スーパーで買った長ネギの「根っこ」を5cmくらいをカットして植えてみると…


飛耳長目録-ネギ坊主1

数十日後、けっこうな長さの葉が再生したではないか。


柔らかいのでインスタントラーメンの薬味として活用してみた。ラーメン


さて、残った葉をそのまましばらくほったらかしにしていたら「ネギ坊主」の状態になったではないか。

飛耳長目録-ネギ坊主2


噂には聞いていたが、ネギ坊主というものを初めて見たぞ。
果たして、この状態で食べられるのだろうか…

さっそくネットで検索してみる。パソコン

なんと、丸くなっている部分の中には花が詰まっていて、もうしばらくすると種になるそうだ。
現在の丸い状態なら、天ぷらや炒め物に使えるらしい。

ということで、葉の部分も一緒に調理してみた。


飛耳長目録-ネギ坊主3


油で炒めて塩コショウを振って出来あがり。
食べてみると、予想以上においしい。



飛耳長目録-ネギ坊主4


ほんのりとした苦味が、いい感じである。
もっとたくさん食べてみたいし、ビールが飲みたくなったぞ。ビール

AD

家庭菜園で育てたシュンギクを収穫しそこねたしょぼん

茎が固くなってしまったので、食べてもおいしくなさそうである。
ということで、水もやらずに放ったらかしにしていたのに…

今日、ベランダのプランターを眺めていると、花が咲いているではないか黄色い花
(「とうが立つ」とは、このことか…)



飛耳長目録-春菊1

それにしても、なんという健気な奴じゃ。
黄色く可愛い菊のような花は、「春菊」が「菊」であることの証なのね。


飛耳長目録-春菊2


ちなみに、「とうが立つ」とは…
辞書には次のように書かれていた。


薹(とう)が立・つ
1 野菜などの花茎が伸びてかたくなり、食用に適する時期を過ぎる。
2 盛りが過ぎる。年ごろが過ぎる。「新人というには―・っている」

AD

つれあいは、水谷豊が主演するTVドラマ「相棒」テレビが大好きである。

再放送されるたびに録画して観ているにもかかわらず、DVD-BOXも購入している。

そして「ロケ地めぐり」と称して、警視庁や日比谷公園などの見学に同行させられたオレって…
つれあいは、どんだけ「相棒」が好きなんでしょうか。

そして昨日、ヤフーニュースに「相棒 及川光博演じる神戸尊がシーズン10で卒業!」との記事が載っているではないか!

これを読んで思い出すことがある。

かつて寺脇康文が亀山薫役をしていたときに、つれいは「水谷豊の次の相棒は、GACKTか及川光博のどちらかになる」と予言したのである。

そして数か月後、相棒の後任は「及川光博」と的中したのであった。


ということで、先日「そういえば、相棒の後任を及川光博と分かった理由は何?」と、聞いてみた。


だって、二人ともカッコイイじゃない。相棒にピッタリでしょう?」とのこと。


なんということでしょう… あの予言は、単なる希望だったのでした…

AD

晴れ中日が4‐1でヤクルトを下して本拠地での最終戦を飾った。


球団史上初となる2連覇の優勝を成し遂げた落合監督ではあるけれど、「オレ竜」のやり方に批判も多かったようだ。



つれあいは、中日の大ファンである。

(きっかけは、子供のころに読めた漢字の球団名が「中」と「日」の2文字だったから、とのこと…)


ということで、落合采配について聞いてみた。


つれあいは、「とにかく中日が勝つことが嬉しい」と言う。


結果を残した落合監督については「問題ない」「とやかく言われる筋合いもない」「試合に負けないための最善の行動をした落合監督は素晴らしい」


球団社長は、「勝つこと」よりも「勝ち方(監督のやり方)」にフラストレーションがたまったのだろうか。


ここまでくると、日本一を目指してほしい気がしてきたぞ。

テレビテレビを見ていると、画面の左下に「きょう正午アナログ放送終了」と表示されていた。
半世紀以上続いたテレビ放送の画期的な瞬間が訪れようとしている。

  


飛耳長目録-きょう正午アナログ放送終了という表示


あと1時間ちょっとだ。
その瞬間を見届けるぞビックリマーク

  
(とは言っても、画面が砂嵐になる瞬間を見るだけなんだけど…)

「相棒」のサウンドトラック

テーマ:

つれあいが大好きなテレビドラマの「相棒」には、いくつかの記憶に残るBGMが流れている。
ということで、TSUTAYAでサウンドトラックCDをレンタルすることにした。
  

さて、事前に調べてみると、沢山のCDが発売されていることが分かった。
ベストチョイスの1枚はどれなんだろう?
  

