1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-12-31 09:47:52

行く年来る年・・あっ、決して、「逝く」ではないので・・

テーマ:ブログ

昨日の午後は、結局のところ、急に、魂を抜かれてしまったようになって、買い出しにも行かず、大掃除もせずに、終始、自宅でボーッとしていた。だ、ダメじゃん(汗)。

ということで、今日はこれから、スーパーに正月用品と、今日の夜に食べる年越しソバ用の具材を買い出しに・・。正月用品といっても、我が家は2人家族だから、おもちのパックに、紅白のかまぼこ、伊達巻き、黒豆に栗きんとん、田作、雑煮用のなるとに鶏肉(鶏肉は筑前煮にも入れる)、三つ葉、筑前煮用のカット野菜程度・・って、な、何か、1回で運ぶ分には、結構、量があるなぁ~。それに、年越しソバ用のそばに長ネギに、エビの天ぷら&かき揚げも、買わなくてはならないし・・。あっ、そうそう、みりんも切れていたんだっけ???

帰って来たら、まずは、野菜と鶏肉を炒め煮にして、筑前煮に・・。それから、昼食をとって、少し、休んでから、大掃除・・は、もう、とても、無理だなぁ~。毎日ではないが、2日に1度くらいは掃除をしているし、まぁ、いいか。

夜は、一応、あまりというか、まったくというか、全然、興味はないが、「紅白」でも観ながら、年越しソバを食べて、明日は、朝兼昼食として、おせち料理(のようなもの)を食べ終わったら、元日からやっている隣り駅のイトーヨーカ堂まで、散歩がてら、出かけるつもり。

初詣はしないのかって、無宗教なので、しませんッ(キッパリ)。あっ、娘のみ、近くの神社に行って、お守りとかを、買ってきま~す。例年なら、必ず、川崎大師か、浅草の浅草寺に行きたぁ~い・・って言い出すので、面倒だが、今年は足の骨折が完治せず、人混みに出るのを嫌がっているので、多分、言い出さないと思う。超ラッキー・・って、あ、あのね、あんた(娘)の骨折を喜んでいるわけでは、全然、ないのだから・・ねッ(汗)。

私は、来年、65。益々、立派なジジイになりまするぅ・・。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-30 12:41:16

今年最後の原稿

テーマ:ブログ

今年最後の原稿を、書き終え、メールに添付して、送付し終わったところ。これで、心置きなく、大掃除におせちの準備が出来るが、もしかすると、大掃除はやらないかも???

書いたのは、関千枝子さんの「ヒロシマの少年少女たち 原爆、靖国、朝鮮半島出身者」(彩流社、1800円+税)の書評。関さんが以前に書かれた「広島第二県女二年西組 原爆で死んだ級友たち」(ちくま文庫)にも、言及した。

朝飯抜きだったので、とりあえず、これから、昼食を食べて、それから、正月用品の買い出しにでも・・と、考えている。

昨夜は、BSプレミアムの「檀蜜 死とエロスの旅/マヤ・アステカ」を観た。番組の後半、ユカタン半島を訪問したのに、定番のウシュマルやチチェン・イツァーではなく、廃墟感を強調するためにか、あえて、サイール遺跡に行ったのが、面白かった。檀蜜さん、遺跡でアブに手を刺されていましたが、遺跡公園として整備された、ウシュマルやチチェン・イツァーでは、確かに、そのようなハプニングは起きようがなかったでしょう。檀蜜さんにはお気の毒ですが、いい絵が撮れましたね、NHKさん。

ということで、ではでは。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-30 02:01:16

渋谷の「HMV & BOOKS」

テーマ:ブログ

昨日は、久しぶりに、渋谷へ。丸善&ジュンク堂に新刊本を物色に行ったのだが、ついでに、最近、出来た「HMV & BOOKS」にも、初めて、行って見た。

同店は、渋谷の公園通りの入り口にある「渋谷modi(元マルイ)」の5~7階にあって、行って見て、驚いたのだが、メインは本業のCDやDVDではなく、本。3フロアーの広いスペースに、「青山ブックセンター」のような独自のジャンル分けで、本がゆったりと並んでいるのだが、青山ブックセンターと違うのは、本だけではなく、その合間にCD・DVDや雑貨が、境界なく、並べられていること。

