有難い言葉

テーマ:
最近知り合う(仲良くなる)
ミュージシャンやアーティストの方から

「こんな人いるんだ!嬉しい!」とか
「出会えて良かった!最高!」とか

まぁ、文面にすると
まるで馬鹿にされてるような感じに見えるけど
そうではなくて。笑

慈光と言う人間が
好まれ認められる事が
非常に多いです。

本当に嬉しい。

こちらこそ出会えて嬉しいし
受け入れてくれる事が嬉しい。

僕を兄と慕ってくれる方々も
ずいぶん多くなってきました。

かわいいやつら。

兄ちゃん
あんま器用じゃないけど
お前達の力になれるなら
いつでも全力で助けてやるからな。
困った時は
ちゃんと根をあげるんだぞ?
AD

ボソボソ書こうかね

テーマ:
ほい。
慈光ちゃんですの
↑打ち間違えが面白かったから直しません。

ですのですって。笑
ですのですのよぉーおほほほほ。
↑シラフです察してください

寝付けてないです、本日は。

最近
寝ても3時間でパッチり起きます。
あかんなぁー
休まってない。

なので
少しお話をしようかと。

慈光は非常に勘違いされやすいってお話。

表面上では
口が悪かったり
馴れ馴れしかったり
ハッキリしすぎたり
デリカシーがなかったり。

実は
数年前までは
今とは別人でした。

言いたい事も言わず
いつも笑ってましたねー。
ヘラヘラして
ペコペコして
自分に嘘ついてました。

それを続けてたある日
パンクしそうになって
吐き出した時があって
そうしたら周りから
「そんな人とは思わなかった」
と、マンガの世界の様なセリフを言われ
へいへいへいへーいよ。
もう自暴自棄、そりゃね笑

その時気付いたのです。
自分に嘘ついてる奴なんて
人に嘘ついてるのと同罪だ!と。

第一印象ばっかり繕ったら
どんどん嫌われるだけなのだ!と。

だったら
最初から嘘つかない。
例え受け入れてもらえなくても。

ただ
受け入れてもらう事を
諦める訳ではないってのは
頭に入れておいて頂きたい!


礼儀は知ってます。
そうゆうのは厳しい家庭で育ちましたし。

僕が礼儀正しくするのは
少しでも僕が尊敬したり
好きだったり
大切だったりした時。

誰彼構わず礼儀正しくしてたら
また偽る事になる。

挨拶出来ない人には
初対面でもなんでも
礼儀正しくする事は難しいのよ。


そんな印象悪い僕に
それでも近づこうとしてくれる方には
色々打ち明けてってます。

そもそも
最初から僕は壁を作ってるわけでもなく
少々突っかかりにくいかもだけど
むしろ
スーパーウルトラオープンな奴です。

僕を理解して欲しいとはあまり言えないけど
まず
自分自身を理解出来てる人が
世の中にどれだけいるかって事で。

完璧に理解なんて出来るわけないけど
仲間内で話してて
ダメな自分を肯定し過ぎたりしてないかな?
とかさ、思うのですよ、ちょいちょい。


肯定するのはいいけど
結果が良くないのに
「自分は~~~な人間だからさぁ」
みたいな、
人傷つけといて
自分の短所を認めて
周りに理解を強要するシーン。

見た事ない?

