2017-04-08 09:25:58

「スーパーマンの誕生 KKK・自警主義・優生学」

テーマ:ブログ

新評論から、遠藤徹さんの新刊「スーパーマンの誕生 KKK・自警主義・優生学」(2000円+税)が届いた。222頁の、比較的薄い本だったので、1日で読破。

同書は、ホラー作家にして、同志社大教授で、英米文学・文化研究がご専門の遠藤徹さんが、最も著名なアメリカン・ヒーローであるスーパーマンの生い立ちを、KKK団につながるマスクによる匿名性、国家や政府に依拠せず、自らの手で、自らの信じる「正義」を、一方的に行使するという自警主義、そして、アメリカは白人の国だという優生学の観点から、説き起こしたアメリカン・スーパーヒーロー論の第1弾。第1弾というのは、同書の巻末で、今年の夏に、その第2弾として、「バットマンの死 ポスト9.11のアメリカとスーパーヒーロー」の刊行が、早くも、予告されているからである。

内容的には、十分、うなずけるものであったが、あれこれ、テーマを外に拡げすぎて、肝心要のスーパーマンの存在が、かなり希薄になっているとも、感じた。というか、スーパーマンとは、フツーの人間であるが故に、正義と悪が混在する複雑で、陰影のある人物像のバットマンなどと比べて、星条旗を背負った異星から飛来した超人な分、そういった人間的魅力の希薄な、実のところ、あまり存在感のないスーパーヒーローなのかも???とも・・。

確かに、誰がリメイクしても、「スーパーマン」映画は、イマイチ、魅力がないし・・ねッ。

ところで、そのスーパーマンの原点ともいうべき、KKK・自警主義・優生学は、実はトランプ政権のバックボーンでもあり、なるほど、アメリカ人の大半を占める白人中間層からの、トランプの圧倒的な支持を理解する上でも、同書は様々な示唆を私たちに、与えてくれそうだ。

次回作「バットマンの死」にも、期待したい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-08 01:51:21

「ゴースト・イン・ザ・シェル」

テーマ:映画

もしかしたら、あるいは、ものすごい駄作かも???と思いつつ観た、実写にして、ハリウッド版の「ゴースト・イン・ザ・シェル 攻殻機動隊」。士郎正宗による原作というよりは、押井守のアニメ版を元に、その押井のファンだという、「スノーホワイト」のルパート・サンダースが監督。

まぁ、結論的にいうと、ものすごい傑作というわけではないし、こちらは、正真正銘の大傑作である、押井守作品と比較すべくもないが、押井版へのオマージュ・シーンも、随所に満載で、まぁ、ギリギリ合格点というか、それほどひどい作品ではなくて、正直、ホッとした。

主人公の少佐を演じるスカーレット・ヨハンソンは魅力的だし、荒巻役のビートたけしも、なかなかの存在感を出している。バトーやトグサも、一応、出てるし・・ねッ。

でも、映像は、所詮、押井アニメと、「ブレードランナー」の再現というか、パクリの域を出ていないような、気もする。まぁ、ないものねだりはやめて、これはこれで、楽しみましょう、諸君。

ストーリィは、思いっきり、ハリウッド化=単純化されちゃっています。ハイ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-08 01:19:33

「エリザベス・ペイトン:Still life 静/生」展

テーマ:アート

原美術館で5月7日まで開催中の「エリザベス・ペイトン:Still life 静/生」展へは、実のところ、あまり行く気はなかった。というのも、彼女の作品は、歴史上の人物や有名人、恋人や愛犬等を、繊細で透明な色彩で描いた人物画(まぁ、犬は人物ではありませんが)が大半で、正直、あまり私の得意???な分野ではなかったからである。

でも、行きました。まぁ、いってみれば、ちょっとした気分転換です。庭に面したカフェで、お茶も飲みたかったし・・ねッ。

全42点。彼女の25年間の画業を概観出来る、本人自選による日本初の個展です。人物画が大半といいましたが、静物画もあって、いかにもニューヨーカーらしい、スマートでお洒落、かつ、ロマンチックな雰囲気。まぁ、多分、きっと、いい絵なのかなぁ???

図録にはあった、フリーダ・カーロの絵は、残念ながら、出展されておりませんでした。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。