このニュース、めちゃめちゃおもろいんですけど。。。 ~( ̄▽ ̄~)


---------------------------------------

◆米議会で支援要請の米ビッグスリー首脳、自家用ジェットで
乗りつけ、批判

ビッグスリーの首脳が3人とも、本社があるミシガン州から
自家用ジェットでワシントン入りした事について、複数の
議員から、「政府の支援を要請する態度とは思えない」などと
批判が噴出。

支援に積極的な民主党の議員も、「ここに来る時、プライベート
ジェットではなく、旅客機に乗るとかできなかったのか」、
「生活困窮者のための食料配給所にタキシードと山高帽で
出かける人たちを見ているようだ。せめてファーストクラスにでも
ランクを落とせなかったものか」、「私が心配しているのは、
皆さんがこの金で、25年間やってきたようなバカな決断をしないか
どうかだ」など、厳しい声が上がった。

ブラッド・シャーマン議員(民主党)は、3人のCEOに向かって
「民間機でここに来た人は手を挙げて」と質問。「手が挙がらない
ようなので記録しておこう。次に、今すぐ自家用ジェットを
売却して民間機で戻るつもりのある人は手を挙げて。これも手が
挙がらないようなので、記録しておこう」と揶揄。

ABCテレビによると、ワゴナーCEOが乗ったGM所有の自家用機は
3600万ドル(約34億円)。ワシントンとデトロイト往復の費用は
約2万ドル、民間機のファーストクラスを使えば約840ドルで済む。

ブルームバーグによると、ワゴナーCEOの昨年の報酬は1440万ドル
(約13億7300万円)、フォードのムラリーCEは2170万ドル(約20億
6900万円)と高額。

韓国メディアも「ビッグスリーの没落は、目の前の利益にばかり
とらわれた無能な経営陣と、会社が傾いても福利ばかり
求めようとする労組の共同作品だ」と揶揄している。

---------------------------------------



笑いごとじゃないんですけどね。

ええ。ほんとに笑いごとじゃないんですけどね。





引用元: 毎日愛読しておりますメールマガジン、
「自動車ニュース&コラム」より。
ご購読登録は こちら






--------------------




AD

今日はGoogleが

テーマ:
こんな感じで、

僕の好きなマグリットバージョンです。 ( ´∀`)ノ


マグリット生誕110年だからだそうで・・・


しかしこれ、マグリットを好きか、知ってる人じゃないと

(-益- )ハア? って感じだよね。





magritte_google





-------------------
AD
最終戦の興奮が冷めやらないので、

個人的な総括を。 ( ´∀`)ノ





アラン・プロスト('85、'86、'89、'93チャンピオン)が

以前インタビューで、



 「チャンピオンになるために必要なことは?」



と問われて、



 「ミスをしないこと。

  年間で許されるミスは、せいぜい2回くらい」



と答えていて、もっとも! と思いました。 ( ・ω・)うむ











その点今シーズンは、



全員ミスしまくり杉!







マッサの開幕2戦連続リタイヤといい、

カナダでのハミルトンのピット赤信号追突といい、



どうもこう、「すげぇやつらが、すげぇレベルで戦ってる」

という気がしない。



例えていうなら、そこらヘンの人

武器だけはすごいのを持たされて

戦ってるような、



そんな印象を受けました。







チャンピオンはライバルたちとの相対的なポイントで決まるので、

ある意味、 「おトクな年」 だったと

言えるのかもしれませんね。





現役ドライバーの中では、最もミスをしないアロンゾが

戦闘力の低いチームだったこともありますし。 ( ´ー`)ノ









しかし観る側としては、

ミハエルの完璧過ぎるレースを

何年も見せつけられ続けてきた後だけに、



ちょっと、ねぇ。。。













以上、総括おわり。













----------------