2017-05-15 20:16:36

「スプリット」

テーマ:映画

M・ナイト・シャマランは、もともと、その監督作品の出来・不出来の差が、極めて激しい監督だが、その最新作「スプリット」は、後者(不出来)に分類される作品であるというのが、私の結論。ハッキリいって、特に、ラスト・シーンなんぞ、自分よがりで、観る者がわかろうと、わかるまいと、お構いなし・・といった、文字通り、観客不在の、サイテーな作品である。

ストーリィを、ごくごく簡単に紹介すると、主人公のケイシーをはじめ、女子高生3人が、ジェームズ・マカヴォイ演じる謎の男によって、誘拐され、とある場所に監禁されてしまう。その謎の男は、23人もの人格を持つ多重人格者だった。少女たちは、監禁場所からの脱出を試みるが、ことごとく、失敗。そして、男の24番目の、サイアクの人格「ビースト」がついに、出現し、さぁ、どうなる、ケーシーたち・・というお話。

シャマランお得意の大どんでん返しとかを期待して観ている観客が大半と思うが、残念ながら、大どんでん返しなど、どこにもなし。しかも、クライマックスで登場する、24番目の人格「ビースト」に至っては、壁とか天井を自在に這い回るし、撃たれても死なないし、お前、化け物かよ・・っという非現実的な存在。

演技派との定評もあるジェームズ・マカヴォイも、正直、23だったか、24だったかの人格を、演じ分けられてはおらず、完全な演技の空回りとしか、いいようがない。

ラスト・シーンに出て来る、超大物スターのブルース・ウィルスは、大昔のシャマラン作品で、やっぱ、極めて、不出来の「アンブレイカブル」の主人公で、ああ、なるほど、これは「アンブレイカブル」と地続きの映画なんだとわかるのは、まぁ、ずっと、辛抱強く、シャマラン作品を観続けてきた、オタク、あっ、失敬、熱心なファンだけでしょう。

前作「ヴィジット」の出来がソコソコよかっただけに、まことに残念な作品です。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-15 10:04:22

「美女と野獣」やら、何やら

テーマ:ブログ

昨日は、午後から外出し、以前、娘が観たがっていて、行ったけれど、ずっと満席状態で、観ることが出来なかった、ディズニー実写版の「美女と野獣」の観劇に、再チャレンジ。

でも、行ってすぐの回は、すでに、完全「満席」状態で、その次の回も、ほぼ埋まっていたが、かろうじて、数席、空席があったものの、最前列から2列目の、しかも、一番左端とその隣りという、極めて観にくい席しか、生憎、並びの席がなかった。でもでも、さすがに、そのさらに次の回まで待つ気力は毛頭なく、仮にあっても、空席がある保証もない(最近は、あらかじめ、ネットで座席を確保する人が大半)ので、やむなく、その席を確保して、開演時間まで、娘はあちこち、お店を見に出かけ、私は茶店で、本を読むことに・・。

茶店の近くの書店で、「CREA Traveller」(文藝春秋)という雑誌が、タイ・ラオス・カンボジア・バリの特集を組んでいるのを見つけて、購入し、茶店で読む。私にとっては、頻繁に通っているお馴染みのエリアだが、同誌が組んでいる特集で紹介されている、超高級なリゾートホテル等は、もちろん、1度も行ったことのないところばかりで、「リゾート」先進地のバリやタイはともかく、ちょっと行かない内に、カンボジアやラオスにも、こんな凄いホテルが出来ていたんだなぁ・・と、隔世感が、半端でない。でも、今後、カンボジアやラオスへは、生きていれば、何度も、また行くだろうが、こうしたホテルに泊まることは、ないだろうなぁ・・とも。

「美女と野獣」は観ましたが、感想等はあえて、略。私の趣味には、まったく、合わない映画なので、何せ、書くと、多くの人(特に、「最高傑作」を連発する娘)を敵に回しそうなので・・ねッ。卑劣で、どーも、スイマセン。

その後、「麻布茶房」で、夕食に、担々麺を食べて、帰宅。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。