テーマ:

この連休は久しぶりに家族全員でゆっくりと過ごしました

夫の単身赴任中は、毎日娘に合わせた献立ばかりを作っていたので、
久しぶりに大人用のメニューを考えるのはとても新鮮でした。

外食では高カロリー&栄養が偏りがちなメニューも、
家庭料理では工夫ひとつでいかようにもなるのが嬉しいところキラキラ
食材も新鮮なものや旬のものを自分で選べば、美味しさも一際です。

*************************************************************************

さて、突然ですが、「体によいもの」って何でしょう。

テレビや雑誌では毎日代わる代わる沢山の「健康食材」が取り上げられていますし、
本屋さんでも様々な健康に関する本が売られています。

肉を食べるな、という趣旨のものもあれば、肉を食べろ、という趣旨のものもあり、
炭水化物を抜けといったかと思えば、炭水化物はきちんと食べろというものもあったり…。

はたまた長寿の秘訣を聞けば、
「粗食が一番」という人もいれば、
「毎日ステーキを食べています」という人もいます。


私は、体によいものは
「自分の体に合っているもの」「その時の体調に合っているもの」
だと思っています。

同じ食べ物を口にしても、それが及ぼす影響は人によって様々です。
「自分の体を良く知り、それに合った食べ物を口にする」
ことが何より大切なのではないかと思うのです。


「自分の体質や体調がよくわからない」
「自分に合った食材や食事がよくわからない」という方、
まず切り口の一つとして、「温」「冷」を意識してみてください。


自分の体質が冷えやすいのか、そうでないのか。

スーパーで手に取る食材が体を冷やすものなのか、温めるものなのか、どちらでもないのか。


「なんとなく食べたいから」「今日は安売りだから」「流行っているから」
などの理由で毎日口にするものを決めず、
まずは自分の体と、食材の声を聞いてみてくださいおんぷ♪


少し意識を変えるだけで、
「どうしてその食材を口にしたいと思うのか」と自分の体調に耳を傾ける習慣がついたり、
「今の体調は○○だからこの食材を使った料理にしよう」と料理への心持が変わったり、
毎日の食生活に変化があるはずです。


少しの変化が、
翌朝目覚めた時の気持ちの変化に、
1週間後の体調の変化に、
1か月後の体重の変化に繋がっていくかもしれません。


詳しくは別途記事にしたいと思いますが、
食べ物には体を温めるもの、冷やすもの、どちらでもないものがあり、
食べ方や調理方法を工夫すれば、
本来体を冷やす食べ物を体を温める食べ物として口にすることも可能です。


人が自然と美味しいと感じるお料理は、
栄養のバランスがよく、体への影響のバランスがよいものだと思います。


季節や体調に合わせて
体を冷やすもの、温めるものを上手に取り入れ、
味付けは甘いもの、辛い物、酸味のあるものをバランスよく取り入れ、

常備菜を上手く活用したり、知恵を絞って、
無理なく美味しい食卓を継続していく。

毎日の食事は少しの知識と、ちょっとした工夫で100倍も200倍も楽しいものになると思います。


AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。