1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-07-31 10:59:05

鬱々

テーマ:ブログ

昨日というか、今日は、あれから泥のように眠り、でも朝は7時に、機械のように起きて、電車を乗り継いで、秋葉原に出て、今、オフィスでとりあえず、ぼーッとしている。

「本業」の仕事は、何も考えずに出来るので、こんな状態の私でも、十分、対応出来る。一応、これでも「新聞社」なので、企業ニュースなり、新製品のお知らせなどの各種情報や、記者会見のお知らせ等は、黙っていても、向こうから送られてくる。もちろん、足を使って聞き出さなければならないこともあるが、役所や業界団体、業界内の情報提供者のところに、定期的に顔を出せば、たいていの情報は、収集出来る。

たいした刺激も興奮もない代わりに、たいして足や頭を使うことなく、こうして日々が過ぎていく。こうした仕事を、実はもうかれこれ、足かけ30年近く、やっている。あと2年で、「定年」。もちろん、望めば、まだ何年でもいれるだろうが、それを機会に「第2の人生」という手もあるかなぁと、何となく、あれこれ、考えている。

ということで、さて、そろそろ、仕事でもしよう・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-31 01:47:33

途中退席、すみません

テーマ:ブログ

「中南米まつり@コネクシオン その2」は、結局のところ、1時間ほどいて、途中退席。Tさん、Kさん、どーも、すいません。

疲れていたこともあるけど、狭い空間に、あれだけの人がいると、私はもうダメ。まぁ、会費は払ったし、もう席がなくて、立食の人もいたので、まぁ、いいかと・・。

で、結局、金安さんが推薦する女性お二人がつくったメキシコ料理というよりは、創作料理の、タコスは食べたけれど、金安さんのトークも、○○さん(すいません、名前忘れた)のライブも、聴かずじまい。

家に戻って、しばらくそのまま、ぶっ倒れていたけれど、ようやく、起きて、とりあえず、パソコンの電源を入れたところです。まぁ、ブログを更新したら、もう寝ますけれど・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-30 17:19:47

これから「中南米まつり@コネクシオン」へ

テーマ:ブログ

2日ほど仕事を自主休業したので、ヒマといいつつも、それなりに仕事はあって、しかも、この暑さ。正直、もう家に帰りたいが、午後8時から高円寺の「コネクシオン」にて、「中南米まつり@コネクシオン その2」があり、それに顔を出さねばならないので、今、アキバのオフィスで2時間ほど、時間をつぶしているところ。

「中南米まつり@・・・」は前回はいつだったか、もう記憶が定かではないが、確か、終盤にウイスキーのキャンペンガールが出てきて、積極的なセールス活動を展開、ずいぶんと余計な出費を強いられたような・・。

まぁ、それはともかく、これから間に合うという人は、高円寺へGO!

詳細は「中南米マガジン」のブログか何かに、載っています。ハイ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-30 01:18:12

横山大道の「ブエノスアイレス」

テーマ:ブログ

私は、アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスには、一度も行ったことがない。だから、以前、たとえば、栗本斉さんの「ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖」(毎日コミュニケーションズ、1780円+税)で紹介された、オシャレな街・ブエノスアイレスにも、特段、違和感を抱じることもなく、そういうものかと、単純に思っていた。

しかし、昨日、書店で、偶然、手にした森山大道の「BUENOS AIRES」(講談社、2000円+税)で、写し取られたブエノスアイレスは、まったく、異なったイメージで、いささか、衝撃を受けた。

世界的にも高い評価を受けている写真家・森山大道は、しかし、正直、私には、もう「過去の人」とのイメージがあった。しかし、昨年10月、東京都現代美術館で開催された「森山大道、ミゲル・リオ=ブランコ写真展」を観て、やっぱり、この人は凄いなぁと、改めて、再認識した。

発売された「BUENOS AIRES」の新装版に収録された、もの凄い分量の写真は、もちろん、かなり過去のものであろう。森山は何の説明文も挿入せず、ひたすら、ブエノスアイレスの街をさまよい歩き、街を、人を、そして、犬を、ただただ、無造作に、撮り続ける。しかしながら、しばしば、ブレてボケた、その膨大な写真の「行間」から、間違いなく、ブエノスアイレスという街の匂いが、ひしひしと、観る者に伝わってくる。

確かに、これは過去の、ブエノスアイレスの写真なのかもしれない。しかし、たとえ、街はその外観がいかにオシャレに変わっても、そこで生きる人々の体臭までは、それほど変わっていないハズだ。そう信じられるほどに、リアルな街の「今」が、そこにはあった。もちろん、購入して、何度も読み返している。

