本気ならヨシックス

  FCコリオーラ
パレアサッカースクール
   公式ブログ
  ~ヨシムの言葉~

                  ~絆プロジェクト~

  
             熊本地震で甚大なる被害にあわれた皆様に
          
                心よりお見舞い申し上げます

               私どもも「今できること」を見出し

                 支援させていただきます  

             1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます 
 


テーマ:

18日の土曜日は、1~3年が大塚小学校でバッハローの皆さんにかわいがってもらいました。

暑い中よく頑張りました。

 

4年生以上は砂久保での練習。

 

私ヨシムは、朝川ジュニの2年生たちを前橋に送り届け、すぐに川越に戻り砂久保の練習に無事到着。

2時間の練習の中でのテーマは、「暑い夏を乗り切るには・・・」と、少々きつめの練習を実施。

意識の高い選手は、くじけずにやり切りました。

心に雑念のある選手は、途中でくじけそうになりながら、こちらの言葉に発奮しながらなんとか頑張りぬきました。

 

気温がぐんぐん上がる中での活動。

これから迎える夏本番は大丈夫だろうか・・・?

 

2時間のトレーニングを終え、私はそのまま再び前橋へ。

川ジュニの最後の試合の途中には到着し、バスに乗せてまた川越へ。

2往復約8時間。

大阪まで行けるな(笑)

 

19日(日)は、2年生が坂戸FCの皆さんに招待され、育成カップに参加。

一生懸命頑張ってくれたようで、見事準優勝。

引率したタカヤコーチはめっちゃ悔しがってました。

聞くと、最後の最後で同点に追いつかれた結果得失点差で準優勝になったとのこと。

勝負の難しさですね。

でも、子どもたちが頑張ったのであればそれでよし(いつもの決まり文句)

 

 

よく頑張りました!

 

4~6年は八瀬で1日練習試合。

6年5試合、4年4試合たっぷりと試合三昧でした。

 

6年生は2週間後の4種リーグに向けて、ここにきて調子が上がってきた選手と、下がってきた選手がいる状態で、当然調子のいい選手がスタメンの座を獲得することになるのだろうが、あと2週間でまたさらに競争が始まった。

チームが活性化すれば、選手たちの成長速度も上がる。

まだまだうまくなれるぞ!

 

 

試合後私はそのまま埼玉平成高校へ。

川ジュニの3年生たちが、埼玉平成高校のサッカー部の皆さんと練習試合をやらせていただいている現場へ。

 

到着すると、ほどなくして教え子たちが挨拶に来てくれた。

福原サッカークラブ時代の教え子と川越ジュニアを卒業していった教え子たちの両方がここでお世話になっている。

みんな元気そうで何よりだった。

久々にあえて、さらに久々にプレーが見れてうれしかった。

 

中学までは別々のチームで高校で一緒になり、新たに見つけた仲間がそれぞれ私の教え子たち同士っていう不思議な縁。

サッカーがつなげてくれた縁に感謝だね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

本日の活動ですが、予定通りグラウンドで行います。
多少降るかもしれませんので、各自雨対策(タオル、着替え、ごみ袋などを持参)をお願いします。

 

予報に反して、練習開始前に雨が強く降ってくる場合は、再度ご案内させていただきます。

 

また、練習開始後雨が強く降ってきた場合は、途中で打ち切る場合もありますので、あらかじめご了承ください(その際はご連絡します)

以上よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コリオーラを設立してはや5年。

 

増え続けるもの。

 

それはサッカー用品(笑)

 

去年自宅に一つ倉庫を買って建てた時も、組み立ての様子をブログでアップしたけど、結局またまた物であふれかえってきたので、我が家の庭が大変なことになり始めたので、今まで家庭菜園で使っていたスペースがもう使わないということになったので、奥さんの一言で収納スペースを作る事に。

 

といっても、倉庫を買うほど予算の余裕もないので・・・

 

無い知恵を絞って荷物が置ける棚を作ることに。

 

まずはこのデッドスペースに・・・

 

棚のサイズをイメージして採寸

測量なんてカッコいいことできないので、タコ糸はってなんとなくの四角形に(笑)

 

まずは基礎となる土台作りのために、四つ角に杭を打ち込む。

 

ちょっとづつ垂直を図りながらの打ち込み。

その前に、結局サイズ変更をすることになったので、測りなおして杭の打ち込み。

50センチも打ち込んだので大変だった。

 

基礎が決まればこっからは一気に組み立てられる

ものの1時間ほどで棚の枠組みは完成。

並行測ったりしながら微調整が大変だったけど楽しくできた。

 

 

ん?

