2017-05-02 00:15:50

「無限の住人」

テーマ:映画

キムタクは、所詮、どんな役を演じてもキムタクだ・・と思っていたが、「無限の住人」のキムタクは、少し、従来のキムタクから、逸脱しつつあるように感じる。しかし、またまた、いつものキムタクに戻ってしまうかもしれないので、その評価は次回作を観てから・・ということにしたい。

三池崇史監督の新作「無限の住人」を観た。木村拓哉演じる万次は、謎の比丘尼の力で、死にたくとも死ねない不死身の身体にされて、日々を無為に生きている。しかし、天津影久を統主とする剣客集団「逸刀流」に父を殺され、復讐に生きる少女凛に、自分の用心棒になってくれと懇願され、それを引き受ける。

凜と万次の前に、次々と現れる逸刀流の刺客たちとの文字通りの死闘。その中で、万次は次第に、凛を守り抜くことに、生きがいを感じるようになっていくのだが・・という、物語。

凛には、杉咲花。対する逸刀流の統主、天津には福士蒼太。その配下の刺客たちには、市川海老蔵に市原隼人、戸田恵梨香といった超豪華な面々が勢揃いし、逸刀流に、その壊滅を図る幕府、そして、凜と万次との、文字通り、熾烈な三つ巴の戦いがくり拡げられる。なかでも、ラストの万次VS300人の死闘は壮絶だが、所詮、「あずみ」の二番煎じの感も・・。

死にたくとも死ねない男の虚無感を漂わせるキムタクの万次は、キムタク史上最高の出来だし、ヒロインの杉咲花も、十分、魅力的。それに加えて、これでもか、これでもかという豪華な登場人物は圧巻だが、2時間半近い上映時間は、少々、冗漫過ぎ&豪華俳優陣の無駄遣いの感も。1作毎に出来、不出来の差が、あまりにも著しい三池監督にしては、相当、頑張っていた方だとは思いますが・・。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。