冬眠

テーマ:
 
 
みなさま。
 
 
冬眠ちうの元マーライオンです。
 
 
こんばんは。
 
 
寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
 
 
体調など、崩されてはいませんでしょうか。
 
 
ぼく、寒いのが本当に苦手で、
 
 
布団の中でじーっとしています。
 
 
そーいえば最近ブログ書いてないね。
 
 
って、誰からも言われません。
 
 
誰も読んでないと思いますから当然ですが。
 
 
というわけで、もう少し冬眠しようと思います。
 
 
あ、
 
 
そうそう。
 
 
友達と金沢まで器を見に行ってきました。
 
 
九谷焼です。
 
 
九谷焼にはいろんな作家さんがいて、
 
 
器ひとつひとつにストーリーがあって、
 
 
器好きのぼくに取っては、まるで天国のような空間でした。
 
 
 
 
 
{EC5053F6-0F3B-4044-930D-D14873FF164E}
 
{78C1AD60-61E0-4B2B-A01A-96BA2A3B427B}
 
{23BF4680-4E71-4F21-96E9-00872F19AB1B}
 
{B299ACC8-88EB-438F-B9C5-A42F06FCA12A}


 

初めて行きましたけど、いい街だったなぁ。

 

 

また器の勉強に行きます!

 

 

有田焼も美濃焼も見て見たいなぁ。

 

 

ささ、

 

 

それではまた 。゚゚。゚。

 

 

さぶぅ;((•﹏•๑)));:

 

 

くぁーー:.゚٩(๑˘ω˘๑)۶:.。

 

 

zzz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

テーマ:


でね、(前回から続いています。笑)


ここからが本題。


ぼくがこの先、残りの人生を全て懸けて成したい事があります。


今日はそんなお話し。


ぼく、幼少時代名古屋市港区の工業地帯で育ちました。


30年以上前の話しです。


工業地帯の当時の製造業の時代は真っ盛りでしたから、いっぱい工場があって、そこで働く人もいっぱいいて


そこの工場の煙突からでる煙は、いつもモクモクしてました。


風向きが悪いと、臭くて吐き気がするような排煙が立ち込めるような所で町の空気が濁ってました。


近くの川は生活排水や工業排水とかで、悪臭立ち込める、きったねードブ川でした。


港の海も汚かった。


公害病とか普通にあったと思います。


一昔前ご近所には四日市ぜんそくって名前の病気もあったくらいですから。


つまり土壌汚染の激しい土地で育ちました。


一方、


オヤジの故郷は三重県の飯高町っていう人がほとんど住んでない強烈なド田舎で


夏休みや冬休みに在所に帰るっていうと、


綺麗な自然、美しい山、透き通った水が流れる川で遊べるってだけで、幼少時代のぼくは心を踊らせていました。


その川で鮎とか捕まえて塩焼きにしたり、大人になった今でもします。


さて、


幼少時代に育った工業地帯と故郷の美しい自然のギャップにいつも疑問を持っていました。


経済成長にはこんな代償が必須なのかな。って。


ぼくの育った町も、戦前とか、もっとずっと昔は緑も豊かだっただろうし、


川も綺麗だったと思います。


さて、


本題です。


ぼくは残りの人生を全て懸けて、


飲食を通じた循環型産業を創りたいです。


自社で野菜作って、


養豚場作って、


日本で、ぶっちぎりのダントツNO.1の焼きとんやを作ります。


で、ウチから出た生ゴミや有機物はみんな分解して堆肥にし、また農場に還元します。


味噌汁1杯を浄化するのにお風呂80杯分の綺麗な水が必要なんだそうです。


ウチで食事して頂いて出る廃棄物を限りなくゼロに近づけ、


堆肥として畑に戻せば、


ホンの僅かでも、土が綺麗になり


水が、川が、海が、空気が


ちょっとだけでも綺麗になると思います。


love our planet です。綴りあってますかね。


その為にはある程度の規模も必要だし、


同志も必要です。


ぼくの人生を全て懸けて、こんな事を成したい。


僕たちの子供や孫、何代も後の後世に、


美しく豊かな地球を残したい。


それがぼくの志し。


熱くなっちゃったよ。


(´・ω・`)


ふう


love our planet


いい響きやな。


ひとつでも多くの「笑顔」と「笑い声」に出会いたい。


これ、ウチの経営理念です。


お客さんや社員さん、取引先さんやステークスホルダーのみなさん、ウチに関わる全ての人達から笑顔を集めたいです。


それが、地球からも喜ばれるような、地球からも笑い声が聞こえてくるような…


そんな会社にしたいです。


ぼくの人生を懸けて、必ず実現します。


それがぼくの志し。(遠目)


(´・ω・`)



ささ、


寝よう。


(´・ω・`)


日本代表強かったね。


サッカー。


大迫ハンパねー


(´・ω・`)




AD

良質なインプット

テーマ:


ただ今、海外出張の帰りの飛行機でございます。


今回の旅で大きな気づきが得られました。


旅は人を成長させると言われますが、ホントにその通りだと思います。


また、海外出張の帰りというのは非日常な時間を過ごして来た訳ですから、感度が上がっているというか、感性が敏感になっています。


インプットの質と量が普段の日常生活と比較するとまるで異質な為、


なんていうんだろう。


ちょっとセンチメンタル風な気持ちになってます。


今日は人からバカにされるかもしれないけど、勇気を出して本音を綴ろうと思います。


それだけ刺激的で、感情が揺さぶられ、魂が震える、良質な時間を過ごしてきました。


さて、今回の目的のひとつがこちら。


{01FEF557-29D9-498D-BA1B-8F997FE4F48E}


日本のトップ3に入ると言われているお寿司屋さんです。


どの料理も、お寿司も感動的な仕事がしてあり、最高に美味しかったです。


こちらの大将。


「今、日本では築地の問題がいろいろ大変そうだけど、ホントに深刻なのは、中国とか海外のバイヤーが日本の市場や漁港で、ごっそり魚を買い占めて行っちゃうことだよね。だから相場が崩れたり魚が無かったりする。そうじゃなくて、世界にはいい魚がたくさんある訳だから、その土地その土地で工夫していい仕事をすればいい。そうすれば、日本の伝統を世界中に広めることができるはずだ。」


結構なお年を重ねられている方でしたが、


なんていうんだろう、


気迫


っていうのかな。


気概というか、その方のまとうオーラみたいなのが凄かったです。


「漁師の技術と流通を改善していかなくてはならん。」


というのが目下の課題なんだとか。


うーん。


凄いっす。


さて、


あたし。


今回の旅で、ここだけでなく、様々な場所や人達からインプットしてまいりましたが、


そのインプットをどう成果に繋げようかずっと考えてました。


結論から言うと、ちょっと青臭いですが…


使命。


なのかなと。


有限で、1度きりしかない人生です。


命を懸けて事を成したい。


文字通り   【一生懸命】。


または   【志し】


というのでしょうか。


生きていくためにはお金も必要ですが、


それ以上に大切なものを見つけてきました。


使命。


さて、


あたしの使命とは何でしょうか。


ぼくにしかない、命の意味ってあると思うのです。


もちろんこの文書を読んでいるみなさんにも。


自分に言い聞かせる為に、何度も書きますが、


人生は有限です。


限りがあるから、尊いのだと思います。


さて、ぼくの命の意味って何でしょう。


人生を懸けて成したい事とは何でしょうか。


そこに深く考えを馳せてきました。ので、次回のブログに書き記そうとお願います。


今日、ぼく、真剣だよ。


(´・ω・`)




AD