1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-08-31 08:05:16

あと1日今日も夏休み、しかし、台風が・・

テーマ:ブログ

昨日は昼過ぎに選挙に行った以外は、本を読んだり、DVDを観たり&時々、居眠り・・の1日。おかげさまで、旅行の疲れからは、ほぼ回復。今日も、木金月と、土日を挟んで、3日間取った「夏休み」の最後の1日なのだが、生憎、台風が迫っていて、午後からは暴風雨になる可能性もあるのだそうだ。さぁ、映画に行くぞぉ!!!と思っていたのに、これではどこにも出掛けられないじゃん(怒)。

観る予定だった映画は、とりあえず「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」。その他、現在公開中の作品では、「パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ」や「グッド・バッド・ウィアード」なんかも、行く時間があれば、観たいなぁ。あと、今週末の公開だけど、「サブウェイ123」も・・。

選挙については、民主党の圧勝に終わったが、民主党の「政権担当能力」は未知数というか、過剰な期待は禁物だが、少なくともこのまま、「最悪」の自民党政治が続くよりはまし・・という点では、歓迎(かくいう私も、民主党に入れた)。しかし、自民と民主の、いわゆる2大政党による、政権交代というシステムは、ある意味、「小選挙区制」の当然の帰結ともいえるが、いわゆる「少数意見」が、その狭間に埋没していく危険性をも、常にはらんでいる。「少数意見」の尊重は、民主党であれ誰であれ、誰もがタテマエ的には掲げるが、それが本当に守られる社会であって欲しいと、心底、そう思う。「大きいことがいいこと」では、当然のことながら、ないのだ。

そういえば、どこにも出掛けられない云々と書いたが、今日がDVD返却の期限なので、歩いて10分ほどのツタヤに、返却しに行かなければならないじゃん!!!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-30 08:54:13

USJ

テーマ:ブログ

大阪では、近鉄ユニバーサル・シティに2泊した。今回の大阪旅行の企画担当者に、USJの近くでどこに泊まる?と尋ねられたので、以前、泊まった日航ベイサイド大阪か、近鉄ユニバーサル・シティの名をあげておいたら、前者に関しては、USJのオフィシャル・ホテルの中には、そんな名のホテルはなかったよぉ~と、いう。そんなハズはないんだけどなぁ???と思いながらも、では近鉄で・・ということになった。

で、行ったら、日航ベイサイド大阪は、な、何と、そっくりそのまま、近くにあるホテル京阪の別館になっていた。栄枯盛衰は世のならいというが、それにしても・・。

USJは夏休み中ということで、それなりに流行っていたが、このテーマパークはつくづく、オリジナルのキャラクターがいないなぁと、思う。子供たちで、一番、賑わっているのは、スヌーピーをテーマにしたエリアで、園内に満ち溢れているのは、そのスヌーピーやセサミストリートのキャラや、全国津々浦々、観光地にはどこでもいるキティちゃん。今夏限定で、ナルトのプレミアショーも開催されていて、そのナルトの紙のお面をかぶった子供も、園内には多い。でも、これって、ぜ~んぶ、本来のUSJのキャラじゃないじゃん???自前の人気キャラが目白押しの、東京ディズニーランド&シーとの差は、歴然です。

あと、つくづく、実感したのが、「お金」の威力。USJには「エクスプレス・パス」というのがあって、それを購入すると、つまり、正規の入場料とほぼ同額のお金を追加で払えば、長時間並ぶ人気アトラクションやショーに、ほとんど、待ち時間ゼロで入場出来るのだ。ディズニーランド&シーにも「ファスト・パス」はあるが、あれは追加料金なしで、入園料を払えば誰でも利用出来るし、それに1度ファスト・パスを取ると、次に利用できる時間が決められていて、1日に取れる回数に制限があるのに加え、利用できる時間も指定される。それに対し、USJのエクスプレス・パスはいつでも好きな時に、その人気アトラクションやショーに入ることが出来るのだから、威力は抜群だ。今回行ったら、昼のピーターパンとネバーランドのショーや、夜のマジカル・スターライト・パレードの席取りが無用のパスまで、売られていた。子供に大人気の「NARUTO疾風伝」のショーも、わずか1時間とちょっとのショーが別料金で、何とSS席が4000円、S席3000円!!!ちょっと、えげつないんじゃないかなぁ・・。

あれこれ、悪口を並べたが、しかし、映画好きの私は、ディズニーよりも、USJが断然、好き。映画のテーマパークという特色をもっと活かして、末永く繁栄していただきたいとは、もちろん、思っているのです。

しかし、あのE.T.の跡地利用は、いただけません、USJさん。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-30 02:22:20

大阪から戻ってきました

テーマ:ブログ

新大阪から、新幹線の東京行き最終で、東京に戻って来た。でも、疲労が激しく、何も書けそうにもないので、どーも、スイマセン。

明日というか、今日は選挙の日。選挙にはもちろん行くが、その後は1日、ゆっくり休むつもり。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-27 00:34:12

「ウィンター・ガーデン」のカタログ etc.

