1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-04-25 02:49:02

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

テーマ:ブログ

「恋する惑星」「ブエノスアイレス」等々で、国際的な名声を得ている香港のウォン・カーウァイの新作で、主演がこれが映画初出演のノラ・ジョーンズとあっては、何を置いても観なくてはならない映画だが、これまで何となく、敬遠していた。そろそろ観ないと、終わってしまうかも・・と思って、日比谷スカラ座へ。

失恋した女性の自分探しの旅を描いた作品といってしまうと、身も蓋もないが、ストーリィでなく、そのいわば行間で見せるのが、カーウァイ流。1コマ1コマが絵になる、光のゆらぎにも似た美しい映像もまた、カーウァイ作品の真骨頂。

そして、様々な人との出会いと別れを通して、失恋の痛手から立ち直った主人公が戻るのは、いつも暖かいブルーベリーパイに、アイスクリームを添えて出してくれた、やさしいカフェのオーナーの元・・なんて、何だか大人の童話めいて、少し素敵すぎやしないかい???けッ、現実には、いつも、王子様が帰りを待っていてくれるとは、限らないのだよ。

・・などと、思わず、皮肉のひとつもいってみたくなるほど、あまりにも幸福な映画。

ジュード・ロウが出色の出来。ノラ・ジョーンズのそのナチュラル感も、さすがだ。でも、ごめんなさい。ブルーベリーパイ同様、あまり私の好みではありません。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-24 04:27:12

4月25日~5月4日旅に出ます

テーマ:ブログ

4月25日から「リプレーザ」の仲間やメキシコ学勉強会参加者を案内して、タイ~カンボジア~ベトナムを陸路で縦断する旅に出ます。バンコクを起点にホーチミンまでの旅で、5月4日に帰国予定。本当はハノイまで行くべきなのでしょうが、私の仕事の関係で、今回はホーチミンまで・・と、しました。

旅にはパソコンは持って行きませんので、ブログの更新は5月4日の夜になります。なお、私の携帯電話の番号をご存知の方は、そのままかけていただけば、私につながります。ただし、国際電話の料金がかかりますので、つまらない用事では電話しないように・・特に、N君!!!

一応、今日の夜も更新予定ですが、ではでは。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-24 03:44:26

「うた魂♪」

テーマ:ブログ

今が「旬」の夏帆主演の、合唱にかける青春って感じの映画っす。「スシ王子!」に続いて、勢いでハシゴ。

想像通り、夏帆はチョー可愛いが、それだけでなく、ゴリや薬師丸ひろ子と対等に張り合い、主役としての存在感も、なかなかのもの。そして、みんなで揃って合唱しているだけなのに、この感動は何なんだ!!!というくらいに、素晴らしい作品。

ゴリや薬師丸ひろ子も、もちろん、よかったけど、間寛平がこれまた、絶妙にして、出色な出来。それにしても、夏帆は1作ごとに、成長していて、早くも日本の映画に不可欠の存在に、なりつつある。松下奈緒とのW主演の「砂時計」も、近日公開される。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-24 03:09:47

「銀幕版スシ王子! ニューヨークへ行く」

テーマ:ブログ

テレビ版も、相当、ぶっ飛んだおバカなドラマだったが、映画版はそれが「超」がつくほどに、スケール・アップ。往年の任侠映画を彷彿とさせる、観終わって見れば、結構な感動作。さすがです、堤幸彦。

キンキキッズの堂本光一扮する、お馴染みの「スシ王子」こと米寿司(まいずつかさ)が、修業のためやって来たのは、何とニューヨーク。ソフトバンクの犬のお父さん、じゃなかった、北大路欣也の店で修業を始めるのだが、ニューヨークの寿司業界を牛耳ろうとする「寿司マフィア」との全面戦争に巻き込まれて・・と、まぁ、いちいち説明するのもバカバカしい展開。シュールなギャグ満載、結構、本格的な空手アクション満載で、最後はお決まりの寿司対決!!!

堂本光一も、もちろん、健闘しているが、釈由美子はこれまた、「超」がつくほど格好いいし、石原さとみは、えっと、そのぅ・・大いに笑える。何も考えずに観れて、結構、満足できる1本です。私的にはおすすめですが、何だ、このバカバカしい映画は!!!金返せ!!!とお怒りの向きもあるかも???