やっぱり、森山大道は、凄い。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-29 18:52:44

松岡美術館&横浜でビュフェ展

テーマ:ブログ

自主休業2日目。

まず、目黒の松岡美術館へ。松岡美術館は、実業家で、美術品コレクターの、故松岡清次郎氏のコレクションを一般公開する私設美術館だが、そのコレクションは、古代オリエント文明の美術品から、ガンダーラ・インド等の東洋美術、中国の陶磁器、日本画、フランス近代絵画、さらには、現代の彫刻等々、実に多岐多彩。

古代オリエントの美術では、数は少ないながら、エジプト美術のコレクションもあり、エネヘイ座像や彩色木棺、セクメト女神像等々が、常設展示されている。

また、東洋美術では、見事なクメールの石彫が4点あり、それも見どころのひとつ。クメールの石彫は、東京国立博物館が70点近いコレクションを有しているが、かつて東洋館にあったクメール美術の常設展示コーナーが閉鎖されてからは、わずか数点が、随時、入れ換えつつ、常設展示されているだけなので、松岡美術館のコレクションは、大変、貴重な存在となっている。

また、現在、第5、第6展示室をつぶして、「エコール・ド・パリ展~パリにきらめく画家たち~」を開催中で、シャガールやルオー、ピカソ、ユトリロ、ビュフェ、キリコ、モディリアーニ、ローランサン、デルヴォー等々の、文字通り、きら星のごとき、大家たちの作品が、一堂に揃っている。これがすべて、松岡清次郎氏の個人コレクションなのだから、思わず、ため息が出る。

その後、地下鉄と私鉄を乗り継いで、横浜のそごう美術館へ行き、今日から始まったベルナール・ビュフェ展を観る。ビュフェの作品は、松岡美術館の「エコール・ド・パリ展」にも2点展示されていたが、そごうのビュフェ展は、初期から晩年までの、実に60点もの作品が、それも大作中心に、展示されている。すべて、三島にあるベルナール・ビュフェ美術館の収蔵品で、以前、NHKで同館の紹介番組があり、是非、一度行きたいと思っていたので、実にラッキー。

しかし、展覧会の正式なタイトルは、「ビュフェとアナベル~愛と美の軌跡展~」で、う~んという感じ。陰鬱で、孤独感に満ち溢れたビュフェの作品群と、妻アナベルとの愛の物語が、どうもうまく、リンクしないのだ。人っ子一人いない都会の風景や、うつろな目の道化たち、そして、晩年の骸骨をモチーフとした、死の匂いに包まれた一連のビュフェの作品群は、文字通り、壮絶そのもの。その傍らに飾られた、妻アナベルとの微笑ましく、いかにも幸福そうな写真の数々。その落差は一体、何なのか・・。

ところで、今日で、自主休業はおしまい。明日からは、平常業務に戻ります。

ということで・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-29 01:10:42

久しぶりに、中近東文化センターに行く

テーマ:ブログ

昨日は、一昨日に7月25日号を降版し、次号=8月5日号は同15日号との合併号となるので、しばらくはヒマ。で、仕事を自主休業にして、久しぶりに中近東文化センターに行くことにした。

中近東文化センター(正確にいえば、中近東文化センター附属博物館)は、中央線の三鷹もしくは武蔵境からバス(国際基督教大学行き等で、西野下車)で行くが、距離的には武蔵境の方が、やや近い。

イラン、イラク、トルコ、エジプト等古代オリエントの美術品を常設展示する「展示室1」と、テーマごとの企画展会場になる「展示室2」、そして、オリエント以外の出光美術館の美術品を展示するスペース「展示室3」からなる博物館で、喫茶室や図書館(誰でも利用出来るが、金土日のみの開館)も、併設されている。館内に出光美術館のいわば「分室」があるのは、同館がもともと、出光美術館の古代オリエント関係の収蔵品をベースに、開館された博物館であるからである。

同じ古代オリエントをテーマにした博物館には、池袋サンシャインシティーの古代オリエント博物館もあるが、こと古代エジプト関連の収蔵品に関しては、こちらが上。ミイラの木館や石のレリーフ、各種神像、土器、中王国時代の木彫等々が、常設展示されている。でも、遠いので、正直、あまり頻繁に通っているわけではない。

現在開催中の企画展は、「中近東の星座と神話」で、星座と神話をテーマにした収蔵品がクローズアップされている。

行かれる方は、月曜だけでなく、木曜も休館日なので、ご注意を。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-28 09:41:20

