〔アルミホイール修理〕の 
http://totalrepairhikari.com/
アルミホイールについた ガリ傷 気になってませんか? ガーン
交換すると非常に高い!¥
いつまでも そのまま だと 気持ちも 凹んだままです

綺麗に速く直します(最短 即日!)←要予約


アルミホイール修理(ホイールリペア)

アルミホイールについてしまったガリ傷は 鈑金修理と同様に 綺麗に修理出来ます! 最短即日! ハイパーカラー、ポリッシュタイプ(ダイヤモンドカット)、 アルマイト、 カラークリア にも対応 カラーチェンジも致します♪ 一本だけでも受付しております。
ナローポルシェ フックスアロイホイールのレストアも承っております。


【お気軽にお見積り、ご相談ください】
引き取り、納品も致します。  代車もあります
TEL 052-720-5679
 お見積りに直接、お越しになられる際は事前にお電話をいただけると幸いです。(引き取りや納品で外出している場合もございます)

下記アドレスへ画像を送っていただければ わざわざお越しいただかなくても お見積り致します。


インチサイズ、お名前、ご連絡先をお忘れなく


E-mail  hikari-repair@outlook.com
        ↑ここをクリック
48時間以内にこちらからの返信が届かない場合はお客様からのメールが受信されておりませんのでこちらへ送信ねがいます↓
      hikari_repair@yahoo.co.jp
営業時間 9:00~19:00
年中無休



〒468-0039
名古屋市天白区土原4-315
TEL 052-720-5679
光 TOTAL REPAIR
担当 ヒサナギ


http://totalrepairhikari.com/


↑ こちらのHPをご覧ください


☆インテリアリペア【内装修理】☆etc
車のシート、ソファー等の焼け焦げや穴、傷、劣化を修復  ダッシュボード、内張り、ステアリングも同様に修理、塗替えも致します。 交換、張り替えの費用より安価で短時間で修復出来ます
メッキモール磨き&コーティング  ヘッドライトの曇り、黄ばみの除去 車のコーティングも承っております。

インテリアリペア全国の匠

アルミホイール修理 愛知県 名古屋市 天白区
ホイール修理 車の内装修理



テーマ:
仕上げ磨き





          【NISSAN  R35   GTR】

ガンメタなんだけど アンダーはブラックで びみょ〜な 金属調の輝き・・・(´д`|||)

ブラック、ガンメタ、ハイパーシルバー

下地、クリアも入れると 合わせて
5丁の スプレーガンを使います。

肉眼だと そんなにわかりませんが カメラ画像だと 大理石調塗装か(*_*)
みたいに 粗目が多く ブツブツと
でも 反射した輝きは ハイパー特有のもの


通常では ありえない箇所に 酷い傷が
入ってますが(´д`|||)  
こちらは リピーター様で   また やってしまったと  

何故に こんな場所に 傷が・・・は
当blogの 2年ほど前の記事にあります。


   【仕上げ磨き】

当方で 施工した ほとんどの ホイールは 最終に
仕上げ磨きをします。  
注※ マットカラー(磨くと艶があがってしまう為  ) や 一部のカラークリア仕上げでは しないケースもあります。

当初は トップコートクリアを吹いてから 磨きといっても コンパウンドで 軽く あてる程度でしたが・・・


エアードライヤー、マイクロミストセパレーター 、イオンシャワーブローガン(静電気除去)、ブース内圧、レデューサーの変更、ブース内の清掃、はては 徹底したガン洗浄   と  どんなにこだわって ブツ、埃の対策をしても・・・  (塗装時のエアーホースも専用)

それでも 完全に ゼロ  には なりません。

また、超低圧 最小エアで 吹くがゆえに(ホイールは 形状が複雑なので ぶっしゃ〜と 吹くと 表面はペカペカになっても スポークのサイド部分などが ざらついてしまう→鈑金屋さんが ホイールをやらないのはその理由) この時期なのか だま がのってしまったり(T_T)

そうした 粗は 仕上げ磨きで 除去し ピカピカにします。

これは・・・     TVの番組で エレベーターのドアを作る会社が出ていて ブラックの塗装が まるで鏡の様に ピッカピカ(# ゜Д゜)

塗装の工程を見てても普通〜で  どうやってるんだろう???

塗装後に 徹底して 磨き込んでました。

それ見て  うちも これからは やろうと導入


磨き

  綺麗に塗装されて 乾いて硬化した触っていない肌 これが 傷もなく 一番綺麗な状態で

どんなにやわらかいウェスでも 拭ってしまえば 目に見えない細かい傷は入ります。

当然、サンドペーパーをあてると ざりんざりん(*_*)  曇ります。 それを ペーパー目を どんどん細かくしてゆき さらにコンパウンドで磨いて  と

傷と傷との間隔を細かく細かく して 目立たなくしてゆくのが磨き作業です。

でも、磨き ありと なし では 仕上がりが 全然違います。

鈑金屋さんで 仕上がった ボディー   凄く綺麗ですね(たまに 酷いのもありますが)
必ず 磨き仕上げされてるからなんです。




洗浄前のシルバーホイール


洗浄後の同じホイール


こんなに 傷があっても

ある方法で 洗浄すると

ここまで 綺麗に見える様になります。
ただ 洗っただけで  です。

仕上げ磨きは 原理は これと同じ
(汚れが 落ちてる事もありますが)




