2017-06-19 11:16:40

もうすぐ、「ラテンアメリカ探訪アート展」&その他あれこれ

テーマ:ブログ

今日から、とある裁判の1審報告集の、とりあえず、組み上がった分(約120頁分)のゲラ校正を開始する予定。でも、今日は午後から、品川のシネコンに「こどもつかい」を観に行く予定もあって、どこまで集中出来るか・・。

それに、夜には「貴族探偵」(地上波)も、「クリミナルマインド」「NCIS:LA」(ケーブルTV)も、あるし・・ねッ。う~ん、テレビっ子だなぁ・・オレ。

明日は、知人である、塩田くんの写真展が、新宿のニコンサロン(だったかな???)で始まるので、行かねば・・。

来週からは、いよいよ、「ラテンアメリカ探訪アート展」で、月曜が搬入・会場設営日。火曜から日曜までの会期中(午前10時~午後6時)は、ずっと、会場のNHKふれあいホールギャラリーに詰める予定ですので、どうぞ、遊びに来て下さい。一応、ずっといるつもりですが、昼食に出ていたり、急用が入って、抜けたりもしますので、出来れば、事前に、ご連絡いただければ・・と、思います(私のケイタイ番号、知らない人はゴメン・・汗)。もちろん、私が席を外していても、会場には誰か、スタッフがいますので、何かありましたら、お気軽に、お声がけ下さい。7月1日には、午後6時半から、別会場にて、出展者7人によるトークショーも開催します(詳しくは、以前のブログを参照下さい)。前売り券も500円で、絶賛???販売中で~す。こちらに来て下されば、終了後に、確実に、お話することが出来ます。サイン入り本も、売りますよぉ~(い、いらない・・か)。

ということで、ではでは。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-18 07:25:14

昨日の「ラテンアメリカ探訪」、盛況でした

テーマ:ブログ

昨日は、第150回目の「ラテンアメリカ探訪」の日。初めての、渋谷の飲食店「Li-Po」での開催とあって、参加者が少なかったらどうしよう???と、内心、不安一杯だったが、ほぼ満杯の38名の皆さまにお越しいただき、大盛況だったことをご報告すると共に、深く、感謝いたします。

テーマは「民衆芸術が切り取る社会~ラテンアメリカの都市部における逸脱・越境・剽窃・転倒・反骨精神・笑い~(う~ん、まさに、何でもあり・・って感じ、笑)」で、まずは、上智大の長谷川ニナさんが、ポサダや「死者の日」の供物等に代表されるメキシコの印刷文化・民衆文化について、次に、法政大の佐々木直美さんが、ペルーの民衆芸術について、最後に、早大の山越英嗣さんが、メキシコ・オアハカのストリートアートと社会運動に関して、それぞれ、各20分ずつ、話された。その後、司会の水口さんを交えてのディスカッションが行われ、最後に会場からの質疑応答。

各パネラーの多彩なお話を、どうかみ合わせていくか???司会の水口さんも、本当に、ご苦労様でした。

次の「ラテンアメリカ探訪」となる7月1日のトークショーの前売りチケットも、500円で売りましたが、開催日に、直接行っても大丈夫&当日券も500円で、割引なし・・ということが、バレバレでしたので、う~ん、たった5枚しか、売れず、残念ッ(笑)。

その後、近くの居酒屋「金の蔵」で、懇親会。私も、めずらしく、出席。

家に帰ったら、AKB総選挙のTV放映が、ま~だ、終わっていなくて、さっしーの3連覇を目撃できましたぁ~。おめでとう、さっしー!!!というのは、全然、関係のない話ですが・・。でも、雨季真っ只中の6月に、沖縄の野外会場で総選挙をやろうと考えた運営側は、一体全体、何を考えているのか・・私には、理解不能。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-16 16:03:05

「恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画展」

テーマ:アート

開校式に出たあと、1度も行っていなかったが、もうすぐ終了なので、今日、行きました、「恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画展」。

まず4階は、梅津庸一の個展「視神経と鏡」。油彩による一連の自画像やら、映像作品「春に向けてのエクササイズ」やら、とにかく、梅津の裸を満喫した感じ(失礼ッ)。その他、代表作の「智・感・情・A」が、こちらは2階に展示されておりますが、これもまた、梅津の裸体画。う~ん。これだけ、裸の梅津を観続けていると、服を着ている梅津が、もはや想像出来ないが、その服を着た梅津ご本人と、地下へ向かう階段の途中で、遭遇。一応、会釈をして下さったので、こちらも会釈して、すれ違う。何か声をかけようかなぁ・・とも思ったが、何を話したらよいのか、サッパリ、わからない。う~ん。

