1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-08-25 00:54:10

あと5時間ほどで、カンボジアへ出発します

テーマ:ブログ

業界紙の仕事は完了したが、自分の「リプレーザ」の原稿の方は、ついに未完成のまま、時間切れでカンボジアへ。

朝のシンガポール航空機でバンコクへ飛び、そこで1泊、26日に陸路で、アランヤプラテートから国境を越えて、カンボジアに入る予定。その日はシソポンに1泊、その後、シェムリアプ、コンポントム、プノンペンと、陸路で移動。プノンペンからは空路で、バンコクを経由して、帰国。戻ってくるのは9月3日ですので、3日の夜まで、ブログの更新が出来ません。

では、無事に帰って来たら、3日の夜にでも、土産話を・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-24 05:13:49

ベクシル

テーマ:ブログ

「ハイテク鎖国から10年。日本は想像を遥かに超えた変貌を遂げていた!」というキャッチフレーズの映画。しかし、その日本のわずか70年後の「未来」は、「想像を遥かに超え」過ぎていて、今ひとつ、現実感に乏しい。基幹の部分で、リアリティが乏しいから、リアルなCG映像が、全然、リアルではない。そんな映画。

「ピンポン」の曽利文彦監督が、全編、フルCGで描く話題のアニメ「ベクシル」を、観た。リアルなCG映像と、ライブ感に溢れるアクション・シーン。しかし、前述のように、ドラマの設定がリアルさを欠き、主人公ベクシルの人物像とその立脚点が希薄なので、終始、作品にのめり込むことが出来ないまま。映像的にはすごい。しかし、失敗作。「鉄コン筋クリート」と比較してみれば、その出来の違いがよくわかる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-23 01:42:08

「伝染歌」とAKB48

テーマ:ブログ

秋元康原作、原田眞人監督作品「伝染歌」を観に、東劇に行った。

映画は「着信アリ」シリーズの大ヒットで味をしめた秋元の、人がドンドン死ぬわりには、軽~いノリの原作を、原田が基本的設定だけ借りて、セミドキュメンタリー・タッチのザラザラとした映像で撮った作品で、面白くないわけではないが、ホラーとしては完全に失敗しちゃってる作品。だって、全然、怖くないし・・。

しかし、映画館の雰囲気が、全然、違う。アキバからそっくり引っ越してきたような人々が、周辺にたむろしているし、それに、結構、ソフト・タッチを装っているものの、警備も厳しい。上映前は、ロビーにまったく人を入れないというのも、何だか、ヘン。何だ、何なんだ・・と思っていると、やがて、前回の上映が終わって、人がドッと出た来たが、また、すぐに次回の入場待ちの列(つまり、私が並んでいる列・・ね)の後ろに、大急ぎで並ぶヤツもいる。おまけに、やたら顔見知りが多く、「また、来たのかよ、お前」などと、お互いに言い合っている。

場内に入る際に、渡された配布物で、その謎はたちまち、氷解した。渡されたのは、「ギネスに挑戦!30回連続舞台挨拶」というスケジュール表と、アイドルの生写真。つまり、この映画に主演を含め出演している女の子たちは、秋元康プロジュースのAKB48というアイドル・グループに属していて、その彼女たちが毎回、舞台挨拶をするという話なのだ。だから、この映画館に集まってきている人の多くは彼女たちの熱烈なファンで、だから、当然、顔見知りも多く、しかも、アイドルたちが毎回、舞台に上がるので、警備もきついのである。

さて、映画が終わった後は、主演の大島優子をはじめとするAKB48のメンバー総勢10人が、舞台に勢揃い。ひとりひとり、ファンからの質問に答えて、最後に主題歌を歌い、おまけに退場時には、出口で全員がお見送り・・と、まさに、これぞファン・サービスの極地。あっけにとられると共に、大いに感心もした。

これだけしないと、最近のアイドルはやっていけないんだなぁ・・でも、肝心要の映画の印象は、ほとんど、記憶に残っていないんですけど、これって、どうよ???


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-22 01:15:40

業界紙の原稿、一気入稿

テーマ:ブログ

昨日は金曜に降版する業界紙の原稿を、一気につくって、印刷所に入稿した1日だった。

前日のブログで、取材すら完全には終わっていないと書いた原稿を、どうして、たった1日で入稿出来るのか、別に知りたくもないかもしれないが、特別に、その秘密をお教えしよう。

