2005-05-19 19:03:39

人間・九条ひかり 2

テーマ:ひかり日乗

 ハーティエルバトンCMより

(永井荷風『夢の女』の挿絵より。ってホントのようなウソ)



皮肉にも、12のハーティエルを見つけるたびに、彼女は「フツウの少女」へと成長、というか、若返って来ているとも言えるのですね。

それもそのはずで、12のハーティエルの内訳を見ると、それは「人間らしさ」「人間的な心」を意味しているわけですから。

だからこそ、最後にひかりがクイーンとして復活し、ひかりとしては消滅するというシナリオだとすれば、あまりに残酷な悲劇になるだろうと先の管理人さん(dokoikoさん)は予想し、そのままではちょっと子供向け番組としては重過ぎないかと、心配していたのでした(『アルジャーノンに花束を』みたいな悲しい読後感に似て来るのではないかと)。

本当に、考えれば考えるほど、ひかりちゃんの運命をハッピーエンドに導くにはどうしたらいいのかわからなくなってしまいます。

スタッフの方々も、ややこしいテーマを自らに課したものだと思います。でも、ひかりちゃんの幸せのために、なんとか頑張っててほしいと心より応援しています。



ふたりはプリキュアMHの九条ひかりを応援するスレ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-19 18:32:26

人間・九条ひかり 1

テーマ:ひかり日乗

第15話「憧れの先輩は大親友?!」より

(心なしか目が虚ろ。どうしてこんな可愛い優しい子をみんなで無視するんだ(怒))



15話の後半、ひかりさんがシャイニールミナスとなって、奈緒美羽に危害を加えようとするサーキュラスに対して大見得を切るとき、

「彼女らは無力な存在ではありません。彼女らは、クラスで初めて私を誘ってくれました。私を喜ばせてくれた。私を幸せにしてくれた。彼女らは、決して無力じゃありません!」と声を震わせながら叫ぶシーンがありましたね。

この<彼女ら>とか、<無力な存在ではありません>なんていう外連に満ちた台詞回しは、もう女子中学生のものじゃないですよね。
明らかにクイーンの心から出たものでしょう。

つまりひかりは、ルミナスになったとき、クイーンの心と一瞬間だけ一体化するということです。それも熱くなったときだけです。

けれども一方で、ルミナスになるにはポルンがいなくちゃいけません。

最後にひかりが消滅して、ルミナスが常態になるようなら、ポルンもルミナスと一体化して、消滅しなくちゃならないでしょう。

でも、ポルンは光の王子だから、それはまずい。となると、ひかりのルミナス的要素=クイーンは、完成されたとき、ポルンに依存しないでも自立した存在となるだろうし、もしそれが可能なら、ひかりからも独立した存在として完成復活するという設定になってもおかしくありません。

他方で、別のプリキュアサイトの管理人さん(dokoikoさん)は、以下のような注目すべき解釈を示しておられます(ほぼプリキュアの決意マックスハート

その方によれば、ひかりは、クイーンという「大人の女性」の抜け殻としてこの虹の園に放り出され、ここでさまざまな経験をして、いろんな心や感情を獲得して行く中で、どんどんひかりの外見に相応しい等身大の「少女=子供」に戻って来ているというのです。

つまり、虹の園でひかりが「私は私でいちゃだめなんですか?」と訴え、

二の次には彼女のことを「クイーンの命」と決めつけて呼ぶサーキュラスに対して、「私は私です!」と自己主張したことからもわかるように、

彼女はひかりとしてのアイデンティティーを確立して行けば行くほど、クイーンから離れようとしているというわけです。

またその管理人さんは、こうも仰っていました。


ひかりが当初、なにか日常世界から距離を置いて環境になかなか馴染もうとしないように見えたのは、彼女のオクテでシャイで控えめな性格のためでもあっただろうけど、もうちょっと穿って考えると、クイーンの人格の影が、人間としてのそういう順応を邪魔していたからかもしれないと。

だから、徐々に感情を獲得し、ついに友達さえ出来て、この世界に順応しつつあるひかりは、どんどんクイーンの影を脱し、平凡な「人間九条ひかり」その人になりつつあるのだと。


シャイニールミナス同盟

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-19 15:38:38

ひかりは悲劇のヒロインか、幸せを呼ぶ美少女か

テーマ:ひかり日乗

 神回15話「憧れの先輩は大親友?!」より

(この・・・はお金では買ないものです)



この笑顔なくして今の僕は生きられません。でも、ひかりちゃん自身、『ふたりはプリキュアMax Heart』も15話に来て、やっとこの笑顔を出せたんです。


彼女は初め感情の乏しい少女でした。クイーンの命として、クイーンの心から分離され、いわば魂の抜け殻のような状態で、虹の園、つまりこの人間世界に投げ出されたのです。


彼女が再びクイーンの心を取り戻すには、その前にまず、12のハーティエルを集めなくてはなりません。


でも、ハーティエル探しは、足を使ってするものではなくて、ひかりが感情を獲得するごとに、それぞれの感情に見合ったハーティエルたち(妖精)が、彼女の目の前に現れるのです。


ですから、ひかりは、徐々に人間らしさを帯びて行かなくてはなりません。人間らしい感情表現、たとえばその一つが、この画像のような、友だちを得たときの喜びの表情です。


ああしかし、これは、ひかりが悲劇のヒロインになるかもしれないことを意味していないでしょうか。


彼女が、人間に近づけば近づくほど、クイーンという超人間的存在へ近づいているのであり、僕たちにとって親しみのある存在になればなるほど、実は僕たちから遠ざかっている、かもしれないのです。


僕は、この本質的に内部矛盾を抱えたひかりちゃんが、矛盾の解消(ないし止揚)された暁に、なんとしてでも「人間九条ひかり」として、虹の園での幸せをつかんで欲しいと願っています。


また、彼女のあの透き通る空のような笑顔を見たいから


このブログでは、プリキュアを品評しながら、この物語世界の中で、ひかりちゃんがどうしたら幸せをつかめるか、あるいは、ひかりちゃんにとっての幸せとは何かを深く真面目に追求して行くつもりです。


ひかりちゃん、ひいては「プリキュア」に興味のある方は、ここにたどり着いたのも、ひかりちゃんの神秘力がもたらした何かの縁だと諦め、バツイチ男の年甲斐もない萌えブログに、どうぞ呆れずにお付き合いください。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。