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-23 02:43:13

思い出の池袋界隈

テーマ:ブログ

昨日、「黒い家」を観るため、池袋の「シネマ・ロサ」に行った。以前、名画座だったころはよく行ったが、普通のロードショー上映館になってからは、まったく、行っていなかった。ロードショーを観るなら、何も遠い池袋まで、わざわざ行く必要はないからである。

池袋は学生時代には故あって、よく通った街だが、最近は、ジュンク堂池袋本店とリブロ池袋店、それに時々、サンシャインシティー内のオリエント博物館に行く程度で、東武の側に行くことは、まずなかった。「新文芸坐」にも最近は、ほとんど足を運ばなくなってしまった。観たいなぁと思う作品をやっていることはあっても、2本立て興業を観るだけの、時間的余裕が今はないのだ。

昔、といっても、もう大昔だが、文芸坐かシネマ・ロサで安い映画を観て、大戸屋で定食を食べるのが楽しみだったころも、あった。大戸屋は今もあるが、女性客を意識したおしゃれな和食レストランになってしまい、居心地が悪くなった。私が大学生だったころ、大戸屋はカレーライスだったら50円で食べられる、あまりきれいとはいえない大衆食堂だったのだ。大戸屋の近くには、今はないが、安いトンカツ定食の店もあって、そこにもよく通った。

トンカツ屋といえば、神保町の三省堂の近くにあった「いもや」も、最近、行ったらなくなっていた。水道橋寄りの白山通り沿いの店は今もあるらしいが、そこまで行く気がしない。ここも、当時はトンカツ定食が150円だった。

阿佐ヶ谷にアパートを借りていた当時、ほぼ毎日通った喫茶店「ぽえむ」は、今はないが、先日、池袋の東武側のどこかで、偶然、見つけて、その時は時間がなく入らなかったのだが、昨日、行こうと思ったら、もう場所がわからなくなっていた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-22 17:12:24

「黒い家」

テーマ:ブログ

貴志祐介の傑作ホラー「黒い家」の、2度めの映画化。前作は森田芳光監督作品で、内野聖陽と大竹しのぶが主演。今回はこれが商業映画デビュー作という、韓国のシン・テラが監督し、ファン・ジョンミンとユ・ソンが主演。つまり、韓国映画である。結論的にいえば、どちらも怖いが、韓国版の「黒い家」の方が、よりホラー度の高い作品に仕上がっている。

包丁をブンブン振り回し、最後にはボウリングの球まで投げて、激情をむき出しにする大竹しのぶが「動」の演技ならば、ユ・ソンは決して走らず、足を引きずりながら、ヒタヒタと迫ってくる「静」の演技に徹する。しかし、感情モロむき出しの大竹版「幸子」が、もはや人間とはいえず、怪物そのものなのに対し、無表情な演技に徹したユ・ソンの「シン・インファ」の方が、怪物としてしか生きられない女の哀れさを、そこはかとなく感じさせるのは、どうしたことか。どちらも秀作だが、私的には韓国版の方がより好み。

ユ・ソンは「4人の食卓」「鬘(かつら)」に続くホラー出演だが、あまりにも美しすぎるのが難点。どうしても、肩入れしたくなってしまうのである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-21 03:56:53

今日も徹夜か???

テーマ:ブログ

いろいろあって、仕事が片づかない。今日ももう午前4時近くで、徹夜か???それに、金曜から旅行だというのに、その準備が何も出来ていない。あ~あ。どうするんだろう、オレ。

昨日じゃなかった、もう一昨日のメキシコ学勉強会の席上で、ペルー在住の鈴木智子さんにいただいたコカ茶を飲みつつ、あと少し、頑張ろう。そういえば、明日、じゃなかったもう今日は、いつもの定期検査で、CT撮影があるんだった。水曜は胃の方の定期検査だし、もう身体ボロボロ・・という感じ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-20 11:00:42

メキシコ学勉強会、大盛況!!!御礼!!!

