マスコミに取材される方法

新聞社とTV局に21年。PR会社に1年。その経験でプレスリリースの発信とマスコミ登場をサポートします。


テーマ:

 

今年に入ってパソコンから遠ざかっていました。

アナログとバカにされそうですが、

新聞を丹念に読んでいました。

記事の断片を線でつなぐ作業です。

マスコミの思惑、ニュースの指向などを感じるためです。

 

少子社会、高齢社会の先に

 

いくつか気付いたことがあります。

昨年とは違う記事の傾向です。

昨年までは「少子や高齢社会」に重きが置かれていました。

 

今年は「対人工知能」への恐れです。

仕事が無くなるのではないか、

AIに人間が支配されるのではないか。

人間は超えてはならない世界を創り出すのではないか。

そんな恐怖心と対処、心構えの記事が散見しました。

 

これは少子、高齢社会の先にあるものですから、

昨年からの流れを変えている訳ではないのですが。

 

 

そこで人間はどうするのか、

仕事は精査され、無くなる職種の対策は何か。

何だか、目の前の変化にどうして良いか分からず、

右往左往し始めた感じです。

 

こうした未来へ向かう過程と、

あなたがメディアを使ってブランディングすることを

少しリンクさせて書いていきます。

 

記者の気持ちを察してほしい

 

私が勧めてきたメディア登場、

つまり、新聞記事やテレビ取材を経て

ブランディングする方法は「人対人」の世界です。

人には心があり、マスコミで情報発信する記者にも心がある。

その「心」が何に敏感になり、反応するのか。

記者の気持ち、心理を知った上で「メディア登場」を目指す。

そのことが大切だと伝えてきました。

 

記者にきっと焦りがある。

そんな感じを受けました。

 

 

AIを駆使できない、もしかすると追い越される、

そんな時代の到来を記者も恐れています。

 

そうなると…どうでしょう。

その反対にあるものを記事で取り上げ、

比較したり、参考にしたり、生きるヒントにする。

そんな記事も必ず求められます。

 

と、なると…。

あなたはどうやってブランディングしますか?

そのためにどんな行動を取りますか?

人とどう関わり、働いていくのでしょうか?

 

人の心がキーワードに


今年に限ってみれば、

・人の心をつかむ

・人がつながり支え合う

そんなキーワードがAIと反対軸の記事になります。

物ではありません。心です。

 

もう1つ。

目の前の厄介を取り除くという「短視眼的」な発想は、

あまりにも自分本位で、

最終的には自分を含めて周囲をダメにする。

少なくても人はみな、

地球という「船」に乗る乗組員です。

自分だけ良ければ、という発想ではなく、

周囲を良くすることで自分が守られていると感じた仕事や行動こそ、

取材されてブランディングにもつながるはずです。

 

 

あなたが輝く1年の始まりです。

期待しています。


元新聞記者、テレビ局デスク・荒川岳志

 

 

問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

私の動画です。

 

 

 

著書です。

マスコミへのアプローチを理解できるように書きました。

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版
¥1,620 Amazon.co.jp
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今年最後の日です。

あなたがあなたらしく進むために。

あすから始まる新たな年のために。

 

どこから始めても出発点になる

 

年の最後の3日間、

過去、現在を考えていただけましたか。

あなたがあなたらしく、

オリジナルであるために。

 

 

ある方がこんなことを言っていました。

円相の考え方について。

人生は線ではなくて円。

どこからでも出発点にもなる。

終着点と見ることもできる。

 

だから毎日、

これで人生が終わってもいいと思えるように、

生きていると話されていました。

 

生きていることへの感謝

 

また、心友がこんな話をしていました。

いまできることを全力でやる。

それだけなんだ、と。

 

2つの話に共通するのは、

生きていることへの感謝と、

自分を高める毎日を過ごす決意。

 

自分に大いに期待する気持ちです。

自分に期待する。素敵ですね。

 

何か事を始めようとすると、

誰かが止めに入ったりします。

やめなさい、

できっこない、

難しい、

可能性が低い。

 

でも、それは相手の意見。

あなたの考えではありません。

あなたではない、他人の意見です。

 

応援する人は必ずあなたを助ける


本当にあなたが、あなたらしいオリジナルで、

何かを始めたり、どこかに進もうと思ったら、

あなたを心から応援する人は必ず、

その助けになることを考えるでしょう。

 

 

あなたらしい人生を歩んでください。

あなたの一生はあなたが決める。

あなたにだけ、決める権利がある。

 

この歌をあなたに贈ります。

あなたは進む力を持っています。

出し惜しみするのは、もうやめよう。

 

 

 

 

 

元新聞記者・荒川岳志

 

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

気付く人になりましょう。

私の恩師はそう、教えてくれました。

ほんの小さなことに気付く。

相手の気持ちや困り事、変化…。

いろいろです。

 

恩師の言葉は、私に大きな影響を与えました。

 

きょうは「現在」を考える日

 

昨日は「過去⇒現在⇒将来」について書きました。

あなたがあなたに近付くために。

その先の将来が輝くために。

 

年の最後の3日間の使い方を始めてくれましたか?