クリア塗装→赤外線乾燥→ 十分に冷えたら

ブツや粗に対して #1300〜#5000のペーパーをあてます。

削るので 当然 艶がなくなります。

右側が #3000  左側は #5000
この画像だと わかりませんが 目視では
左側#5000は すでに 艶がでて
施工前くらいのレベルになってます。

コンパウンドで ひたすら 磨き込んでゆきます。

納品前

写真の撮り方が 下手くそなのか(T_T)
照明の反射を入れたつもりでも ピッカと写ってくれませんでした。
手触りは ツルツル ピカピカ です。

コーティング仕上げをすれば いうことなし
なんですが     塗装したばかりですので
あるていど 期間を開けないと だめなんです。(塗装内部の溶剤が 抜けるまで)

そんな事 ない  と 言われる方々もみえますが   実際に 私の車  鈑金修理があがってから  約2ヶ月 開けてから  社名入りマグネット つけたのに・・・   洗車しようと  外したらΣ(゜Д゜)  
くっきり 跡がついてしまってました。

完全に 乾燥してないんです。】

今回の GTRも そうですが  仕上げた直後は ちょっと 色合い あってないかな〜? と
思ってても(超こだわった見方からですので 素人さんには 全くわからないレベルです)
こうして 数年ほど経過して 完全乾燥して
馴染んでしまうと
 何処さわったか 全く わからなくなってます。いくら 探してみても みつけられませんでした。

逆に 数年後に 色合いが 違ってくる なんて事もありえるのでは???  と 思い

万が一の為に
当方では 無期限保証 しております。



おまけ

ブルース ウィリス

うちの 息子は この俳優さんの出てる 映画が好きで  今日も TVで「ダイハード ラストデイ」原題は 『A Good Day to Die Hard』
見てました。

ブルースウィリスという 名前は知らない様で   「あの  いけてる ハゲおやじのやつ」
で 通じてます。

お父ちゃん的に  いけてる ハゲおやじは



ジェイソン ステイサム

この人 なんですが  子供には  なんか スマートすぎて つまんないみたいです。
最初に 見た時に
『けつ顎』  と (  TДT)

いやいや 本物の 凄いおっちゃん なんだぞ〜  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
真似・今日のいちまい
「アナーキー」

【OUTRAGE  洋介くんblogのまね】




施工が バタバタで・・・  画像整理もままならず  記事なんか Upする気も 余裕も
全くなかったけど (-_-)   こんな夜中に 寝る前に(´д`|||)



帰宅して   なにげに アメブロ チェックしてたら  右上↗の お知らせ      ほったらかしですが  

スクロールしてゆくと
新しいコメントが・・
なうがフォローされました
???

コメントは   怪しいおね〜さん達から
「興味深い文面ですね     よかったら 私の」 などと  これまた 胡散臭い 商売のお勧め的なのしか 入ってこないので 全く見ませんが

なうがフォロー??      なう?

なうとは  ???

クリックすると  私のblogの なう? にフォローしていただけました方々が 並んで
表示されてて    

その上から 二人目に

『藤沼伸一』さん   !!!

blogの読者登録をさせていただいておりますが       ご本人かどうかはわかりませんが
こちらを フォローいただけておりました。

フォ〜    
注※  レイザーラモンなみの ふぉ〜  

中学の頃からの  憧れのギタリストさん(アナーキーのリードギター)です。
(まねして オープンG の5弦にしました)

そこで ふと  思いだしたのが
この 「いちまい」

アナーキー】      亜無亜危異  


私の 人生を変えてしまった いちまい
と いっても 過言では ない
いいえ  この いちまい で  90度
その数年後に乗った CB50で +90度
二回で  計 180度   変わってる人生



VAN HALEN  の イラプションを 聴いた時より    衝撃でした〜  

ギターを始めた最初の頃は ハードロック
リッチーやエディーのコピーして
そちら方面のメンバーと バンド組んでたのが・・・

わる〜いお仲間から      
「これからは パンクだて〜      ピストルズ
アナーキー    おれらと やろまい」と

ずるずると  ひっぱられ  



アルバムジャケット見ると    そのまんま悪



でも  曲のタイトルが「団地のおばさん」???
コミックバンド???  なにこれ?

レコードに 針が 落とされ

 衝撃

まさに   これや!!!!!!!

それからは 毎日 聴いてました。


        『教室の中で』

この曲の 詞   これが 一番 影響してますね


良くも 悪くも    私の人生を変えた一枚


今と違い  昭和のあの頃は  
「勉強しなさい」「真面目にしなさい」

なんで 勉強が 必要なのか  自分の夢を実現するには どの様な道を進めばよいか (◯◯になるには 大学卒で ◯◯の資格が必要→だから 勉強しろ  などといった 具体的な説明や教えもなく  ただただ 上から 押さえつけるだけの教育  
(戦闘機のパイロットになりたかったんですが  自衛隊に 入隊すれば なれると 安易な考えでしたが 実際は もの凄く勉強して 防衛大学いかないと なれない と知ったのは  ず〜と 後   当時は 大学なんて 親のすねかじった バカか 金持ちしかゆかないとこだと 思い込んでましたので 当然の様に進学なんてはなから考えず )  

反発するにきまってる ところ  に

アナーキーは まさに  「火に油を注ぐ」


結局  学歴なんて まったく 関係ない 仕事してる今      
中学の頃は    なんか おさえてる部分が あったので   いま思えば
もっと むちゃくちゃ  やんちゃすれば
よかったな〜     と     思います(>_<)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【VT BASS DI】

先日、久しぶりに HPのblogを更新したので(^^;    アメブロでは  今回は施工とは まったく 関係ないおはなし



4枚の 使い捨てカイロ
使い終わった物は 中身を 庭にまいてるので(少量であれば 鉄分が入ってるので よいらしい)  捨てずに ストックしてますが
今朝 出掛けに 間違えて 新しいのを ストックして  前日の物を ポケットに(# ゜Д゜)

ホイール洗って 冷え冷えの手を 暖めようと 握っても・・・      冷たい?
感覚がなくなる程 冷えてるのか???

