[フォル様]
皆さんこんにちは(^^) 引き寄せの女神フォルトナです♪

[直太]
友達がポケゴーにハマっているのを見て、ちょっと気になってる直太です(^^;
ちなみに、ゲーマーのフォル様はもうやってるんですか? ポケゴー。

[フォル様]
いえ、わたしはまだやってないんですよー。

[直太]
え? どうして?
真っ先に手を出しそうなのに。

[フォル様]
出歩くの面倒じゃないですか?
えいっ♪

[直太]
ゴフゥ!
……だ、だから……ぼくの発言を勝手に先読みしてハリセン振るうのやめて……(ToT)

[フォル様]
「さすがフォル様、根っからの引きこもりですね!」とか言うに決まってるでしょ、直太くんは。

[直太]
……もはや言わせたいのではゴホゥ!

[フォル様]
まぁでも、ゲーマーだけでなく、家族で楽しんだりもできそうなゲームですからね。
団らんやコミュニケーションのキッカケにちょうどいいのかもしれませんね。
そうそう、直太くん。
ブログのコメント欄で、家族についての素晴らしいコメントも頂いてましたね。
今日はそちらを紹介しましょう。

[直太]
はい、了解です!
あ、ちなみに、このブログお初の方は、こちらのエントリーも合わせてご覧ください。
読むだけで、明日からきっとイイコト引き寄せますよ(^^)

では本日は、よしひろさんからのコメントです!
『今日妻と子供が出掛けてます。普段二人がいてくれることがどれだけ幸せか気付きました。』
とのこと。とても素晴らしいコメントですよね、フォル様!
よしひろさん、ありがとうございました!

[フォル様]
本当ですね!(><)
いやもう、これ、引き寄せの神髄ですよ!
よしひろさんは、もう、悟っていると言っても過言ではありません!
素晴らしい!

[直太]
独身のぼくにはうらやましい限りです(^^;

[フォル様]
いやいや直太くん、そういう感じ方だからダメダメなのですよ。

[直太]
え?
どういうことですか?

[フォル様]
幸せ〜♪な気持ちは、心の奥底から溢れ出てくるのですよ。
家族がいるから幸せなのではありません。
幸せだから家族がいるのです。

[直太]
なるほど。
確かに、結婚したり子供がいたりしても、つらい気持ちでいる人もいますもんね。

[フォル様]
今後もお一人様の直太くんも、幸せでいられるというわけですね♪

[直太]
いやいや!? 『今後も』って、勝手に決めつけないでくださいよ!?

[フォル様]
まぁ直太くんは、しばかれることに喜びを見いだせますから、その点ではいいですよね。

[直太]
違いますってば!?

[フォル様]
でも直太くん、喜びとは、心の奥底からふつふつとわき上がってくるものですから、しばかれて喜んでいるようではまだまだですよ?
しばかれずとも、いまがどんな状況であろうとも幸せを感じられるようになって、初めて本物のMなのですからね?

[直太]
いやもぅ……何がなにやら……(ToT)
けどフォル様、そうはいっても、やっぱり今が『ツラい』と思う人もいると思うのですよ。
そういう場合は、どうしたらいいでしょうか……?

[フォル様]
原因は2つありますね。
ひとつは肉体的な疲労です。これはもちろん、ちゃんと休息をとる必要があるでしょう。
まぁ気持ちが乗っていると、肉体的疲労すら消えちゃうことも多々ありますけどね。

[直太]
ゴルフが趣味の人が、平日どんなにハードワークしてても、お休みの日は早起きしてゴルフに出かけるとかですね(^^;

[フォル様]
もう一つは精神的な疲労です。これはいわゆるストレスですね。
ストレスがあると、人間、どうしても幸せを感じられないものです。
家族がいても、幸せを感じるどころか逆に八つ当たりするような人、これはストレスに飲み込まれちゃっている証拠です。
だからストレスは解消してあげる必要があります。
では直太くん、現代人はどうしてストレスを感じるのだと思いますか?

[直太]
そうですねぇ……
会社で上司やお客さんから無茶ぶりされるから……とか?(^^;

[フォル様]
どうして無茶ぶりされるとストレスを感じるのです?

