[フォル様]
皆さんこんにちは!
引き寄せの女神フォルトナです(^^)

[直太]
暖かくなってきたのでサイクリング再開したら、30分でガクブルの直太です……orz

[フォル様]
おやおや直太くん。サイクリング30分で力尽きているのですか?

[直太]
いやもう自分でもびっくりで……冬の間は寒かったので(^^;自転車に乗るのサボっていたら、わずか数ヶ月であっという間に体力が衰えてしまいました……(ToT)

[フォル様]
いつも食っちゃ寝しているからですよ。

[直太]
それはフォル様じゃゲフゥ!

[フォル様]
今日もハリセンが調子いいですね〜。ふんっ!ふんっ!

[直太]
いやあのすみません……
勘弁してください(ToT)

[フォル様]
素振りだって運動ですから、運動で気分がよくなり、よりよい引き寄せ効果が現れるのですよ!
ふんっ!ふんっ!

[直太]
フォル様の場合、運動というよりドついてすっきりゴフゥ!

[フォル様]
は〜〜〜すっきりした、運動で。
さて直太くん、今日のお題はなんですか?

[直太]
はひ……(ToT)
今日のお題は、ちゃぼさんからの引き寄せたノートです。
『自分で人生をデザインしていいと思えるようになってきた。』とのこと!
投稿ありがとうございます!
それにしても、人生をデザインするって、いい言葉ですよねフォル様(^^)

[フォル様]
その通りですね〜。
まさにちゃぼさんのいわれるとおり、自分の人生は自分でデザインしていいものなのですよ。
直太くんもいちおうデザイナーなんですから、人生だってちゃんとデザインしないとですよね〜?

[直太]
いちおうって……(ToT)
そりゃまぁまだ駆け出しですけれども、ちゃんとプロではあるわけで……。

[フォル様]
じゃ、そのプロでデザイナーな直太くんに質問です。
デザインって、なんですか?

[直太]
はい……?
で、でざいんとはなにか、と?

[フォル様]
そうですよ。
デザインとはなんですか?

[直太]
え、ええと……それはあのその……
た、たとえば配色を……

[フォル様]
配色を考えたり、フォントを選んだり、写真を切り貼りしたり、レイアウトを組んだり、だなんて、そんな手法的なことはどぉでもいいですからね?
わたしはもっと抽象的で哲学的なことを聞いているのですから、もちろん分かってますよね?
なんといっても、プロ、なんですから。

[直太]
ひ〜〜〜〜……

[フォル様]
あれれ〜?
プロでデザイナーな直太くんは、デザインとは何か?が分からないんですかぁ?

[直太]
うぐ……ぐ……ぐ……
そ、それは……
そのあの……
デザインとは!
…………キレイな感じ?

[フォル様]
イチから修行し直してきなさい。

[直太]
わーん(ToT)

[フォル様]
そもそも直太くんは、いったいどんなデザインを作りたいと思っているのですか?

[直太]
そ、そりゃまぁ、デザインを見てもらうことで、喜んでもらったり、感動してもらったり、そんなデザインを作りたいなー、とか思っておりますが……

[フォル様]
それってつまり、コミュニケーションでしょうに。

[直太]
……!!!
た、た、確かに!?

[フォル様]
デザインとはコミュニケーションの一種なのです。
コミュニケーションを感覚的に伝えることがデザインなのですよ。

[直太]
う……ぐ……ま、まさにそうです……

[フォル様]
コミュニケーションとは、なにもおしゃべりすることだけではありません。
言葉が通じなくても身振り手振りで通じることだってありますし、ファッションだってお化粧だってそうなのです。
つまり「相手にどんな感情を持ってもらいたいか?」ということはおしなべてコミュニケーションなのですよ。
それを『意図的に計画して見せること』これがデザインの本質です。
例えばカフェの内装をオシャレにデザインすることだってコミュニケーションなのです。
気持ちよく過ごせるというオシャレなデザイン空間、素敵でしょう?

[直太]
まったくです。
コミュニケーションとは、気持ちのやりとりだったんですね!

