*ヒグチアイのメインブログがAmebaに変わりました。
*ヒグチアイのHPが完成しました。
http://higuchiai.com
引き続きヒグチアイの仮住まいは携帯のサイトに変わります。
http://95.xmbs.jp/higuchiai/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年04月14日(月) 15時18分00秒

西武新宿線

テーマ:ブログ
私が東京に出てきて、初めて住んだ場所は、西武新宿線の上石神井駅が最寄りだった。



高田馬場から、黄色い電車で、急いでるときは急行、ゆっくり座りたいときには各停に乗って、15分から30分ぐらいで着いた。



初めての東京は、意外と質素で、普通で、住宅街だった。



家から歩いて一分でジョナサンがあった。
よく、そこで、歌詞をかいて、勉強して、音楽を聴いた。






黄色い電車は、わたしの青春。

東小金井に住んでたあの人は今どこにいるのだろう。

小さな公園で夜通し話したって、話足りなかった。



黄色い電車は、わたしの青春。

本川越から、川越駅まではとても遠くて、学校に行くのが嫌になってしまった。

一年半だけの、わたしの母校。


傘を貸してくれたエスニック雑貨の店は、いつのまにかなくなってしまっていた。


長い長い商店街で、お祭りを見た。


初めての、東京。



ここから、通った、東京。



黄色い電車は、わたしの青春。




今も、また、乗っている。



今も、まだ、乗っている。
同じテーマ 「ブログ」 の記事
PR
2014年04月07日(月) 12時05分00秒

ともだちのうた

テーマ:LYRIC

きみがいつでも背負っていたもの

ぼくに少しだけ分けてほしいよ

泣きそうな顔で大丈夫と言った

きみの心の水そうを見せて



一人じゃないのに一人に思えるよな

みんながいるのにさみしくなるよな




本当のことはだれも知らない

だからだれにも言えないままでいい

わかったふりを続けていれば

心の奥まで腐ってしまう



だれも許さなくてもぼくはきみを許そう

なにを言われてもきみを許そう

きみが好きだからいつもそばにいて

だれよりもきみの幸せを願うよ


幸せを願うよ
2014年03月25日(火) 05時56分00秒

ゆらぎのなかの深読み

テーマ:ブログ
ナチュラルハイ。


空の色とか、美味しかったご飯とか。


海の色とか、波のでこぼことか。



鷺とか、うそとか。



大阪とか岡山とか、真っ暗とか。





想像してみる。






全部をね、ぐっちゃぐちゃにまぜこぜにしたら、今が一番いいのかもねって。




でも、わたし、わたしでいたい。



あなた、あなたでいてほしい。




でも、わたし、あなたをどうにもできない。




どこかで、交われば、そのときはそのときだ。




このまま、流れていっても、そのときはそのときだ。







今は、大切なもの、大切なだけ、大切にしたい。



逃げても、目を背けても。





朝とか、東京とか。





起きたらライブだ。

寝ても起きたらライブだ。




会えるね。




会おうぞ。



2014年03月20日(木) 23時25分00秒

憂鬱なきみに

テーマ:ブログ
言ってあげられる言葉はなんだろう。




探しても見つからなくて歯がゆい。





いつかバランスが崩れて、いつか笑えなくなって、大丈夫だと思えなくなっても、いま、大事だと思えるものを大事にしたいと思う。し、したらいいと思う。




どうなったって、きみの味方だ。





2014年03月17日(月) 20時03分00秒

オレンジジュース

テーマ:ブログ
いつまで経ってもわたしは、オレンジジュースが好き。



いつまで経っても、カレーライスが好き。




いつまで経っても、ニンジンが嫌い。






全部が全部、そうじゃないけど、変わらないものもありますね。









関西にいます。



長野、香川。
わたしの関わりの深い町を一気に通過して、どこにも感じない、ここにしか感じない匂いをかいできましたよ。


春が来てるね。


長野は寒かったけど。




まちなかに学生と振り袖が混線してて、ほら、春だ、と思った。





大きくなったね、やっぱりじいさんににてる、と言われた香川。


大きくなっても、わたしにとっては、ずぅっと、おばあちゃん。



はとこ、、にも会ったよ。


赤ちゃんって、重たい。






帰り道は、少し淋しくなって、淡路SAで見つけた猫の兄弟?姉妹?に癒された。








わたしを、わたしとして、愛してくれる場所にいつまでも帰れる気分でいられるために、わたしはまた帰るのだろう。





五年後は生きてないかもしれないから、ってばあちゃんの友達に言われた。




今度は早めに行くね、だから、生きててね。








優しい日々を、ありがとう。



[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>