大震災を乗り越えて、仙台は今…

大震災から復興しようとしている仙台、宮城。
小さなことから、少しずつ、ひとつずつ、前に進んでいます。


テーマ:

こんにちは。
せんだいタウン情報machicoの編集長、さっちんです。

 

明日は3月11日です。
東日本大震災から、6年が経とうとしています。

 

先日、ラジオで被災地を訪ねる番組を放送していました。
岩手県の陸前高田市からの中継でした。
陸前高田市はとても被害が大きく、市街地のほとんどが津波に飲み込まれ
死者行方不明者合わせて1,700人以上となっています。
私の大切な友人の家族も、犠牲になった町です。

 

放送では、語り部ガイドの方が当時の状況と教訓をお話しされていました。
その中で心に残ったことをご紹介したいと思います。

 

津波が町を飲み込んだ時間は、30分~40分間のこと。
たったそれだけの時間で、知り合いが亡くなったのは300名を超えた。
人生の中で、こんな経験は他にあることではないよ。

 

過去にも起こった地震の教訓が
なぜ活かされなかったのか。
ひとつは、防潮堤神話。
これがあれば大丈夫ということはないのに
海の近くにどんどん施設ができ、昔の津波のことは忘れ去られていってしまった。
昭和35年のチリ地震津波の記録はきちんと残されていたが
本棚に眠っていた状態だった。
それが、心の風化だと思う。

 

これだけ犠牲者が多かった地域だが
小学校、中学校の子どもたちの犠牲は19名だった。
3名は体調不良で欠席して自宅にいた子どもたち
16名は親が学校に迎えに来て犠牲になっている。
しかも親子で。
これは、親が車で迎えに来て交通渋滞に巻き込まれ犠牲になった。

また、親が迎えにくるかもしれないと、ぎりぎりまで避難せずに留まっていて
もうだめだとなってから、慌てて避難した学校もあった。
このことから、地震時にどういう対応が望ましいか、かなり議論が行われた。

その結果、先月、岩手県では学校開設時に警報が鳴った場合、親は迎えに行かないということに決まった。

 

“つなみてんでんこ”なんだよ。

 

親は親で自分の命を守れ、
学校は躊躇せず、何でもいいから高いところに避難せよ、
誰でも親は子がかわいいし、心配でたまらないとは思うが
命を第一に考えた行動をみんながする必要がある。
これが、教訓だ。

 

私も子を持つ親として、とても判断が難しい問題だと思いますが
いざという時には、それぞれの行動を信じて、自分の命を大切にすることを
息子にも伝えていきたいと思います。


そんな震災を経験した子ども達からの
メッセージ展が開催されています。
震災後を力強く生きる、
子ども達の言葉の数々が展示されています。


どこにいても、3月11日は
あの日の出来事に心を寄せていきたいですね。

希望の響き
「子ども達からのメッセージ」展
藤崎百貨店本館8階 グリーンルーム

詳しくはこちら

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちはニコニコ

machico編集長、さっちんです。

 

最近、ワークライフバランスの大切さが話題になっていますね。
政府も、誰もがやりがいや充実感を感じながら働くことができ、
一方で子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間も持てる健康で豊かな生活を目指す、
「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」を掲げています。

 

“日本人は働きすぎ”、とよく言われますが、
昔よく耳にした“24時間戦えますか”の時代より
だいぶ良くなってきていると感じています。
それでもまだまだ意識は低く、いろいろな社会問題につながっていることは否めません。

 

私たちの会社(株式会社ユーメディア)でも、
その取り組みが始まっています。

私は以前、会社で初めて産休・育休を取得しました。
当時私たちの会社では“妊婦が働く”、ということ自体が珍しい光景でした。
上司も会社もどう扱っていいのかわからない、ということは私にも伝わってきました。
でも、子どもを産んだらまた仕事に復帰したいという思いがあり、様々な逆境にも屈しない強い心が会社に通じたのか、
復帰を認めてもらったのです。
そこから、少しずつ制度が整い、今では産休・育休を取る社員が男女問わず増えるようになりました。

 

