マスコミに取材される方法

新聞社とTV局に21年。PR会社に1年。その経験でプレスリリースの発信とマスコミ登場をサポートします。

NEW !
テーマ:

 

私のブログに読者登録してくださった上に、

丁寧なメッセージを送ってくださる方がいて、

ありがたい気持ちでいっぱいです。

上の写真、表情が怖いですね。

 

勇気を振り絞って…

 

こうした写真をアップしているためか

中には「勇気を振り絞ってメッセージを出します」とか、

コメント欄に「初めてコメントいたします」など、

ものすごく緊張されている方もいらっしゃいます。

 

ブログですからあまり肩に力を入れず、

コミュニケーションできたらと思っています。

 

そうそう、こんな話を今でも聞きます。

「ブログで知る限りでは怖い人だと思っていました」と。

実際に会って、ようやく安心されるのですが、

文字と写真だけで伝えるのは難しいですね。

 

私は新聞記者時代とはかなり変わりました。

親しい友人からは「表情が変わった」とも言われます。

 

 

これはきっと、周囲の友人のおかげ。

友人たちが優しいからなのでしょう。

 

私自身の敷居も低くしなければ

 

 

ブログの話に戻しますね。

先のようなメッセージやコメントを読みながら、

私自身のスタイルが「相手に緊張感を与えているのか」と反省も。

 

新聞やテレビで取り上げられるように伝えている私が

いつも言っているのは「マスコミの敷居を低くする」こと。

セミナーや広報育成研修でそう言っているのに。

私のブログの「敷居が高い」のであれば問題です。

 

ブログは楽しく・面白く~と、この方も言っていますしね。

左側の方です。

 

 

取材してくれた記者と「人として接する」


タイトルの「マスコミに取材される人のポイント」です。

まず、マスコミに自らアプローチすること。

具体的にはプレスリリースを勧めています。

いつまでも待っていては取材は来ません。

取材されるにふさわしい何かを作ること。

自分のベクトルを磨くこと。

 

取材されたとしたら、記者と心を通わせること。

人間として。

記者を「記事を書く機械」のように思わないでください。

あなたがきちんと接することで、

人としての記者の心も動きます。

なんでもそうですが、人間関係は大事です。

 

そうそう…。

私がどんなことを考えて北海道新聞の記者になったのか。

WEBマガジン・タシナムで長々と話しました。

長いですから、興味のある方だけクリックしてください。

そんなに怖がらなくても大丈夫だと分かってもらえるはずです。

 



メディアコンサルタント・荒川岳志

 

 

 

 

■ 東京で11月15日 個人コンサル ■

11月15日午後1時~3時 場所は渋谷駅周辺を予定(連絡を差し上げます) 
マスコミ登場に向けての個別のコンサルです⇒詳しくはこちらをご覧ください

 

 

 

 


 

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版

¥1,620 Amazon.co.jp

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

 

 

アメブロの体裁を変えたり、

WEBサイトもリニューアルしたり、

このところ、人に助けられています。
 

Facebookページのカバー写真

 

Facebookページの

「マスコミから取材される方法」も

少し体裁を変えました。

 

 

変えたのはカバー写真です。

理由は「私の写真の目線」を変えたかったから。

元新聞記者として気になっていたのです。

以前は目線がやや下を向いていました。

それを右向きに変えました。

 

あなたは「写真に映ったあなたの目線」を

どこまで意識していますか?

 

新聞制作には必ず理由がある

 

新聞を読んでいると、

写真を意識的に配置していることが分かります。

紙面の外に「力が逃げない」工夫をしています。

この「写真の力線」は大切なことです。

新聞制作には必ず理由があります。

 

 

その意味を知ったら、

他にも応用できますから、覚えておいて損はありまません。

何かフライヤーを作ったり、

案内図を作る時もそうですが、

フェイスブックやブログでも大切なポイントです。

 

理想の配置は森順子さん


フェイスブックは左にプロフィル写真があります。

この顔写真の目線が左向きなら…

力線はフェイスブックの左外に逃げていきますね。

正面なら大丈夫です。

何にでも対応できますから。

 

カバー写真はどうでしょうか?