昨日は「過去」を振り返る日。

今日は「現在」を考える日です。

 

 

考えるというより、冷静に見る。

俯瞰(ふかん)して客観視する意識で。

あなたを天井から別のあなたが見つめる感じで。

 

大事なことがあります。

欠点を探すための客観視ではありません。

欠点があるとしたら、こう考えてください。

「そういう私がいたことを認める」

そうだったね、と認めるだけ。

 

人を見極める力が大切

 

あなたは何に目を向けたいのか。

それが大事です。

 

進む力を強める方法。

最も大切なことを最近、私は知りました。

 

人を見極める力

 

これが大切でした。

 

誰と居るか。

誰に頼むか。

誰を信じるか。

 

人の見極めが人生を左右すると、

気付かなかった過去は過去として、

認めて進んでいます。

 

気付いて、認めて、進む


冒頭の「気付く人」をもう一度。

気付く人は決して、

周りばかりに意識が向いてのではありません。

自分の在り方に「気付く」のも大切。

 

誰といるか。

誰に頼んでいるか。

誰を信じていたか。

 

気付いて、

認めて、

選択して進む。

 

あなたが、なりたいあなたに近付くために。

 

 

 

毎日更新は明日で最後です。


元新聞記者・荒川岳志

 

 

 

 

 

 

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版
¥1,620 Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

私がマスコミ取材について話す時、

とても大切にしていることがあります。

過去⇒現在⇒将来

この図を示しながら話します。

あなたはどこに向かうのか、それを知りたい。

 

あなたはどこに向かっていますか

 

マスコミから取材されることを深く考えると、

あなたがどこに向かうのか、に行き着きます。

あなたはどこに向かっていますか?

 

なぜ、マスコミ取材の方法でそんな話をするのか。

マスコミがあなたを取材する場合、

目先の現象を取材しているようで違うのです。

あなたのベクトルに共感したから取材するのです。

 

商品発売や新事業という「点」を取材しているようで、

実は違います。

あなたのベクトルが取材対象です。

マスコミ登場はベクトルの中間報告。

そう思ってください。

 

ただの金儲けのためだけの人や

人の幸せを考えていない人は取材されません。

金儲けだけの事業や商品は「大義名分」がありません。

メディアも世に出す責任が生じますから。

それでは取材できないのです。

 

きょうから3日間のやるべきこと

 

今年も残り3日になりました。

きょうも含めて。ちょうど良い日です。

 

きょうは

あなたの過去を振り返ってください。

そして明日は、

なぜ、今があるのか考えてください。

そして大晦日は、

どこに向かおうとしているのかも。

 

あなたがどこに向かうのか決めたら、

全力で進みましょう。

やるべきことを書き出して、

一つひとつ消していきましょう。

 

あなたはオリジナル。

あなただから選択した過去の積み重ね。

そのベクトルを伸ばしていきましょう。

 

あなたのベクトルを伸ばしてほしい


何度も言います。

人生は一回しかありません。

この世に生まれてきた確率は

宝くじの一等当選よりずっと低いのです。

この世に生まれてきたのなら、

あなたのベクトルを伸ばす。その幸せを感じましょう。

 

あなたに毎日、伝える時はあと2日。

あなたがどこに向かうのか、私は期待しています。

 

元新聞記者・荒川岳志

 

 

 

 

 

 

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版
¥1,620 Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

ブログの意味や手法はいろいろですが、

仕事の発信をしたいと考えている人に向けて書きます。

 

ブログの書き方を指南している方がいます。

その記事を読みながら思います。

優しいんだな、と。

 

ブログを考える時間が圧倒的に足りない

 

例えばこんな記事。

「ブログの記事が書けない時にどうするか」

 

そして、アドバイスします。

・こんな方法でネタは見つかる

・こんな「まとめ記事」を書いてみよう

・1年前を振り返って書くこともできます

 

 

私は強制的に毎日、記事を書いた時期がありました。

新聞記者時代です。

私らしい視点で何が書けるのか、そればかり考えていました。

 

 

きつい言い方になるかもしれませんが、

ブログを書きたくて書いている訳ですから、

ブログを書く努力をしましょうよ。もっと。

 

書けない悩みを訴える人はたぶん、悩んでいないのです。

悩むという行為は、そのことばかり考えているのですから。

 

書けない人はブログを考える時間が圧倒的に少ない。

だから、書けないのです。

 

普段から書く意識があるかどうか

 

片手間に書くことも勧めません。

片手間に書いた記事はすぐに分かります。

自分都合で書いた記事は面白くありません。

時には、読んで損した気分になります。

 

ブログ読者が多い川上雄大さんと、

初めて2人だけで飲みに行った時、

川上さんがノートを取り出したんですよ。

「その話、おもしろいね」って。

「あ、それもいいね」って。

何をしているかと言えば、ブログ記事の視点を書いている。

 

 

普段からこうした「書く意識」があるかどうか。

これは、新聞記者と共通します。

 

私は新聞記者をしていた21年間、

寝るときは枕元にノートを置いていました。

夢の中にも記事のヒントが出るから。

朝、起きて読み返すと「意味不明」で苦笑した時もありましたが…。

 

メモ帳をポケットに入れて


ブログ記事を書けないという人は、

パソコンやスマホを前にしてようやく、

「さあ、きょうは何を書こうかな…」

そんなことをしているのではないでしょうか。

 

ブログを書く時間を決めることと、

ブログを考える時間は別の話です。

 

メモ帳をポケットに入れて、

何か思い付いたら書き留める。

そんな毎日を1カ月間、過ごしたら変わりますよ。

 

それでも書けないなんてありえない。

 


 

元新聞記者・荒川岳志

 

 

 

 

 

 

 

著書です。

マスコミへのアプローチを理解できるように書きました。

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法/太陽出版
¥1,620 Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)