宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!

宇宙は自分の目の前まで繋がっている 宇宙からの愛はみんなに燦々と降り注いでいる


テーマ:

音譜


2週間ばかり前 お花屋さんでアネモネはないかと聞いたら

今日は売り切れましたといったので 一度はがっかりしたが

目の前に開きすぎたアネモネがあったので これは?ときいたら

これでもよかったらと 格安で分けてくださったのがこの花で

最初ッから 開きすぎたままヒッキスに来て 10日以上咲き続けた


宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!


寒いところでなら持ちますでしょうと 店員さんの言葉通りよくもった

これはデジカメで写したかったので ストーブの上に置いて写した

このあとこのままの状態で 数日咲き続けていた ・・・


これまで何度もアネモネを買ってきては

描きもせずに 眺めるだけで終わっている

このときは買った初日に 三つの花をスケッチしたが


それだけで絵のことは忘れてしまっていた

もう三月 ・・・ 三月になると絵を描くのだろうか?



* * * * * * * * * * *



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜


銀座6-7-18ディム銀座ビル2F

ジェイトリップアートギャラリーさんから ご案内いただきました

セリーヌ カルティエのある通り=並木通り・・・シャネルの先です


会期:3月3日(水)~3月7日(日) 
11:00~19:00  ※最終日 17:00終了


* * * * * * * * * * *


宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!

* * * * * * * * * * *



どうぞお出かけください ♪


* * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



今日は日曜日 ですから ・・・


もうすぐアート夢ぽけっと 千葉テレビ 11:30AM~11:45AM です


リタ・ジェイさん/曙橋アイショウ・ミウラ・アーツ/展を見ることが出来ます


宮島永太良さんの絵と詩も 水野真紀さんによって朗読されます


バルニーさんの ギャラリー訪問も ありますね ♪



* * * * * * * * * * *



hikkiはこれから 見に行ってきます ~~~~~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



最終日になった六本木ヒルズ/森美術館へ行く人は多いと思う


写真は25日に写した 周辺のポスター2点

人が多くて人を避けて写すのが大変だった


いつもは行きがけに写真を撮るのに この日は3時頃着いたので

早く美術館に入りたかった ・・・


そういえば ル・コルビュジェの時は エレベーターを降りたところまで

入場者の列が着ていたから あの時と比べたら そういう人出ではなかった



宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!



宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!


展覧会の印象を まだ語りきっていないけれど

今回は たったの三枚しか写真がないので

あとでパンフから 写してみようかと思うけれど

掲載して心地よい写真にはなりそうもないのでパスだろうなあ



* * * * * * * * * * *


医学と芸術展 / 森美術館
http://www.mori.art.museum/contents/medicine/index.html


基本情報(上記サイトの中にある)

http://www.mori.art.museum/contents/medicine/info/index.html  


フリッカーにある展覧会の関連写真など

http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/






宇宙から愛-会いたい-相対-I してる!