テーマ:ブログ

7月20日で終了した原美術館の「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」のカタログが、ようやく、出来た。美術出版社より発売され、952円+税。正確にいえば、8月15日に発売されたらしいが、出ていることに気がついたのは今日、ジュンク堂新宿店の現代アートコーナーでのこと。

この展覧会には2度、足を運んだが、八木良太の氷のレコードは、両日共、演奏時間が合わず、ついに聴くことが出来なかった。残念。

そういえば、先日、行った鴻池朋子展「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」のカタログも、発売は9月初旬。一応、ミュージアムショップで、前金を払って、郵送を依頼した。会期中に、もう一度、行くつもりだが、いつ行けるか、わからないので・・。

そういえば、東京国立近代美術館で開催中の「ゴーギャン展」と、東京都現代美術館の「メアリー・ブレア展」には、ま~だ、行っていない。特に後者は、会場が遠くて、行くのがおっくうだ。

さ~て、そろそろ、寝ないと・・今日は午前6時半には起きないと、行きの新幹線に間に合わない。うううう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-26 16:57:06

明日から3日間、旅行に行ってきま~す

テーマ:ブログ

今日は午前中は検査でつぶれ、午後は「本業」残りの降版作業。検査の結果は来週の水曜に出るが、あまりよくない結果が出るかも???との予感も・・。

明日から土曜日の深夜まで、大阪に行きます。パソコン等は持っていきませんので、その間のブログの更新はありません。ということで、今日の深夜か明日の早朝にもう一度更新するかも・・ですが、それ以降は、土曜の深夜まで、みなさん、ごきげんよう・・です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-26 06:45:12

表慶館のアジアギャラリー

テーマ:ブログ

昨日は「本業」の降版日第1日目。本当の降版日は今日なのだが、今日は病院でいくつか検査があり、その結果が判明してから診察もあるので、何時に終わるかわからない。だから、前日に出来るところまでやっておこうということで、大半の頁を責了にした。昨日、入稿の原稿に関しては今日、降版するが、わずか数頁なので、今日の午後からでも十分、大丈夫。

ということで、仕事は午後2時には終わり、久しぶりに、印刷所近くの東京国立博物館へ。今年から3年の予定で、東洋館が改修のため、閉館中で、表慶館がその間、「アジアギャラリー」となっている。とはいっても、1階のみで、展示されている作品はごくわずか。しかし、東南アジアのコーナーでは、久方ぶりに観るクメールの石彫数点が展示されている他、私は初めて観るチャンパの石彫も・・。来て、よかった。

東洋館は改修後は展示スペースも増えるというが、その際には、是非、閉鎖されてしまったクメール美術コーナーを、復活させていただきたいものだ。

その後、ミュージアムショップをのぞき、閉鎖中の東洋館の前につくられ、ここだけは今も営業中の、アジアカフェでコーヒーを飲み、1時間ほど読書。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-25 09:34:16

「30デイズ・ナイト」

テーマ:ブログ

正確には、「30デイズ・オブ・ナイト」ですが・・。
サム・ライミ率いるゴースト・ハウスピクチャーズ製作のバンパイア映画。主演はジョシュ・ハートネット。「全米初登場第1位」となっているが、2007年の作品。何で、2年も日本では「お蔵入り」だったのだろう???
舞台は、アラスカ。夜が30日も続くという極夜のシーズンに、北米最北端の街パロウを、吸血鬼の集団が襲う。保安官のエバン(ジョシュ・ハートネット)は孤軍奮闘するが、決して太陽が昇らぬ世界で、人々は逃げ場を失い、次々に吸血鬼の餌食となっていく・・というお話。
緊迫感は最後まで途切れないし、出来も決して悪くはないが、あえていわせていただけば、想定内のストーリィ展開。バンパイア映画というよりは、ゾンビ映画の亜流。長く記憶に残る1作とは、残念ながら、なりませんでした。ハイ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-24 00:14:34

ひどく疲れた土日

テーマ:ブログ

土曜は午後、池袋へ行く。

ジュンク堂とリブロに寄って、その後、古代オリエント博物館へでも・・と思っていたが、ジュンク堂からサンシャインシティまでの、わずか10分ほどの距離を歩く気力がどーしてもなくて、ジュンク堂の近くのスタバで、何とか空席を見つけて、そのまま2時間ほど、休憩というか、居眠り。

その後、店を出て、いったんはサンシャインシティの方向に歩き始めるが、暑さと疲れでクラクラして、すぐにUターンして、リブロの地下から西武経由で、JRの駅へ。しかし、山の手線もきっと混んでいるんだろうなぁと思うと、改札口から構内へ入る気力が失せ、発作的に、池袋が始発で、つまり、確実に座れる地下鉄丸ノ内線に乗ってしまう。しかし、そのまま、ずっと乗っていても、結局のところ、新宿に着くだけなので、混んでいる池袋から、同じように混んでいる新宿に移動するだけ。しかも、始発駅から終着駅まで、延々と乗っても、JRではたった4駅移動しただけ。これは、まったく、無意味な行為ではないかッ!!!