帰宅したら ほっかほかのカイロが棚に(T_T)


ここから 本題   今回のタイトル
【伝統と創造】

【ヒダノ修一model-0  35Φ】

昨年末の TVで 『ぶっこみ ジャパ・・』その道のプロ?が 海外へいって
ニセジャパンな店舗などに 日本人の伝統文化を伝授する なる企画の番組 見てたら

和太鼓の企画で なんか うそくさい おっさんが 出てきて (その時点で もう ダメ)

アメリカの おばちゃん達に 本物はこうだ
と      

これ 見てて  感じたのは  おばちゃん達のほうが  

本物  や!  と


楽しんでやってるし    一生懸命だし
全然知らない 太鼓を 自分達で 作って・・

本物の くりぬき胴の 太鼓を 見た時の
あの うれしそうな顔(>_<)
まさに 音楽の原点

残念ながら おばちゃん達が 和太鼓を打つ 姿は ありませんでした。

終始 えらそうな おっさんが 覆面して これまた 『どや〜』と 披露
伝統文化が きいてあきれるわ(-_-)
[個人的な感情が入って すみませんm(__)m]

打ち方も サウスポーで 変だし

と 調べてみたら    有名どころの 大将


伝統だと 言っておられましたが
太鼓にも 色々あって どれが 正しいとか これが 普通とか なんて なくて

ただ 多く 普及してる 打ち方 奏法は

(複式複打は 小口大八 先生  『御諏訪太鼓』 が考案)

林 英哲 】さん
この方が やってこられたのを まねてるのが ほとんど

大太鼓に 正面に立ち  客席には背を向けて
真正面で 打つ

このスタイルは 林 英哲さんが 日本の伝統的な打ち方(左肩を前にはすに構える)だと
小柄な為 上手く 打てない   なんとかしたい

じゃあ 正面に 立てば 良いだろうと

今では  大太鼓は 皆 正面打ち


前述の番組で 気になったのが
和太鼓は 『真ん中を 打つ』  と
これが 当たり前や〜  みたいな

確かに  八丈太鼓 みたいな 独特な打ち方で 真ん中を 打つ 伝統的な 太鼓もあります。

が     両手で 打って   真ん中  
打ち にくいんです。
しかも 音が つまる



2尺以上の 太鼓になると 皮(牛)の真ん中に
背 (縦の筋)が あるので 真ん中は避けます。

実際に 打つと わかりますが

黄色の◯ 部分  ここが 一番 いい音 します。

曲や奏法によっては わざと ど真ん中 打ったりしますが  基本には この◯部分

浅野太鼓さんが 昔 だしてた
『たいころじい』という 冊子があって

その中で 太鼓の音を科学する みたいな
企画が あって  どこを 打つのか

科学的に 解明されてました。
共鳴 共振 です。

自分でも いろいろ 試行錯誤して
目をつぶって  打ってゆくと

ここだ!    と 感じた 場所が  黄色◯部分でした。(先輩の打つ姿や 太鼓の打面を見てたら やっぱり ここでした)

たいころじいを見たのは  ずっと 後でしたが(T_T)

最初は なにもわからず ホームセンターで買ってきた 丸棒を 切って持参

やっぱり 違うので 先輩に頼んで 受注品

握りやすさ 振りやすさ 重さ かなりこだわって   一番は 音 (゜ロ゜)

径も 33〜36Φ 長さ 材質  はては テーパーなど  あらゆるパターンを試しては 作り
太鼓屋さん並の 本数になってました。

でも・・・    やっぱり その道のプロの方々は凄い
いきつくと サイズ、径、長さ 、材質は
決まってくるんです。

ヒダ修モデル  これが いちばん しっくりきました。 私は 手が小さいので  英哲モデルだと ちょっとだけ 太い(>_<)



【カマツカ材 テーパータイプ】
これは ネットで見つけた 九州の 太鼓バチ職人さんの 特注品     他のバチを注文した際に   無料で いただけました。

残念ながら ある時の演奏で 他の団体さんが 間違えて持っていってしまい  1本しかありません。   当時はまだ 今みたいに 携帯もここまで便利でなかった為  職人さんの連絡先は わからなくなってしまい 手に入りません。カマツカ材 で バチに使える様なサイズは めったに手に入らない様です。