[直太]
えーと……ぼくの場合なら、納期に間に合うかなぁとか心配で……

[フォル様]
そうそう、その心配や不安感、それがストレスの原因です。
上司の無茶ぶり等は、ただのキッカケに過ぎません。
無茶ぶりがキッカケとなり『未来が先行き不透明になること』──これがストレスの原因なのですよ。

[直太]
なるほど。
人間は、常に未来のことを気にして生きてますもんね。
ぼくの実家はわんこを飼っていますが、わんこに不安感があるようには見えませんもんね。
もちろんわんこにも喜怒哀楽はありますが、「明日の餌がもらえるだろうか?」とかは絶対考えてないと思いますし(^^;

[フォル様]
ですね。不安や心配は、人間ならではの感情なのですよ。
もちろん、この感情があるから、遙か昔の原始時代は、食料を育てて備蓄するようになったわけですから、この感情が悪いもの、というわけではありません。
ですが現代人はとても賢くなりましたので、本来、心配をする必要がないのにもかかわらず、余計な不安を感じて、無駄なストレスを抱えていることが多いのですね。

[直太]
原始時代のように、命の危険なんてほとんどなくなりましたもんね〜。

[フォル様]
それは直太くんが、ニッポンという国に生まれたからですよ。

[直太]
ああ……そうか。
たしかに、戦争をしている国も世界にはたくさんありますからね。

[フォル様]
そういうことを引き寄せたノートに書くのです。
『ニッポンに生まれてよかった』のような大きなことから、『ガチャで、出現率3%のレアキャラ当てた!』とか小さなことまで。

[直太]
さすが引き寄せの女神……ゲームでも引き寄せるんですね(^^;

[フォル様]
わたしのアカウント、コンプ率半端ないですよ!
まぁそれはともかく。
そういう大小様々な幸運を引き寄せたノートに書いておくと、次第に「ああ、わたしって守られてるんだなぁ」という実感を得るようになります。
この実感が、余計なストレスを解消するとてもよい気持ちなのですよ。


[直太]
そういえば、ぼくも、無理目な仕事を依頼されても、最近はぜんぜん焦らなくなりました。
「まぁなんとかなるか」って感じで。
以前は、「ヤバイ!? こんなタイトなスケジュールで大丈夫なのか!?」と心配だったのに。

[フォル様]
そうそう、そういうのが大切です。
経験を積んでいくと、人間、そんなに心配しなくなるのですね。
仕事でいえば、ベテランさんのほうがどっしり構えていられて、しかも仕事も早い。
忙しくとも、無駄なな不安がないから、余計なストレスもないのですね。
だからこれを、文章に書いて毎日見返しましょう、ということなのです。
「あのときこんなに心配してたのに、けっきょく取り越し苦労だったな」なんて思い返すたびに、多くの心配が杞憂であることに気づくようになります。

[直太]
そういう心境になれば、今の心配事も「きっと大丈夫だろう」と余裕を持てますね!

[フォル様]
でも直太くん、だからといって何もしないというのも間違いですからね?
書籍で紹介した『引き寄せの嘘』、覚えてますか?

[直太]
もちろんです! 手痛い思いをしましたからね(^^;
『引き寄せの法則があるから大丈夫』と過信して、心配事に蓋をしてしまう行為が引き寄せの嘘ですよね。

[フォル様]
その通り。詳しくは書籍を読んで頂くとして、引き寄せを理由に気分が大きくなって、心配事に対して何もしないのはダメダメですからね。
『今回も大丈夫だろう』という安心感のもとで、不安に対処すること。つまり行動すること。
これが不安感を解消し、ひいてはストレスをなくすベストな道です。


[直太]
「引き寄せたノート書いてるから大丈夫!」と言い聞かせて、不安感に蓋をして、仕事をやらなかったら……大変なことになりますもんね(^^;

[フォル様]
さすが経験者ですね。

[直太]
あんな冷や汗かくのは、もうこりごりです(^^;

[フォル様]
さて、まとめましょう。
・引き寄せたノートを書くと「わたしは守られているんだな」という実感が出てくる。
・この『守られている感』を元に、日々行動する。
こうすることで不安や心配が解消され、ひいては、毎日のストレスも解消されます。
ストレスが解消されると、毎日がとても充実し始めて、心の奥底に眠っている多幸感を感じられるようになる──という一石二鳥な好循環なのですね。

[直太]
まずは引き寄せたノートを付けることですね!

[フォル様]
ですね。気負わず楽しく書いてくださいね〜。
ではでは、本日はここまで。お相手は、引き寄せの女神フォルトナと──

[直太]
お盆中にポケゴーやってみようかな?と目論む直太でした!

