最近の気に入りキャラ

テーマ:
最近は電車移動が多いので、

この子たちが割と気に入ってます。

Suica!

こ、こいつ、腹が電卓になってたのか。
撮った時は気がつかなかった。(^o^;



JR東日本エリア限定キャラで、すみません。(^^ゞ


それにしても、頭のVの字がある子とない子がいる のは、
ペンギンのキャラの違いなんでしょうか?w

名前も気になるところですが、
「名前は特にない」のが現状のようです。

JR東日本さん、これだけ露出されてるキャラなんだから、
名前くらいつけて上げなきゃ!


大相撲

テーマ:
実は、けっこう相撲も好きだったりするんですが、

若貴フィーバー以降は、見ていて面白い取り組みが
少なくなってしまい、見ていませんでした。


特に最近の、

 ・朝青龍の一人勝ち
 ・ふがいない大関陣 には、

ちょっとねぇ。。。 という感じで。。。(>_<)





ですが、今日は久々に時間を作って、
NHKで生中継を見ました。

「おお。(゜o゜) ついに朝青龍に対抗できるやつが
出てきてくれたかな?」 と、思って。(^o^)



結果は。。。。




_| ̄|○




琴欧州よ。

せっかく優勝決定戦まで持ち込んだんだから、

せめて土俵際で、もちっと粘ってくれよ。( ´△`)




ですが、彼にはこの悔しさを糧に、
来場所こそ、初優勝と大関昇進を目指して
頑張ってほしいものです。






それにしても、朝青龍、すごいですね。

大鵬以来の6連覇ですよ。
38年ぶり!



彼がやたら強い一方、
大関を始めとした他の上位陣が
如何にだらしないかも、示している訳ですが。(´・ω・`)




これまで朝青龍は、個人的にあまり好きでは
ありませんでした。


もう勝負がついているのに、
相手力士を土俵外に突き落とす取り口や、
勝った時のガッツポーズは、

みなさんおっしゃっているように、
横綱としての品位に
欠けたものである、と思います。



ですが、
今日の表彰式で、目を潤ませていた場面。

そして優勝インタビューでの、
「2つ差がついた時は、もうダメかなと少し諦めかけたけれど、
ここで諦めたら横綱じゃないから、気を取り直して頑張りました」
という言葉を聞いて、
見直してしまいました。

同時に、はずかしながら、
ちょっとジーンときてしまいました。(^^ゞ


考えてみたら、まだ24才の若者なんですよね。

しかもモンゴルから来て、異国の伝統的しきたりの中で
揉まれて、がむしゃらにやって、ここまで上がってきた。


それらを差っ引いて考えて上げなきゃいけないなと。



一人横綱という重圧に耐えて、
その面目を、必死に守っている。

10以上も年が上の自分として、
見ていて、はずかしく感じてしまいました。


今日は残念ながら敗れた琴欧州にも
まだまだこれからチャンスはありますから、
今日の優勝決定戦を戦った2人には
これからも相撲界を
盛り上げて行って欲しい、と願うと共に


自分も、仕事で結果を出すように頑張らなきゃ!と
単純ながら、思いました。(・∀・)


僕のトラウマ

テーマ:
先日、女性専用車両に気づかずに乗ってしまった
記事
を書いたら、

小学校時代のことを思い出しました。






私、小学校時代、


クラスに男子が、たった4人だったんです。



クラス全体では、28人。

つまり、男女比が

4:28 = 1:7


ということです。







なんでこんなことになったのか、というと・・・






幼稚園から高校まである私学だったんですけど、
中学以上は、女子校になっちゃう所だったんですよ。

で、幼稚園と小学校も、僕が入る6~7年前まで
やっぱり女子校だったそうなんですが、

なぜか途中から、共学にしたらしい。




なんで、「小学校までが共学」なんて
実に中途半端なことをしたのか?

それは、いまもって謎です。







ちなみに、この制度はいまでも続いていまして、
小学校は相変わらず共学を謳ってます。

しかし! 男の子を入学させる親がおらず、
男が1人もいない学年も、いくつかあるそうです。(笑)









自分のことに話を戻しますが、

このことを、人・・・特に男性の友人に話すと、


 「うわー、うらやましい。
 ハーレムだったんだなぁ (゚∀゚)アヒャ」


とかいう反応が、よく返ってきます。












ここで、断固として否定させていただきます。










 とんでもない!!

