3月4日(日) 13:30~16:30(開場13:00)
樋口健二講演会「3.11から1年、絶対に原発を稼働させてはいけないこれだけ危険な現実」
場所:さいたま市与野本町コミュニティセンター多目的ホール(大)
(JR埼京線与野本町駅西口徒歩3分/
さいたま市中央区本町東3-5-43/tel048-853-7232)
参加費:500円(高校生以下無料)

[講演内容]
特別報告:めざせ、学校給食0ベクレル~私たちのすぐ身近にある放射能汚染と被曝について知ろう。(内部被ばくを考える市民研究会/川根眞也氏)
・さいたま市での事故後の状況(測定始めたこと・その時学校での対応)
・内部被ばくの危険性
・市民による測定とその意味など
1部:取材を通してみた福島の現実
・昨年の福島取材の報告と現状。
・福島の避難区域や被曝の基準値について
・福島の農業について
2部:原発被曝労働者の危険な労働実態と健康被害の現実。
・作業員は事故が起きなくても毎日被曝しているという事実
・被曝労働者がどれだけ苦しんで亡くなっていったかということ
・いまも変わらない原発労働のしくみ
3部:アジアや海 外に絶対に原発を輸出させてはいけない理由
・アジアの原発労働現場でも悲惨な労働と被曝実態があり、多くの労働者が亡くなった。
・ウランなどの採掘現場での労働者の被曝や周辺住民や子どもたちへの被曝実態。
・こんなに危険な原発はつくらない、売らない、稼働させない。
4部:質疑応答

[主旨]
甚大な被害を生み出した福島第一原発事故から3月で1年目を迎えようとしています。まだ事故究明もされず、放射能も出続けています。チェルノブイリ原発事故と同等かそれ以上の放射能汚染が起きているのに、福島では年間20ミリシーベルトが避難基準となり、避難したくてもできない人びとがたくさんおられます。親たちは子どもたちの内部被曝を心配し、不安な日々を過ごしているというのが1年たったリアルな現実です。
また、放射能汚染は福島にとどまらず、首都圏でも高い線量が測定される場所があります。汚染した食材などが市場に流通しているため、首都圏で暮らす私たちも被ばく者になっています。
こんな状況のなか、4月にはすべての原発が定期検査で止まろうとしているのに、原発を再稼働しようという動きがあります。
そこで、二度と原発事故を起こさせない、稼働させない、海外に売らせない、そのための認識や知識を深めていくために、埼玉や東京で活動する市民団体が協力し合って集会を開催することにしました。

共催:(ウェブマガジン)のたる:090-5548-4296(宮沢)/週刊金曜日川越・ふじみ野読者
会:090-1702-8944(白田)/東村山で放射能汚染問題と避難者と福島のことを考える会:090-9963-5238(八尾)
協賛:週刊金曜日

3月11日(日)16:00~
「樋口健二講演会」
場所:「会場未定」北海道岩見沢市
参加費:不明
主催:北海道平和運動フォーラム空知平和フォーラム
問合せ先:090-2876-0681(中村)

3月25日(日)13:10~
「これが原発だ」
場所:浄土真宗福善寺本堂(香川県)
(高松市御坊町1-1/JR高松駅より徒歩15分/琴電バス紺屋町下車徒歩5分/駐車場なし)
資料代:500円
主催:香川県子ども文庫連絡会
問合せ:087-881-8539(松崎)




AD
2月14日(火)16:00~
「原発被曝労働の現場から」
場所:羽曳野市民会館3階会議室(大阪府/近鉄南大阪線「古市」駅下車徒歩5分)
(羽曳野市誉田1-4-4/tel072-958-2311)
参加費:不明
問合先:090-2354-8829(橋本)