[フォル様]
ですよ〜。
コミュニケーションは、『情報交換の手段』と勘違いされますがそうではないのですね。
情報交換なんてオマケに過ぎません。
そこの情報に乗っている『気持ち』を交換すること、それが重要なのです。
例えば直太くん、化粧品会社の社長さんがコッテコテな中年男性だとして、そのおっさんが会社サイトのトップページに『ギラギラに自己主張するかのような自分の写真』をどーんと掲載したい、などといってきたらどうしますか?

[直太]
全力で阻止します(^^;

[フォル様]
そのとき「いや、あんたみたいに脂ギッシュな人が化粧品サイトに合うわけないだろ!?」などと語気を強めていいますか?

[直太]
い、いやまぁ……それじゃあケンカになるかもですし、なるべくやんわりソフトにいいますが……

[フォル様]
そう、それです。
「あんたは不可!」という情報は同じでも、いい方によって気持ちの乗り方が全然違いますよね。
ストレートに「あんたは不可!」と伝えたら、そのおっさんはへそを曲げて、直太くんを解任してしまうかもしれませんしね。

[直太]
そ、そぉですね。
なんだか例えが辛辣ですが(ToT)

[フォル様]
実用一点張りに見えるビジネスですら、コミュニケーションの取り方によって結果はまったく違ってくるということですよ。
気持ちは、常にどんなときでも伝播します。
嫌な気持ちを隠そうとしていても、です。
つまり、自分の気持ちをどのように形作るか・見せるかがデザインであり、ひいては『人生をデザインする』ということなのです。
気持ちひとつで、人生は大きく変わっていきますからね。

[直太]
なるほど!
できるだけ晴れやかな気持ちを相手に見せたいものですね!

[フォル様]
自分の気持ちがダメダメですと、相手に楽しんでもらうことは当然できません。
だから自分の気持ちが『どう見られているのか?』。これをちょくちょく意識してみてください。
この『意識すること』が『気持ちをデザインする』第一歩です。

[直太]
デザインも、最終的には「相手にどう見られたいか?」を考えますもんねぇ。
先輩にもよく「相手の視点に立ってデザインを見なさい」とよく言われます(-_-)

[フォル様]
あの先輩とやらも、なかなかいっちょ前なことをいいますね。

[直太]
い、いやまぁ、いっちょ前だと思いますが……奈々先輩は。

[フォル様]
とにかく、相手にどのような気持ちを伝えたいか?
これを相手の視点にたって考えてみる・感じてみることから初めてみてください。
最初は難しいと感じるかもですが、ちょっと意識するだけで大丈夫です。
『気持ちのデザイン』というフレーズを思い出すだけでもオッケーですよー。
意識するだけで、徐々にうまくなっていく、それがコミュニケーションというものですからね。
そして、気持ちをうまくデザインできればできるほどに、よい幸運を引き寄せます。
その結果『人生がデザインできている』という状態になるのですよ〜。

[直太]
ぼくも、自分の気持ちの見せ方を常に考えるようにします!

[フォル様]
というわけで本日はここまで(^^)
皆さんからの『引き寄せたノート』投稿や、引き寄せに関する質問もお待ちしておりますからね。
ぜひコメント欄にご記入ください。

[直太]
引き寄せたノートについて詳しくは、下記エントリーもご一読ください!
http://ameblo.jp/hikiyose365/entry-12138796756.html

[フォル様]
ではまた次回に〜♪
お相手は、引き寄せの女神フォルトナと──

[直太]
明日あたりは筋肉痛になりそうな直太でした(^^;

[フォル様]
see you〜♪
[フォル様]
皆さんこんにちは!
引き寄せの女神フォルトナです(><)b

[直太]
先日、初めて路面電車の都電に乗ったのですが、路面に出る前に降りてしまった直太です(^^;

[フォル様]
さて直太くん、先週末もお楽しみだったようですね?

[直太]
ぎくぅ!
そ、そのネタは話題にあげなかったのになぜ!?