傾いてるな・・・・

この後微調整したけど、多少の傾きはご愛嬌(笑)

 

棚の下が土むき出しで、下にももちろん物を置きたいので、水をかけるだけで固まる土を買ってきてまんべんなく広げる。

 

便利なものがあるもんだ。

 

 

水をかけて1日おくとこんな感じ

 

そして、屋根もしっかり付けました。

横殴りの雨には効果ゼロだけどね(笑)

 

 

そして、下一段に通気性を考えてスノコを打ち込んで棚完成

さっそく、クーラーボックスたちを入れる。

 

ん~何とか様になったね。

 

時間を見つけてちょいちょい作業してたので、作業時間の合計は10時間くらいかな・・・

あとは屋根の真下のスペースと、真ん中に2段目の棚を作って完成します。

 

梅雨が本番になる前に完成させたいけど、とりあえずこれで庭の乱雑状態と倉庫の満杯状態は緩和されてよかったよかった。

 

奥さんからもOKいただきました(笑)

 

 

ヨシムDIY日記でした。(次は何作ろうかな・・・)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月12日(日)

4年生は練習試合

八瀬大橋で1日練習試合。

たっぷり経験を積ませていただきました。

対戦チームの皆さんありがとうございました。

保護者の皆さんも連日のご協力ありがとうございました。

 

さて、この日は4種リーグ。

 

越えなければいけない山。

前の週に振り絞れた力を、ここでも発揮できなければいけない場。

 

この学年にとっては、この試合会場はあんまりいい思い出がない。

強風だったり、作戦盤が風で飛ばされたり・・・

 

「今日はそんなことの無いようにな」

って、まずは最初の言葉(笑)

 

第1試合は9時からだけど、8時過ぎから気温が上がり始めるのがわかる。

いよいよこの時期か・・・

暑さは少年少女たちにとって、雑念を加える要素ナンバー1。

それに打ち勝てるか。

6月のこの暑さを越えられずして、夏が乗り切れるのかっていう話をした。

 

この日の試合結果は、1勝1敗。

仏子ブラックスの壁は今回は越えられなかった。

でも、選手たちは頑張ってくれてた。

立ち上がりの本当に最初のフワフワがなければ・・・・

っていう部分の反省。

 

私の持論では、その日の最初の試合で負けた場合は9割が指導者の責任と思っている(賛否はあるだろうが)。

だから、そこは本当に猛烈に私が反省しなければいけない。

 

でも、1点ビハインドになってからも下を向かずに戦い続けたコリオーラの選手たち。

前半も比較的押し込めるシーンがあり『いける』と思っていた。

 

前半のうちには追いつけなかったが、ハーフタイムで戻ってきた選手たちには

『絶対にいける』

『大丈夫だ、絶対にとれるぞ』

と言い続けた。

 

いくつかの修正点、そして前半を見たうえで相手の守備の陣形に対して、ヒナタに伝えたほんのちょっとのアドバイス。

ヒナタはそれをしっかりと理解し、プレーで表現した。

それが同点ゴールという最高の瞬間を演出した。

 

歓喜に沸いた選手たち。

あきらめず信じた結果。

あきらめずやり続けた結果。

一生懸命戦い続けた結果。

 

それが一つの形になった。

 

いやー、嬉しかった。

 

その後の試合もヒヤヒヤとワクワクが入り混じったような感覚で見てた。

相手もこのままじゃ終われないってもちろん思ってるだろうから、攻撃の手を緩めないし、それをしっかりと防がなくちゃならない。

 

一生懸命走ってくれたと思う。

ただ、ほんの一瞬の確認不足から生まれる「ほつれた糸」が痛い痛い失点となった。

 

今の戦い方で、状況によって生まれるこのリスクは承知の上だった。

8人制というルールに則るとどうしてもこうなる。

私は、この8人制の動きを何とかして11人制に連動させたい。

そう思っている指導者も多いだろうが、そうでない指導者多い。

 

そして、8人制と11人制ではリンクしない箇所も多いのも事実。

本音言えば、9人制だったらもっとわかりやすく11人制に移行できると思う。(これも賛否はあるだろうけど)

 