3階は「パープルームの蟻塚」、2階は「パープルームとは構想画である」という、梅津とパープルーム予備校生の作品展示&2階には、会期中、梅津とパープルーム予備校生が居住し、作品の制作やレクチャー、夕方6時からは講義も行う。今日も、予備校生数人が、創作やら居眠りやらに、いそしんでおられましたぁ~。パープルームの作品は、遊び心があって、楽しいが、でも、何か、よくある若者のアート(たとえば、GEISAIみたいな)と、似たり寄ったり・・との感も。

最後に、地下1階は、「恋と蒙古斑と4室の装飾画」なる展示。まぁ、2~3階の展示と、地続きの作品展示で~す。

開校式の時と違って、じっくり観たら、結構、それなりに面白かったけれど、スイマセン、正直、感動はしませんでした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-15 10:05:23

共謀罪が強行採決された

テーマ:ブログ

今日の朝、共謀罪が参院本会議において、法務委員会での採決をすっ飛ばして、自公維の「数の力」で、文字通り、問答無用とばかり、強行採決されてしまった。

彼らには、残念ながら、「数の力」があるのだから、もちろん、時間をかければ、法務委員会でも、当然、採決出来、本会議に送れたにも関わらずの、この暴挙は、何としても、会期延長をせずに、法案を成立させ、政権の延命をはかりたいという意図に他ならず、まさに、「民主主義の死」そのものの、宣告である。

もちろん、こんなデタラメ強権政権に「数の力」を与えたのは、私たち「選挙民」であり、猛省する必要はあるが、救援連絡センターによれば、すでに、法案成立前から、共謀罪の先取りとでもいうべき事態は始まっており、法案が成立しようと、しまいと、闘いは断じて、これで終わりではない。

人権と民主主義を守り、戦争国家への道を、何としても食い止めるため、頑張りたい。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-15 09:31:31

ラテンアメリカ探訪アート展出展者トークショー

テーマ:ブログ

151回ラテンアメリカ探訪 「ラテンアメリカ探訪アート展「Nosotros」記念出品作家トークショー」

 

2004年にラテンアメリカ探訪(旧メキシコ学勉強会)が発足し、毎月開催している勉強会も今年の6月で150回を迎えることになりました。それを記念し、当会に関わりが深く各分野で活躍しているアーティストによるアート展「Nosotros」を開催いたします。ラテンアメリカ探訪初めての試みとなる今回の展覧会ですが、出品していただく作家の皆様をお招きしてトークショーを開催いたします。分野の異なる各作家の本展及び作品にかける想いを清聴いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

安藤二葉(版画)

貝谷吉浩(チャランゴ)

柴田大輔(写真)

すずきさち(写真)

西村FELIZ(人形)

土方美雄(インスタレーション)

吉永蛍(油彩)

 

司会:西村FELIZ

日時=201771()開場18:00 開演18:30

会場=戸塚地域センター地下1階 集会室1

   東京都新宿区高田馬場 2丁目181

   http://www.tcc-tokyo.net/access/

料金=500

 

いつもと会場・曜日&時間・料金体系が異なりますのでご注意下さい。

 

 

 

2017-06-15 02:39:26

「シリアルキラー展Ⅱ後期」

テーマ:アート

シリアルキラーたちの絵画や手紙、ポートレート等を集めたHN氏のコレクション展。前期とは展示品を総入れ替えし、今回は、あまりにも有名なチャールズ・マンソンとそのファミリーをはじめ、アーサー・ショウクロス、リチャード・ラミレス、ジェラルド・シェイファー、ダニエル・ハロルド・ローリング、エドワード・ゲインといった、多くのシリアルキラーたちの作品や資料を、展示している。入場料は、HN氏の解説による後期用パンフレット付きで、2000円。

今回も、平日の午後という時間帯にも関わらず、かなりの来場者で、狭い展示室は埋まっていて、その関心の高さは、なかなかのもの。土日は、日時指定のチケットの、事前購入が必要という、完全予約制になる由。

稚拙なものから、かなりレベルの高いものまで、彼らが描く絵は、文字通り、千差万別だが、来歴を知ってから観ると、その不気味さや、描き手の悪意が、より一層、際立つように見えるから、不思議なもの。まぁ、その大半は、きっと観る側の、先入観以外の何物でもないのでしょうが・・。