[フォル様]
女神様はなんでもお見通しなのですョ。
さぁ、はきなさい。
いったいどんなお楽しみをしてきたというのですか?
さぁさぁさぁ!

[直太]
ハリセンを振り上げないでくださいよ!?
い、いやあのだから、お楽しみというか、毎月の出張でして……
通年通しての出張が最終日で、帰りにみんなで打ち上げただけですってば。

[フォル様]
ど・こ・で、打ち上げたんです?

[直太]
ちょ、ちょっとした民宿ですよぅ……ハリセン素振らないで!?

[フォル様]
な・に・を、食べたんです?

[直太]
お刺身の舟盛りなどを少々ゲフゥ!

[フォル様]
毎月毎度直太くんばっかり贅沢して!
わたしなんて、おうちでひとり寂しく夕食していたというのに!!

[直太]
し……しごとなんですってば……ガクッ。

[フォル様]
ちょっと前まで倉庫番していたというのに、仕事デお刺身ノ舟盛りトハ。
ずいぶんと優雅な身分になったものデスネ?
誰のおかげだと思ってるんデスカ?

[直太]
そ、それはもちろんフォル様のおかげですから(^^;

[フォル様]
じゃ、今度わたしにご馳走するように。舟盛り。

[直太]
りょ、りょうかいです……(ToT)

[フォル様]
さーて、直太くんが景気よくおごってくれるということで、本日は続けて食べ物ネタの引き寄せいってみましょーか!

[直太]
はーい(ToT)
それでは本日は、twinkle-nonさんの引き寄せたコメントをご紹介させて頂きます。
ちょっと長めですが、非常に面白い引き寄せなので、ほぼ全文抜粋しますね!
ではどうぞ!

--▼----------------

たこ焼き食べたいなぁ。と思ってたけど、仕事からの帰り道にたこ焼き屋さんが無く諦めて家路につきました。

そしたら、家の近くの道端でオッチャンがひっくり返っていたので少し心配になり声を掛けてみました。

ただの酔っ払いのオッチャンだったのですが、とても寒い日だったしオッチャンの家まで送ってあげ帰ろうとすると、『ねーちゃん!ちょっと待て!!』と呼び止められ礼だと手渡されたのが何とたこ焼きと焼きそば(笑)

たこ焼きだけではなく焼きそばまでくっついてきました↑

--▲----------------

[直太]
たこ焼きならず焼きそばまで!
二倍の引き寄せですね(^^)

[フォル様]
欲しいモノ以上に引き寄せたのもすごいのですが、この引き寄せ現象がすごいのは、それだけではないのですよ。
直太くん、なんだと思いますか?
ヒントはオッチャンです。

[直太]
オッチャン……ですか?
っていうかこのオッチャン、夜はまだ寒いというのに、酔っ払って路上で寝てしまうなんてすごく危ないですよね。
下手したら凍死ですよ?

[フォル様]
そう、下手したらお亡くなりになっていたかもしれないですよ、このオッチャン。

[直太]
そんな酔いどれオッチャンが、引き寄せになんの関係があるのでしょうか?

[フォル様]
twinkle-nonさんの引き寄せは、同時に、オッチャンの引き寄せでもある、ということですよ。

[直太]
???
うーん……すみません、どういうことかいまいち分からず……。

[フォル様]
twinkle-nonさんのよい引き寄せ波動が、オッチャンまでも助けた、ということなのですよ。

[直太]
おお……なるほど!

[フォル様]
このオッチャン、twinkle-nonさんが通りかかっていなければ大変なことになっていたかもですよ。
まぁ確かに、オッチャンは酔っ払って気分よく寝ていたのかもしれませんが、そもそも、いい大人が泥酔すること自体どうかと思いますから、オッチャンが引き寄せたわけではないのです。
twinkle-nonさんのいい気持ちにオッチャンが引き寄せられ、結果、助けられたのです。
つまりtwinkle-nonさんが引き寄せた幸運を、オッチャンにもお裾分けしてあげたのです!