仕事でも   相変わらず   こだわりすぎて
色んな 機材 試してますね〜


どんな分野でも伝統文化も 大切ですが

創造  これが ないと 進歩がないし
また 正しい伝統も 伝わってゆきません。

特に 職人気質な 職業や文化

『見て覚えろ』『見て盗め』『体で覚えろ』 など    口伝 では 身に付くまで 何年 何十年も かかります。

私も 太鼓の時が そうでした。
ドン   ズドン  ド〜ン  打てるまで 何年もかかりました。

でも 次の方々にお伝えする際に
自分が経験してきた事、やり方 事細かに 丁寧に 教えてゆくと

あっと ゆうまに 上達して しまいます。


たしかに 細かい部分を 伝えてゆくのは
難しいです。

でも ちゃんと 伝え続けてゆかないと
伝統も 途切れてしまいます。

ある番組で どこかの大学の教授が
職人さんの 技(動きや力加減)を 科学的に
伝承してゆく研究をしておられるのを
放送してました。


伝統  創造   そして継承


難しいですね
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ナローポルシェ

1963年に発表された 911から S、L(E)、T、 限定のR 〜 1973年型(ビックバンパーと呼ばれる1974年型以前を)が ナローと呼ばれています。(諸説ありますが)

その ナローポルシェに 装着されていた
フックス製 軽量 鍛造 アロイホイール


アルマイト加工の上に どぶ着けの 半艶ブラック (画像はオリジナルの状態)

40年以上の歳月は それなりに 劣化

アルマイト部分は くすみ、 ピンホール(-_-)
ブラック部分は 所々 剥げ落ちてしまい
(でも・・・このどぶ着けブラック かなり 強いです。剥離材ごときでは びくともしません )


さらに リム部分に ガリ傷が 入ってしまうと   アルマイトゆえに 塗装で 修理すると
カッコ悪い(# ゜Д゜)

やむなく 削り磨きで ピッカピカ




一番 多く 見られる レストア品
海外レストアだと クリアトップコートされてたりするので 数年で ひび割れが・・・


(レストア前に 剥離します)



今回  このテーマにしたのは  


この ナローフックスホイールのレストアは
とんでもなく 手間が かかるので・・・
はっきり言って        や り た く な い (T_T)
ですから   最近の blog記事には  ほとんど 載せてません。

受注も かの 大手 M様からの依頼の他は めったに受けておりません。

にも かかわらず    非常に 問い合わせが 多いんです。

【ナローポルシェ フックスホイール】
【ナローポルシェ レストア】
等の ワードで 検索すると 画像は ほとんどうちのホイール
記事では No1は かの 有名な ベキ子さん レストアプロジェクト なんですが  その次くらいに ヒットしてしまう様で・・・・・

数年前に  フックスから 復刻版が 発売されましたが 形は 似てても なんだか 現代風で ナローには 似合いませんし

色々 検索しても 現存する 無傷の フックスアロイホイールは ほぼ 見つかりません。
(センターキャップは新品→たぶん復刻された物← が ヤフオクで 手に入りますが)

直すしかない   で    当方のblogに たどりついた 方々から
問い合わせが (^^;

元々 うちには 変わったタイプのホイール修理の依頼が 大半で  他所では 出来ないと断られた方々が・・・

ナローポルシェ   ボディーや内装をレストアして 綺麗になったけど
ホイールは そのまま  
でも なんとか したい そういった 困っておられる方々が 大変 多い様ですので
私の 技術で そんな方々のお役に立てればと思いったからです。  (^-^ゞ


アルマイト部分を特殊塗料で再現



極力 オリジナルに近づけたレストア
なので  雑な部分はそのまま


ナロー 以降の 深リムタイプも同様にレストア致します。


施工前(レッド塗装)

施工後(ナロー風ブラック)


施工には 少々のお時間と  それなりの金額は かかりますが  
それなりには 仕上がります。

ナローポルシェホイールレストアプロジェクト



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ポリッシュ(POLISH)
艶をだす 磨く

アルミホイールの場合は
burnish  

当方にお問い合わせの 一番多いホイールタイプですので  わかりやすく ご説明


MB AMG  
シルバー塗装に リム・スポーク上面がダイヤカット


BBS SR

ブラック塗装にダイヤカット(全艶消しクリア)




この様に アルミ地金を 鏡面仕上げやダイヤカット(マシニング加工) された物を全般に ポリッシュと呼んでいます。


ジャガー純正 ポリッシュ

一見すると メッキホイールみたいですが
こちらは アルミ地金をバフ研磨されたタイプ    クライスラー Jeepにもあります


アルマイトリム

より メッキ調で 鏡の様な写りのこのホイールは アルマイト加工(酸化被膜)
アルミサッシなんかと同じです。

カラーアルマイトで代表的なモデル

RAYS  TE37

これらの アルマイト加工されたホイールは アルミ地金に酸化被膜をのせて 保護、装飾されてますが


ポリッシュ  特に   マシニング加工された

         ダイヤカット




マシニング加工  切削傷(溝)の上に クリア塗装  すると
光の屈折で 虹色に輝きます。

密着性の悪い アルミ地金に 直接 クリア塗装ですので 経年劣化で 白ボケ ひび割れ 剥がれ が生じます。

ので   各メーカーさんも 専用クリアを吹いてる様で 最近の物は 数年位では 不具合はでなくなってます。

このポリッシュ(ダイヤカット)タイプのホイール    修理となると・・・
かなり 大変です(´д`|||)
当方に入るご依頼の9割は このタイプ

一般の方々は 間違いなく ディラーさんで『修理は出来ないので 交換・・』→ ネット検索

ディラーさん(正規、中古車も含む)なんかは 下請けの鈑金工場や大手ホイール修理工場さんに 依頼されてますが 通常の塗装タイプは問題なくても    この ポリッシュタイプの場合 『うちでは 直せんね〜』となり
→ネット検索

