大震災を乗り越えて、仙台は今…

大震災から復興しようとしている仙台、宮城。
小さなことから、少しずつ、ひとつずつ、前に進んでいます。


テーマ:
こんにちは、編集長さっちんですニコニコ
 
先日、東北大学病院の医療安全の取り組みについてお聞きする機会がありました。
東北大学病院は「特定機能病院」として承認されていて、
高度先進医療を実践するとともに、医療技術の開発、優秀な医療人の育成にも力を入れ
質の高い医療、優しい心の通った医療を安全に提供している病院です。
 
その東北大学病院が掲げる使命の中でも、とても身近な医療として
「周産期医療」があります。
「周産期」とは、妊娠から出産後までの期間をいいます。
この時期は、妊婦さんやお母さん、それに赤ちゃんにとっても、思いもよらない出来事が生じやすい時期でもあります。
そんな事態に備えて、様々な立場の医療者が協力し合い、総合的な医療を提供することで母子の健康を守るのが「周産期医療」です。
 
最近、ドラマなどでも周産期医療をテーマにしたものが放送されていることもあり
出産を経験していない人も、その現場の様子に触れることがあるのではないでしょうか。
 
東北大学病院の産科長 齋藤昌利先生によると、
東北大学病院周産母子センターの分娩数は年間、約900件。
1日に3人もの赤ちゃんが誕生していることになります。
24時間365日、ドラマそのものの目まぐるしい状況が、毎日繰り返されています。
そしてそのほとんどが、お母さんが何らかの合併症を持っていたり
赤ちゃんに異常が見つかっていたりする
「ハイリスク分娩」
だそうです。

そのお母さんたちの不安に寄り添い、勇気や期待をもって分娩・治療に臨んで頂けるよう
センターでは様々な対応をしています。
通常赤ちゃんは、妊娠37週から41週に生まれます。
それ以前(妊娠22週~37週未満)に生まれてくることを「早産」といいますが
その場合、小さな赤ちゃんが生まれることがあります。
他に、生まれつきの病気をもっている、
子宮の中の生活から外の生活への切り替えがうまくいかないなどの理由で
集中治療やケアを必要とする赤ちゃんはNICU(新生児集中治療室)に入院します。
赤ちゃんは生まれてからも、必死で生きようとがんばります。

センターでは出産から退院できるようになるまで、先生方一丸となって対応することで
早産の赤ちゃんの死亡率は低下しているといいます。
さらに、命を助けるだけではなく
できるだけ正常発達できるよう力を注ぎ、
その後のリハビリテーションや地域発達支援センターとの橋渡しなども
行っています。
 
このような安心して出産ができる環境や取り組みを進めている一方で
未受診・飛び込み分娩の数が減らないことも問題になっています。
妊娠してから一度も医療機関を受診せずに
突然病院に飛び込みできて出産する妊婦さんがいます。
お母さん、お腹の中の赤ちゃん、医療者にとってリスクが大きく、受け入れることができる医療機関も限られます。
東北大学病院の取り組みを聞くことで
妊娠健診の大切さをより強く感じました。

日本は、新生児の生存率が最も高い国のひとつです。
医療の進歩はもちろんですが
命の奇跡の裏には、先生方の熱意があってはじめて成り立つことだと
お話しをお聞きしながら胸が熱くなりました。

これからは、赤ちゃんの成長支援がさらに大事になってきますね。
東北大学病院周産母子センターは
地域全体の安全なお産を支える
素晴らしい存在です。
宮城県のみなさん、安心して出産に臨みましょうビックリマーク
 
お話しをお聞かせいただいた
東北大学病院 産科長 齋藤昌利先生
 
仙台市青葉区星陵町1-1

東北大学病院周産母子センター

 
 
こちらも見てね音譜
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、さっちんですニコニコ

今日、「やまがた地域防災・まちづくり講演会」が、山形の霞城公民館で開催されました。

講師は、宮城県南三陸町、上山八幡宮の神職に従事し、かもめの虹色会議の代表としてでまちづくりを推進している、工藤真弓さん。
東日本大地震の実体験を絵本にし、後世に伝えて行く活動をされています。
{28A8038A-7CAA-4030-9D54-76AF4F0C3703}
{E1F4E9D2-4FC6-4DC5-9117-F09826BF82B6}