 ( ゚Д゚)ペッ








体育の授業の前。 みんな、体操着に着替えますよね。


寒い冬の日。
女子はヒーターが入った教室で、ぬくぬくと
着替えていました。




我々男子は・・・



廊下ですよ! 廊下!!ヽ(`□´)ノ




凍えそうに寒いだけでなく、
ズボンをはき替えている所を、他のクラスや他の学年の

女子が通りがかったら、丸見え でした。(´・ω・`)









「あまりにひどいから、なんとかしてくれ つД`)」

4人で先生に陳情した結果、与えられた更衣室は・・・










ひしめき合って積まれた教材が、
崩れ落ちてきそうな

物置部屋でした。(´・ω・`)









これ、よく考えたら、
今だったら問題になるんじゃないだろうか?(´・ω・`)





















しかし最も恐ろしかったのは、
そんな様々なひどい待遇よりも・・・






「女子軍団」そのものでした。(´・ω・`)










うっかりいたずらが過ぎて、
女の子を1人、泣かせてしまった時。













放課後に、12人がかり

詰め寄られた時の、あの恐怖と言ったら。。。。








(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル・・・・・・・・










((((( ;゚Д゚))))アワワワワワワワワ・・・・・















女性が徒党を組んだ時の恐ろしさを、
身をもって体験しました。(笑)











その経験が大きなトラウマとなって、

僕はすっかり女性恐怖症となり



それは今でも続いています。(笑)

フェチバトン

テーマ:
えっと、めんどさん から「フェチバトン」なるものをいただきましたので、
やってみたいと思います。


しかし、フェチのバトンとは。。。
一体最初、誰が考えたのか辿って行きたい気も。(^^ゞ


Q1 あなたは何フェチ?


これ、物でも人でもいいんですかね?
物のことだったら・・・なんだろ。 強いて挙げれば、
スピードフェチかなぁ? 

クルマで「ちょっとだけ」飛ばすと、生きてる喜びを感じることが
あるので。

「ちょっとだけ」ですよ、「ちょっとだけ」!(^^;
それに、同乗者がいる時は、徹底的に安全運転だし。
(必死で取り繕う)

人、というか、異性のことだったら・・・
結構、「肩フェチ」かもしれません。
ノースリーブのシャツとか着てる人を見ると、
不思議とドキっとしちゃうので。(^^ゞ


Q2 好きな人を見てまずどこを見る?


好きな人がいる前提で、その人に会った時にまずどこを

見るか?ということでいいんでしょうか。
(理屈っぽくてすいません)


だとしたら、やっぱ顔だと思いますが・・・。

相手がどんな心情か、一番出るのは、やっぱり顔と思うので。


それから、好みのタイプはそりゃありますけど、
特に面食いという訳ではないと思います。(^^ゞ
性格が一番ですので。


Q3 最近プッシュできる部位


女の人みたいなんですが、「鎖骨」でしょうか?
痩せてるもんで・・・ 鎖骨でなら、いい勝負ができるんじゃ
ないかと思います。(笑)

あ、あと、両腕の肘から下全体(手含む)も、自分としては
結構好きです。(^o^)


Q4 よく見る 特別な思い入れのある
     人物の お気に入り部位5つ


なんじゃ、この質問は? どうやって答えろと?(・∀・;)

強いて挙げれば、上と同じで顔と肩と思います・・・



Q5 バトンまわす5人


うーん、どうしよう?

 心に福を猫との生活♪  の 福寿ママ♪さん
 これからこれから♪  の しろいぬさん
 *ウカブ2ばんめ*  の ウカブさん
 負け犬女と猫一匹  の ぐる~みさん
 毎日がおっぺけぺ~  の choco-booさん

お願いしていいですかー?(^^ゞ

でも、僕も特にご連絡は致しませんので
ご覧になって、気が向いたら持ってって下さい。(^^)


WRC(残念なできごと)

テーマ:
WRCは金曜日から今日にかけて
第12戦のグレートブリテン・ラリーを行っている最中でしたが、
各サイトの速報 によると、第3レグのSS15で、プジョーの
マルコ・マルティンのクルマがコースオフして、助手席側を
激しく木にクラッシュ。

コ・ドライバーのマイケル・パークが、その事故によって
亡くなったそうです。
(ドライバーのマルティンは、負傷なしとのこと)


WRCの競技中に死亡事故が起きたのは、おそらく
86年の、ヘンリ・トイボネンの死亡事故以来。
とても残念なことです。

マイケル・パークのご冥福を、心からお祈りしたいと
思います。


僕はマルコ・マルティンも応援しているので、この出来事に
屈せず、これからもチャンピオンを目指して、ラリー活動を
続けてほしいと思います。




>>追記・訂正<<
 直近のWRCでの死亡事故は、93年、オーストラリア・ラリーでの
 ポッサム・ボーンのコ・ドライバー、ロジャー・フリースの死亡事故
 でした。