医学と芸術を見終わって 屋上も見て 歩いてバス停に来たら

月が出ていた このビルの屋上のスカイデッキに さっきまでいたのに

もうバス停で 新橋までこのバスで行く hikkiお気に入りのバス♪



* * * * * * * * * * *



予定では地下鉄乗り継ぎのはずだったけれど

やっぱりこの都バス/新橋←→澁谷/が大好きなので

これにしたら 上のほうから 月が見ていた


この日は東京湾に異常なほどの濃霧が出た日で

美術館の大きな窓の外のビルも 霧に煙っていた

ところがスカイデッキに出た時には 意外なほど大気は済んでいて

360度の遠景近景が キラキラして気持ちがよかった


最近はこの周辺が 一番のお気に入りになっている



* * * * * * * * * * *




* * * * * * * * * * *
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



森美術館「医学と芸術展」



いよいよ明日28日(日)までになった 10:00~22:00


展覧会に行くのに 理由をつけることはないけれどもし理由をつけるならば 

レオナルド・ダ・ヴィンチの素描を見たいと思った」のである



* * * * * * * * * * *



ダ・ヴィンチの素描は英国王室から3点 貴重な展示である

拡大された画像が壁面で見られるが 実物に近付くと


描かれた時代と見ている今との 500年の年月が取り払われて

急速に近付いた感覚になって その感覚は3枚のどれを見ても起きたので

つまり「つい最近書かれたような錯覚を起こした」ので


スピ系の人や 宇宙系の人が よく語っている「共時性?」

宇宙時間には過去も未来も無くて 全て同じ時間の上にある

というようなことを思い出した hikkiはそれを理解してはいないけれど


素描を前にしての感覚は そのことを思い出させた



* * * * * * * * * * *



hikkiは前日に ひっきの人差し指に刺さった棘を抜いた

とても深いところに入っていて トゲが灰色に見える

とげ抜きでは抜けなくて 針を出してきて消毒して針先で開いていった

それでもなかなか棘に到達しなかったのは かなり深く入って

先が折れたのだろう ・・・ 根気よくルーペを覗きながら作業して

やっとのことで棘が見えたが 最初の皮は切っても痛くはないそうで

3層くらい下に達してから やっと痛いと言った 痛くても取れなかった


そこで 「黒い極小のものが見えている状態に開いて」

指を両端から押したら とげが上に出てきたので

やっと 取り出すことが出来た ・・・ 0.5ミリの小ささだったけれど

それを取り出さないと ばい菌が入って化膿でもしたら大事になる

この顛末を 展の解剖図を見ながら 思い出したりした

指と内臓では規模が違うけれど なんか共通のものがある



* * * * * * * * * * *



ダ・ヴィンチの素描には いつも鏡文字のメモがあるが

左利きのため 幼少からこの文字を書き 生涯鏡文字だった

と イヤフォンガイドが言っていた 


文字を裏側から認識していたのだと思う

500年前の人は 視力も格段によかったのだと思う



* * * * * * * * * * *



「DNA二重螺旋の鉛筆画」 が展示ケースの中にある

フランシス・クリックのノーベル賞受賞の草稿も展示されている




* * * * * * * * * * *



また思い出したら書こうと思う



* * * * * * * * * * *



医学と芸術展 / 森美術館
http://www.mori.art.museum/contents/medicine/index.html


基本情報(上記サイトの中にある)

http://www.mori.art.museum/contents/medicine/info/index.html  


フリッカーにある展覧会の関連写真など

http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/





音譜



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



なんか 夜眠りに行ったのに 眠れないから ではなくて

なんとなく具合が悪くて うっとうしくて仕方が無いので起きてきた



* * * * * * * * * * *



パソコンはやらないことにして(そのときの予定では)

机の上の書類など 片付けていたら

パソコンに繋がっていないスキャナーの上に


1月9日付の読売新聞の21面がとってあったのを手に取ったら

確かに読んだ筈なのに まるで初めて読むみたいだったのだが

水村美苗さんの新しい新聞小説のことにその一面が割かれていた


それを読んでいたら 他の作品も読みたいなあと思って

アマゾンに行ったり グーグル検索したりなど

ひとしきり時間を過ごしていたが(すでにパソコンは開かれていて)