[直太]
引き寄せの法則には、そんな効果もあるのですか!?

[フォル様]
あるのですよ。
そもそも、人の気持ちというのは必ず伝播していくものです。
例えば、どんなに怒りを押し殺して、表面上は起こっていないふうを装っても、うちに秘めた怒りは伝わってしまうものなのですよ。

[直太]
あーーー(><)
ぼくがポカミスしたとき、笑顔であるほどに先輩は怖いです……(ToT)

[フォル様]
そうそう、そんな感じです。
人の感情は隠せないものなのですよ。
だから怒りも喜びも、どんどん伝播していきます。
その感情エネルギーは、自分を基点にして放射線状に広がっていくのです。
水面に水滴を落としたときの波紋のようなイメージですね。
直太くん、ポジティブな波紋が広がっていくと、その波紋に触れた人はどうなると思いますか?

[直太]
なんか嬉しい気持ちになるのでしょうか?

[フォル様]
その通りです。
つまり、皆さんかが喜べば喜ぶほどに、周囲の人達も楽しくなります。
周囲の人たちも楽しい波紋を出すようになったら、自分もその波紋を感じ取って、より喜び溢れます。
そうやって喜びの連鎖が生まれて、人間関係がよくなることはもちろん、思いもよらない幸運が降って沸いてくるのですよ。
だから、わたしたちが幸せでいることは、わたしたちの義務なのです。

[直太]
幸せが義務ですか!?

[フォル様]
そう、義務です。
人は幸せであるために生まれてきたのですからね。
ちなみに、『夢を叶えた』とか『結婚できた』とか『億万長者になれた』とか、だから幸せになれるわけではありませんよ?
直太くん、分かっていますか?

[直太]
はい!
ここそこに幸せは転がっているから、それに気づけばいいだけですよね(^^)

[フォル様]
その通りです。
小さな幸せが呼び水となって、大きな幸せに繋がっていきますからね。
いまちょっとつらいなぁという状況にある人も、ぜひ、小さな幸せから発見してみてください。
詳しくは下記エントリーを読んでね♪
http://ameblo.jp/hikiyose365/entry-12138796756.html

[直太]
ぼくも、幸せ発見がんばります(><)b

[フォル様]
では本日はここまで。
お相手は、引き寄せの女神フォルトナと──

[直太]
今月も散財激しい直太でした(^^;

[フォル様]
see you〜♪
[フォル様]
皆さんこんにちは! 引き寄せの女神フォルトナです(^^)

[直太]
最近アニメにハマってる直太です(><)b

[フォル様]
へぇ、直太くん、アニメ見てるんですか。
どんなアニメ見ているんですか?

[直太]
『ソードアートオンライン』ってアニメなんですが!
めっちゃ面白いんですよ!(><)b

[フォル様]
ああ、あの作品ですか。

[直太]
フォル様も知ってるんですか?
男の子向けのアニメだと思ったのですが。

[フォル様]
何を今さら(-_-)
かの作品は、もともとはライトノベルが原作で、その原作小説は最初ネットで連載されていたのですが様々変遷を経て商業出版化して今やシリーズ累計1900万部を突破するという超人気作でアニメも最初から1クール24話という力のいれようで第2期などは剣と銃の戦いによりその凄まじい剣さばきはテレビアニメの動きとは思えないほどの出来映えでありアニメーターさんが燃え尽きているのではないか心配になるほどの完成度でしかもちょうど先日劇場公開されたばかりの──

[直太]
あ、はい、そ、そうですね……あのフォル様、分かりましたからその辺で……

[フォル様]
そぉですか?
作品紹介のまだほんのさわりなのですが。

[直太]
いやあの、このブログはアニメブログではなく引き寄せブログですし……

[フォル様]
まぁそれもそうですね。
ですが直太くん、その程度の知識でアニメを語るとは勉強不足もはなはだしいですよ?