今日は、その絵本を紙芝居にして、お話いただきました。
{90C53A5B-D155-43C3-B18E-45D6FF95E338}

{12B5C37F-661E-4CBD-9BF7-6F0874E154DF}

つなみのえほんは、避難所の夜に、いのちの意味を想いながら描かれたものです。
その中に出てくる息子さんの言葉に、心打たれました。
震災当時、子どもは、大人が忘れている感情、子どもなりの包容力や感性でみんなを救ってくれたそうです。
震災の次の日から、津波で倒された家の木片を拾い、遊びに使えないか何に使えるか考えて新しいまちづくりを始めている。
そんなこと、大人にはなかなかできないことですよね。子どもに学ぶことがたくさんあったそうです。

震災後、南三陸町の復興のために、自分たちができる事を始めました。
南三陸町に自生してる椿を活用して、避難路づくりが出来ないか考えました。
南三陸椿物語復興をつくりました。
{9F44C5B1-2701-4849-97E5-7AD80EE8FD68}

椿にまつわる話は、お茶会を開いてご年配の方からたくさん聞くことができたそうです。
{FB28CE41-9726-497E-898C-D6F470F59072}

{B813F4F4-EF6C-4029-AB55-2415617B9517}

椿の成長は、ゆっくりゆっくりです。
でも復興のまちづくりも、ゆっくりゆっくり。
どちらも少しずつ成長し、その過程はワクワクするものにできたらいい、そんな想いで見守ります。
{5624FA7D-16ED-4672-B468-99F47046884A}

真弓さんは、あの日、もっともっと大変な思いをして、亡くなっていった人を思えば、今抱えている自分の悩みは、ちっぽけなもの、そして、目に見えないものに支えられながら、今を生きています。
「3.11」の時代に生きた私たちが、未来の子ども達のために残していくべきものは何だろう。
被災地に向けて、自分達に何ができるだろう。
真弓さんは、
隣の人を大切にしてください。
身近にいる人こそ大切にしてください。
と言います。
それが、どんどん繋がり、思いは伝わります。
当たり前の毎日があることは、奇跡の瞬間だという事を、忘れてはいけないですね。

講演会を主催した山形第十地区に、やよい町内会という地域があります。学校の校歌にもある昔あった桃の花いっぱいのまちを再生したいと考えています。
椿物語復興に学び、実現できるといいですね。

{9DBE524B-5504-4958-ACDA-8DCE97F7FB6F}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、編集長さっちんですニコニコ

 

梅雨らしいジメジメした日が続いていますが

いかがお過ごしですか?

 

エアコンの利いた社内で仕事をしているときは

外の暑さは気になりませんが

一歩取材にでかけたりすると

その差がすごくて、ちょっと辛いです。。。

 

さて、今回は私からお知らせですビックリマーク

 

私たちが運営しています、ウェブサイト「せんだいタウン情報 machico」の企画・編集担当として、

一緒に働いてくれる方を現在募集中ですラブラブ

 

■せんだいタウン情報 machico
 http://machico.mu/

 

せんだいタウン情報machicoは、仙台・宮城の人・企業・街を元気にする、2010年4月にオープンした地域コミュニティサイトです。

地域情報誌「せんだいタウン情報S-style」と企画連動し、会員参加型のプロモーション施策を数多く実施しています。

 

machicoの企画・編集の仕事は、machicoに掲載する記事の取材・編集はもちろんのこと、営業のメンバーと協力しながらプロモーション企画を立案し、クライアントとmachico会員の両方に喜ばれる仕組みを考えています。

そんな楽しい職場で、一緒に働いてみませんか?

 

こんな方は大歓迎です!!
・取材、編集、コピーライティングのご経験がある方
・Webを活用したプロモーションのご経験がある方
・企画提案業務の経験のある方

 

これ以外でも、これまでの経験を活かして働けることが

きっとたくさんある職場ですので
ぜひ、お気軽にご応募いただければと思います音譜

 

詳細は、下記よりご確認ください。

machicoのJOB COLLECTION
運営会社のユーメディアホームページ
求人サイトのイーアイデム仙台のホームページ

 

それでは、ぜひぜひよろしくお願いしいます!

 

machicoも見てね

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。