消防設備士かく語りき

火消し屋本舗 平成め組代表のブログ


テーマ:
自分勝手な喫煙者


東京都知事の小池百合子が2020年の東京オリンピックを前に都庁の全面禁煙を決めたらしい。

2020年の東京オリンピックは「煙草の無い五輪」が一つのテーマだそうで、もはや国際的な禁煙ムードを前に全面禁煙を決めざるを得なかった、というのが実情のようである。
実際、東京都庁は「喫煙者天国」とも言われており、至る所に喫煙スペースが設けられ、また都庁内のカフェなども概ね喫煙が可能だそう。

全国的にも屋内全面禁煙を決める建物が多い中、確かにそうした都庁の現状は国際基準以前の、国内基準と照らし合わせても遅れている、と言わざるを得ない。
都庁で働く非喫煙者たちからすれば「ようやくの」全面禁煙といったところであろう。

さて、今でこそ非喫煙者である私であるが、しかし数年前までは結構吸っていた。
と言っても私の場合、一般的な紙巻き煙草ではなく、一番よく吸っていたのがパイプ煙草。
他にも「シガリロ」と呼ばれる葉巻と煙草の中間の様なものや、あるいは中東で嗜まれているシーシャ(水タバコ)などもよく吸っていた。

パイプ煙草や葉巻などはいわゆる「タバコ臭さ」とは異なり、本当に「香しい」といった感じで、普段自宅の中で吸っていると当然部屋の中に煙草の香りが染み付く。
しかし外出して帰宅し、玄関の扉を開けた際、それが実に心地よい香りとなって身体を包んでくれる。
なので私の場合、「自分で吸いたいから」と言うよりも、それこそ「部屋に煙草の香りを付ける為に」吸っていた部分もある。

吸わなくなって久しいが、しかし今でも香りを嗅げばそれが紙巻き煙草か、若しくは葉巻か、あるいはパイプ煙草なのかくらいは直ぐに分かる。(と思う)
そんなワケで私自身は喫煙者に対しても比較的寛容な方であると思うし、今でも呑みの席では時折「貰いタバコ」をして(と言っても吹かすだけ)煙草を加えながら話すこともある。

がしかし…
そんな「煙草寛容派」な私であるが、だが喫煙者の行動で昔から本当に嫌いな行動が一つだけある。

それは仕事中などにも拘わらず、それこそ「意地でも」喫煙時間を作ろうとするあの悪癖。
仕事の合間「ちょっと1本だけ」と言ってはその場を離れ中々戻ってこない。
あの「ちょっと1本」の言葉ほど人を苛立たせるものはない。

そもそも基本的に休憩時間を含めて本来は「仕事中」であると思う
だから本来、煙草は仕事の合間であっても吸うべき物では無い。
特に昨今、前述したように大抵の建物が全面禁煙となっており、喫煙所はあっても屋外。

その為、煙草を吸おうとした場合、その人間は一旦皆から離れた行動を取ることになる。
しかし我々の様に現場作業を主にする人間の場合、作業の合間の休憩時間などに「休憩後の作業の進め方」などの打ち合わせをすることが多い。
だが喫煙者たちは大抵その時その場に居ない。

作業の流れ次第では休憩時間が10分に満たないことも少なくはなく、そうした時でも喫煙者たちは例の「ちょっと1本だけ」のセリフと共にその場を離れて行く。
私はあれが本当に腹の底から嫌いで嫌いで仕方がない。

ハッキリ言って本来、「休憩時間を含めて煙草は一切吸わない」のが基本であると思う。
言い方を変えれば、そうした休憩時間を含めて「仕事中一切の煙草を我慢出来ない人間」などはそもそも煙草という物を嗜むべきではないのではなかろうか?

「吸うべき場所とタイミング」

それを理解出来ず、また自制することが出来ない人間は煙草という趣味を持つには不適格である。
仕事が終わればいくらでも吸うことは出来るのだから、まず仕事中は一切の喫煙を絶って然るべきではないのか。

喫煙者の中には昨今の喫煙者への締め付けに対し「どうして我々だけが…」と考えている人間も多いのだろう。
しかし自身のそうした「意地の1本」の様な、いささか幼稚とも思える行動について周囲の人間への迷惑を考えたことが果たしてあるのだろうか?

話をしたい時にその場に居ない。
そうした喫煙者たちの行動に嫌気がさした非喫煙者が一定程度、喫煙という行動に対し制限をかけていくのは至極当然のことである
確かに昨今の喫煙への制限は厳しいものがある。
しかしそれは喫煙者たちの身勝手さ、そして協調性への欠落を正す意味でも必要なことなのだ。

全国の喫煙者たちに言わせて頂こう。
そんなに煙草を吸いたいのであれば頭からゴミ袋でも被ってその中で一生吸ってなさい。












平成め組、求人情報!!
https://heisei-megumi.pro/recruit/    


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。