ひかりシュタイナークラス

こんにちは。ひかりシュタイナークラスです。
大阪市内で、月一回、日曜日に親子でシュタイナーを学ぶ場として活動しています。
幼児から大人までオイリュトミーを楽しんでいます。小学生はメインレッスンのクラスもあり、主にフォルメンを学んでいます。


テーマ:
私は、ひかりシュタイナークラスにお世話になり7年になる、3児の母「S」です。


私は、出産と授乳の関係で、7年こちらにお世話になりながら、オイリュトミーがなかなか出来ていません。
なので、オイリュトミーの魅力を伝えるのは、先生や他のメンバーに任せるとして、私はここで、親の会の魅力をお伝え出来ればと思います。

私は、親の会を通して、多くの事を学び、考えさせてもらっています。
学ぶ事によって、考えすぎて動けなくなったりした事もありましたが、今はそれも自分と向き合ういい時間であったと思います。

私がお伝えすることで、少しでも多くの方が、穏やかに幸せな毎日を過ごせる事を祈って・・・。



親の会は基本、会員が聞きたい事、知りたい事を松川先生に伝え、そのテーマに沿って、先生がお話をしてくださるという形をとっています。
それとは別に、幼児期の大切さを伝える為にと、幼児の親の会も行っています。


私が初めて親の会に参加した時は、
「フォルメンの体験」
「児童教育、学校との折り合いの付け方        等」
「自己教育・自己認識について」
でした。


「フォルメン」

私は、友人に誘われ、ここにお世話になり始めましたが、シュタイナーの事は全くわからない状態でした。
なので、「フォルメン」と言われても、「
???」な状態でした。

まず、フォルメンとは、なんぞ?




私の初フォルメン。
乱れております(笑)


フォルメンをすることの意味・意義は
①心・身体の不均衡を整える
   意識感覚への刺激
   (感覚➡触覚・生命感覚・運動感覚・平衡
     感覚)
   形態感覚を鍛える
   注意力を促す➡観察力がつく

②気質の緩和
   認識感覚を養う
   (フォルメンの授業では、お手玉を使用)

お手玉は、オイリュトミー同様、手足を動かす。
手足を動かすことによって、頭に眠っている感覚(認識感覚)が目覚める
*気質は内的・外的要因に左右されるので、低学年のうちは、はっきりしない

【知識をつかみとるには、身体全体を使って、身体に刻み込む=シュタイナー教育】

とのことでした。


このときは、

「へぇ~。そうなのかぁ」

くらいにしか思っていませんでしたが、
今は、この「観察力」が本当に大切だと思えるようになってきました。

長男は、一緒にいろんな事をしていたので、観察力が育っているとは思うのですが、娘は、2児の母になった私が、忙しさからいい加減にしてしまった事がそのまま出たのか、残念ながら、観察力が少し育っていないようにも感じました。
ざっくりは見れるけど、細かいところが見れない。
性格もあるとは思いますが、それが小学生になり、ひらがなを習い始めた時に、露呈したようにも思います。

松川先生に、ひらがなの相談をしてから、私の意識も変わり、娘もどんどん変わってきました。

親もつけなければならない、「観察力」。
この観察力が、内側の力を変えていき、高次の感覚に繋がっていくと聞きました。

これからも意識していきたいと思います。


つづきは、またニコニコ






AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

hikari-classさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。