・・


・・・



音譜




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜




慶應義塾と戦争Ⅰ 慶應義塾の昭和十八年


美術館のカタログコーナーで

一枚の展覧会案内はがきを見つけた

今ヒッキスにあるのが このハガキである


慶應義塾の昭和十八年


慶應義塾にも戦争の時代がありました。
明治時代から昭和戦前に至るまで、大学に在学中の学生は、兵役の義務を猶予される特権を与えられていました。しかし戦争の拡大に伴い、昭和16(1941)年より国は大学の年限を短縮して卒業を早め、次いで昭和18(1943)年には猶予の制度を停止し、20歳以上の学生は学業半ばで陸海軍へと入隊していきました。いわゆる「学徒出陣」です。本展覧会は、今からちょうど70年前に当たるこの戦争の時代の義塾を見つめ直す、三回シリーズの展示の第一回として、日米開戦より学徒出陣までを、慶應義塾内の諸記録や、新たに発見・収集された資料などを用いながら、たどっていきます。(ハガキ表の文)



日時/場所

第一会場
慶應義塾図書館展示室「慶應義塾の昭和十八年」
2013年12月2日(月)~12月26日(木)
入場無料 ※ 休館日:日・祝日


第二会場
慶應義塾大学アート・スペース「『塾生出陣』の日」
2013年11月25日(月)~12月18日(水)
入場無料 ※ 休館日:土・日・祝日

最寄駅:JR山手線・京浜東北線田町駅、地下鉄三田線三田駅、大江戸線赤羽橋(アクセス・マップ


主催

慶應義塾福沢研究センター、慶應義塾大学アート・センター、慶應義塾図書館



お問い合わせ

慶應義塾福沢研究センター「慶應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクト

fax. 03-5427-1605 http://project.fmc.keio.ac.jp  fmc@info.keio.ac.jp

アップ



hikkiは久々に三田へ行くつもりです♪



音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。