昨日のメキシコ学勉強会&8月ももうすぐ・・

テーマ:ブログ
昨日は第65回めの、メキシコ学勉強会の日。
今回は勉強会参加者の荒武さんが、「あなたならどうする? 初めての飛行機、海外一人旅」と題し、自らのメキシコ旅行のエピソードを披瀝。外部からゲストをお招きしての勉強会が多い昨今だが、こうした「内部」の発題は、いわば勉強会の原点。荒武さんはまだまだ、話し足りなかったようなので、いずれまた、ご登板いただきたい。
さて、次回のメキシコ学勉強会は夏の特別企画として、画家エスコバル瑠璃子さんのご自宅を訪問し、個展とお話しを伺う。現在までのところ、参加者は7人ないし8人。当日、集合場所にアポなしで来て下さっても、もちろん、OKですが、出来れば事前に、お知らせいただければありがたいです。どーぞ、よろしく。
なお、詳細は以前のブログの、「8月のメキシコ学勉強会」を読んで下さい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-27 01:40:21

アルジェント研究会

テーマ:ブログ

昨日は、アルジェント研究会に参加。私は初めてだが、もう第20回。持続は力です。凄いなぁ。

で、その第20回目の研究会のテーマは、「鏡、移動、引用」。つまり、恐怖を演出する手段としての鏡、異なるふたつの空間の間の瞬間移動、そして、他の作品からの引用、悪くいえばパクリを、ダリオ・アルジェントは自らの映画の中で、どのように効果的に使っているかを、主催者である矢澤利弘さんは、実際の映像をふんだんに引用しつつ、たっぷり2時間にわたって、熱く語られた。資料も充実しているし、何より話がわかりやすく、さすが。お話しを聞くのはこれが初めてですが、脱帽です。

時間の関係で、懇親会に参加出来ず、残念。次回も、是非、参加します。よろしく。

会場のある亀戸を出て、アキバの事務所に寄ってから、所用で、新宿へ。午後11時ごろ、帰宅。替わりに実家へ行ってもらった娘から、交通費等2000円を請求される。シビアだなぁ・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-26 12:11:03

そろそろ、出かけます

テーマ:ブログ

今日は、アルジェント研究会に初参加の日。実家には替わりに娘に行ってもらい、まったくの趣味の集まりなので、少し、やましい気持ちもないわけではないが、まぁ、年に何回か・・ということで、勘弁していただこう。

今日は、TBSでシカン展関連の特番や、夜にはNHKでエジプト関連の特番もあるので、録画の設定をしてから、出かけます。

アルジェント研究会等の感想に関しては、多分、日付が変わってから・・。

そうそう、明日はメキシコ学勉強会の日ですので、皆さん、よろしく!!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-26 00:38:33

古代エジプト美術館に何とか行く

テーマ:ブログ

昨日は大急ぎで所用を終わらせて、渋谷の「古代エジプト美術館」へ。

チケットのナンバーは「NO.022」だったので、22人目の入館者ということか???いずれにせよ、狭い館内ということもあるが、それなりの入館者で埋まっていたので、まずはひと安心。

館内には菊川館長以外にも3人のスタッフがいて、入館者へのレクチャーも万全の態勢。でも、何も部外者の私が心配するようなことではないが、土日祝日しか開館しない美術館に、これほどのスタッフがいて、やっていけるのか???どーか、本邦初の古代エジプト専門の美術館として、末永く頑張ってやっていって、いただきたい。

展示のコンセプトや主な展示品等については、「古代エジプト美術館」のホームページに記されているので、あえてここでは、くり返さない。展示品は100点あまりだが、これは1000点を超す菊川コレクションのほんの一部。菊川館長に尋ねたところ、展示品は、随時、入れ替える予定という。これで、何度も足を運ぶ楽しみが出来た。

東京近郊の、古代エジプト美術を常設する美術館としては、おそらく最も充実したコレクションを有しているのが、三鷹にある「中近東文化センター付属美術館」(月・木休館)。しかし、都心からは、ずいぶんと、遠い。近場では、私も友の会の会員となっている池袋サンシャインシティー内の「古代オリエント博物館」があるが、残念ながら、ことエジプト美術に関しては、それほど充実した展示内容というわけでは、ない。その他、エジプト美術の常設展示があるのは、東京国立博物館の東洋館と、目黒の松岡美術館くらい・・か。

しかし、いずれの美術館も、菊川さんの「古代エジプト美術館」のように、まったくの一個人のやっている美術館ではない。個人での美術館経営は、私には想像を絶するが、どーか、ご健闘を!!!と、心から祈ります。

菊川コレクションを紹介する「古代エジプトへの扉~菊川コレクションを通して~」(文芸社、3500円+税)を売っていたので、購入。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。