いわば、ヴィレッジヴァンガードのノリだが、ヴィレッジヴァンガードのようなアンダーグラウンド感はまったくなく、極めて、都会的で、おしゃれ。各階にはカフェコーナーもあって、そこで買った飲み物を片手に、若者たちがフロアーを回遊している。

本業のCD・DVDの分野では、通りを挟んで、すぐ目の前に、タワレコのビルがあるので、無理に対抗せず、本をメインに、CDや雑貨等、そのトータルでの売り上げ確保を目指すことにしたらしい。着想は、なかなか、面白いし、本等を買うと、Pontaカードのポイントがつき、そのポイントを使うことも出来る。その本も、とにかく、愚直に最大限の蔵書量を目指すジュンク堂方式などとは異なり、独自の品揃えで、少なくとも、昨日、主に見た「アート」の棚には、これまで、他の店で見たこともない本も、結構、並んでいた。いずれ、じっくり、時間をかけて、見て回ることにしよう。

でも、そのユニークさと、実際に本が売れるかということは、また、別な話。特に、主要ターゲットを若者に絞った店だけに、若者が見るだけで、本を買わないと、苦しいだろう。なかなか、面白いお店なので、何とか、生き残ってもらいたいものだが・・。

ちなみに、私が昨日買った本は、丸善&ジュンク堂での購入書を含め、以下の3冊。

翁長雄志「戦う民意」(角川書店)

島本美由紀「旅するホイアン・ダナン案内」(パイ インターナショナル)

「美術手帖1月号 村上隆 きみは『五百羅漢図』を見たか?」(美術出版社)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-29 09:30:44

無為に過ぎゆく日々・・

テーマ:ブログ

昨日は、娘の今年最後の通院日で、タクシーにて病院に同行。足の骨折は完治せず、医者の話では、あと1カ月くらいはギブスは外せない・・とのこと。う~ん。

朝一番で行って、診察&会計が終わったのが11時半ころになったので、病院の食堂で、朝食兼昼食として、娘は生野菜サラダ付きのビーフカレーを、私はスープにザーサイのついた五目チャーハンを食べて、再び、タクシーにて、帰宅。タクシーを使えば、自宅まで20分ほどだが、公共的な交通手段を使うと、バスを乗り継いで、1時間以上かかってしまう(乗り継ぎがうまく行かないと、1時間半くらいかかる)。で、ついつい、タクシーになってしまうが、片道で2000円以上かかるので、結構な出費になり、痛い。

帰宅後、少し休んでから、私は買い物へ。駅前のスーパーであれこれ買って、同じく駅前のドトールにて、しばし休憩し、荷物を席に置いたまま、その隣りにあるマツモトキヨシで買い物・・というのが、私のほぼ日課だ。ドトールの周辺には、町で唯一の小さな書店もあって、娘はそこで、漫画本や文庫、雑誌等を頻繁に買っているが、私には小さすぎて、正直、時々、覗いても、あまり、買いたいものがない。顔が合えば、いつも挨拶する店長の奥さんは、きっと、私のことを、本を読まない人だなぁ・・と思っているかも???

私の場合、近場で本を買う場合は、バスに乗って、終点の大森駅まで行って、駅ビル内にあるブックファーストまで行くか、あるいは、ジュンク堂(渋谷&池袋)、丸善(東京駅)、八重洲ブックセンター(同)、三省堂(神保町)等、都心の大型書店に、ダイレクトに行く。あとは、アマゾン。頑張る町の本屋には申し訳ないが、今では、だいたい、買う本の半分くらいが、アマゾンでの通販・・になってしまっている。

マツキヨで買い物をすませたら、再び、ドトールに戻り、本を読んだり、居眠りをしたりして、さらに1時間ほど、滞在。長居をするイヤな客かもしれないが、毎日、通っているので、勘弁して下さいねッ。

毎日、通っていると、平日の昼間に、いるお客は、結構、常連さんが多い。ほぼ半日居続けるおばあさんのグループなどもいるので、店にとっては、いつも満席近い状態とはいえ、実のところ、あまり、儲かっていないのかも???まぁ、私もその一員なのだけれども・・ねッ。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-27 08:47:52