僕も前はそんな自分がいて
本当に嫌だった。

しかしながら
異議あり!!って
逆転裁判的な自分が今は居てくれてまして
自分がダメな時は
謝れるようになりました。

そんな今では
そうゆうシーンに出くわすと
笑いながら
「知らんがな」
と言ってる自分がいます。

「ダメな自分が好きなの?」
とか毒吐きながらね。笑

でも
そんな事言っても
その相手は大体
「めっちゃ言うやん」
的な感じで笑い合えたりするんだけどね。笑

そしてね、
話が右往左往するけど
僕を第一印象で嫌った方を
僕は嫌いません。

口では嫌いとか言うかもしれないけど。←

目が合えば無視も基本しないし
話す時は普通に笑います。
笑って毒吐きます。←

話してみたら
案外いい奴じゃん!
って思ってもらえた方が
なんだかお得感あるでしょ?笑

まぁ、それは後付けな理由だけど。笑

誰だって
誰とだって
とことん話せば
仲良くなれるはずなんだ。

もちろん
人を受け入れられる許容がある人同士
での話だけど。
それは誰もが許容あると思うんだよ。
そうじゃない人は
一時的なもんだと思うんだよ。

人に一生懸命な人は
その許容も絶対広くなる。

だから慈光は人を諦めたくない。

去るもの追わずだけど
誰でも受け入れるから
1度去っても
帰ってこれる
家みたいな奴で居れればいいのだ。

とにかく
皆仲良く
素直で
一生懸命であれば
良きではないのか?
と思ってるのです。

愛の反対は
無関心なのです。

慈光はいつまでも
愛のある人間でいたいのです。

類は友を呼ぶ。

慈光の周りには
偽りのない愛が
いつまでもあり続けますように。
AD

サポートメンバー発表!!

テーマ:
こんにちは。
愛と平和の八重歯超人
慈光ちゃんです。
m(_ _)m

今回は7/8に
つくばPARKDINERにて行われる
ワンマンライブ!
{036E7D91-90AC-4A79-A0EB-973DDD7817B7}

この日にサポートしてくれる皆を
ダダーんと紹介しようかと(^^)

堀ちゃんと大樹ちゃんは
プロフィールをまだ貰ってないので
詳しくは届いてから追記します(^^)

それまでは慈光が勝手に書きマース笑


まずはお馴染み
堀尾 正 Drums
(ほりお ただし)
{232C2AEC-D8EF-4760-9D05-576BB2718687}

堀ちゃんの愛称で親しまれる
東京出身のスーパードラマー。
日々ドラムに触れ続け
鍛え上げられたドラミングは
力強さ・繊細さ・パフォーマンス力
どれを取っても申し分無し!
真剣な眼差しの奥には
常に優しい光が灯っている。

2016年7月に
渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行われた
慈光全国デビュー記念ワンマン等、
慈光のライブでは
数え切れない程のサポートを担当。
慈光との絶対的な信頼の下に生まれるステージは
必見の価値あり。



続いては
松林 大樹 Bass
(まつばやし だいき)

画像はお待ちください。

全国で人気急上昇中のバンド
VOLOMUSIKS(ボロムジクス)で
Bassを担当。
更には編曲も担当。

キリッとした目とは裏腹に
笑顔はとてもチャーミング。
頭の回転が早く
リハーサル時はいつも提案してくれたり
皆を支えてくれる。
まさに素晴らしきサポート。

慈光のステージでは
ここぞと言う時にサポートしてくれる
天才ベーシスト。
彼のステージを見た時に
慈光はあっという間に一目惚れし
その日の打ち上げで口説く。
彼のステージを見れば
皆も納得しますよ。



続いて
古川 夏希 Guitar
(ふるかわ なつき)
{2002C3CC-3FE8-4B88-AECC-217837606AEA}


--------------------
東京都出身。
7月27日生まれ。A型。
 鮎の塩焼きとゆるキャラを愛する
長身ギタリスト。
「サウンドトラック」をコンセプトに
アーティスト活動、
サポートギタリストとして
ライブ・レコーディングサポートの活動中。

アーティスト作品は
プロジェクターを使って
自作の写真や絵と共にライブをする
「場面ありきの音楽」にこだわっている。
http://u3ud0727.wixsite.com/natsuki-guitar

慈光ステージ初のエレキギターサポート。
僕自身も楽しみで仕方ないです。
夏希ちゃんとの初めてのステージが
こんなにも思い入れのあるステージだなんて
何か大切な縁を感じてます。
ギターの音色が加わって
慈光の楽曲が
この日にしかない仕様になる事間違いなし。

いつだってライブは1回きり。
だからこそ
毎回死ぬ気でステージに立ち続けてます。

見に来てほしい。
めちゃめちゃかっこいい慈光ちゃん
見せてあげる。

{A44C0A64-4C62-45F1-9711-BA331F36E16C}

(安定のコレジャナイ感)
(慈光は酒造蔵の人間ではありません)
(ステージでは3倍はかっこいい(はず)です)
AD