テーマ:ブログ

昨日のメキシコ学勉強会は第50回記念座談会と銘打って、勉強会呼び掛け人の和田佳浦さん、ジャーナリストのさかぐちとおるさん、人形作家の西村FELIZさん、それに私が、それぞれ、メキシコへの「愛」について語るという、私にとっては、いささか恥ずかしいテーマで開催され、いつもと違って軽食をお出しするので、会費1000円の予約制をとったが、幸い、定員の30名近い参加もあって、歌や音楽のサプライズもあり、それはそれは、大盛況でした。参加者のみなさん、どーもありがとうございました。

私の話がどうだったかはさておき、私的にはしばらく会っていない方とお会いできたり、新たな出会いもあって、楽しい時間を過ごさせていただきました。これで弾みもついたので、次は「第100回」記念会を出来るように???頑張りたいですねッ(頑張れるかなぁ)。

なお、勉強会で話していただいた西村さんに私がインタビューした記事が、「中南米マガジン」のVOL.20に掲載されています。また、その作品は「リプレーザ」の第3号で見ることが出来ます。さらに、次号の「リプレーザ」(第6号、5月刊)には金安さんとさかぐちさんの原稿も掲載されます。併せて、どーぞ、よろしく。

私の方は、今週の金曜から、タイ~カンボジア~ベトナムを陸路で縦断する旅に、「リプレーザ」やメキシコ学勉強会参加者の方と、出掛けます。来年は、久しぶりにグァテマラへ・・と考えておりますので、ご一緒される方がいればご一緒致しましょう。

ではでは。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-19 03:39:42

今日はメキシコ学勉強会第50回記念座談会の日

テーマ:ブログ

昨夜は「リプレーザ」の編集会議があり、第6号の初校ゲラが出る。12時少し過ぎに家に戻り、即校正。たった今、終了したところ。

これから寝て、今日は午後2時からメキシコ学勉強会の第50回記念座談会。和田さん、さかぐちさん、西村さんと共に、私も発題者に名を連ねているが、何の準備もしていない。文字通りの、ぶっつけ本番である。

今回は軽食を出す関係上、予約を受けつけたが、すでに25名近い人数。でも、座席は30ありますので、当日飛び入りもOKです。

皆さん、どーぞ、よろしく。では、私は少し、寝ます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-18 01:36:49

5月のメキシコ学勉強会

テーマ:ブログ
第51回メキシコ学勉強会のお知らせ

メキシコ学勉強会はとにかくメキシコが好き!という人が集まって、おおよそ月1回のペースで、メキシコに関して様々なテーマで話し合う集まりです。話し合うテーマは政治・経済・社会・文化等々、それこそ何でもあり。各人がそれぞれ興味のあるテーマについて調べて発表し、それに基づいてディスカッションしたり、時には外部からゲストをお招きして、そのお話を聞く回もあります。勉強会を通して、自分とは異なった視点からのメキシコや、知らなかったメキシコ、もっと面白いメキシコに出会っていく場になればと、考えています。メーリングリストへの登録会員(無料)になって毎回参加するのも、興味のある回のみに飛び入り参加するのも、自由。皆さんの参加を、是非是非、お待ちしております。

テーマ「3カ国での暮らし~エルサルバドル・アメリカ・日本」
今回のメキシコ学勉強会では、エルサルバドルで生まれ、内戦の最中アメリカに渡り、ロスのヒスパニックコミュニティで育ち、現在は日本で生活されているエルサルバドル人のネルソン・リカルド・ルナ・カニャスさんをお迎えして、その激動の半生を語っていただけることになりました。中米エルサルバドルの内戦や、新天地での生活、来日後の事など、いろいろ興味深いお話を聴かせていただけると思いますので、ぜひおいでくださいませ。
なお、今回は火曜日ですので、日程のお間違えなどありませんよう、ご確認の上、ご来場ください。
日時=5月20日(火)午後7時~9時
発題=ネルソン・リカルド・ルナ・カニャス (エルサルバドル人)
会場=千代田区和泉橋区民館5階洋室E(調理室)
JR秋葉原駅昭和通り口を下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折、書泉ブックタワーの隣り。駅から歩いて、3分くらいです。書泉の大きなビルを目指せば、すぐわかります。
会場費=400円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。