電話の件

テーマ:ブログ

体調不良のことばかり書いているので、旧知の方から、心配のメールや電話をいただいている。なるべく書かない方がいいとは思うものの、体調が悪いのは本当。元気で~すと、ウソは書けない。

ところで、自宅の固定電話は、いつも基本的に、留守電にしている。というのも、家にいないことも多いから・・ということも、もちろん、あるが、それ以上に、かかってくる電話がろくでもないから。

特に、平日の昼間にかかってくる電話は、その大半がセールス。そして、まれに「オレオレ詐欺」的な電話。後者で一番多いのが、「○○郵便局」を名乗る電話で、ゆうちょの通帳記載に誤りがあったので、説明したい、つきましては、係の者が自宅へ伺いますので、いつがご都合がよいですか・・みたいなヤツ(もちろん、係の人がわざわざ自宅に来るなどということは、あり得ません)。以前は、いちいち、じゃあ、あなたの名前名乗って、これから、1度、切って、私の方から○○郵便局に電話して、あなたを呼び出すから・・みたいな、ごくごくフツーの対応をしていたが、最近はそれもわずらわしいので、一切、電話に出ないようにしている。そういうことで、本当に用があって電話をされた方は、留守電にメッセージをお残し下さい。入院中か、旅にでも出ているのでない限り、その日の夕方か、遅くとも翌日には、当方より、電話しますので・・。

また、携帯電話にも、あまり出ないのは、これはもっぱら、耳が悪くて、常にマナーモードにしてある携帯の着信音を、確認出来ないため。でも、着信履歴がちゃんと残るので、必ず、気づき次第、折り返し、連絡を入れています。たまたま、連絡して下さったのが、深夜だったり、昼間でも長い映画を観ていたりとかすると、連絡が遅れることもありますが・・。

メールの方も、これはパソコン・携帯双方に、迷惑メールが、毎日、よく飽きもせず、ドサッと届きますが、ライターとして、メルアドを公開していることもあって、これは、最初から、あきらめていま~す。中には、笑っちゃうほど典型的な、督促状詐欺の方などもおられますが、ムダです。すぐに削除し、私がその手のメールに対応することはありませんので・・。

ということで、今日も、またまた、体調が悪い1日の始まりで~す。さて、朝飯に何を食おう。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-26 09:35:20

ケーキ続報&体調サイアクな1日

テーマ:ブログ

昨日は、久しぶりの遠出だったが、そういう時に限って、体調がサイアク。まず、家を出た早々、身体がぐらつくほどの、ひどいめまい。思わず、身体をくの字に折り曲げてしまい、そのままの態勢で、めまいがおさまるのをしばらく待って、ひと呼吸してから立ち上がり、おそるおそる、歩いてみる。大丈夫、ちゃんと、歩けた。

でも、その後も、身体がずっと重く、おもりの服を着ているようで、階段の上り下りも、きつい。電車の座席などに、1度、座ってしまうと、もう、そのまま、ずっと座り続けていたい、金輪際、立ち上がりたくないと、そう思ってしまうほど。でも、行かねばならぬ所用なので、行きましたけれど・・。

帰りもそんな調子で、品川駅まで、ようやく、たどり着き、駅ビル「ウィング」内の、名古屋の有名ケーキ店「ハーブス」で、クリスマス定番のイチゴのショートケーキを買って、帰宅。「ハーブス」は東京では、私が知っているだけでも、新宿、六本木、有楽町等にあるが、いつも長蛇の列が出来ているのだけれども、品川の「ハーブス」だけは、何故か、あまり、混んでいない穴場(そんなことを書くと、人がドッときちゃうかなぁ???)。昨日も、店内には空席があり、持ち帰りのケーキも、待ち時間ゼロで買えた。

娘とケーキを食べ、その後、「ミュージックステーション」のスーパーライブを観ながら、別々に買って来た夕食。娘はマックのグラコロバーガーに、チキンナゲットに、野菜ジュースのセットで、私はテイクアウトの、ネタ盛り(ネタのみ大盛り)にした海鮮丼。何と、ケーキとえらくアンバランスな食事であることか・・。

スーパーライブは4時間もあり、私は日中の疲れが出て、途中から、爆睡。それでも、乃木坂46とAKB48の歌は、何とか、聴きましたぁ~。

で、真夜中の1時ころに目覚めて、ネットとメールをチェックし、3時過ぎにまた寝て、朝の6時過ぎに起床。朝は、冷蔵庫に残っていた魚肉ソーセージ1本に、自分でいれたコーヒーを1杯、飲んだだけ。こんな生活をしているから、もしかしたら、体調が悪いんでせうか???