[フォル様]
see you〜♪
[フォル様]
皆さんご無沙汰しちゃいましたー(><) フォルトナです♪

[直太]
早くも夏バテ気味の直太です(^^;

[フォル様]
おやおや直太くん、夏はまだ始まったばかりだというのにもう夏バテですか?

[直太]
気温の落差がしんどくて……(ToT)
皆さんも、体調管理は気をつけてくださいね。

[フォル様]
まったくだらしがないですね。
わたしなんて、ほらこの通り、ピンピンしてますよ?
えいっ♪

[直太]
ゲフゥ!!
な……なんで!?
なんでいきなりハリセン!?

[フォル様]
「フォル様は、ほどよくクーラーが効いている部屋で、日がな一日中ネトゲやってるんだから疲れないでしょ」──などと、今から思うでしょ、直太くんは。
だから先取ってハリセンしてみました♪

[直太]
そんな理不尽な(ToT)
……でもある意味、ご自身をよく理解されてますよねグフゥ!!

[フォル様]
わたしも何かと忙しい身ではありますが、忙しいと心に余裕がなくなってしまいます。
忙しくとも、適度に楽しいことをやらないと。
直太くんは、根を詰めてばかりいるから、心も体もだるぅくなってしまうのです。
そもそも直太くん、最近は引き寄せたノートは書いてますか?

あ、ちなみに、こちらのブログお初の方は、こっちのエントリーに、引き寄せたノートについてお話してますので合わせて読んでね♪

[直太]
引き寄せたノート……このところ、書けない日が続いてます(ToT)

[フォル様]
ほらご覧なさい。
引き寄せたノートは、心の調子のバロメーターでもありますからね。
書く項目が少なくなっているということは、幸せ発見能力が低下しているということですよ。
もちろん、引き寄せたノートは『書かなくちゃ!』と気負う必要はありません。
あくまでもバロメーターという意味です。
バロメーターとは、自動車のスピードメーターのようなものですね。
スピードが出すぎていたら、スピードメーターを見て調節するでしょう?
そこで「うわっ!? ヤバイ! もうダメだ! スピード違反で捕まってしまう!」などとは思わないでしょう?

[直太]
ですね(^^;
逆に、スピードメーター見ないで、突っ走っているほうが捕まっちゃいますよね。

[フォル様]
そうそう。
心のバロメーターというのも同じことです。
引き寄せたノートに書く項目が少なくなっても「うわっ!? ヤバイ! 不幸を引き寄せてしまう!」と慌てる必要はありません。
「ん? 最近調子が落ちてきてるな。疲れてるのかも」と気づくことが大切です。
気づければ、休みを取ってのんびりしたり、リフレッシュするためにお出かけしたり、心身が喜ぶようなことをやればいい──至って簡単ですよね。

[直太]
忙しいと、自分が疲れていることに気づかないこともありますもんね。
「明日が締め切りだ!」などというときは分かりやすいので「締め切り終わったら休みを取ろう!」と思えるのですが、毎日ちょっとずつ疲れが溜まっているようなときって、案外気づかないものですよね。

[フォル様]
まさに夏バテですよ。

[直太]
あ、なるほど(^^;

[フォル様]
皆さんから頂いたコメントにも、引き寄せたノートを書くための工夫も寄せられていますね。
今日はその中から、ピクシーさんのコメントをご紹介しましょう。
初コメント、ありがとうございます(^^)

[直太]
ピクシーさん、毎日忙しい日々を過ごしているそうですが、
『忙しくて書けない日が続くとしんどい出来事が起こる』
そうなのですね。
これほんと、分かります。
忙しいときに限って、やっかいな出来事──ぼくの場合は仕事ですが、それが次々と舞い込むんですよ。
お店などは『お客さんがいるから入店する』という現象があるそうで、例えばコンビニが窓際に書籍コーナーを置いているのはその現象を利用しているそうですが、それは分かりやすいじゃないですか、目に見えているので。
でも、ぼくみたいな事務所仕事で、お客さんからは見えていないにも関わらず、みんな示し合わせたかのように同じ日に依頼してくるんですよ。
しかもぼくだけじゃなく、仕事仲間や同僚みんなが言ってます!

[フォル様]
まさに引き寄せですね(^^)

[直太]
ほんとですねぇ。
もうちょいスムーズな引き寄せをしたい今日この頃ですが(^^;
話を戻して、ピクシーさんは、書けない日をなくすべく『楽しいノートタイムを寝る前に作る』ことにしたそうです!

