1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-10-31 19:14:37

パエリアの夜・・なんちゃって

テーマ:ブログ

今日の夕食は、な、何と、巨大なエビとアサリの入った、パエリアであった。それに、野菜のグラタン風に、トマトスープ。デザートとして、バナナが1本・・という、メニュー。これで1食300円以下なので、病院食といえど、侮れないというか、結構、頑張っているなぁ・・と。

今日は、手術後、初めて、シャワーを浴びることも、出来た。裸になって、浴場の大きな鏡を見ると、手術跡がやはり、痛々しい感じ。

病室に、手術前、十年近く、診ていただいていた、内科の主治医、山中先生が、訪ねて来て下さった。土曜に退院と知ると、喜んで下さって、ちょっと、ジーンときた。これからも、よろしくお願いしますと、頭を下げる。

夕方には、「リプレーザ」の小島編集長が、お見えになったので、今後のことについて、少し、話す。出来ていない原稿は、私のものだけではないので、10月末の締め切りは、11月末にのばすしかないだろうという、結論になる。これで、沖縄まで取材に行く、余裕も出来た。頑張ろう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-31 09:03:35

ハロウィン、ハロハロ

テーマ:ブログ

昨日は、夕方、人形作家で、「ラテンアメリカ探訪」のホームページをつくって下さっている西村FELIZさんが、お見舞いに来て下さった。ヒマでしょう・・と、ナノブロックでつくるアンコール・ワットの模型を、お土産に下さった。なるほど、これは時間つぶしにはもってこいだが、残念ながら、明後日には、退院(の予定)なので、今日から初めても、退院までに完成しそうも、ない・・。

今日は、手術後、初めて、シャワーを浴びられる日なので、起きると同時に、とりもあえず、浴室前の予約ボードへ。この時は、さすがに早すぎて、ま~だ、ボードが出ていなかったが、2度目に行った時は、出ていたので、無事、空いていた午後1時~1時半に、予約を入れることが出来た。

そういえば、今日はハロウィン。川崎名物のハロウィン仮装行列にも、USJの、ゾンビ・ナイト(だったっけ???)にも、今年は行くことが出来なかったなぁ・・と。

昨日、お見舞いに来て下さった西村さんにも、来年は、是非是非、メキシコ版ハロウィン=「死者の日」イベントをやりましょうと、提案。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-30 19:06:43

予定通り、2日に退院予定で~す

テーマ:ブログ

先程、主治医と話し合い、予定通り、今週の土曜日=11月2日に退院出来ることになりましたぁ~。

もちろん、手術し、退院したら、それで終わりという病気ではありませんが、定期的に通院しつつ、かつ、ライターとしての仕事等も、従来通り、こなしていければ・・と、考えています。とりあえず、「リプレーザ」次号の取材と、原稿書きに注力しつつ、「エル・ミラドールへ、そのさらに彼方へ~メソアメリカ遺跡紀行~」の年末刊行に向け、残りの作業を頑張って行く所存です。皆さま、どーも、ありがとうございました&ご心配をおかけしました。

・・ということで、入院生活も、あと、残すところ、3日。気を引き締めて、頑張ろうッ!!!

ところで、「常食」になった途端、今日の昼飯には、五穀米ご飯&サンマの塩焼き、夕食には海鮮丼が出て、何だか、涙が出てきたぞぉ~。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-30 09:56:45

術後2週間目

テーマ:ブログ

16日に手術をしたので、今日でちょうど、2週間目。おそらく、今日、摘出した腫瘍の検査結果が出ることになっていて、それを元に、主治医より、今後の、通院での治療計画等に関する詳しい説明が行われ、その上で、正式な退院日が決まる・・という段取りになっている。

つまり、一応、主治医より口答で、今週末には退院・・といわれてはいるが、正式には、今日の検査結果を受けての、正式決定なのである。その意味で、まさに、今日の私は、まな板の上の鯉状態なのだ。

