2017-06-05 09:37:18

「ドラゴン×マッハ!」

テーマ:映画

邦題は「ドラゴン×マッハ!」でも、原題は「殺破狼2」だから、「殺破狼(邦題は「狼よ静かに死ね」だそうです、未見)」という作品の続編。でも、前作を観ていなくても、十分、わかりますので、ご心配なく。

香港の潜入捜査官チーキット(ウー・ジン)は、臓器売買の潜入捜査中に、敵の罠にはまり、タイの刑務所に収監されてしまう。一方、その刑務所で看守の仕事をしているチャイ(トニー・ジャー)は、娘の不治の病を治すため、ドナー適合者を探していた。チーキットは広東語、チャイはタイ語しか出来ないため、なかなか意思疎通が出来ない2人だったが、やがて、協力し、臓器売買組織と戦うことになるという、ストーリィ。

見どころは、もちろん、ウー・ジンのカンフーと、トニー・ジャーのムエタイによる超絶アクションだが、物語は複雑で、シリアス。最後はハッピーエンドでも、陰々滅々としたダークな展開に終始するので、スカッとした勧善懲悪のジェットコースター・ムービーを期待している向きには、正直、あまり、お薦め出来ないかも???

大森キネカで、チャウ・シンチーの「人魚姫」との2本立て「名画座」興行で観ましたが、会場は超満員でした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-04 08:57:39

テンション、下がる

テーマ:ブログ

ついに眠れないまま、朝。

朝食に・・と、完全に、興味本位で買った、日清焼きそばUFOの「わさマヨ地獄」味とかいう代物を、野菜ジュースと共に、食す。喉が受け付け拒否を起こすほどの、半端でない辛さで、辛いものが大好きな私でも、辟易する味。私は辛いものは、だいたい、得意だが、同じ辛さでも、わさびの、鼻にツンと来る辛さは苦手・・ということを、改めて、実感。う~ん、朝から、ろくでもないもの(失礼ッ、日清さん)を食ってしまったので、一気に、テンションが下がる。いつものように、無難に、パンに目玉焼きにハム、野菜サラダか野菜ジュースにしておけば、よかった(泣)。

えっ、いつから、オレンジジュースでなく、野菜ジュース・・ってか。実は、最近、主治医の指示で受けた、栄養士による、食生活改善の面接で、オレンジジュースはやめて、野菜ジュースにしなさいッ・・と、ダメだしされたんで、一応、したがっております、ハイ。それも、カゴメの「野菜生活」のような、野菜汁50%+果汁50%ではなく、野菜汁100%のヤツ・・ねッ。いろいろ試して、伊藤園の「1日分の野菜」が、私には一番、飲みやすいです。これは、断じて、個人の感想であって、宣伝ではありませ~ん(笑)。

ハイハイ、つまらないことを書いていないで、そろそろ、掃除&洗濯でも・・。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-04 04:22:59

眠れない・・

テーマ:ブログ

どうしても、眠れないので、あきらめて、ブログを更新中。いずれ、そう遠くない日に、イヤでも、2度と目覚めることのない眠りに、つかざるを得ない年齢なので、時々、眠れない日があっても、まぁ、いいか・・というのは、いつもの悪い冗談で、ゴメンナサイ、まぁ~だ、人生いろいろ、やりたいこと、やり残したこともあり、あと、最低10年くらい(もちろん、20年でもいいですが・・)は、死にたくはないので、せいぜい、養生しまぁ~す。

今日は、キネカ大森に、これが2度目の「人魚姫」と、「ドラゴン×マッハ!」の2本立てを、観に行くつもり。

昨日は、娘が「ピーチガール」とかいう映画を、観に行った。私は、品川で、お買い物&茶店で居眠り。茶店は、品川ではいつも、高輪口ではない方の、オフィスビル内にある、エクシオール・カフェに行く。ここは、1時間でも、2時間でも、居続けて、しかも、堂々と居眠りしても、文句が出ないし、混んではいるが、たいてい、空席を確保出来るので・・。仮に満席で、ダメな時も、すぐ近くに、カフェ・ド・クリエ(だったかな???)があって、たいてい、そのどちらかには、入ることが出来るので・・。