[直太]
で、ですよねー? (感想いっただけなのに……orz)
フォル様は、アニメとかいろいろよく見てますもんね。

[フォル様]
ええ、素晴らしい作品を見ると心も晴れ渡って引き寄せにも効果絶大ですし、何より、いろんな登場人物の気持ちを知ることで感性も豊かになるのですよ。
感性が豊かになるということは『感じ方の幅が広がる』ということですから、自ずと視野も広くなって、ここそこに起きている引き寄せを発見できるようになりますからね。

[直太]
ふむ……。
『感じ方の幅が広がる』って、どういうことでしょうか?

[フォル様]
『感じ方の違い』を知って、それを自由に使いこなせる、ということですね。

[直太]
うむむ……むづかしいです(><)

[フォル様]
よくいわれる例えですが、コップに水が半分入ってて、それを見たときに、
「あと半分しかない」と思うか、
「まだ半分もある」と思うかの違いですね。
これが『感じ方の違い』です。
今の例えで、直太くんの感じ方のバリエーションがひとつ増えたでしょ?
まず『感じ方の違い』を幅広く知っていることが大切です。

[直太]
確かに、『コップに水が半分入っている』という現象は同じでも『感じ方』がぜんぜん違いますね。
引き寄せによいのは「まだ半分もある」という感じ方なんですね!

[フォル様]
その通りです。
ですが、前回もいったように、
「まだ半分もある」「まだ半分もある」「まだある」「まだまだ、まだまだ……」
などと念仏を唱えるように言い聞かせても効果ないのですよ。
お水の例えなら簡単ですけど、これがお金だったらどうです?
例えば直太くんの貯金通帳の残高全財産が1000円で「まだ1000円も入ってる」なんて思えますか?
月末には家賃の支払いもあるというのに。

[直太]
お……思えません……(ToT)

[フォル様]
でしょう?
だから念じて悶々とするより、行動してジタバタしたほうがいいのです。
物語は、その疑似体験をもさせてくれるわけですよ。
そもそも物語って、何かしらトラブルが起こるものでしょ?
それを解決するために、主人公らは一生懸命ジタバタする。
そのジタバタしていく過程で、いろんな出会いがあり、いろんなアイディアが出て、最終的にはトラブルを解決できるのです。
そういった過程をイチ読者として見てれば見てるほど『感じ方の違い』が頭ではなく体で分かるようになり、いろいろな『感じ方』から、その時々で最適な感じ方を引き出せるようになるわけですね。
いわば『試練との向かい合い方を練習している』ようなものです。

[直太]
登場人物たちの生き様を見ることで、自分も豊富な疑似体験ができるわけですね!

[フォル様]
ですよ〜。
さらに、1つの物語だけではなく、様々な作家たちの物語に触れることで、『感じ方の違い』はもっとバリエーションが増えて、感性がどんどん豊かになります。
その豊かになった感性から、どんな状況でも最適な感情を引き出せるわけです。
『感じ方を増やす』『感じ方を引き出す』この2つの練習を物語は兼ね揃えているわけですね。

[直太]
物語って、楽しく見ているだけなのに、すごい練習になるんですね。
どんな苦境でも諦めない主人公たちが、自分の心にたくさんいてくれたら、コップに水が一滴しか入っていなかったとしても「なんとかしよう」と思えてきそうです(^^)


[フォル様]
にもかかわらず現代人は『物語に触れる』ことを驚くほどしていないのですよ。
わたしなんて、ヒマさえあれば見たり読んだりしていますのに。
それはもう、直太くんと比べたら膨大な練習量なのですよ。

[直太]
それはフォル様がヒッキーだからゲフゥ!!

[フォル様]
ちなみにわたし、剣技は得意ですから。
ファンタジー物をたくさん読んでますからね。

[直太]
ハリセンが……イメージトレーニングによって強化されている……

[フォル様]
ぜひ皆さんも、引き寄せの本だけでなく、様々な物語に触れて頂きたいですね(^^)
ということで本日はここまで〜。
お相手は引き寄せの女神フォルトナと──

[直太]
今夜も何か物語を読んでから寝ようと思う直太でした(^^)

[フォル様]
see you〜♪