8人制でやってて、11人制とリンクさせるために伝えるとするならば「8人制ではこうなるけど、11人制では・・・」みたいな伝え方をしなきゃいけない時がある。

この時点で別物になってしまっていると感じている私。

 

もっとうまい伝え方もあるのかもしれないが、私の技量ではまだそこまでは言えない。(言うとハッタリになってしまう)

 

試合に話を戻すと、そのリスクを承知で選手たちには戦ってもらっている。

決してそのリスクを無視しろって言っているわけではなく、『承知で戦っているのだから、そこを使われる時に対応できる準備は怠るな』という伝え方をしている。

 

ただ、そんな教科書通りのパターンがいつも来るわけがないのがサッカー。

こっちが考えている以上の状況が重なると、伝えきれていない状況になる場合だってある。

 

そういう時に「?」と頭が真っ白になるのではなく、『負けたくねぇ』っていう気持ちが体を動かせる本能的な部分が必要となってくる。

それが、いわゆる私が表現する「究極の場面」ってヤツ。

 

無我夢中でその究極の場面ですごいプレーをする選手もいるし、固まってしまう選手もいる。

これは言葉では説明しにくいけど、日ごろの活動から培っていかなきゃいけないものだし、頭が真っ白になってしまう選手でも、鍛え方と取り組み方でいくらでも改善できると私は思っている。

 

だから、この失点は痛かったけど、今のコリオーラでは対応できるかどうかっていう部分で半々くらいの状況だった。

 

だから、試合後「あの場面ではね・・・」っていう話をする必要があった。

つまり、この公式戦という試合でまた一つ新たにインプットする現象を目の前で体感したということ。

日々勉強。

試合から学ぶことが成長にどれほど大きくつながるのかはこれから問われるところだろう。

 

 

 

そのあとの大井FC戦は何とか勝利をおさめることができた。

試合後選手たちには、私たちスタッフが審判が終わってから解散するから・・・

という指示だけ出した。

 

審判しながら時折見えるコリっ子たちの行動。

そこは、試合の結果と関係なく、しっかりと咎めておきました。

 

安心は「心が緩む」ではなく「心が安らぐ」という意味。

「大一番だ」と、ずっと伝え続けてきたから、心の緊張感が解けるのはわかるが、そのギャップが大きすぎた。

 

咎められた内容はここでは書くつもりはない。

選手たちには伝えたので・・・。

 

わかっていないようであれば、また一から出直しになる。

 

ここに来るまで苦労してきたことがやり直しになってしまうとしたら、どれだけ無駄な時間を要することになるのだろう。

 

 

 

 

勝てなかった悔しさはある。

けど、なんか悶々とした悔しさではなく、素直に「ちくしょう悔しいな」っていう率直な悔しさ。

 

私は、あんまりリーグの順位のことは選手たちには細々と話さない主義だが、どうやら上位陣も星の取りこぼしがあるようなので、まだまだ混とんとしているこのリーグ。

 

痛い負けは喫したけど、「まだいけるぞ」の可能性を持つことも許されている状態。

色んなめぐりあわせがある中で、最後まであきらめないで行ける状況が準備されているのかもしれないなぁ~

 

リーグ前期の勝敗はもう忘れた方がいい。

今目の前にある1戦1戦をひたむきに戦い抜くしかない。

それがコリオーラらしさ。

 

次の決戦は7月3日。

しっかりと経験と英気を養って臨もう!

 

 

そして、ちょっと嬉しかったこと。

 

去年もその前もそうだったんだけど、コリっ子たちの言動がいろんなチームに刺激になっているみたいです。

例えば、ブラ体の声だったり、荷物の置き方だったり、試合に取り組む姿勢であったり。

 

それが、リーグ内で一緒にいる時間の長いチームが影響受けてるっていう言われ方を最近よくされる。

 

自意識過剰かもしれないけど、活性化してるっていう感じでしょうか・・・

 

この日も、「ほらコリオーラの子たちはさ・・・・」

っていう他のチームの指導者の方の声が聞こえてきて、コリっ子たちの耳にも入り、なんかどうすればいいのかわからずニヤニヤしてるコリっ子たちがいたり(笑)

 

うちは、うちらしく、人として恥ずかしくない行動をしよう、日本人なんだから日本人の良い部分も大切にする気持ちを忘れずにして、潔さや、努力、真剣、ひたむきなどを言い続けているだけ。

