御無沙汰の風景お便りです。

テーマ:
まだ今年は釣りにいけるチャンスが、少ない傾向にあります。

7月16日に定例の人間ドッグにいきますので、

その後の7月17また18日に江ノ島へでもいければいいなあと思います。

さて先日、新潟県の山奥にの水力発電所に行ってきました。

途中に縄文時代の住居跡がありました。

こんな山奥に住んでいたとは驚きですね。

そばに川がありますが、狩猟生活をしていたと思います。

新潟県なので、雪もおおかったと思います。

どうしてここを選らんで暮らしていたのか不思議です。




AD
『最近のつり情報で、サバが釣れているということでした。40cm 2~10尾と威勢のいい書き振りでした。』
40cmのサバはなかなかこないと思いますし、10尾もつれることもなかなか稀だと思います。そんな風に思っても、ついつい足が向いてしまいました。

昨日土曜日に、SNDI港へ釣行です。

早朝4時に現地に着くと、早々船頭が『行きましょう!』と3名を堤防へ運んでくれました。

そして、3投目に浮きが着水して立ってすぐに、ズボッと入りました。ゆっくり糸ふけとって合わせるとしっかり魚が乗りました。実にいい引き方をしていました。揚げてみると、サバです。マサバだと思います。くどいようですが、今年初めてのサバで、魚らしい釣果でした。体長はやく35cmです。


この堤防では1人でのコマセの効き具合が、継続するのが難しいので、2尾目がなかなか当たりません。1,2,3時間と時がたって、ついつい居眠りしてしまいました。そうすると目の前のリールが『ジージー』っと音を立てていました。2尾目のサバです。
以上が今日の釣果でした。


今日は、最近製作したSUS一発籠で魚が釣れたので、良しとしました。

最後に、堤防を後にする前に、周りの様子を見ました。
常連さんは、アイナメ狙いです。35cmくらいのアイナメを足元に落とし込み釣りで、数尾揚げている方がいました。サバは大部分の方がメタルルアーで揚げていました。体長は30~35cm、3~5尾だと思います。



下にこの堤防の釣果サイトを貼っておきます。
http://www.esa-tosen.com/diary.cgi

因みに、私が乗っている船は上記船のすぐ隣の『宝珠丸』です。堤防渡料金2500円。
ここでのサバの釣れる期間は意外と長くて、昨年は5月中旬から6月いっぱい楽しめたと思います。
AD

SUS一発カゴの製作完了

テーマ:

4月半ばから製作していたカゴが今日完成しました。通常は3個くらい作っていますが、今回は4月の先行型に合わせて5個完成させました。

これで、同型カゴが全部で6個そろいました。

仕様 今回 < 従来 >
空カゴ重量 約 53 g <61 g >
容積 約 20 cm^3 <22 cm^3>

約10g軽くなったと思います。
4号竿でも使えますが、3号竿でも使えそうな気がします。
また、昨年11月に浮きやカゴを喪失しているので、今回製作したカゴ用の浮きはお蔵入りの若干小ぶりの浮きを使おうと考えてます。

今後、大サバ、ソウダ、イナダ用に使えそうなので楽しみです。



▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


№3 K浜釣行 (2016-04-30)

テーマ:
●今年最初の沼津での釣りになります。特に何が釣れてる情報もなく、何か当たれば儲けもの程度で、k浜に向かいました。

■当日はskmさんとyktkさんと浜バーベキューして釣りすることにしてました。風も無く良い天気の釣り日和です。釣り日和は釣果が上がらないことがつきもので、ゆったり構えてました。

▲k浜に9時前に着いて、とっても穏やかな海だなと思いました。うねりがない時は、駿河湾は湖の様な波立ちに成ります。

◆朝から、ビールとつまみのウィンナー、子持ちシシャモ、新ネギ、ラーメンやら沈まない浮きを見て団らん状態で時間が流れて行きます。

▼時々ベラ、トラギスギスなどの小魚があたりました。今回試作した53gのsusの一発カゴと4号竿との良い相性も確認できました。
ついては、空重量53g程度の一発カゴの製作に3,4,5日は取り組みたいと思います。




完成 試作カゴ!

テーマ:
gwは釣りに行こうという計画です。

その際に今作っているカゴが宜しいか如何かをみていたいと思いました。

ついては、6個製作していますが、一個だけ先行して作製する事としました。

今回の空重量は,当初予定していたよりも更に軽くなりました。

結果は53Gです。

従来が61Gですので、87%になりました。

4号竿でもいけるともいますが、gwに確認してみます。

きっと、江ノ島や片浜ならいけるともいます。静浦と網代の浅いほうなら、これもいけそうですね。竿2、3本ならいけそうだと思いますが、と言うことは、全てにいけそうですね。

しかし、25m深さは定かではありません。

但し、軽いので浮きが、後ろから、後を追ってついってしまいそうです。

少し、試しに投げてみて考えます。



SUS一発カゴの製作開始

テーマ:
昨日22日、東京と川崎への出張がありましたので、ある釣具店に立ち寄り、ステンレス網籠を、入手しました。



今日は、SUSスリーブ部とハンダ接合しました。
ここまでの重さは35gです。従来使用していましたスリーブに比べ約5g軽減しています。

最終的(その他 半球キャップ、バネ、フック合せて)に54~57gの空重さのSUS一発籠になると思います。
従来の籠の空重さは61gでしたので、詰めえさ量も併せて10%弱軽い仕掛けになると思います。

浮についても、若干小型の浮きが沢山ありますので、その浮きと併せて使用できると思います。
竿2本程度の棚深さまでは使えると思います。

私の場合、籠製作は休みの日に少しずつ進めているので、最終の出来上がりまではまだまだ時間がかかると思います。進捗した際には忘れないでUPしていきたいと思います。

ご連絡ありがとうございました

テーマ:
繰り返しになりますが、ご連絡ありがとございました。
色々な方から、ご連絡いただきました。

若干価格亜は高くなっていますが、それ相応な納得できる店が見つかりました。
関東(神奈川、静岡)はこの手の釣具店がおおいので、
あきらめないで探し続けると何とか見つかりますね。

今週末か、GWは、この様な仕掛けを買出しに行きたいと思います。

ご教示ください

テーマ:
5,6年前横浜にいたとき、フィッシング中原さんに寄って、200円程度で安かったため、SUS籠を、しこたま買いました。

直径32mm、高さ30mm 程度のSUS籠です。

一部改造して、写真の様にSUS一発籠に使っていました。

今は福島県にいますが、この様なSUSのアミ籠は釣具店が少ないこともあって見つかりません。

たまに、川崎、府中に出張するので、安価な籠を見つけたら、釣具店をお知らせください。
因みに、通販で見つけましたが500円程度なので購入を控えました。