エクシオール・カフェの前には、以前は、かなり大きな書店があったが、今はつぶれてしまった。残念。

昨日も、本を読むつもりが、いつの間にか、居眠り。そっか、夜、眠れなくとも、ちゃんと、寝てるじゃん(汗)。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-03 10:01:19

「ローガン」

テーマ:映画

ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンの、悲壮な最後の戦いを描く「X-MEN」シリーズ最新作。大好きなパトリック・スチュワート演じる、X-MENのリーダー、プロフェッサーXも、これが見納め???・・とあって、とても、感慨深いドラマだった。

ミュータントがほぼ死滅した近未来、X-MEN最後の生き残りであるプロフェッサーXこと、チャールズ・エグゼビアと、ウルヴァリンこと、ローガン。2人はメキシコにある秘密アジトで、細々と暮らしていたが、ある日、絶滅の危機にあるミュータントの希望の星となる少女ローラと出会ったことで、運命の歯車が、急速に回り始める・・という、物語。

ローラは、ローガンとほぼ同じ能力を持つミュータントで、3人は逃避行を続ける内に、まるで、父と子と祖父のような、関係になっていく。しかし、非情にも、その関係が断たれる日が、ある日、突然、やって来て・・。

ネタバレになるため、これ以上は書かないが、とてもシリアスで、涙なしには観られないX-MENへのレクイエムだが、同時に、ネクスト・ジェネレーションへの橋渡しを担う作品にもなっている(ネクスト・ジェネレーションを主人公にした物語が、今後、つくられるかどうかは、わからないが・・)。

人気シリーズだけに、X-MENの物語は、きっと、今後も製作され続けるだろうが、ただ、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じることだけは、もう、ない。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-03 09:29:18

パープルーム大学開校式

テーマ:アート

6月1日から約2週間、外苑前のワタリウム美術館で開催される「恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画展」のオープニングセレモニー「パープルーム大学開校式」が、1日午後6時から開催され、私も参加した。

パープルーム大学とは、アーティストの梅津庸一が、相模原の自宅で主宰しているパープルーム予備校を、会期中、ワタリウム美術館内で期間限定開校する試みで、同予備校の卒業生や在校生が、実際に、美術館内で共同生活をし、作品を制作したり、レクチャーや講義をしたりするもの。もちろん、同時に、梅津本人や予備校生の作品も展示される、梅津の個展(4階)&グループ展(2・3階、地下)の会場でもある。

行ったのが、開校式開始間際だったので、館内の展示物をゆっくり観る時間はなかったが、とりあえず、4階の梅津の個展だけは観た。

その後、2階会場で、その梅津と、アーティストの黒瀬陽平、上妻世海、斎藤恵汰のトークショーが開催されたが、実は、私は家を出る時、補聴器をするのを、うっかり忘れてしまって、その内容は、あまり、聴き取れず仕舞い(泣)。一体、何のために参加したんじゃあという事態だが、まぁ、とりあえず、話の一部と、熱い討論の雰囲気だけは、十分、受け止められたので、それでよしとしよう。

梅津の主張する「構想画」とは何ぞや???については、正直、よくわからない。全体的な感想等も、いずれ、もう1度、同展へ行って、じっくり観てから・・ということにしたい。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-31 09:25:35

ギンザシックスの蔦屋書店にも行った

テーマ:ブログ

昨日は、ヴァニラ画廊に行ったあと、そのすぐ近くにある、話題の大型商業施設「ギンザシックス」の蔦屋書店にも、寄った。ギンザシックス自体は、出店しているのは高級店ばかりで、私には、所詮、無縁なショッピングビルだが、蔦屋書店にだけは行ってみたいなぁ・・と、前から思っていたので、ちょうどいい機会。