ところで、ようやく、今日の昼食より、食事が「通常食」になるそうである。それは何より、さようなら、おかゆ、こんにちは、白飯・・。

癌は手術が成功しても、再発・転移する病である。その意味で、一時も、気を抜くことの出来ない日々を、これからは過ごさなければならないものと、すでに、覚悟はしている。あれこれあって、今は疎遠になってしまった、昔の友人Tは、やはり、大腸癌になって、すでに5年以上生存、ついには、医師から、もう検査に来なくていいというお墨付きを得たという話を、先日、お見舞いに来て下さった友人Sから、聞いた。私もそうなれるよう、何とか、頑張って、生き抜いていこう。とりあえず、5年、そして、10年、20年・・と。

頑張りますッ!!!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-29 18:37:06

初めての外出

テーマ:ブログ

今日の午後、1時から3時の2時間、足慣らしを兼ねて、入院後、初めての外出申請を出し、認められたので、生憎の雨模様ではあったが、外出を強行した。

病院を出て、明大前を通って、神保町まで行き、岩波ブックセンターと三省堂東京本店に入り、新刊書をチェックした後、ギャラリーを併設した古瀬戸珈琲店(だったっけ???)に寄って、甘いベトナム・コーヒーを飲みつつ、しばし、休憩。

その後、書泉グランデ、東京堂、アジア文庫・・と、回るつもりだったけれど、古瀬戸珈琲店で、くつろぎすぎて、残り時間30分あまりになってしまったので、あきらめて、病院に戻った。

これだけの散策で、結構、疲れた。当たり前のことかもしれないが、ま~だ、本調子ではないなぁ・・と、実感。

当初は、10月末に退院・・という話もあったので、金曜日に退院後、土・日・月と、予定通り福島に行くつもりだったが、退院が延びて、土曜日以降になりそうだということで、やむなく、福島行きを断念した経緯があるが、この体調では、仮に金曜日に退院出来たとしても、翌日から福島・・なんていう計画は、やはり、無謀そのものだったなぁ・・と、つくづく、そう、思わざるを得なかった。ハイ、バカです、私は・・。

ところで、岩波BSと三省堂では、何冊か、これは・・という本もあったが、今回は、雨も降っていたし、もう、病院で読む本は、十分、足りているので、読めもしない本を買って、わざわざ重い思いをして、病院から自宅まで持ち帰るのは、どうかなぁ???と思って、買わなかった。いざとなったら、アマゾンだってあるし・・ねッ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-29 10:50:49

ハロウィンから「死者の日」へ

テーマ:ブログ

10月31日はハロウィンだが、実は、メキシコでは、「死者の日」のプレイベントが、31日にも行われるので、ハロウィンと死者の日は、ほとんど、実態として、一体化している。

では、死者の日のイベントのメインは、一体いつなのかというと、関連書籍を読んでみても、11月の1日という記述もあれば、2日という記述もあって、実のところ、ハッキリ、しない。まぁ、死者の日のイベントは、10月の31日くらいから始まり、ダラダラと11月の2日くらいまで(場合によっては、その後も)、続くものだと、ここはいかにもメキシコらしく、アバウトに考えておけば、まず、間違いないのではないか・・。

日本では、ディズニーランド&シーやUSJでの恒例のイベント化や、川崎での大規模な仮装行列の定着等もあって、幸い、ハロウィンは、スッカリ、人々の年間行事の一角に、定着するに至っている。

だから、これに合わせて、何とか、「ラテンアメリカ探訪」あたりを窓口に、是非是非、死者の日のイベントを・・などと、考えていたのだが、今年は、私の入院騒動もあって、何ひとつ、実現出来なかった。

来年こそは、何とか・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-29 07:00:33

上間綾乃「ニライカナイ」

テーマ:音楽

昨日の夜というか、今日の早朝、眠れぬままに、以前、買ったが、1度も聴く時間がなく、そのまま、入院してしまった、上間綾乃さんのセカンド・アルバム「ニライカナイ」(日本コロムビア)を、初めて、聴いた。

シングル曲の「ソランジュ」をはじめ、「里よ」「ゆらりゆらら」「ニライカナイ」「あなたのもとへ」「あいのうた」等々、実にスケール感のある歌が、多い。また、「ヒヤミカチ節」や「新川大漁節」といった沖縄民謡にも、大胆なアレンジが施されて、圧倒的なスケール感に加え、かつてない高揚感が、感じられる。