まず、第1に、企業ニュースや新製品のお知らせなどは、届くとすぐに事務所の女性に、スキャンして、丸ごとパソコンに取り込んおいてもらって、それを少し修正しただけで、そのまま、バンバン使う。本来、ベタ記事で十分なニュースを大きく扱ってもらって、文句をいうクライアントはいない。問題ない。第2に、紙面には出来るだけ、写真や図表、統計などを、必要・不必要に関わりなく、バシバシ、入れてしまう。これはそうすると紙面が読みやすいということも、確かにあるが、それだけではなく、出来るだけ原稿を書かなくてもいいというメリットも、同時に、あるのだ。第3に、取っておいても腐らないネタ(記事)を暇な時につくって、せっせと、ため込んでおいて、ネタ切れの時はそれを使う。それでも記事が足りない時は、広告を入れてしまう。たとえば、1回載せればいい広告を、どーしても記事が埋まらない時は、もう1回使う。完全にサービス広告だが、ただで広告が載って、文句をいうクライアントはまずいないので、これまた、問題ない。

何だ、それって、水増しじゃん・・などと、いってはならない。実は業界紙など、大方の購読者はつき合いで取っているだけで、そのへんにほっぽり出して、読んでなんぞ、いないのである。それが証拠に、先日、私は某業界団体のトップの名前をデカ見出しで誤記してしまったが、さすがにまずいとは思ったが、今日に至るまで、当のご本人を含め、どこからも苦情が来ていない。ここに告白し、お詫びいたします。ごめんなさい、○○さん。

原稿を入稿後、印刷所の近くの、行きつけのマッサージ店で、マッサージ。首の凝りがあまりにもひどく、一度、医者に行くことを、マジ顔ですすめられる。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-21 01:55:58

暑い、眠い、だるい・・暑い

テーマ:ブログ

カンボジア出発まで、あと5日。しかし、その前に、金曜に業界紙を降版していかねばならない。その原稿が、まだ、書けていない・・どころか、うううう、まだ、取材すら完了していない。で、昨日も朝から晩まで、東奔西走。

午前中に取材1件、午前11時からは記者会見に出て、その後、取材を2件。合間に、カンボジア大使館に行って、ビザの押されたパスポートを回収。旅行社にも行って、旅費を払う。

夜は「リプレーザ」の編集会議。夏休みだったり、「暑いから」という理由で、欠席者続出。第4号の進行状況を確認。私の原稿はカンボジア行きまでに書き上げて行くという、当初の目論見は完全破綻し、帰国後、最終締め切り日の9月10日までに、文字通り、突貫作業で、書き上げなくてはならなくなる。

第4号のテーマは、「荒廃のまんなかで 人が追ふ しゃぼん玉」。金子光晴の詩からの引用である。その荒廃のまっただ中にいて、人が追い求める「しゃぼん玉」とは、一筋の希望なのか、はたまた、所詮、空しい見果てぬ夢か・・。

あ~あ、しかし、それより、暑い、眠い、だるい・・暑い。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-20 01:36:01

祖母の三回忌、次は父の七回忌・・

テーマ:ブログ

昨日は祖母の三回忌だった。病み上がりの母は、ほぼ毎日、タクシーで病院に行って、1時間半くらい、点滴をしてもらっている状態で、しかも、連日のこの暑さ、到底、上京は無理・・ということになった。

で、参加者は私と娘と、親戚2人の計4人のみ。祖母が102歳まで生きたこともあって、祖母と親しかった人は、生憎、皆、すでにあの世に行ってしまっているので、まぁ、しかたがないが、200人以上は収容出来るお寺の大会堂に、たった4人というのは、いかにも寂しい。

三回忌終了後、近くの中華料理店で会食。その後、実家の母のところへ、延々、電車を乗り継いで、その報告に行く。

祖母の法事は、次は七回忌なので、多少、間があくが、今度は父の七回忌が迫っており、ついうっかりすると、忘れてしまいそうだ。事実、叔父は父親の十三回忌をするのを忘れてしまい、気づいた時はもうその翌年・・という、笑えないケースも身近にある。

でも、十三回忌などというのは、ごくごく故人と親しかった人を除き、もう、記憶の遙か彼方・・という感じなんだろうなぁ、きっと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-19 02:26:32

秋にはメキシコへも行かないと・・

テーマ:ブログ

「中南米マガジン」の次号か、次々号には、「公約」のリラ・ダウンズのインタビューを載せないと・・と思いつつ、なかなか、日程の調整がつかずにいる。

8月25日~9月3日まではカンボジアに行くので、当然、その後ということになるが、要は秋にどれほどまとまった休みを取れるのか。どーせ、自腹で行くのだから、高いフライト料金を払う以上、インタビューだけではもったいない。いろいろ見て回りたいが、そうなると、何とか休めそうなのは、10月の末から11月の初めにかけて、くらい。これでは次号の締め切りには間に合わない。しかも、それはあくまでもこちらの都合であって、相手の予定もあるだろうし・・と、いつまでもウダウダと、考えているだけで、ちっとも先に進めない。

