2015-11-27 12:40:48

内面の演技

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


今日は内面の演技について書かせていただきます。


例えば、信号待ちの人がいたとします。
特に何もするわけでもなく、
立っています。


その人を見て
無機的で何もしてない、
という印象は無いはずです。


信号を待っている間は
人はいろんな物を観察したり、
考えごとをしたり。


実際には内面がきちんと動いています。
そのため有機的なものです。




演技中にセリフがなく、
特に指定された動きが無いとき。


俳優は「何かしなくては」という脅迫観念にかられます。


相手のセリフに合わせて、
考えられるリアクションをとります。



しかし基本は内面です。

役として何を見て、何を聞いて
どう感じ、どう思っているのか。


観客に見えない部分ですが、
役の人物が本来そういう事をおこなっているのであれば、
当然同じことをおこなわなければなりません。



内面のないリアクションは舞台上にいながら、
相手のきっかけを待っている待機状態です。

俳優としては演技を進行するための有機性が働いていますが、
役としては、有り得ないほど無機的ということになります。



みなさんが信号待ちの人を有機的に感じるように、
役の内面がきちんと働いていれば、
じっと立ったままでも



観客には役の有機性が
ちゃんと伝わっています。

+++++++++++++++

プロダクションハイタッチ (公式サイト)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-11-19 13:08:45

動機がつけられるか

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


稽古のときに動機付けという言葉がよく使われます。


そのセリフの動機は何か?
その動きの動機は何か?

手を挙げるという動きが、
動機付けされることにより、
目的を持った行動になる。
演出家のダメだしで「その動機はなんだ!」
と言われても、言葉で答えることは簡単です。


台本を読めば、ちゃんと書いてある。
演出家が言いたいのは
「お前の動きには動機が見えない。
お前のセリフには動機が感じられない。」ということ。



台本への解釈が入り込むと
動機が見えにくくなることがありますが、
それは頭で考えるからです。
動機というものは本来単純なものです。


人を殺すというときその動機は様々でしょうし、
人間関係など複雑な要素が絡む。


しかしそれだけでは人を殺せません。


複雑な要素が生み出した殺意が、
人を殺人に走らせるということです。


演技で言う動機とは、この行動の一瞬前に現われる殺意。


なぜ水を飲むのか?
水を飲みたいからというのと同じです。

そのときの俳優の身体が、
水を飲みたがっているかどうかが問題です。


飲みたそうな演技をしても、それはただの演技。
動機はウソの芝居ではカバーできない。


動機が見えるから、行動がリアルになるんです。


このことから考えると、
動機というのは身体の変化ということです。



動機をわざわざ見せようとすると、
たちまちウソの演技になります。

動機は行動ではなく行動以前です。
そこが難しい。

++++++++++++++

芸能事務所 オーディション
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-11-16 09:15:54

パリのテロ報道を見て

テーマ:ブログ
パリでテロが発生し、
犠牲になってしまった方ご冥福をお祈り申し上げます。

ニュース、ワイドショーもこの事件で持ち切りで、
弱い民間人に対して、
自動小銃を持ったテロリストが一方的に殺戮をする。
といった構図です。

事実としてはその通りだと思います。


フランスはシリアに空爆をしていて、
それに対する報復措置という見方もされています。


もし日本が同様に他国の軍事作戦に参加して、
恨まれるようなことがあったら。。。安保の悲劇といった
論調まである始末です。


安保法制が元で戦争するんだったら、
同程度の法律がある世界各国中で戦争がなければおかしな話です。
日本の安全保障の法整備はまだまだなレベルな程で、
憲法も含めてもっと検討が必要です。


外交には軍事力も必要ですから、
足かせが軽くなった分交渉するにも有利に働くとは思います。
自由になった日本がどう世界に貢献するかが、
ますます問われそうです。


テロはもしかすると、
フランスがシリアで民間人に対して、
大量虐殺をしてて、
それに対する報復かという考えもありますが、
実際のところは分かりません。

もし、フランス側が民間人を虐殺しているのであれば、
テロをする側は必死の抵抗をしているとも見えます。
テロ=悪という印象ですが、
同じ民間人を殺すことには変わりませんから。


先の大戦で日本がアメリカに空爆を受けて、
大量殺りくをされていた頃、
今みたいに航空のネットワークが充実していれば、
アメリカに行ってテロを起こす日本人がいたかもしれません。


それを卑怯というのはあくまでもやられる側で、
逆にやる側は正義だと思っているかもしれません。

フランスは大変な災難を被った、
という一辺倒な報道とそこから受ける印象は、
どうも不自然なものです。



流される情報を元に、何を拾いどう判断するか。
メディアリテラシー教育の必要があります。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-11-11 13:58:23