2月25日(土)16:00-18:30
「樋口健二講演会・未定」
場所:東京保険医協会セミナールーム
(JR新宿駅南口徒歩10分甲州街道沿い/
新宿区西新宿3丁目2番地7号 KDX新宿ビル4階)
参加費:不明
主催:東京反核医師の会
問合せ:03-5339-3601(市川/大竹/磯林)

2月26日(日)16:00-18:00
「原発労働者を撮り続けて」
場所:荒川区立町屋文化センター第3、4会議室
(地下鉄千代田線「町屋駅」2番出口/京成線町屋駅より徒歩1分/
tel03-3802-7111)
参加費:不明
主催:平和憲法を守る荒川の会
問合せ先;070-5551-0380(横山)


AD
12月3日(土)15:30~18:00
「原発労働者の今」
場所:昭島市立武蔵野会館(東京/JR青梅線中神駅下車)
参加費:無料
主催:西多摩自由大学
問合先:042-545-5997(向井)

12月4日(日)18:00~19:30
レイバーフェスタ/樋口健二映像とトーク「被ばく労働・最前線~フクシマの今」
場所:R’sアートコート(東京/JR新大久保駅)
参加費:当日2000円/前売り・メール予約1700円(http://vpress.la.coocan.jp/yoyaku-festa.html)
主催:レイバーフェスタ2011実行委員会

http://laborfesta.exblog.jp/
問合先:03-3530-8588

12月8日(木)開場18:15、開演18:30~
「原発被曝労働の実態」
場所:東京ボランティア・市民活動センター会議室A・B
(東京/JR飯田橋駅セントラルプラザ10F)
参加費:500円
主催:政治の変革をめざす市民連帯・東京
問合先:ctstky@yahoo.co.jp

12月18日(日)13:30~17:00
「原発で犠牲になる被曝労働者を知っていますか?」ポレポレ佐倉第8回
場所:佐倉市民美術館4Fホール(千葉/京成佐倉駅南口)
資料代:500円
主催:ポレポレ佐倉
問合先:090-5520-1733(魚住)




AD
11月18日(金)開場17:15~ 開演17:30~
「原発と子どもの命を考える」(兵庫県民大学)
場所:川西市立文化会館大ホール(兵庫県/能勢電鉄滝山駅下車)
参加費:300円
主催:川西・川辺教職員組合
問合先:072-757-7330


10月22日(土)13:30~16:30/合同出版共催講演会!
「原発労働と差別問題」
~人のいのちをないがしろにしてきた原発の本質~
場所:明治大リバティタワー1126教室(12F)JR御茶ノ水駅すぐ
参加費:500円
主催:現代史研究会/090-3216-0033(生方)
後援:合同出版/03-3294-3506(八尾)
1)原発産業の構造はどうなっているのか
2)原発は差別のうえに成り立っている。
・原発下請け労働者の構造
・元炭鉱労働者の悲劇
・少年被曝労働者の実態など
3)闇に消された被曝労働者
4)福島第一原発事故による原発労働者の悲劇はこれから始まる


10月15日(土)14:00~17:00「写真家樋口健二氏原発労働の実態を語る」
場所:平塚市民活動センター

参加費:
写真展を同時開催(13:30~20:00)
主催:サポーティングハウス「ひだまり」
問合:080-5673-2838(尚和のりこ)

10月9日(日)13:45~16:15「原発の根本問題としての被曝労働~原発労働者38年間の取材より」
場所:ひとまち交流館京都第4・第5会議室
参加費:1000円、学生500円
主催:ピースムーブメント実行委員会
問合:090-2359-9278(松本)

10月8日(土)13:30~「講演会/タイトル未定」
場所:市川教育会館
*JR本八幡駅
参加費:
主催:戦争はいやだ!市川の会
問合:047-337-5786(菊池)

10月1日(土)10:30~12:30「東海村JCO臨界事故から考える・仮題」
場所:未定
*写真展同時開催予定中
参加費:
主催:臨界事故を語り継ぐ会(大泉の会)
問合:029-282-3619(相沢)