ビルの6階のワンフロアーの大半を使った広い店内には、日本や世界のアートと、日本文化に関する本のみが、かなり、ゆったりした配置で並べられ、随所にソファーや椅子が、たくさん、設置されていて、店内に併設されたスタバで買った飲み物を楽しみながら、本を試し読み出来るようになっている(もちろん、飲み物を頼まず、座ることも可)。いかにも、銀座の一等地にふさわしい優雅なつくりだが、こんな高額かつ高尚な、特殊な本のみを並べて、本当に勝算があるのか???あるいは、儲けを出すというよりは、銀座にもこんなお店を出してま~すという、蔦屋にとっての一種のステイタスというか、ショーケースのような店舗なのかなぁ・・とも。

まぁ、それはどうあれ、アート好きの私にとっては、これからも何度も足を運ぶことになりそうなお店で、来てみて、よかった。スタバで、アイスラテを買って、テーブル&椅子に座って、美術手帖のバックナンバーを何冊か、読んだ。平日の午後ということもあって、そんなに混んではいないので、席取りも容易。でも、土日や祝日は、きびしいかも???

帰りに、娘へのお土産として、地下2階の食品売り場で、北海道の「白い恋人」を出しているメーカーが出店している店舗で、パイをホワイトチョコでコーティングしたお菓子を買って、帰宅。ちなみに、「白い恋人」自体は、北海道限定販売のため、置いてありません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-30 20:38:32

「シリアルキラー展Ⅱ前期」

テーマ:アート

銀座も、表通りからそれて、横道や裏通りに入ると、その光景は劇的に変化する。エレベーターすらない、古い時代の、朽ちかけたビルが随所にあって、小汚い飲食店や画廊、さらには、何を商いにしているのか、サッパリわからない、怪しげなオフィス等が、入居していたりする。ヴァニラ画廊のある通りも、そんな一角。ビル自体はさほど古いビルに見えないし、ちゃんと、エレベーターもあるが、画廊のある地下2階へは、エレベーターでは行けず、狭くて、急な階段を降りていくしかない。まさに、昼なお暗い、迷宮への入り口である。

今日の午後、そんなヴァニラ画廊で、現在、開催されている「シリアルキラー展Ⅱ前期」へ、行った。同展は、HNさんという方が収集したシリアルキラー(連続殺人犯)たちのアート作品や、ポートレート、手紙等の貴重な資料を、前期(6月11日まで)と後期(6月13日~7月17日)にわけて、公開する展覧会で、昨年、開催され、好評だったため、今年もパワーアップ???して、開催されることになった由。入場料は、HNさん解説のパンフレットがついているものの、2000円と、高め。

前期は、ジョン・ウェイン・ゲイシー、オーティス・トゥール、ウェイン・ロー、ハドン・クラーク、ハーバート・マリンといった12人のシリアルキラーのアート作品等が、狭いギャラリーにギッシリ、展示されていて、ちょっと、鬼気迫る雰囲気。しっかし、平日の昼間だというのに、多数の来場者がいて、しかも、その大半が若い女性なのには、ビックリした。

一見、無邪気でかわいい絵や、結構、達者な風景画などもあるが、それを描いたシリアルキラーたちの来歴を合わせて読むと、やはり、寒々とした心にならざるを得ない。

後期には、チャールズ・マンソンとそのファミリーや、女性のシリアルキラーたちの作品も、出展されるらしい。正直、あまり、気が進まないが、でも、行かねば・・。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-30 00:15:10

「ジェーン・ドゥの解剖」

テーマ:映画

歯医者が予定より早く終わり、何とか、12時半までに、新宿まで行けそうだったので、急遽、予定を変更し、新宿のシネマカリテへ。偽ドキュメンタリー「トロール・ハンター」で大ブレイクしたアンドレ・ウーヴレダル監督による、ホラー映画「ジェーン・ドゥの解剖」を観る。