でも、それが評価されるというのは「サッカー上手いね」って言われるより何倍もうれしい。

 

それが、「やらされている」からスタートかもしれないけど、普通の行動になり、当たり前の行動になり、無意識の行動になってくれればと思う。

個々に「必要なこと」と理解してちゃんとやってくれるようになれば何よりうれしい。

 

「楽しさとは、目標に向かって本気になること」

 

コリオーラは、ひとつひとつの目標に向けて日々本気で取り組んでいく集団。

こうやって書くと、なんかガチガチのギチギチに縛り付けてるように思えるかもしれないけど、それは子どもたちの顔と雰囲気見てくればどうなのかわかります。

 

本気という部分にどう取り組んでいくか、どう挑戦していくかが重要。

本気で取り組んだから、本気で嬉しいし、本気で悔しい。

その経験をもっともっと積んで行こう。

 

ダメだ、書き出したら止まらないのでこの辺にしときます(笑)

 

この週末も素晴らしい経験をさせてもらいありがとうございました。

対戦チームの皆さん、サポーターの皆さん今週もありがとうございました。

 

私は、この試合のあとすぐに毛呂山にとんで、川越ジュニアのU-14が戦う新人戦の会場に。

そして、勝利した瞬間に立ち会うことができた。

ここに来るまで、苦労して苦労して苦労して勝ち取った勝利。

この勝利はきっとれからのきっかけになってくれるはず。

 

みんなの頑張りに感謝。

 

 

 

長くなってすみません<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この週末もたくさん色々な経験をさせていただきました。

本当にありがとうございます(感謝感謝感謝)

 

11日(土)

2年生が立川の羽衣SCの招待でスカイウォーターカップに参加させていただきました。

現地での抽選の結果、初戦にいきなり江南南びっくりびっくりびっくり

 

なんてラッキーなんだ!?

堂々と戦えたか?

 

0-2で負けちゃったみたいだけど、その江南南はそのまま大会の決勝に進んでたもんね。

 

よし、鍛えなおしてまた対戦してもらおうな!

 

予選リーグは八王子CBX、立川1SCに勝利!

2位パートトーナメントに進み、初戦の西砂に惜しくもPK負け。

 

最終戦は主催チームの羽衣SCと対戦させていただき大会は終了。

 

いい経験になったね。

ご招待いただいた羽衣SCの皆さん、対戦していただいたみなさんありがとうございました。

保護者の皆さんも応援ありがとうございました!

 

 

 

 

この日他の学年は・・・

 

5年と4年がリバーリーグ

6年が八瀬で練習試合

3年、1年が川研で練習

加えて

中学生の川越ジュニアが

1年生がフットボールパークカップ

2年生が練習

3年生が大学サッカーの観戦

 

と盛りだくさん。

スタッフも行ったり来たりのスタッフもいて充実した忙しさ。

更に最終的に起きたのは、八瀬大橋グラウンドの脇にある畑の中にある小屋が火事になるっていう事件。

 

コリっ子たちが解散するときに「なんか煙がすごいな・・・」って思ってて、またどっかで野焼きでもしてるのかなぁ・・・って思ってて、みんな帰って倉庫閉めようとしたら消防車がサイレン鳴らしながら入ってきて

 

「え?・・・・・え?????・・・・」

 

って、感じで。

 

どうやら、グランドからは見えなかったけど、橋の上から見たほかのスタッフが「結構な感じで燃えてましたよ」って言ってたから、そのくらい燃えてたんだろうね。

 

結局橋の上も1車線規制されて、消防車止まってたし。

 

 

そんな中、消防車が入ってきて隊員が忙しく動き回ってるところで、川ジュニの3年の選手がスマホで写真撮ってるから

「おい、やめろって、不謹慎だろ」

って注意したら

「いやいや違いますっ」って慌てて否定してきたから、「じゃあなんだよ、見せてみろ」

って言って、写真見せてもらったら消防車撮影してた(笑)

 

「カッコいいなって思って」って。(笑)

 

働くクルマ好きか!って突っ込んどきました。

 

しかもちゃんと車が美しくとれる斜め45度から撮ってるし(笑)

 

火事は消防が来て15分くらいで鎮火してました。

テキパキした行動とかみて、3年生たちが「カッコいいなぁ」って言ってました。

 

きっとこの学年から消防士が誕生すると思います。

 

長くなったので日曜日編はつづく・・・

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。