生き地獄からの脱出

テーマ:
今回は自分語りを・・・。

私自身が潜在意識という言葉と出会ったのは高2の頃です。
そこからですから、かれこれ30年以上は関わっています。
とは言え、30年前と言えば潜在意識に関する情報などはほんの僅かで、まして田舎暮らしで田舎の書店には、鉄板のマーフィー本くらいしかありませんでした。
ましてや、潜在意識に関することの知識を持った人など皆無で、一人で歩むしかありませんでした。
とりあえずは集められる情報から色々やってみるのですが、これといって効果もないんですよね。

コツが分かったキッカケは受験でした。
記事にもしたイメージの半紙に合格と書くやつをやって、見事難関校を突破出来たのです。

そこからは勢い付き、同時に自身の念の強さが開花されてきたのでした。
ただ、暴れ馬みたいな感じでコントロールが難しかったものです。


そこから社会人になり結婚もし、とある会社に就職しましたが、これが超ブラック企業で・・・。
会社での生活は筆舌に尽くし難いほどでした。一カ月で10キロ以上痩せ、睡眠時間平均3時間で休み無し。会社内の雰囲気は最悪な上に最悪な上司。
私直属の部下たちは、沙門上司が死んでしまうんじゃないか⁉︎と本気で心配して会社に掛け合うほどの状態でした。

ある日、決定的な出来事があって会社を許せなくなり、禁断の呪法を使ってしまいました。

結果、会社は倒産。上司らは闇の紳士への不義理からか追い込みをかけられ失踪。
残った社員は問題なくスムーズに他社へ移動しました。

しかし人を呪わば穴二つで、その負を自分が背負ったのか家庭が最悪な状態になり、正に生き地獄となりました。
潜在意識で何とかしようとしても全く歯が立たず、崩壊へと向かっていきます。
でも天は見放しませんでした。

身体には希望がある

この言葉がキッカケとなり、自分の身体を見つめ直したんです。
まずは身体のシンドさを取り去ろうと身体をほぐしていきました。
ほぐしてほぐれてを繰り返していく内に、心がしっかりとしていったのです。

そして、生き地獄からの突破口を見つけて今に至ります。

身体からのアプローチが無ければ、今の自分はこの世にはいないでしょう。
心が辛い時は必ず身体も辛いのです。
辛い身体のままで心を何とかしようとするのは難しいと思います。

まずは土台である身体の辛さを取り去ってあげる。身体と向き合ってあげる。
今、悩みの渦中にいる方はちょっとやってみてください。
辛さを取り去った身体で改めて考えてみたら、違ったものが見えてくると思います。

潜在意識活用には自愛が大事です。
自愛することで自分を認められるようになります。
身体を労わる身体と向き合うということも、大切な大事な自愛なんですよ😊






AD