みくさのかむ ブログ

ひかりの旅へ


何かに迷っている時

内にある答えを引き出したい時

幸せを探している時

ヒーリングで癒されたい時

お手伝い出来る事があります




テーマ:
好きって幅が広いですね

愛してるのほうが断然わかりやすい

好きなのに

甘えからいじわるしたり

相手のすき度を確かめるために

わざと窮地へ追い込んだり

屈折した表現する人がいる

もっともっとって愛をほしがる

もっと分かってほしいという思い

一方で

嫌われたらどうしようって不安で不安でしょうがなくなる

いつもは冷静で理屈で問題を解決しようとする

感情は判断を狂わせる

感情を出すのはマイナスと思い込み 思考のバランスが崩れてく

度が過ぎると感情をコントロールできなくなって

爆発、それでも尚同時にそんな自分を冷静に見つめている

そんな自分に矛盾を感じている

それを認めたくなくて

すべて相手のせいにして、自分を守ろうとする

でないと 整然と整理されている心の本棚が崩れてしまう

そんな風に自分を小さな本棚に収めてしまうと

息苦しいだろうにね
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
好きと愛してるはどう違うのでしょうね~?
な~んて事考えたこと誰でもあるんじゃないかな

なんと やっぱりこんなこと 考えた社会心理学者(ビーグレンさん)がいたんですね
(私もですが)
しかも テスト項目まで作成してね
日本語化されている書物もあるらしく

藤原武弘・黒川正流・秋月左都士  日本版Love-Liking尺度の検討
広島大学総合科学部紀要Ⅲ

興味のある方は是非読んでみてください


「好き」の必要条件
・肯定的評価
 相手を好意的に評価し尊敬すること。
・類似性
 相手が自分に似ていると思うこと。

ルービン作成、「恋愛尺度」(Love-Linking Scale)
「愛してる」の必要条件
・愛着
 いつも一緒にいたい、頼りたいと思うこと
・心づかい
 つねに相手のことを気づかうこと
・親密さ
 何でも話しあって理解しあいたい、相手を独占したいなどと思うこと

好きというのは、単に自分が気に入っている、好んでいるという感情だけれど、
愛してるというのは、いいことも悪いこともすべて受け入れて向き合うことってことですかね

「好き」度テスト
  1. 彼と私は、一緒にいると、たいてい同じことを感じたり考えたりしている。
  2. 彼は非常に適応力のある人だと思う。
  3. 私は彼を責任ある役割に強く推薦したいと思う。
  4. 彼はとても成熟した人物だと思う。
  5. 私は彼のすぐれた判断力に強い信頼をおいている。
  6. たいていの人は、わずかな面識を持っただけで彼に好意を感じると思う。

「愛してる」度テスト

  1. もし彼が落ちこんでいたりしたら、私は真っ先に彼を励ましてあげたいと思う。
  2. 私はどんなことでも彼に打ち明けることができる。
  3. 彼の欠点は快く容認することができる。
  4. 彼のためならどんなことでもしてあげたいと思う。
  5. 私は彼を独占したいと強く思う。
  6. もし彼と一緒にいることができないとしたら、私はとても不幸になるだろう。
  7. 寂しいときには、彼に会いたいという思いが真っ先に浮かんでくる。
  8. 私にとっての重大な関心のひとつは、彼の幸福である。

  9. 一部だけご紹介します
    興味のある方はご検索くださいね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
介護のお仕事ははもちろん

加齢、病気や障害から様々な支援が必要になった方々のお世話をするものです。

業界では そこで働こうと思う方の中には

何かしらの心の問題を抱えている人たちが多いというデータもあるそうです

癒しの仕事ですが 裏を返せば自分が癒されたいということでしょうか

この仕事をしていることで嬉しかったことは?と聞くと

「ありがとう」と言ってもらえる事「喜んでくれる事」と答える人が多いです

中には「自分、頑張ってるな」「自分って偉いな」って答える人もいます

人間相手ですから 頑張ったら頑張っただけ素直な反応が返って来ます

でも 土台は組織ですから

自分の思い通りの仕事ができなかったり、意に沿わない仕事もあります

自分の才能が生かせなかったり 思うような評価が得られなかったり

先が見えなくなることもあります。

出来れば 大事な 大事な仲間が悩んでいる時は力になってあげたいと

思います。

でも 話を聞く以外 何もできません

やはり自分の心を育てるのは自分なのですから

心を良い状態に保ちたいならば

自分が今不足に感じていることを探して

これを満たそう 補おうと望むよりも

報酬や見返りを求めることなく

誰かのために 気持ちを込めて働くべきです

「吉田松陰さんの超訳より」











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。