意識が分散する

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


手に何も持たずに演技に入ると、
腕の位置や肩の線や、背中の感じなど。

どことなくぎこちなく感じます。


小道具を利用すると、
落ち着いて演技ができる。



小道具に頼るという演技です。


動きのあるセリフや活発な演技なら気付きにくいのですが。


動きやセリフがあまりなく、しかも中央に位置されようものなら
そのぎこちなさは大きく感じます。


そんなときにたばこやグラスなど、
手に小道具があると大助かりです。



役の人物が、もし、本当にそこに実在するとしたら
きっとそんなぎこちない感覚はないでしょう。


人物が注意や意識を向けている点と、
俳優が向けている点が違うことが、
このズレを生む原因です。


その注意や意識の代わりとして小道具を持ち、
困った時にそこへ向ければ、
身体が楽になったように感じる。


身体が楽になれば、気持ちも楽になる。


というかたちです。



そのままで良いわけがありません。




まずは日常、
意識が分散していることを理解するところから。


例えばジュースを飲みながら、
携帯を操作する。


きちんと手に持つ。
口に運ぶ。
適量飲む。


温度や味など。


加えて携帯の操作にも数々の意識が
同時に働いています。


演技では意識が単調になるならまだまし。

セリフや段取り
自分が披露しようとする技術にしか意識がいかない俳優もいます。



人はおとなしくそこにいるようでも
意識をいろんなところへ
活発に、同時に向けています。



それが本当に見る、聞くということです。



それが日常と同じような数に近づくほど、
俳優は落ち着いて演技ができるのです。
演技中にも意識はいろんな方向へ分散するべきです。

+++++++++++++++

プロダクションハイタッチ (公式サイト)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-10 14:02:54

プロセスの演技は脚本に書かれてる結果に繋がるか

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


プロセスを演技することの大切さについて
書かせてもらいます。



この演技には、まず整理が必要です。

第1は単純な目的。
自分が、そこで何をしたいのか?



第2は目的の理由。

そこですることは、
自分にとってどんなメリットがあるのか。


できるだけシンプルにまとめてください。


目的は脚本から読み取れますので、
脚本に沿って演技することになります。



目的の理由がないと、それに見合った行動がとれません。



プロセスを演じて、脚本の結果に結びつくかどうか?
という不安はあるかもしれません。


ただしそれは、
目的や理由が明確に整理されてなく、
場面に合った意志で演技に臨めていないからです。




きちんとかけている脚本に沿って
演技していけば、
脚本の結果に向かって演技していることになります。


結果から逆算して
心の変わるポイント
言い合いのテンポや語調など、
決めて固めていけば、確かに安心です。



しかし観客は安心して演技する俳優を観に来ているのではありません。



目的と理由を整理し、
単純な行動からアプローチする。


ストーリーの為に無機的にならず、
有機的に演技してください。

+++++++++++++++

東京の芸能事務所
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-11-05 11:32:46

無意識的な意識の続き

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。

前回書かせていただいた
無意識的な意識についての続きです。

まず無意識的な意識を具体化し、
意識的におこなえるようにしましょうと書きましたね。


日常の、できれば人と関わっている時の
視覚・聴覚などの五感で捕らえたものや、
自分と人の会話や内面。

全てをリアルタイムで再現するつもりで記憶して
トレーニングしてみましょう。

記憶しようとすることで、
普段は気付くことの無い
こう言うところを見てるんだとか、
自然に働いている感覚や注意力など。

「無意識的な意識」を発見できます。


みなさんはよくコンビニで買い物とか
されると思いますが。

コンビニの入り口に立ったところから、
できる限り正確にリアルタイムに。


お店を出るまでの自分の行動を思い出してみましょう。


何を見て、何を聞いて。

何を思って、何を感じて。

どこをどう歩き、
なんでそれを買ったか、など。


自分の行動を客観的に分析してみましょう。


自分が意識していなかった
普通ということに、
どれだけの機能が働いていたか。

それを見つけることができるでしょう。

+++++++++++++++

プロダクションハイタッチ (公式サイト)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-04 12:15:42

無意識的な意識

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


今日は無意識的な意識について書かせていただきます。


例えば、何かを手渡されたとします。
例えばグラスなど。

受け取るときにちょうどグラスのバランスが取れるような
ところに指を添えたり、
持つところを自然と見ていたりします。


ちゃんと落とさずに持とうという
意識からくる行動を無意識的におこなってます。



このような単純な身体的な行動だけでなく
自分と友人
自分と親
自分と初対面の人や恋人など。

人間関係だけでなく、
置かれた状況によって、内的にも外的にも

無意識的な意識をそれぞれに合わせて、
たくさん働かせているのです。

普段気がつかない、
この無意識的な意識はきちんと日常では働いています。


これが演技だと、
無意識的な意識を働かせなくても、
関係を築き上げています。

それでも成立して見えてしまいます。

その為、不思議な演技を観ることもしばしばあります。



プロセスが正しくなければ、
その結果に辿りつけるわけがありません。


その場面で相手のどこを見て、何に注意しているのか。
無意識的な意識という行動が導いて、
次のセリフや行動につながっていくのです。


これを演技で、簡単に使える俳優はいません。
それでも正しいプロセスのためにはなければなりません。


まず無意識的な意識を具体化し、
意識的におこなえるようにしましょう。

+++++++++++++++

芸能事務所 オーディション
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。