まぁ、とりあえず、カンボジアから戻って来てから、考えよう・・っと。

ところで、以前からずっと気になっていた、「日本-メキシコアミーゴ会」へ入会することにした。幸い、入会を快諾していただけたので、積極的に「人脈」も拡げ、それを「メキシコ学勉強会」にも還元出来れば・・と考えている。メキシコ学勉強会はWさんの提案で始めた月1回の勉強会で、まぁ、とりあえず1年くらい続けてみようかとという「軽い」気持ちでスタートしたが、ひとつのライフ・ワークになりつつある。マンネリ化に陥らないためには、常に新しい出会いがないと・・と、思っている。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-18 00:47:53

猛暑の中、悪戦苦闘

テーマ:ブログ

再来週からカンボジアだというのに、仕事が急に忙しくなってきた。カンボジアだってこんなに暑くないよなぁという猛暑の中、東奔西走。朝から晩まで、外回りで、汗だく、時々、慢性的な睡眠不足も手伝って、意識が朦朧とする。効くはずがないことはよくわかっているものの、「アミノバリューコンク」を2本、「リポビタンD」じゃなくて、名前は忘れたが、その手の栄養ドリンクを1本、「1日分の野菜」1本を飲む。

その合間に、赤坂のカンボジア大使館に行って、ビザの申請。月曜発給だから、また、月曜に行かねばならない。

途中で、毎日新聞社刊のCoccoの「想い事。」を買って、一気に読了。自作の文章、絵画、写真で構成された100頁ソコソコの小冊子だが、内容は濃い。Coccoが歌手としてだけでなく、すぐれた絵描きであることは知っていたが、写真もすごい。やっぱ、一流の人は何をやっても一流なんだなぁ、それに比べて、私は・・と、少し、へこむ。「リプレーザ」の次号の書評に、急遽、この本を取り上げることにする。

忙しいので、土曜も仕事。日曜は祖母の三回忌。病み上がりの母が東京まで出て来られるかどうか、微妙なので、すべて私が仕切らねばならない。

来週一杯、悪戦苦闘が続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-17 01:33:21

ブラッド

テーマ:ブログ

押井守のアニメ「ブラッド」がハリウッドで実写版として映画化(しかも、主演はチョン・ジヒョン!!!その他、小雪さんが出演するらしい)されると聞いて、楽しみにしていたが、この「ブラッド」は「ブラッド」でも全くの別物。しかし、ヴァンパイアを狩るヴァンパイアの話で、主演はルーシー・リュー。パクリじゃん、などといってはいけない。この映画のタイトルは「RISE」で、「ブラッド」というのは日本で勝手につけたタイトルなのである。

さて、この映画は「呪怨パンデミック」や「ゴースト・ハウス」などでお馴染みの、サム・ライミ率いるゴースト・ハウス・ピクチャーズ作品。しかし、ゴースト・ハウス印がすべて秀作ではないという、しごく当たり前の事実を私たちに教えてくれる作品でもある。

・・などと、持って回った言い方をするのは、やめよう。私はルーシー・リューは好きだが、ハッキリいって、駄作以外の何者でもない。よくあるストーリィに、まったく、盛り上がりに欠けたアクション・シーン。ラストは、ソコソコ、ヒットしたら続編もつくりまっせという色気も十分だが、つくらないてもいいです。

多分、来年公開の本家本元の「ブラッド」も、こんな出来でないといいのだが・・う~ん、心配になってきちゃった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-16 01:24:01

花火大会

テーマ:ブログ

8月15日は、毎年、多摩川河川敷で開催される大田区の花火大会に行くことになっているので、今年も行った。

何でも「区政60周年」ということで、今年は例年より1000発も多い、6000発が打ち上げられ、ちょっとした見物であった。この8月15日の催しは最初は「ジャズコンサートの夕べ」として開催されていたのだが、いつの間にか「花火の祭典」になってしまった。でも、一応、今でも第1部は、あまり聴いている人もいないが、ジャズの演奏となっている。今年は少し早めに会場の六郷土手に着いたので、そのジャズ演奏も聴くことが出来たが、「マンボNO.5」って、ジャズだったっけ???その後、チアリーディングや太鼓の演奏などもあって、さらに区長や区議会議長など、お偉いさんの挨拶を経て、ようやく、花火の打ち上げとなった。

花火の終了後は「戦争」。何せ、小さな京急六郷土手駅に、どっと人が向かうので、駅はパンク状態、駅へと向かう道も、人・人・人で埋め尽くされ、前進も後退も出来ない状態に陥ってしまうのだ。でも、我が軍団は、2年前に、ある画期的な「必勝法」を編み出したので、全然、平気。でも、それがどういう「必勝法」かは、それをここに書くと、必勝法でも何でもなくなってしまうので、ごめんなさい。知りたい人は、来年、一緒に行きましょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。