ダイヤカット施工は 鈑金屋さん 同業他社さんなんかでも  超大手ホイール修理工場(大阪or北海道)に  下請け 孫請で 出して 修理は可能ですが  工期が長い  中間マージンがかかるので 高い (T_T)

結果→当方にご依頼 の 流れ


問い合わせを いただいた お客様に お見積時に お伝えしておりますが

ポリッシュ(ダイヤカット)タイプの修理は


①ダイヤカット施工

 マシニング加工による 修理で カットラインの再現  専用クリア塗装  新品同様に仕上がります。

②削り磨きによる施工

大半の同業他社さんは この修理方法です。傷部分を削り磨き  擬似的なヘアーラインを入れて 仕上げます。この場合 リム傷が 数センチでも ほとんどのケースが リム全周を切削します。傷の深さにより オリジナルと比べ 変形してしまう事と スポーク部分との境に境界線が出ます。

BMW

このホイールは 他所(関東)で 既に削り磨きによる修理がされていた物で 既に 変形していた為  特殊塗料による施工を断念して 全周を削り磨き→ガラスコーティング仕上げ しました。

入庫時の状態は・・・    リム外周に 5箇所に傷(うちの 新しい傷以外は 他所で削られていた状態)
削られた箇所は  外側に向けて テーパー状になっており しかも 傷部分だけカット
ガッタガタの酷い仕上げ(# ゜Д゜)

でも・・・     お客様は 私が説明するまで 全く 気づいておりませんでした。
中古車を購入された方々に  多い事実

削り磨きでも そこそこ手を入れて 傷を無くしてしまえば    素人さんにはわかりません。ましてや   全塗装してしまえば・・・

非常に 怖い 真実     悪徳な中古車ディラーと組んで 格安で テキトーに直す ホイール修理業者  売ってしまえば(売る為に)わからない    関東方面    気をつけましょ〜

綺麗に直して 修理してある事が わからない そんなケースならいいんですが

話を戻して・・    削り磨き施工でも 違和感なく 綺麗に仕上がる物もあります。

③特殊塗料による施工
ポリッシュ特有の 虹色の輝きを再現した 特殊塗料を吹いて 修理する工法
傷部分も修正しますので 深い傷でも 変形はしません。塗装での修理なので マシニング加工のラインの再現は不可で 修理箇所の周辺に若干の塗装感は出ます。(機械でスパッと まっ平らに削られた面に対してですので 例えると 定規を使って書いた線とフリーハンドで引いた線の違い)
車両に取り付けした際には ほぼ見分けがつかないレベルです。


こだわる お客様のご依頼時には ダイヤカット施工なんですが

問題は・・・     最近のダイヤカットタイプは
マシニングラインがほとんどない(ダイヤカット後に磨き加工) 、ラインがグラデーション、  ダイヤカット後に特殊シルバーがうっすら吹いてある、仕上げのクリアがマット(全艶消し)  等


ダイヤカット施工では 再現できないタイプになってきてます。


Audi Q3 ガンメタ&ポリッシュ
マットクリア

サイド部分はガンメタ  リム・スポーク上面がダイヤカット   ここまでは 通常のタイプと同じですが 仕上げが マットクリア

この様な ホイールやダイヤカット施工は高いので 塗装で直してほしい   の場合

ポリッシュ塗装(特殊塗料)で 修理します。
仕上げも オリジナル同様のツルツルマット




ポリッシュ塗料    トータルリペア加盟店なら 手に入りますが・・・     ある特殊な工程でないと ダイヤカット特有の輝きは出せません。 この工法が出来るのは 当方を含めて 全国で数店舗しかありません(私の知ってる範囲での話なので・・・  中にはもっと凄い工法を開発されてる方々もおみえになるかも知れません)

ポリッシュ塗料での施工は とんでもなく手間が かかり 通常の塗装タイプなら 4本は仕上げられるほど 時間も手間もかかります
マスキングも大変
かと いって 施工金額は 4倍には 出来ませんし




施工前   リムほぼ全周と スポーク部分に深い損傷




施工後







マットクリアの場合 ダイヤカット面も ほとんど違和感なく 仕上げます。ツルツル加減もオリジナル同様  ざらざらしません。



今年も あと ちょっと    
でも  施工待ちホイールが山積み(T_T)
正月休みは・・・     ないかな〜
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マット(艶消し)塗装



マット(MATTE) と いえば 誰しも パッとイメージするのは この マットブラック

怪獣攻撃部隊(ウルトラマン)が 浮かぶのは昭和の世代(^^;)

画像は 最近主流の ツルツル仕上げのマットブラック(全艶消し)
ちょっと前の物や カスタム塗装なんかだと 表面が ざらざらの 磨りガラス状で 手入れが大変(´д`|||)

下手に触ると 手の跡がついたり 艶があがってしまったり・・・
見た目も 少し 白っぽくてグレー(-_-)
ざらざらゆえに ブレーキダストもついて 直ぐに まっ茶っ茶 (# ゜Д゜)

その点 このツルツルタイプは ピアノブラック(今はグロスブラックというのが流行り?) みたく ピカピカとは 違う 落ち着きのある ブラックで ざらざらしてないので お手入れも楽 (*^^*)