[フォル様]
『書く時間を決める』というのはとてもいい工夫ですね。
毎日決まった時間に『書こう』とすると、その時間が1分だったとしても、人の無意識は、ちゃんとそれを覚えておいてくれます。
最初は、その時間に書けなくても構わないのです。『決まった時間に書こう』とする姿勢そのものが、『幸せを発見しよう』という気構えになり、無意識にインプットされますからね。

[直太]
時間帯は何時でも構わないんでしょうか?
それとも寝る間がいいですかね?

[フォル様]
自分がいちばんリラックスしている時間がいいでしょうね。
寝る前でもいいですし、お風呂上がりでも大丈夫。
逆に、「さぁこれから仕事するか!」とポジティブになっているなら、始業前とかでもいいですよ。

[直太]
なるほど。
じゃあぼくは、始業前にしようかな。
デスクに座ったらまず引き寄せたノートを開く、と決めておけば忘れずにすみそうです!

[フォル様]
それもいい手ですね。
とにかく習慣化してしまうこと。
書けなくても、毎日読み返すだけでもいいです。
1分とか、そんな時間で十分。
それくらいだったら、どんなに忙しい人でも作れる時間ですからね。

[直太]
1分間で、残り23時間59分がハッピーになるなら、ぜんぜん惜しくない時間ですね!

[フォル様]
ですよ〜。
皆さんも、書く時間をぜひ決めてみてくださいね(^^)

[直太]
引き続き、皆さんのコメントもお待ちしております!
引き寄せた出来事の投稿はじめ、引き寄せるために行っている工夫などもぜひどうぞ!

[フォル様]
ではでは、本日はここまで。
お相手は引き寄せの女神フォルトナと──

[直太]
今週は、仕事控えめにしてリラックスしようと思う直太でした!

[フォル様]
see you〜♪
[フォル様]
皆さんこんにちは(^^) 引き寄せの女神フォルトナです♪

[直太]
昨夜……というか今朝まで、取引先と飲んでた直太です……orz

[フォル様]
おやおや直太くん、昨日はずいぶんお楽しみだったようですね?

[直太]
うぷ……
お楽しみというかなんというか……まさか朝まで飲むとは……しかもなんで、このタイミングでエントリー?(ToT)

[フォル様]
私の気が向いたからですよ。
直太くんも、せっかく有給取ったんですからしゃっきりしなさい、しゃっきりと。
読者さんを不快な気持ちにさせるとは何事ですか。

[直太]
はひ……

[フォル様]
ほら、皆さんからは、とても素晴らしいコメントがたくさん来てるんですよ?
なのに直太くんのその体たらくぶり。なってませんねまったく。

[直太]
せ……せめて明日エントリーしてくれたらよかったのに……(ToT)

[フォル様]
なんで、直太くんの都合に合わせなくちゃいけないんですか。

[直太]
で、ですよね~(ToT)

[フォル様]
何か不満でも?

[直太]
な、なんでもありません!
今日まぢでヤバいですから!?
ハリセン素振りするのやめて!!?

[フォル様]
コメントくれたSaraさんなんて、
『どうして今まで、小さなことを喜び味わうことを、してなかったのだろう?どれもこれも、ありがたいことばかりだったのに。』
とまで言われているのですよ。
いやもうほんと、わたし、コメント読んでとても感動しました!
Saraさん、ありがとうございます(^^)

ちなみに、このブログ初めての方は、こちらのエントリーから読まれると、話がスムーズですので、合わせてご一読くださいね。

ということで直太くんも、今日のエントリーを喜ぶくらいしなさい。

[直太]
そ、そほですね……わぁい……ヽ(;▽;)ノ

[フォル様]
そうそう、そうやって小さなコトに喜べるようになると、それが呼び水となって、大きな幸運を引き寄せるようになるのですからね。

[直太]
呼び水になるって、どういうことですか……?

[フォル様]
世界には、不思議なことで溢れているんですよ。
例えば、『今日飲みたいな』と思ったら、友達のほうから誘いが来る、なんてことは日常茶飯事なほどに。
でも人間、そのときは「お? 不思議なこともあるもんだ」と思いますが、すぐに忘れてしまうんです。

[直太]
みんな、毎日忙しいですもんねぇ……

[フォル様]
だからこそ、引き寄せたノートに書き留めておくのですよ。
そうしてノートが不思議なことで埋まるほどに、『自分は世界に守られている』という感じがするようになってくるのです。

[直太]
守られていても……二日酔いには悩まされるというか……(ToT)

[フォル様]
直太くんのソレは、明らかにご褒美でしょ。

[直太]
違いますが!?