きのう「宇宙から愛ブログ」を更新しなかったから

書きたかった「医学と芸術」の続きを書こうとしたら

ひとつも言葉が出てこなかったので 


水村さんの書いてある新聞に目が行ったのであった




* * * * * * * * * * *




昨日 ひっきと「アバターを見るとか見ないとか」について話した

ひっきは見るつもりでいて hikkiは見ようと思っていない


hikkiは人が騒ぐものとか 新人賞とか 流行しているものからは

常に遠ざかっているのが普通で そのほうが落ち着いていられる


「オーシャンズ」と 芥川賞をとったエーゲ海と 山本道子さんのと

流行る前に先に見たり 読んでしまった物は 仕方がないのであるけれど




* * * * * * * * * * *



昨日は餃子を50個作る予定だったけれど その材料と同時に

ひっきが 小あじのパックを二つも買ったので 鮮度の関係で

小鯵が先に調理されることになって hikkiはそれを手開きした


お魚は 内臓をつぶさなければ血の一滴も流さずに 

きれいに下ごしらえができるし その作業は大得意なので

そうやって 全部さばいてから 小麦粉をまぶして から揚げにした


アジの唐揚は 三回揚げる 網に上がっている間も調理され続けて

三度目に揚げた時には 姿のまま全部食べられるようになっている


ヒッキスに来たことのある人には 大人気のメニューのひとつだ

アジは大きすぎると火の通りがよくないし 小さすぎると作業が大変なので

全長10cm前後のが 一番美味しく仕上がる


今日のはちょっと大きすぎたけれど 見事お皿はカラになった

みずみずしい大根おろしと共に いただくのがいい♪



* * * * * * * * * * *



そのあと チーズケーキを焼いた

夕食のしたく前に台を作って冷やしてあった

今日の台は クラッカーをつぶしてバター/マーガリンと混ぜたもの


その上にチーズケーキの材料をボールに入れて

ハンドミキサーで混ぜたものを せて 170℃のオーブンで45分

今日は18cmの底が取れるケーキ型で焼いたので きれいに出来た


食べるのは明日で 今は冷蔵庫の中/日付が変わったから 今日だわ



* * * * * * * * * * *



外は音がして雨が降っている 



* * * * * * * * * * *




だいぶ前に 新聞屋さんのバイクの音がした

hikkiは 起きていたらさっきより 体調は楽になった



水村さんの本は amazonに沢山出ていた♪

メモしておくことにした 注文してコンビニで払うといいので

近くの本屋さんが閉店して寂しい限りだけれど なんとかなっている


そのうちの1冊 ↓


続 明暗 (ちくま文庫)/水村 美苗

¥882
Amazon.co.jp


* * * * * * * * * * *







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



宝町から大門経由で六本木へ行った


森美術館は 珍しくシティービューが貸切で入れなかった


やっと医学と芸術展に行くことができた



* * * * * * * * * * *



いつものようにイヤフォンガイドを借りた

借りないと判らないことが多いのである 無料で貸してくれる


最初から内臓だった ず~~~~っと 内臓だった

パンフには骸骨が多かったけれど それ程骸骨はなくてよかった


そんなこと言ってる場合ではないのだけれど

hikkiはそんなことを考えた ・・・



* * * * * * * * * * *



昔の人々はすごいな~~~と思うことが多々あった

特に 解剖がショーのように扱われて 見世物になっていた


みんなが不思議がることは みんなで確認しよう

そんな感じだったのかもしれない


そういう時代を経ているからこそ今があるのだと思う


デジカメも カメラも電気もない時代 卓越した表現力を持った

たとえばレオナルド・ダヴィンチのような人が 書き留めて

描き止めて 後世に残して 更に研究がなされた


人々は特に胎児のあり方に関心が強かったようで

胎児ごとの解剖画や 象牙の解剖人型など沢山作られたらしい


ダーウィンの杖が出ていたけれど 先の方は鯨の骨だと書いてあった



* * * * * * * * * * *



古い時代は ひたすら人体に興味を持っていた人間だけれど


自然か遠くなり 人工物が増えて 人間までもが多くの病を抱えるいま

現代に近付くにつれて批判精神の強い作品展示が多くなる



* * * * * * * * * * *



あまりに見たものが多すぎて 感想が書き足りない


hikkiが入場した時 ほぼ同時に入場した人たちの多くが

ほとんど どこかで出っくわしながら 2時間半近く見ていたのである

出口に来た時も 多くの人たち/15,6人は 同じペースだったように思う


会場に 見る人が多かったのはとても嬉しい 

何故かというと 大抵はもっとすいていて 寂しいくらいだから