 MB AMG もこのタイプになってます。


AMG レッドライン



他にも マット(艶消し)は色々なカラー タイプがあります。↓
ガンメタ全艶消し(フェラーリ)




ポリッシュマットクリア(アバルト)




VOLVO ブラック&ポリッシュ全艶消し
(ボルボは ガンメタ全艶消しがほとんどですが こちらはダイヤカットされたタイプ)




OZ RACING  italia150  ガンメタ&ポリッシュ 全艶消し
こちらのホイールも 上の画像の物と同じ
マット仕上げのポリッシュ(ダイヤカット)

施工前


施工後






ポリッシュ(ダイヤカット加工)とは
リム・スポークの上面を切削加工で アルミ地金を出して、その上からクリア塗装でトップコートされたタイプ。

BMW Mシリーズ純正 ブラック&ポリッシュ 独特な虹色の輝きを放ちます。


センターホール周辺に マシニングラインが見えます。

一昔前のダイヤカットは 目視で判別出来る位、深いカットラインが残されてましたが
(爪が 引っかかるほど くっきり)
最近は カット後に 鏡面仕上げされてますので ラインはほとんど見えません。
このMシリーズはセンター 〜 外側へ向けて グラデーション風に ラインが消えてゆくホイール。スポークの真ん中からリム外側はツルピカ(-_-)  手の込んだ造りです。      

ダイヤカット施工すると  カットラインが深く入り キラキラに仕上ります。





通常タイプのポリッシュでは ダイヤカット施工で 新品同様に直りますが・・・

上の画像にある アバルト VOLVO OZの様な マシニングラインがなく マット(艶消し) 等 特殊な仕上がりのホイールは 今の所 ダイヤカット施工では再現出来ません。
(当方では 特殊塗料と独自の工法で修理いたします)


ここまでの マットは 全艶消し

それ以外にも  三分 半艶  と 艶消し加減が違ったタイプもあります。


ENKEI  EDR9   マットブラック

日本未発売のモデル   オリジナルはシルバーとマットブラックのラインナップなんですが・・・  

何故か 艶があります。ナットホール付近は艶消しなので  磨き過ぎ もしくは コーティングで わずかに艶があがってしまった様です。

トップコート(クリア)前の ブラック吹き付け直後の画像  オリジナルはたぶん こんな感じの マット仕上げ だったかと思われます。

お預かりしたのは この1本だけなので・・・   ピカピカすぎても 全艶消しでも 他のホイールと色合い 風合いが 違ってしまうので (´д`|||)



三分艶消しクリアを吹いて お預かりした時の状態に 限りなく 近づけて仕上げます。

通常のクリア塗装の場合は トップコート乾燥後  磨き仕上げでピカピカにしますが

マットクリアの場合は 磨きは出来ません。
(このホイールは施工箇所でない所が 細かい線キズや 艶加減が ビミョ〜 だったので
細目 極細目 超微粒子 の各コンパウンドを 手ですりこんで 風合いを合わせました)




半艶消し

ナローポルシェ フックスアロイホイール

こちらは オリジナルのアルマイト&ブラック  シルバー部分はアルマイト加工  ブラック部分は ドブ浸け塗装


対して こちらは・・・

当方独自の 塗装で再現した同ホイール

半艶消し で 仕上げてあります。

海外のSHOPも含め このフックスホイールのレストアは 大半は シルバー部分を鏡面磨き→クリア塗装 されてます。ので オリジナルのアルマイトと比べると 黒っぽくピカピカになってしまってます。 かと いって・・・   シルバー塗装でやってしまうと(T_T)
ラジコンのホイール?  な 安っぽい仕上がり。
アルマイト加工で レストアされた物は かの有名な 『ベキ子さん』 レストアプロジェクトでしか 見た事がありません。

たぶん・・・   塗装で 再現してる のは 世界中でも うちだけだと 思います。

【物凄く 手間がかかって 超〜大変なので こんな工法は 誰も思いつかないし やり方わかっても めんどくさくて 馬鹿げてるやり方なので やろうとは思わない(´д`|||) 】
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アルミホイール修理 の 経験値



BBS RS-GT  19インチ


経験値  どんな分野においても
もっとも 重要な事
これは 年齢でも 歳月でも ありません。

どれだけの 経験を積んで それに対して
どんな対応(対処)を 工夫改善して 積み上げて 切磋琢磨して来たか   それに尽きると

今回 何故この様なタイトルにしたか・・・


本日、お問い合わせのあった お客様
お話の中で 「実は 近くの他の店舗さんにも・・・」と  内容は

 【あちらの 店舗も良いとは思ったのですが  年齢的に 若い方でしたので】
と     (´д`|||)

内心    年が若い→信用性がない→ はぁ??