[フォル様]
そもそもピンチは、それを『乗り越えるための引き寄せ』を実感するためにあるんですよ。
ピンチを乗り越えるたびに引き寄せたノートに書いてくと、
「ほんと、人生なんとかなるものだなぁ」
とものすごい安心感を感じるようになるのです。

[直太]
あー……それ……分かります。
デザインなんて仕事をやっていると、締め切りに追われることたくさんありますが、「もう限界だ!」と思っても、ひょんなことから間に合ったり、先方都合で納期が延びたりするんですよねぇ。
不思議なものです……

[フォル様]
そうそう。
それを繰り返していくうちに、ベテランの貫禄が付くというものです。
そして、仕事も人生もなんとかなるもんだ、と実感すればするほどに、心に余裕が出て、その余裕が、よりよい出来事を引き寄せるのですね。
これが『小さな幸せは大きな幸せの呼び水になる』というわけです。

[直太]
あ……なるほど……。
そうなるとピンチも『守られている感』を感じるために起こるのかもしれませんね。

[フォル様]
何を今さら?
だから直太くんはピンチが好きなんでしょ。

[直太]
いやだから……好きというわけではないですが……

[フォル様]
Saraさんは、もう一つ、とても素晴らしい気づきをされているんですよ。
『引き寄せたノートは、自分の本当の姿に気がつく効果もあるのかな、と、記事を読み思いました。』
とコメント頂いたのですが、まさにその通りなのですね!
素晴らしい気づきのシェア、ありがとうなのですよ~(><)
さて直太くん、本当の自分とはなんだと思いますか?

[直太]
本当の自分……ですか?
うう~ん……難しいですね?

[フォル様]
例えば直太くんなら、Mだということですよ。

[直太]
意味がさっぱり分かりません(ToT)

[フォル様]
そうやってあえてツッコミを誘うところがますますMですよね。

[直太]
いやもぅいったいどうすれば……(ToT)

[フォル様]
本当の自分を知るとは『自分の好みを知る』ということですよ。
直太くんが、そうやって二日酔いに苦しむのが快感なように──

[直太]
ほんと違いますから!?

[フォル様]
とにかく、自分が何を好むのか、好まないのかをより明確にすればするほど、本当の自分に気づくようになるのです。
なぜなら人間は、正確に言うと人間の脳は、常に『気持ちいい♪』を求めているからなのですね。
そして気持ちいいコトは、人によってけっこう違いがあるのです。
だから、自分が何に気持ちいいのか分かれば分かるほど、本当の自分も浮き彫りになります。
ということで、引き寄せたノートは、本当の自分に気づく手助けにもなるわけですが、直太くん、どうしてですか?

[直太]
ああ……なるほど。
引き寄せたノートは、自分が不思議に思ったこと、楽しかったこと、好きなことを書いていきますもんね。

[フォル様]
その通り。
自分の好きなこと・喜び・驚きで埋まった引き寄せたノートは、まさに、自分の羅針盤です。
自分がどの方向に向かうと幸せになれるのか、自分だけのコンパスになるわけですね。

[直太]
だから読み返すといいのですか。

[フォル様]
ですよ~。
書くのに熱心で、読み返すことを忘れがちな人もいるかもですが、引き寄せたノートは読み返すだけでも効果がありますからね。
たくさんの不思議が起こっていることに安心感を覚え、自分の好みが分かり、本当の自分に気づけるようになっていきますから。
毎日1分でも1行でもいいので、引き寄せたノートはぜひ読み返してくださいね。

[直太]
了解です……今日は書く気力ないので……読み返すだけでもしておきます……

[フォル様]
なに言ってるんですか。
今日は書くことできたでしょ。

[直太]
……え?

[フォル様]
しょうがないですね。じゃあ特別に、わたしが書いてあげましょう。
『二日酔いなのにフォル様にいぢめられて幸せだった』

[直太]
いやほんと、そこに幸せは感じてないですから!?

[フォル様]
ということで、このエントリーのコメント欄にも、ぜひ、皆さんの楽しかったことや嬉しかったことを書いてくださいね~。
お返事遅くなりがちでごめんなさいですが、気長に待ってくれたら嬉しいな♪

[直太]
ではでは今日はこの辺で(><)
このあとは、もう明日まで寝るつもりの直太と──

[フォル様]
これから直太くんを飲みに連れ出すフォルトナでした♪

[直太]
まぢでーーー!?