舞台は、バージニア州の片田舎の遺体安置場。身元不明の若い女性「ジェーン・ドゥ(名前のわからない女性につける仮称)」の遺体の解剖を手掛けることになった、検死官のトミーと、その息子のオースティン。それは、ごくフツーの、短時間で終わる、簡単な検死のハズだったのだが、外見は傷ひとつない女性の遺体は、その体内に、あり得ない拷問の痕跡があった。しかも、解剖を進める内に、遺体安置場には次々に異変が起き・・というストーリィ。

遺体安置場という閉ざされた空間で起きる怪奇現象は、ついに、トミーとオースティンに、牙をむいて、襲いかかり、2人は追い詰められていく。一体、何が、この怪奇現象の原因なのか???まぁ、多分、もう丸わかりと思いますが・・。

とにかく、半端ではない閉塞感と恐怖。久々に観た、合格水準の恐怖映画である。文句なく面白いし、お薦めです。もっとも、あなたが無類のホラー好きであれば・・ですけれども(笑)。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-29 09:54:02

リアップ、つけられない・・

テーマ:ブログ

昨日は、夕方、少し遠くのスーパーまで、買い物に出かけて、ついでに、そこのフードコートの「ペッパーランチ」で、夕食をとった以外には、何もしていないのに、やたら、疲れた。

今朝も、娘を起こして、送り出したあと、あまりにも疲労感がひどかったので、リビングのソファーに横になって、よほど、2度寝してしまおうかと思ったほど。でも、踏みとどまって、軽く掃除をして、シャワーを浴び、これから歯医者に出かける予定。その後、フルCGアニメの「バイオハザード ヴェンディタ」でも、観に行こうかなぁ・・と、思っている。

最近、やたら、抜け毛が多いので、少し、不安になって、マツキヨでバカ高い「リアップ」を買って来たら、中の声明書に、65歳以上のジジイ(スイマセン、ちゃんと、「高齢者」と書いてありましたぁ~)には効果はないどころか、有害・・みたいなことが書いてあって、ショック。ううううう、リアップ、つけられない(泣)。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-28 11:28:40

昨日のこと

テーマ:ブログ

昨日は、近くの神社のお祭りがあり、とりあえず、屋台が出て、賑わっているようだったので、行ってみた。

数ある屋台の中から、たこ焼きとフランクフルトを、チョイス。たこ焼きは、よくありがちな、外はカリッとしていても、口に入れたら、中はドロドロの半生状態・・ということも、幸い、なく、マズマズの出来。結構、大きなたこも、ちゃんと、入っているし・・。フランクフルトは、まぁ、ただ、鉄板で焼くだけなので、うまいも、まずいもない。

好物の広島風お好み焼きの屋台も出ていたが、数年前、ここで食べた広島風お好み焼きで、モロ、お腹を壊したので、それ以来、食べないようにしている。もちろん、出店している業者(テキ屋)が、その時と同じ人だとは限らないけれども・・ねッ。

我が家の近くには、神社が2つあり、もうひとつの神社のお祭りは、来週の土日。こちらの方が規模が大きく、出店する屋台も倍以上。まぁ、そちらにも、行けたら、行く。

家に帰ったら、娘が、ヒグチユウコさんの「せかいいちのねこ」(白泉社)という絵本をプレゼントしてくれた。どうやら、以前、ヒグチさんの画集「BABEL」を娘に見せたので、私がヒグチさんの作品が好きだと、勘違いしたらしい。ヒグチさんの作品が好きというより、彼女の描くボスやブリューゲルの世界が好きだったのだけれども・・まぁ、その勘違いを指摘してもしかたがないし、ガッカリさせるだけなので、感謝して受け取る(まぁ、このブログを娘が読めば、バレバレですけれど・・)。

そして、今日の朝、いつものようにNHKの日曜美術館を観たら、「バベルの塔」の特集をやっていた。

でも、ちなみに、まぁ~だ、私は同展を、観に行っていない。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。