で、東京駅で降りて、ここから山の手線に乗って、帰宅。帰宅後は、リビングのソファに陣取って、エアコンをガンガン効かせて、フリエタ・ベネガスのライブDVDを、ボーッと観る。池袋まで一緒に行って、その後別行動で帰って来た娘も、父親の何やら異様な雰囲気を察して、リビングには近づかない。いつの間にか、そのまま、寝てしまったらしい。

日曜は、日帰りで、実家。

84歳で、ひとり暮らし母の手伝いといっても、家の近くにあるほとんど唯一のお店といってもいい、生協に買い出しに行くぐらいなものだが、話し相手には一応なるし、まぁ、いないよりいるほうがましだろうと思って、ほぼ毎週、通い続けている。母の寝室の天井の板にひび割れが出来ているというが、確かに亀裂が走っているものの、雨漏りがするわけでもなく、天井の板が落ちてくるほどのひび割れでもない。何とかすると安請け合いしたものの、どーしたものか???

夕食をつくって、一緒に食べ、食器を洗ってから、東京に戻る。

ひどく疲れた。シャワーを浴びる気もしない。原稿はただの1行も書いていない。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-22 09:01:19

「戦慄迷宮3D」のことなど

テーマ:ブログ

昨日(というか、今日)は、午前5時に寝て、8時に起きた。ほとんど寝た気がしないが、3時間は寝ていることになる。

今日は午後、娘を池袋のジュンク堂に連れて行くことになっている。以前、ひとりで行ったが、場所がわからなかったという。確かに、駅前ではないが、東口の改札口から、そのまま地下道を通って、西武~リブロと行って、リブロのエスカレーターで1階に上がれば、道路を隔てた真ん前がジュンク堂なので、フツーは迷わないと思うんだけれど・・ね。まぁ、行けばジュンク堂だけでなく、以前行った時は改装中だったリブロの2階の芸術書等のコーナーがどうなっているのか見てみたいし、サンシャインシティ内の古代オリエント博物館は友の会会員なので、何度入ってもタダだし、せいぜい、恩を売っておくのもいいかも・・と、内心、思っている。

来週は木金土と、大阪へ行く。一時はあった北海道へという話が、どこでどうなったのか、大阪・・ということになったのだ。話は私抜きで進んでいるので、まぁ、しかたがない。泊まるホテルが近鉄ユニバーサルシティなので、どーせ、USJで遊ぶのが、メインになるのだろう。国立民族学博物館に行ければいいが、果たして???

そういえば、テーマパークで一度も行ったことがないのが、富士急ハイランド。ここにある「戦慄迷宮」には一度入ってみたいと思いつつも、その機会がない。娘が小さい頃、ディズニーランド等にはよく連れて行ったが、富士急ハイランドは怖い乗り物やアトラクションがメインで、娘は父親に似ず、怖いものがまったくダメ。ディズニーランドでも、今でもスプラッシュ・マウンテンなどは、とても怖くて乗れないらしい。そんな娘を連れて行く訳にも行かず、他に一緒に行くという人も、ついに見つからず、富士急ハイランドは行く機会を逸してしまったのである。

その富士急ハイランドにある、日本最大規模のお化け屋敷が、件の「戦慄迷宮」。その実写映画化が進んでいるという話は聞いていたが、昨日の「朝日」の夕刊にその記事が大きく、載っていた。監督は「呪怨」の清水崇で、富士急ハイランドの同名施設を使って撮影、フルデジタル3D作品になるのだという。公開は10月だそうだから、まだ大分先のことだが、これは楽しみ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-22 03:32:12

リラ・ダウンズのベスト盤

テーマ:ブログ

メキシコの女性シンガー、リラ・ダウンズが好き。そのことは、すでに中南米マガジンから刊行された「トッピング充実!メキシコ音楽タコス」という本の中でも書いたし、「中南米マガジン」の第18号には、「リラ・ダウンズの世界~もうひとつの国境の北と南~」というディスコグラフィーも書いた。

その彼女の最新のアルバムが、「THE VERY BEST OF EL ALMA DE LILA DOWNS」(NARADA/50999 964932 29)だ。

このアルバムは、昨年出たアルバム「Shake Away」(EMI)までのアルバムの、いわば集大成(というか、収録されているのはNARADAレーベルのものだけだが・・)で、おそらく初のベスト盤。18曲入りのボリュームで、彼女の魅力がギッシリ詰まっているので、リラ・ダウンズの入門盤として、是非、多くの人に聴いていただきたい1枚です。なお、リラ・ダウンズの人と作品については、「中南米マガジン」第18号の拙稿を、読んでねッ(ごめん、宣伝です)。

私はタワレコの渋谷店で、入手しました。確か、2500円台だったと、思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。