上間の、まったく文句をつけようがない歌のうまさと、新しい沖縄音楽を生み出していこうとする、並々ならぬ意欲を感じさせる秀作に、仕上がっていると思うが、その歌やアルバムを通して、まだ、なかなか、生身の上間が見えてこないように、私には感じられる。

それは、デビュー間もない「新人」に対して、少し、ないものねだりなんじゃないの???という気もしないではないが、上間同様、歌のうまい歌手は、それこそ沖縄には、他にも、大勢いる。歌のうまさや、たぐいまれなる容姿では、決して、差別化は出来ない。そのことには、もちろん、上間自身も、十分、自覚的であろう。だから、より一層、ないものねだりに、期待したいのである。

そうした、少々、過剰な期待を込めて、12月7日の東京における、日本橋三井ホールでのライブには、もちろん、チケットが入手できればだが、是非是非、行ってみたいと思う。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-28 14:29:28

限りなく、透明には近くないブルー

テーマ:ブログ

今日は、特に何があるというわけでもないのに、ややブルーな気分。

朝と昼の食事は、大変、おいしくいただいたし、食後には、5階の回廊を各10周して、院内で出来得る、体力の増強を図っても、いる。

つまり、やるべきことは、ちゃんと、やっているのだが、でも、何となく、何をしても、気がのらないというか、ハッキリいって、鬱な気分なのだ。一体、どうしたのだろう???

まぁ、長い入院期間、そんな日も、時にはあるさぁ・・と、笑い飛ばして、前に進むしかない。

そういえば、移動ベットに乗せられ、3階の手術室に向かう人の姿を、目撃。私も16日に、ああして、手術室に運ばれて行ったのだ。どこの誰かは知らないが、頑張れッ!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-28 08:24:11

本がいっぱい・・の続き

テーマ:ブログ

友人のSさんが、昨日、持ってきて下さった本3冊の内、2冊は、佐藤泰志という未知の作家の小説で、「そこのみにて光輝く」「大きなハードルと小さなハードル」(共に、河出文庫)。

佐藤泰志という人は、まったく、知らなかった。1949年の生まれだから、私より2つ上。もっとも、1990年に、自死されている。前者は長編だったので、短編集の後者の、その冒頭に収録されている「美しい夏」を、昨日の夜(というか、今日の早朝)、午前1時少し前に、目が覚めて、眠れぬままに、枕元の明かりを小さくつけて、読んでみた。

青春の息苦しさを感じさせるような作品で、みずみずしさと、痛々しさも・・。作風が、まったく同じというわけでもないのに、昔、「ガロ」などに、極めて短い期間、秀作を矢継ぎ早に発表した、漫画家の安部慎一という人を、何故か、思い出したりも、した。

もっととも、安部慎一は、佐藤のように、死んだわけではなく、少なくとも、数年前までは、健在で、ポツポツと、作品も書いておられるようだった。

私は、人にすすめられて、本を読んだことが、ほとんどないので、読書傾向は、当然のことながら、かなり偏っている。佐藤泰志という作家も、Sさんが持って来て下さらなければ、多分、読むこともなかっただろう。その意味で、Sさんには感謝している。

その後、いつの間にか、再び、眠ったようで、起きたら、起床時間の6時を、少し、過ぎていた。

さぁ、今日も1日・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-10-27 19:53:20

本がいっぱい

テーマ:ブログ

病院から、アマゾンに発注した本が届いたというので、娘が届けに来てくれた。

西荻弓絵「劇場版SPEC~結~漸ノ篇」(角川文庫)

摩耶雄嵩「貴族探偵対女探偵」(集英社)

Cocco「東京ドリーム」(ミシマ社)

が、それ。これで、何とか、退院まで、読む本には困らないですみそう・・と思っていたら、娘と入れ替わりに、友人のSさんがお見舞いに来て下さり、本3冊を差し入れて下さった。

これで、こと本に関しては、退院までに読み切れない冊数になった(めでたし、めでたし)。

さぁ、読むぞぉ・・って、もう、あと小1時間で、就寝の時間なんですけど・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。