スタンダードな曲が多く収録されていたのは写真のCDだった。


飛耳長目録-「相棒」のサウンドトラック


あの何度も流れる曲のには「暴かれた罪」「終わりの始まり」「終焉」「真実の翼」「帰還」「正義の行方」などのタイトルがついていた。
相棒ファンにとっては一聴の価値あるCDだ。

法事のお返しとしてカタログが届いた。


どうやら、このカタログの商品は1万円相当のようだ。目

掲載されている商品の中から好きな物を選べるのだけれど、「これが欲しい!」という品物がリストにはない。
そこで「こういう機会がなければ絶対に手に入らない物を選択しようビックリマークと決めた。

そして選んだのは「卵焼き用フライパン」
1万円の「卵焼き用フライパン」って、いったい…

  


飛耳長目録-1万円の「卵焼き用フライパン」


今日届いたのは、全面4層構造のビタクラフト社製だ。
  

さて、どんな卵焼きができるのやら…


さきほど、F1の第9戦「イギリスグランプリ」がシルバーストンで開催された車

路面状況、タイヤ状態、ピット作業のドタバタで、目が離せない展開であった。

  

さて、つれあいが応援する「F1ドライバーのベスト3」は、ベッテル、シューマッハ、バトンである。

走りの面白さは、「かつてのシューマッハ、現在のバトン」らしい。

バトンは、「紳士だし、F1ドライバーの中では顔がいい」とのこと。

そうなのか…


マクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトンといえば、モデルの道端ジェシカとおつきあいしていることで有名である。

先週はロンドンで開催されたテニスのウィンブルドン選手権「男子シングルス決勝」をロイヤルシートで一緒に観戦していたところが放映されていた。

(破局報道されてたけれど、今でも交際してるのね)


だからなのか、今でもバトンのヘルメットには「頑張れ日本!」と日本語が書かれている。


モナコグランプリで、「ジェイビー」と書かれたヘルメットの文字を見たときには「えっ? カタカナ? ジェイビーってJ・B? …ということはJenson Button! ジェシカに『あなたの名前は日本語でジェイビーて書くの』って言われたのか?」と、思ったものだ。


以前、優勝したときにチームラジオから「やったー!」と聞こえたときにも「そのセリフはジェシカに教わったの!」と思ったものだ。


ジェンソンって、親日家なんだか、親ジェシカ家なんだか…

十数年もエアコンを使っていると、冷暖房の効果が著しく低下してきた。
  

フィルター等を洗うと効き目が復活するけれど、我が家のエアコンはついに限界を迎えたようだ。
東日本大震災以降、東京電力管内の住民は節電に努める必要があることは実感しているので、エアコンを買い替えることにした。
  

さて、各メーカーのカタログを読みこんだけれど、「除菌機能」「パワフル機能」「電気代節約機能」「10年間お手入れ不要機能」等の様々な項目を比較しても、決定打が見つからない
  

最終的には「ダイキンの加湿機能」と「パナソニックのホコリ排出機能」に絞り込んで検討することにした。
  

まずは、ダイキンの加湿機能について。
毎年のように冬の乾燥が耐えられないので、今季はとうとうシャープの加湿機能付きプラズマクラスターを購入したばかりである。
とはいえ、加湿機で面倒なのは「給水」だ。
毎日タンクに水道水を入れてから加湿器にセットするという行為が煩わしい。
ダイキンのエアコンは、屋外にある空気中の水分を取り込む「無給水加湿機能」がある。
でも、冬の乾燥している空気中から充分な水分を集めることが可能なのか…
もしかすると、思ったような加湿状態を実現できないのでは…
「加湿」については、せっかく買ったプラズマクラスターにお任せすることにして、ダイキンのエアコンは見送ることにした。
  

次にパナソニックのホコリ排出機能について。
「10年間お手入れ不要の掃除機能」を謳っている各社のカタログを見たところ、1年に1回程度は集まったホコリを捨てる必要があるらしい。
でも、パナソニックは違っていた。
「排気ダクト」を使ってホコリを自動的に屋外に捨てるのだ。
その量は、毎回「耳かき2杯分程度」らしい。
  

ということで、(多分)10年間まったくお手入れ不要のパナソニックに決めたのである。



飛耳長目録-パナソニックのエアコン

北乃きいが踊るCM「チョーヤの酔わないウメッシュ」…

放送直後は、日常生活をしているとき、ふいにメロディーとダンスが脳裏から蘇ってきて困ったものであった。


飛耳長目録-酔わない ウメッシュ


ちなみに、最近になって、あの音楽は「酔わな酔わない」ではなく「You wanna 酔わない」と歌われていることが分かった。

「wanna」とは「want to」のことなので「あなたは酔わないウメッシュしたい」という意味のことだ。
つまり「あなたは酔わない梅酒を飲みたい」(それはウメッシュです!)と、変な振り付けで伝えているのであった。