カバー写真はプロフィル写真の右側に広がっています。

 

ここは本来なら、右側にあなたがいて、左向きなのが理想です。

 

私がテレビ北海道ニュースデスク時代に

共に働いた森順子さんのフェイスブック。

彼女は局のアナウンサーでした。

この写真の配置は「力線」が真ん中に集まっています。

 

(森順子さんのFacebookから)

 

理想ですね。

 

私は今回、カバー写真の左側に私がいて右向き。

著書に力線を持って行きました。

 

 

約3年前にも書いていましたが改めて。


メディアコンサルタント・荒川岳志

 

 

 

 


 

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版

¥1,620 Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

image

 

人に応援される人になる。

私の好きなベクトルです。

自然と人から応援されている。

これが美しくて素敵ですね。

 

マスコミ登場(取材される人になる)も同じ。

人から応援されている人を

マスコミは取材したくなりますから。

 

自分ばかり主張する人に記者は疲れる

 

反対に「自分ばかり主張する人」。

これは、コミュニケーションになっていません。

主張の一歩通行は嫌われます。

 

私が現役の記者時代もそうでした。

声高に「いかに自分がすごいのか主張する人」を

取材した後は…どっと疲れます。

二度と取材する気になりません。

 

他社の記者から「どうだった?」と聞かれたら、

やめといた方がいいよ、とアドバイスします。

表に出ないところで、取材されない人の烙印を押されますから。

これ、よくある話ですよ。

 

恩着せがましい人もダメ

 

あるいは「恩着せがましい人」。

これはもう「貸し借り」の世界ですね。

 

新聞記者やテレビ記者から見て、

ネタ元として意味がある時は付き合う。

ネタ元の価値が無くなれば、関係も消える。

それだけの人なので、これも悲しい。

 

少し成功したといっても慢心しないことです。

これに関して、もぅ一つ。

誰かを紹介する時も同様で、

記者に対して「恩を着せる」姿勢はやめましょう。

記者は「借り」だとも思わないでしょう。

 

結局はコミュニケーション能力


ちょっと湿っぽい話が続きました。

マスコミに取材されることを突き詰めると、

人としてどう生きていくのかだとか、

人とどうコミュニケーションするのかに行き着きます。

 

だから私は「数打てば当たるプレスリリースの大量発信」が嫌い。

マスコミのFAX番号を片っ端から登録して、

プレスリリースのようなものを一斉送信する。

そんなスタイルに共感できません。

 

記者から見て何度も取材したい人にはなりません。

マスコミ登場の再現性がないのです。

 

それよりも人(記者)の気持ちを大切にする人に。

応援する人(記者)が増える歩き方をしてくださいね。

この方のベクトル。マスコミが好みそうです。

 

 

■ 東京で個人コンサル 残り1人です ■

<時>11月15日(火) 午後1時~3時 <所>渋谷駅周辺
午前の部は申し込みが入りました。午後の個人コンサルの問い合わせはこちらから。

 

image


それから、現代でマスコミから取材されるには、

SNS発信は欠かせません。

 

SNS発信上手になってください。

マスコミ取材の受け皿になります。

札幌の方。

この講座、どうでしょうか?

