ひきこもりを抱える親のパワー

テーマ:







親たちには、頑張り屋の傾向が認められます。





「がんばる」「一生懸命」「必死に」「死んだ気になって」「ベストをつくす」など、いわゆる「がんばり言葉」は、日本の真面目人間、会社人間の心性の中心を占めています。





過剰な頑張りが、うつ病、心身症、自殺、摂食障害など急増するさまざまな疾患の原因になることは周知のところです。





頑張る能力自体は必要ですが、柔軟に機能するためには、同時に、頑張らない能力、頑張り過ぎない能力も必要となります。





親たちの一方的な頑張りが、ひきこもりを長引かせる要因になることは容易に推測されます。





「無力の自覚」は、頑張りというパワーが、ひきこもりに対して無効であることを認め、一方的な頑張り過ぎを修正していくことでもあるのです。


AD