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-25 09:23:05

ケーキ屋がない

テーマ:ブログ

昨日は、クリスマスイブ・・といっても、我が家ではチキンにケーキを食べる日以外の、特段の意味はないが、チキンはケンタのペアパックとポテトの大箱を予約しておいたのですが、いろいろあって、ケーキ屋さんに行く時間がなく、駅前のドトールの、貧相(失礼ッ)なケーキ(マロンクレープ)になってしまったので、娘は大むくれ。ハイハイ、スイマセン、今日の帰りに、品川で途中下車して、ハーブスのケーキでも、買って帰りま~す。

前にも、確か書いたが、我が家の周辺には、ケーキ屋さんが1軒も、ない。以前は、不二家ともう1軒、名前は忘れてしまったが、老夫妻がやっていた町のケーキ屋さんがあったが、前者はある日、突然、つぶれて、後者は廃業して、1階がローソンの、貸しアパートになってしまった。

で、ケーキを買おうと思うと、隣り駅のイトーヨーカ堂内にコージーコーナーがあるので、近くではそこへ行くか、あるいは、大都会???の大森か品川まで、はるばる、行くしかないのが、現状なのだ。

もっとも、ないのは洋菓子店で、和菓子屋は徒歩圏内に、私が知るだけでも、実に、3軒!!!もある。もっとも、その内の1軒は、老夫妻がやっているお店で、ガラスケースに並ぶ和菓子の種類も極端に少なく、しかも、店は開けているのに、呼んでも誰も人が出て来ないことが、しばしば。きっと、耳が遠くて、聞こえないのだろう。でも、このお店にはよく、お菓子ではなく、もっぱら、娘が好物の、パック詰めのお赤飯を、買いに行くのである。あとの2軒は、まともな・・というか、反面、これといった個性もない、ごくごくフツーの和菓子店なのだが、でも、一番、さびれた、呼んでも出て来ない老夫妻のお店に、わざわざ、足を運んでしまうのは何故???

今日は、これから所用で、外出。ひさしぶりの遠出・・である。ということで、ではでは。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-23 09:59:20

「悲しみの忘れ方」

テーマ:映画

劇場ではついに観ることが出来なかったので、ブルーレイディスク版で、購入。乃木坂46の、初のドキュメンタリー映画である。

乃木坂46の、いわゆる「アンダー・メンバー」を含め、出来るだけ多くのメンバーにインタビューし、その声をもとに構成した、篠本634さんの「乃木坂46物語」(ブログに書評)とは異なり、同映画では、その取材対象を、生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花、橋本奈々未の5人に、ほぼ絞り、彼女たちが何故、乃木坂46のオーディションを受けようと思ったのか、その知られざる生い立ち、そして、乃木坂46の活動を通し、彼女らがどう変わっていったのかを、本人と、その母親へのインタビューと密着取材を通して、明らかにしていくことで、乃木坂46というアイドルグループの誕生から今日までを、通観していく手法をとっている。

その5人以外のメンバーについては、ほとんど、触れられることはないので、あるいは不満を持つファンもいるかも???とは思うが、反面、取材対象を絞り込んだことで、その5人、ひとりひとりの内面にまで、カメラは深く迫り、結果的に、大変、よいドキュメンタリー作品になったと思う。

願わくば、AKB48の一連の、優れたドキュメンタリー映画のように、今後、第2弾、第3弾がつくられ、他の乃木坂メンバーにも焦点をあてた作品がつくられますように・・と、願ってやまない。

「乃木坂46 ALL MV COLLECTION あの時の彼女たち」も購入しましたが、未見のため、いずれまた。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-22 10:12:07

「スター・ウォーズ」第1作を観た際の、どーでもいいエピソード

テーマ:映画

「スター・ウォーズ」の記念すべき第1作(エピソード的には4作目)「スター・ウォーズ 新たなる希望」を、私は今はなきテアトル東京の大画面で観た。

その日、私は前売り券なしで、当日券を買って、同作を観るつもりで、銀座の外れにあるテアトル東京に行ったのだが、とにかく、もの凄い行列が出来ていて、仰天した。これでは、観るのは無理かなぁ・・と思いつつ、とりあえず、行列の最後尾に並んだが、私の後にも、ドンドン、行列が出来ていく。