前期を観たので、後期にも来ましたが、決して、観て、楽しい展覧会ではありせん。仮に、来年以降、また開催されても、私的には、正直、もう観なくてもいいかなぁ・・と。

銀座のヴァニラ画廊にて、7月17日まで開催中。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-15 00:39:02

「バイオハザード:ヴェンデッタ」

テーマ:映画

「バイオハザード」のフルCGアニメ最新作。「呪怨」の清水崇がエグゼクティブ・プロデューサーを引き受け、監督は辻本貴則という布陣。

ゾンビ化ウィルスを使ったバイオテロをたくらむ武器商人のグレン・アリアスに、対バイオテロ部隊のクリス・レッドフィールドと、米大統領直轄のエージェントであるレオン・S・ケネディとが、挑む。ゾンビ化を阻止する特効薬を、クリスのかつての同僚であるレベッカ・チェンバース教授が開発するが、彼女はアリアスによって、拉致されてしまう。クリスとレオンは、その彼女の救出と、バイオテロ阻止のために、アリアスのアジトのあるニューヨークへと向かうが、そこで2人を待っていたものは・・という、お話。

清水の参加で、ホラー色は多少強まったものの、ストーリィは単調だし、最後まで、ビックリするような展開も、大どんでん返し等もなく、しかも、ウリのハイクオリティなCGとかも、これといって、目を見張るような要素は、皆無。要は、ハッキリいって、凡作です。残念。

本筋と関係ないけれども、オスプレイの高性能さを、やたら強調していたのも、どっちらけでした。ハイ。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-14 09:18:40

転ぶ

テーマ:ブログ

昨日、転倒し、後頭部を強く打ったが、幸い、特に問題なし。娘に、内出血がこわいから、医者に行った方がいいといわれたが、今日、起きても、特段、何の問題もなさそうだったので、医者には行かないつもり・・なんて書いたら、娘にガミガミ、いわれそうだから、行って、何も問題がなかったことにしておこう・・って、このブログを、娘がもし読んだら、バレバレじゃん(汗)。

でも、大した雨でもないのに、マンションのエントランスのコンクリートの床で、すべって、転倒して、後頭部を痛打するなんて、モロ、年寄りじゃん。う~ん。

多分、今日あたりに、とある裁判の報告集のゲラが届く予定なので、校正作業に取りかかる予定。

でも、とりあえず、これから外出で~す。また、転んだり・・して。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-13 19:35:00

傘がない・・わけじゃあないけれど

テーマ:ブログ

今日は、銀座のヴァニラ画廊に、「シリアルキラー展Ⅱ後期」を観に行くつもりだったが、雨のため、地下2階にある画廊への急な階段の、上り下りがイヤだなぁ・・と思って、グズグズしている内に、夕方になり、出かける気力が失せてしまった。明日以降、晴れたら行けばいいや・・と。でも、明日も雨が降ったりやんだり・・の、天気らしい。まぁ、梅雨だし、しかたがないか。

で、近くのスーパーに買い出しに行き、その帰りに、いつものように、駅前のドトールで、休息。30分ほど、意識がなくなる(つまり、居眠り)。

明日は、ヴァニラ画廊か、ワタリウム美術館か、「バイオハザード:ヴェンデッタ」に行く、多分。

夜は、近くの居酒屋兼定食屋で、天ぷら定食を食べた。今、娘がリビング占領して、アニメのDVDを観ているので、私は自室に籠もって、読書&ネットサーフィン。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-13 09:49:24

「アイム・ノット・シリアルキラー」

テーマ:映画

死体や殺人に異常な興味を示し、ソシオパス(社会病質者)と診断されてしまった高校生のジョンは、彼の住む田舎町で起きた連続猟奇殺人に興味を持ち、いろいろ調べ回る内に、偶然、その犯人が人を殺し、内蔵を貪り食べるシーンを目撃してしまう。その犯人は、な、何と、彼の家の燐家の老人だったのだ。ジョンは、自らの中に潜む衝動と戦いつつ、シリアルキラーとの対決を決意するのだが・・。

要は、ソシオパスVSシリアルキラー(連続殺人鬼)の戦いを、雪に閉ざされたアメリカの田舎町を舞台に描いたサスペンス映画と思って観ていると、最後にトンデモない展開があり、シリアルキラーは、実は××だった・・というお話。そのラストをどう評価するかが、いわば、同作品の評価の分かれ目だろう。私的には、正直、やや、どっちらけかも???

シリアルキラーの老人を、往年の大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのドク役を演じた、クリストファー・ロイドが演じています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。