ル・コルビュジェの何回目かに行った時 混んでいたけれど

今日もとても人が多かった 若い女性が多かったし

全体的に若者が多かった 観客がいつもと違う気がした



* * * * * * * * * * *



見終わってから スカイデッキに初めて行った

今日はが出たし すいていそうだったのである

東京タワーが足元までよく見えてきれいだった


確かにすいていたけれど 風が寒くなり始めていて

ロッカーに預けたために コート無しなのがきつかった


ビルの屋上の機械の中を歩いていて戻る時

hikkiはビルの内臓にいるような錯覚を起こしていた



* * * * * * * * * * *



医学と芸術展 / 森美術館
http://www.mori.art.museum/contents/medicine/index.html


基本情報(上記サイトの中にある)

http://www.mori.art.museum/contents/medicine/info/index.html  


フリッカーにある展覧会の関連写真など

http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/



あと3日 28日(日)までです



* * * * * * * * * * *






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜


遂に今日行くことができた!


都営浅草線宝町下車 A5出口から地下鉄に平行して

戻る感覚で歩いていると 金井画廊とか 並木画廊とか

以前よく行った画廊が見えてきたので

「今行こうとしているのは このあたりなんだ」という妙な感じだった


いつも東京駅から または銀座線京橋から歩いていたので

住所を見て行ったことがなかったから地図を見ても気付かなかった 


初めて行くことになった 白銅鞮画廊は住所で探したから

すいすいと見つけたけれど 


よく来ていた場所の単に反対側というだけだったのが

なんだか可笑しく思えた どうして気付かなかったのだろう?



* * * * * * * * * * *



画廊は小さくて そこに人が沢山いたので驚いた

全国的な方だから 見に来たい人の多いのは想像できたけれど


素敵な作品だから 手元に一枚 一枚といわず二枚 ・・・

そんな感じで 買い求める方が多いのだと思う



* * * * * * * * * * *



hikkiは 実物を見たかったので

見ることが出来てよかった♪


作品を買う代わりに 今までの小冊子の画集3冊を買った



* * * * * * * * * * *



ここを見てから hikkiは 六本木へ向かった ・・・


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜


今日は森美術館へ行くのをやめて(一応は予定していた)

午前中は 2月1日からたまっている新聞の連載小説を読んだ


といっても全部ではなく6日分くらいだった

何故こんなに貯めたかというと ためるという字が違うけど


きのう急に思い出して 2月1日からの新聞を全部見て取り出したのだ

だから急に出現した「読むべきものなのである」

小説「草原の風」 宮城谷昌光さん/作者  読売新聞朝刊

↑リンクしました♪



* * * * * * * * * * *



見るからに(字面を見る限り)hikkiが読みそうもないのに

何故読もうかと思ったのは なんか中国の話だったからで

祖先に劉邦を持つ家柄の(沢山いるのだそうだが)兄弟が

知人の格上の家柄の当主の三回忌に出向く途中で

行列を休めている時に この話は始まって

まだ行列は動き出してはいないようで ・・・

その間に州のことや群のこと 兄弟・次兄 父・叔父・祖父の官位や

その他その時代の いろいろなことが説明されているのも興味深い


・・・それらの話で 6日分ほどが費やされていた



* * * * * * * * * * *



※いまリンクしてから 作家さんのコメント等を読んだら

若き日の「光武帝(こうぶてい)」が 主人公だそうである


挿絵も小説にとてもよくあっているので

これから何年続くのか 楽しみが出来たのは嬉しい


せっかくリンクしたけれど

取敢えずは 何も読まずに小説を楽しもうと思っている♪


* * * * * * * * * * *



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音譜



丹阿彌丹波子展 白銅鞮画廊  27日まで



hikkiの行きたい展覧会のメモランダム

白銅てい画廊は京橋で ブリジストンの裏側あたり♪

今週の土曜日まで / メゾチントによる作品たちを見たい♪

いつも読売新聞に挿絵として掲載されている



* * * * * * * * * * *


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。