かなり かちん と きましたので
(しかも その店舗さんは 私が 一番信頼している方 腕も抜群です)

当然  お客様には  お伝えさせていただきました。(うちと 同様に こだわった施工をされておりますし 私は信頼しておりますと)

何年 何十年と 経験を積んでいても それ相応に歳をとっていても

また どんなに 大きくて 立派な店舗だからといって  お客様が 心から 満足出来るか

なんの世界でも そうですが

それなりの 所は いつまで たっても それなり   しっかりやる(やれる)所は 開店したてだろうが 若造だろうが   クォリティは高いんです。

その昔 たしか 高校生の頃
偶然 ラジオで 聴いた  なにか 行き詰まった時に いつも思い出す 言葉

いつの時代も『やる奴は やる    やらない奴は やらないby 矢沢永吉

我々の様な 職人気質の 技術職は なおさらです。

「この程度でいいだろう」
「これで十分」

そういった 考え方の方々は ある一定のラインを上限に それ以上の向上は ありません(やれば 出来るとは思ってます)

同業の 大先輩は 何千 何万本も 施工されておりますが そんな凄い方でも これなら完璧 といえる 仕上がりは 数本だと 言っておられます。探求し続ける以上 終わりはないと   実に謙虚なんです。

誰しも 失敗は あります。
でも それに対して 次はどうしてゆくか

私も  「あの程度の 仕上がりか・・」
と 言われない様    日々 精進させていただいております。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スタッドレスタイヤ

冬の間に お預かりで アルミホイール修理




タイヤ販売を 始めたわけでは ありません


11月に入り そろそろ スタッドレスタイヤに 履き替えされる時期になりました。

画像の雪だるまは 知り合いのガソリンスタンドで9月から ディスプレイされ スタッドレスタイヤの予約販売がされてます。 早いです(^_^;)

毎年 年末は アルミホイール修理の問い合わせが 殺到し あっと ゆうまに 予約がうまってしまいます。 ただでさえ 通常でも 1ヶ月待ちになってしまう状況ですが  年末年始は 日々 数台分の施工となり 過酷です(T_T)

昨年末は スタッドレスに履き替えされた 方々が 外れている間に アルミホイール修理に 持ち込みされるケースが 多く  車両ごとお預かりと違い ホイールのみで(タイヤ付きでかまいません) また 工期も余裕をもって施工出来るので 非常に楽に たくさんのアルミホイール修理が こなせました(*^^*)

スタッドレスタイヤを お持ちで アルミホイール修理を お考えのお客様は
冬の間に お預かりでの修理がお勧めです。

車両ごと お預かりより 脱着料金 ¥2000(税別)/本 が かからないので お得なんです。



Lehrmeister  EURO TECH
STAGE TR5×3   18inch




レアマイスター ユーロテック
ステージ TR5×3  18インチ
マット仕上げのガンメタホイール

こちらの お客様は スタッドレスタイヤのホイールを 履き替え前に ガリ傷の修理






ツルツル肌の マット(全艶消し)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
HONDA CIVIC TypeR EURO
【ホンダ  シビック タイプR ユーロ】


純正ホワイトカラー 7本スポーク 18インチ

(素朴な疑問なんですが 7本スポークのデザイン   Z400FX  当時 これ見て  7って 割り切れないし???   どこかが 広い???)
以外と多い 7本スポーク┐('~`;)┌



ホンダ純正ホワイトカラー   リム傷修理

真っ白では、なく 若干アイボリー

ブレーキダストが こびりついて さらにくすんでます(-_-;)

この ホンダ純正ホワイト  古い物だと きなりに変色してて 洗浄しても 磨いても 綺麗にならない場合もありますが・・・



このホイールは 塗装に変色や焼けはないんですが    ブレーキダストが酷い(T_T)





ダストクリーナー   トラップ粘土  洗剤   コンパウンド   ありとあらゆる手段を屈指しても  まだ 残ってます(# ゜Д゜)


ここまで付着していると 業務用の強力なダストクリーナー 使っても たいていは これくらいは残ります。  しかも 下手すると 塗装にシミがついたりと リスク大(´д`||    

全塗装が 前提なら サンディングして 削り落としてしまえば  こんな手間かけて やらなくてもいいのですけど

部分補修なので 傷部分の周辺以外は 触りたくないので(^_^;)

でも・・・    ある物を ちょっと工夫して 使用すると   綺麗に落とせるんです。
(業務秘密〜  実は昨日 R35のホイール施工の際、ガラスコーティングを剥がし落とすのに 試行錯誤して その時に ふと 思いついて 今日 やってみたら すんなりと)  

高価なクリーナー  いりません
しかも ノーリスク     さすが made in USA

綺麗に洗浄したら あとは 傷直して 塗装

久々に 白 だったので あまり使ってない 042G(口径0.4)で 吹いたら・・・  
ノズルが 直ぐに 目詰まり 塗装範囲が ほんの少しだったので  ガン 替えずに済みましたけど (^_^;)

最終 磨いて仕上げて 洗浄




取り付けして 完了

この時期は 夕方で 既に 暗い(-_-;)



ホワイトホイール  ボディとマッチしてます(*^^*)




最近の施工


weds レオニス  ブラック&ポリッシュ Wリム






日産 フェアレディZ 純正 RAYS ハイパーガンメタ





レンジローバー 22インチ ガンメタ&ポリッシュ(ブラッシュド)






スバル WRX ガンメタ





BMW ブラック&ポリッシュ (ダイヤカット)





日産  スカイライン? ガンメタ&ポリッシュ(ダイヤカット)