しばらく、並んでいて、もしかしたら、この行列は当日券を買う人の列ではないかも???と、突然、気づいた。というのも、並んだ当初は、会場前が文字通り大混乱で、よくわからなかったのだが、よく観ると、もうひとつ、別の行列が出来ていたからだ。その列が、どうやら、劇場の窓口に続いているらしい。

ということは、私が並んでいる列って、もしかしたら、前売り券を持っているか、すでに窓口で当日券を買った人が並ぶ列なのでは・・と思ったが、時すでに遅し、私の並んでいた列は、入場が始まったのか、どんどん、急に前へ前へと、動き出してしまった後。とにかく、この列から抜け出さねば・・と思いつつ、もみくちゃになり、あがいている内に、あっという間に、劇場の入り口に達してしまい、しかも、列に並んだ人は、我先にと、雪崩を打って、場内に・・。

ああああ・・という内に、気がつくと、私は、すでに劇場内にいた。多分、入場券の半券をもぎる係の人はいたのだろうが、場内に殺到する人の波に、完全に飲まれてしまい、入場券のチェックなど、まるで出来ない、状態だったのだろう。当時は、どこの映画館も、完全自由席で、だから、人は出来るだけ、自力でいい席を確保しようと、必死だったのだ。

広い場内は、すでに空席ひとつなく、人々は両サイドの壁際や、最後列の後ろを埋め尽くし、身動きひとつするのも難しい、文字通り、立錐の余地もない状態。私は、会場から出るのをあきらめ、中程の壁際に、何とか身体を、強引にねじ込んで、そのまま立って、映画を観ることにした。つまり、タダ観・・意図してやったことではないが、ご、ごめんなさいッ(汗)。

そんな状態で観た「スター・ウォーズ」だったが、正直、SFなのに、お姫様や騎士が出て来るなど、何か、古くさいストーリィだなぁ・・というのが、第1印象だった。善悪がハッキリし過ぎていて、あまり、感心しなかった。しっかし、その後、ブツブツ文句をいいつつ、全シリーズを観ることになろうとは・・ねッ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-22 08:58:02

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」

テーマ:映画

才人J.J.エイブラムスによる、シリーズ全体としては、エピソード7に該当する「スター・ウォーズ」新3部作の第1弾。

新たな主人公となる、家族を知らず、砂漠の惑星で孤独に暮らすヒロイン=レイを中心に、彼女に協力するストームトルーパーの脱走兵フィンや、銀河宇宙の支配をたくらむファースト・オーダー軍の、謎の黒衣の騎士カイロ・レン、そして、お馴染みのハン・ソロにチューバッカ、レイア姫にルークといった、前シリーズからの登場人物が入り乱れての、胸躍る大活劇であるが、ネダバレになるので、詳しく記すことは出来ないが、結構、「衝撃的な展開」となる。

父と子、正義と悪との対決という、「スター・ウォーズ」シリーズ永遠のテーマを受け継ぎ、前6作へのオマージュを随所に盛り込みながら、2時間をはるかに超える上映時間を、いささかもダレることなく、一気にみせるJ.J.エイブラムス監督の才人ぶりが際立つ快作である。

これが最後の出演となるハン・ソロ役のハリソン・フォードは、老いて益々、カッコイイし、主演の大役を任されたデイジー・リドリーも、合格点の出来。

エイブラムスは、エピソード6「ジェダイの帰還」以降のエピソードを、物語の冒頭で簡潔に説明してしまう手際のよさや、本編最大の謎ともいうべき、ダース・ベーダーを継ぐ黒衣の騎士カイロ・レンの正体も、物語の半ばで、あっけなく、明らかにしてしまうなど、観る者をややこしいストーリィ展開から解放し、ハラハラドキドキのアクション・シーンのみに集中させる仕掛けとかも、スッカリ、前6作からマスターし、本作をまさに、万人むけの娯楽超大作に仕上げている。脱帽。

とりあえず、私も、新3部作が終わるまでは、何とか、生きていたいものだなぁ・・と。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。