さらに働く誰もが充実した毎日を送れるよう「新しい働き方委員会」が立ち上がり、その中にある「BLENDA部会」の部会長を務めています。
BLENDAとはラテン語で「まばゆいほど光り輝く」という意味。
メンバーは女性5人で、みんなが働きがいのある会社になるよう、そしてなんといっても、自分たちがキラキラ輝けるような働き方を考えるのが使命。
男性が中心になって進める「育メン」部会もあり、会社全体で『会社・自分・家族・仕事・未来』が育つ取り組みをしています。

 

そのような会社の取り組みに対し、この度、宮城県知事表彰「女性の活躍推進部門」優秀賞をいただきました。

株式会社ユーメディア

平成28年度「いきいき男女・にこにこ子育て応援企業」表彰企業


表彰されることを目指してきた訳ではないのですが、結果してこのような形で評価いただくのは嬉しいものですね。

 

 

昭和女子大学理事長・総長の坂東眞理子氏とNPO法人ファザーリングジャパン理事、川島高之氏のお話しをお聞きして、
何が課題でどうすれば進むのか、とてもよくわかりました。

 

 

子育てしながら働くってことは
男性も女性もそれぞれ本当に大変です。
でも明日の日本を支えるのは、子どもたち。
その手助けをしていけたらと
今日も私はワーキングマザーとして頑張るのでしたビックリマーク

 

お得で楽しい話題がいっぱい音譜
こちらもチェックしてねニコニコ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、さっちんですニコニコ
 
先月、machicoの企画で車の試乗会に行ってきました車
いつも「Do Free!」でコラムを書いてくれている
本間ちゃんも一緒ですラブラブ!
私、実は試乗会というものに行くのは初めてだったのですよビックリマーク
 
私は過去に自分だけの車を1台所有したことがあります。
どうやって購入したかというと
なんとネット(しかもガラケー)で買っちゃったんですよね~。
今考えれば、なんと無謀な…という感じです。
 
さて、試乗会話しに戻りますが
一言でいうと、とっても楽しかったです音譜
何が楽しいかって、それはみんなで乗って
いいところを共有できたこと。
家族で乗ったり、友達を誘ったり、
試乗は一緒に話をしながら乗るのがいいですよ。
そして車はやっぱり試乗してみないと
機能や乗り心地がわかならないものですね。
 
試乗したのは、「ちょうどいい!」がキーワードの
HONDA 新型FREED(フリード)。
5人乗りから7人乗りまでありますが
私が乗ったのは、7人乗りのハイブリッド車です。
運転席はこんな感じ。
ゆったりスペースです。
そしてこの装備、子育てママにはありがたいラブラブ
バックミラーが二つ?
一つは通常のバック確認用。
そしてもう一つが後ろの座席に座った人が見えるミラー。
後ろに子どもを乗せていると、どんな様子かわからなくて困ることもありますが
これならば、運転しながらでも確認できるビックリマーク
ちょうどいいですね~ラブラブ
6人乗りだと2列目がこうなっていて
乗り降りがしやすくって、ちょうどいい音譜
とっても静かで、コンパクトなのに狭くない、ちょうどいい!!
と、何度「ちょうどいい」を連発したかわからないほど
コンパクトなミニバンはちょうどいいのですラブラブ!
 
ホンダの営業の方のお話しを聞きながら
我が家だったらキャンプやスノボをするので
3列目の座席を跳ね上げて荷物を積むかな、、
などと、いろいろ想像していました。
そして、なんといっても
やっぱり新車はいいなぁというのが率直な感想。
燃費の良さも今の我が家の車とは大違い…あせる
 
本間ちゃん、運転する横顔も素敵ですラブ
試乗会に参加してくれたマチコ会員とも
車の使い方など、撮影の合間のおしゃべりタイム楽しそう。
みんなで座談会もしましたよ。
この乗り心地がちょうどいいFREEDに試乗(もちろん無料!)いただくと
今、とってもお得なキャンペーンを実施中です。
洗車と車内清掃をなんと!! 100円でしてくれるそうです。
これは嬉しい音譜
もちろん他メーカーの車でもOKです。
行きたい日が決まったら
ぜひ、こちらから予約してくださいね。
100円でしてくれるのは、このリンクから限定ですよ。
みんな試乗してね~!!
 
お得で楽しい話題がいっぱい音譜
こちらもチェックしてねニコニコ
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。