日産 R35GTR





スポーツカーゆえに  見えない 裏面は・・・    アンダーブラック 吹きっさらしで クリアコートもなし   シリコンオフで 剥げてしまいます。




◯産車のホイール   ゆず肌 だったり クリアが薄くて直ぐ剥げるし ハイパーは吹きむらで 色合いが違ってたり と  やっかいな上に



洗浄したら 白濁 もやもや

この画像は コーティングを剥ぎ落として 磨いた後ですが  刷毛塗りの様なすじがのこってます。

溶剤で クリアコートまで 侵されてました。

このホイール  ディラーさんで ガラスコーティングしたそうなんですが   むらむら ザラザラで酷くて  やり直ししてもらったそうなんですが  それでも 酷くて  あきらめて そのまま にしていたそうです。

全面 コーティング剥がして 磨きしてたら 昼まで かかりました(´д`|||)

施工後





このアングルが R35 な感じ(*^^*)


フロントは・・・       R32みたいな かっこよさは      ないですね〜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リペア業界(修理業)の品質 クオリティ とは


なんの へんてつもない 国内大手ディラーT社の ごく普通のシルバーホイール

新品同様 いえ それ以上の仕上がりを追及して 仕上げたホイール


本部講習では  一番かんたん 楽勝〜なカラー と 教わりますし ほとんどのトータルリペア加盟店さんが そう思って施工されていると思いますが

私は シルバー こそ 難しいカラーだと思ってます。(私の場合 かんたんなのは ガンメタ、 ブラック、マット ですね ボルボ スバル BBS 等)






いまさら なんの 話???

かと 言われてしまいそうですが (^_^;)

このホイールを 施工しながら クオリティとはなんぞや と いろいろと考えました。


当方は 開業当初から 『完璧主義 絶対的なクオリティー』のキャッチフレーズを掲げておりましたが(ある 恩人に このキャッチコピーをいただきました) ある意味 勢い 自信 だけで 徹底して こだわって やってきました。現在も 変わらず 徹底した こだわりをもって日々 施工させていただいておりますがm(__)m

しかし 所詮は 手作業で 人のやってる事
全てが 完璧にゆく事は まずありえませんし   やり方も 失敗をしながら 工夫改善されてゆきますし  新しい機材等も導入しながら  いつまでも同じ所には おりません。

実際 リピートのお客様のホイールを 数年ぶりに 見ると 何処を修理したか 全くわからない仕上がりもあれば
自分で やっておきながら

『誰が やった〜 こんな 仕上げ (°Д°)下手くそ』な 物もあり (その頃の仕上がりで なんだこの店 と思われたお客様もなかにはおられる事でしょう)

.<)y-~

今年に 入ってから なにが 一番大切か
ずっと悩みが 続き

ふと 自身が完璧を求めるから 違うんだと
お客様が もとめる ニーズに応える事が
顧客満足度の追及だと 考え直しました。



ちょっと前に お客様が 持ち込まれた 修理のホイールに
この地域での 大手同業他社さんで 施工された物が あり
レクサスのハイパーガンメタ でしたが





明らかに 修理箇所の 色合いが違う ハイパーなのに メタル感も出ている上にそれを ごまかす為に 周辺に散らしてあるし それは 酷い物でした。

お客様から『◯◯さん、とこで 直してもらった・・』と聞いた時には   うそでしょ?と    かなりの衝撃でした(-_-;)

でも お客様は 『どこか 変? 素人では 見分けが つかない』と
まあ 本来 パウダー専門の店が 部分塗装をやってしまったから そんな 事もありえるんだな〜  そんな事もあるんだ位に思っておりましたが・・・

つい 先日 新規のお客様との商談 で お店にお伺いした際に 『この AMG  ◯◯さん 所で パウダーやってもらったマットブラックなんだけど オリジナルと かなり違ってて 困ってる』と (# ゜Д゜)

パウダー(粉体塗装)での 仕上がりは 凄い との評判を耳にしていましたし
その店のblogでも ご自分で よそとは違って うちは 凄い とありますので   凄いとこなんだと リスペクトしておりましたので まさか・・・  と またもや  衝撃 (-_-;)  ザラザラ
最近のMB AMGのマットブラックは 質感はツルツル でも マット仕上げ ┐('~`;)┌


たしかに 鈑金修理でも 腕のたつ 職人さんの所だと 凄く綺麗に仕上がってきますし その逆もしかり はたまた クイック鈑金 なんかでも 同様  やってみないと わからない


こんな事 書くと 気を悪くされる方々もおられるとは 思いますが SNS の記事なんかで 『どうでしょう こんなに綺麗に直りました』と あっても
スマホの小さな画面で見てて 粗がわかってしまう 仕上がり
(個人的に この どうでしょう ごらんください のフレーズは大嫌いなので→宣伝なので 最もなんでしょうけど・・・ このblogでは あえて 使ってません。品質は 仕上がりを見れば 納得していただけますし お客様が決める事。→当方はお客様が納得ゆくまで 徹底してさせていただいておりますし 施工したホイールは無期限保証です)

何故? こんな画像なら 載せないほうが よいのでは?   そちらの地域では この仕上がりでクレームなし???
と 他人事ながら 悩んでしまいます。

同業の先輩方や同期には
『人それぞれな上に 地域性もあるし ようは お客様が それで 満足されていれば それは良し 人は人だよ』と


    【   光   】  は

常に 最善の方法で より綺麗に 仕上げる事を心掛け  日々 邁進して おります。

お客様に こころから 歓んでいただける 仕上がりを目指しております。

施工して いただければ  わかります。




至誠にして動かざるものは、未だこれあらざるなり







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。