 

メディアコンサルタント・荒川岳志

 

 

 

 


 

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版

¥1,620 Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

 

先日、こんな質問を受けました。

「荒川さん、新聞記事は掲載予定を延期することがありますか」
 

 

 

記事の延期はよくあることです

 

答えを先に書きます。

記事の延期はあります。よくあることです。

 

質問をしてきたのは四国で頑張る女性でした。

マスコミに注目されたのは彼女のボランティア活動。

記者に取材され、

「〇〇日に掲載予定です」と伝えられたそうです。

 

当然、彼女は期待でいっぱい。

新聞記事になるのが待ち遠しく感じたのでしょう。

その後で「記事は延期になりました」という知らせをもらったそうです。

ショックだったんですね。

新聞の内部事情を知りませんから。

 

これを少し、解説します。

 

紙面作りは締め切り時刻まで続く

 

 

新聞は紙幅が決まっています。

紙面の枚数も予定されています。

これは新聞広告とも絡みますから、

そう簡単には枚数を変えられません。

私が現役記者時代はこんな言葉を聞かされました。

 

「紙面は生き物だ」

 

ナマモノではありませんよ。

その時々で生まれ変わる。

変化しているという意味です。

 

さて、どう変化しているのでしょうか?

①締め切り時刻ぎりぎりまで最善の紙面に変えている

②生ニュースを最優先させる

③紙面に突っ込む生ニュースの大きさで外す記事を考える

④それを決めるのは内勤の部門

⑤見出しを付け、紙面のレイアウトを決める「整理部」の権限です

 

取材した記者は掲載日を決められない


取材して記事にした外勤部門の記者には、

記事をいつ載せるかという権限はありません。

ただし、記事の掲載希望日を伝えることはできます。

あくまでも希望日です。

先の記者はこの「希望日通りになる」と思ったので、

親切に伝えてくれたのでしょう。

 

さて…掲載延期になった記事はボツということでしょうか?

これは、取材された内容にもよります。

当日のイベントなら…ボツの可能性は高くなります。

記事を再加工するほどのイベントではない限り。

 

しかし、先の彼女の記事は「人に焦点を当てた切り口」でしょう。

ですから、ボツにはならないと思います。

私は彼女に「少し待ちましょう」と伝えました。

大きな扱いになることを期待して。


メディアコンサルタント・荒川岳志

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版

¥1,620
 
Amazon.co.jp

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ブログの記事投稿について、

こんな質問を受けました。

「荒川さん、同じ記事を何度もアップしてもいいのでしょうか」

 

人それぞれに理由がある

 

私の答えは「その理由があれば構いません」。

人それぞれに記事を書く理由があります。

私はあまり再投稿はしません。

これは元新聞記者の意識が染みついているからでしょう。

新聞は同じ記事を何度も掲載しませんから。

 

プレスリリースもそうです。

同じ内容のプレスリリースを何度も出してはいけません。

ニュース判断する記者に嫌われます。

 

だからといって、

ブログを書く人にも当てはめるかといえば、

それは違うと思います。

 

同じ記事を何度もアップする人は

それなりの理由があるからです。

 

新聞は切り口を変えた記事にする

 

例えばイベントの告知記事。

これは新聞記事もそうですね。

自社主催のイベントを何度か記事にします。

ただし、切り口は変えて記事にしていますが。

読者に新鮮な気持ちで読んでもらう。

これは新聞の生命線です。

 

さて…ブログの話に戻りますが、

ブログを書くのは大変です。

時間も掛かります。

せっかく書いた記事を大勢に読んでもらいたい。

そういうブロガーの気持ちも分かるので

「理由があれば構いません」と答えたのです。

 

背骨の歪みを整えましょう


と…ここまで書いて、私が書きたかったこと。

 

 

私の友人の山田桃世さんが札幌市の講師に選ばれました。

右端の方です。

彼女が初めて札幌市の講座を任されました。

マスコミ登場も同じですが、最初が肝心です。

 

「背骨の歪みを整える」先生になったので、

札幌市内の方は申し込んでくださいね。

締切はきょうまで。再び記事にした理由です。

 

山田桃世さんの講座の詳細はこちらからご覧ください。


(山田桃世さんのブログから)

 

メディアコンサルタント・荒川岳志

 

 

 

 


 

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版
¥1,620 Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)