1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-01-31 15:07:34

自分を捨てる

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


前回は一旦覚えたセリフやスタイルを捨てる
ということを書かせていただきました。


今回も捨てるについてお送りします。

自分を捨てるです。

私を捨てるとはどういうことでしょうか。

演技って、
ともすると独りよがりになりがちです。
自分をどう表現するか。
自分はどう見られているか。

そういったことに意識を集中させてしまうと、
まとまりのない演技になってしまいます。

当然演技は相手役や周りの役がいて、
みんなで作り上げるものだからです。


精神論になると思いますが、
他人のために自分を捨て、尽くすということが必要になってきます。

相手役と自分自身
双方がお互いのために自分を提供し、
相手から受け取ったセリフから感情を生み、
そこから発するセリフを相手に渡す。


その相手と自分との両輪で
車のように前に進んでいけるのだと思います。


また、
観てくれるお客様のために。
と自分の利己を捨て、
利他的に考えれば考えるほど、
自分を捨て、身軽になれるのだと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-01-30 13:47:37

宮地嶽神社

テーマ:福岡
直径2.5メートル、長さ13.5メートル、
重さ5トンの日本一の大注連縄(おおしめなわ)。



直径2.2メートルの日本一の大太鼓です。

重さは450kgもある銅製の大鈴で、
篤信の方のご奉納によるもので日本一。
3つの日本一があります。
福岡県福津市。JR福間駅からがお近くの神社です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-30 11:34:49

いったん捨てる

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


本日は演技、セリフについてお送りします。

一旦覚えたセリフやスタイルを
忘れましょうということです。


決まった型を取り入れ、
それにとらわれてしまうと、
決まったスタイルが強調されて鼻についてしまいます。


一旦舞台で覚えたセリフも忘れた方がいいです。

セリフを忘れるというより、
体に染み付いたセリフ回しを一旦捨てろということです。


演技にもスタイルというものがあります。
何もスタイルがないということは、
素の自分なので演技ではありませんね。


スタイルを保ちそれが自然に見えるようにしなければなりませxん。

スタイルが鼻につくようでは
型にとらわれているということになる。


一旦覚えた型を捨てる勇気。

そこからまた新たな型を作り出していくと、
すこしづつ役者として成長していくと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-29 14:54:54

セリフとして成立するために

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


台本には、
セリフは書かれていますが、
そこに含まれるニュアンスについて書かれているわけではありません。

要はマニュアル書ではないので、
自分で考えなくてはなりません。


例えば、
「私だったら絶対こうしていたわ。」

という言葉があったとします。
自分のことを言いながら、
しなかった相手のことを責めています。


私はこうしたのに、
あなたはしなかった。

あなたは冷たい人ね。

ということを含めて伝えたい。というようなことが分かってきます。


経験がある方なら少し読めばこのくらいは分かりますが、
こういった意味も含めてセリフは言わなくてはなりません。

書かれていること以上のことを想像するためには、
外の世界での経験が必要です。

世の中は日々変化します。

その変化に対応しつつ、
世の中のニーズや感覚を掴む能力。
これが必要です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-28 12:18:30

大砲ラーメン 久留米

テーマ:福岡
以前
久留米にある大砲ラーメンに行ってきました(^-^)


  



駐車場に車を止め車外に出る。
うっ!

結構とんこつの香りが強い。
これが久留米ラーメンというものなのか?

定義は分かりませんが、
とんこつラーメンよりも香りが強かったのは確かです(^-^)



初めて食べる久留米ラーメン。
どんなだろう?




こんな感じでした。

見た目よりも
とんこつの感じが結構強かったです。

私本場のとんこつラーメン大好きなので、
香りが強いのも全然へっちゃら(^ ^)


というより、
ハマる人はハマります♪

オススメなのでぜひ。

天神にもお店があるようですー(*^_^*)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-27 12:03:00

役として存在するために

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


今回は舞台についてお送りします。


舞台にたった一人で役として存在することって
できるでしょうか?

答えはいいえです。


相手役との関係性があって、
はじめてそこに役として存在ができます。


相手という役があるからこそ、
自分という役という個が生まれます。


母という役がいて、
娘という役が存在できるというものです。



悪役が存在するためには、
他に正義の味方がいたり、悪役に被害を受ける役があったりします。


全体の中での悪い役という関係性です。
みんなが悪いヤツであれば悪役とは言えませんね。


役者の存在感というのは、
そういった他者や全体との繋がりがあって、
はじめて発揮できるのです。


いくら踏ん張ろうと、大きな声を出そうと
存在感が増すわけではありません。


ストーリーや状況や、
ここにいなくてもこのストーリーに繋がっている全ての役。

そういったものを全て背負うということです。


いかに関係すること。
いかに繋がるかということが、

存在感のある役者にも繋がってくると思います。


関係性を生み出す力が強い役者が
存在感のある役者です。


本当に関係することです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-26 12:33:33

セリフを言う身体

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。



セリフについてお送りします。


まず、
セリフをいうためには、
その言葉が生まれる身体にならなければなりません。


例えば
緊張した状態でセリフを言うとします。
緊張すると胸が詰まり呼吸が浅くなります。


さらに緊張感を出すために、
胸に残った空気を吐き出しさらに
息苦しくします。


もちろん苦しいです。


普通に胸で呼吸をすれば楽だが、
それでは胸や肩が動き、緊張感が失せてしまいます。

息を吐き出して
胸をすぼめたまま複式呼吸をします。


少量の息で、
その息を使ってセリフをいう。


腹の底から言葉が出てきます。


そうやって身体も声も
緊張感を持たせたまま、
絞り出すような声でしゃべることができます。


難しいことですが、
演技の世界ではこういった表現も必要になります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-25 14:34:53

セリフと身体

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


演技でセリフを発するときには
言葉に沿って身体も変化するのが普通です。


例えば怒っているときは、
血が巡って顔面が紅潮して来て、
言葉が出てきます。

セリフだけが先行するということはありません。


まず、
身体の反応が先行
すると言えるでしょう。


言葉っていうのは意味や気持ちを表します。


でも、
言葉に沿って身体が変化していない人がいます。


それを指摘すると、
どうすればいいのでしょうか。

という質問が返ってきたりします。


テクニックの問題じゃないので、
どういう身振り手振りをすればいいかっていう問題ではないのに。


身振りや手振りを
身体の表現だと思っていたら大間違い。

そういう人は
身体のことは分かりません。


こんな感情で
こんなセリフを言うとしたら自分の体はどのように反応するだろうか。


自分で創意工夫していかなくては分からないかと
思います。


台本は全てではなく、
ひとつの手がかりです。

それは言葉で書かれていて、
それを元に自分の体の変化を探っていき、
その言葉に見合った身体を自分で発見します。


自分のセリフだけでなく、
相手のセリフを聞いているときにも体は反応します。


身振り手振りをどうすればいいのか、
ではなく感情の変化が起こったときに
自分の身体がどのように変化しているのか、
という普段の日常でもその手がかりはあります。

常日頃、自分のことを第三者的視点に立って見てみましょう。


言葉よりも先に身体的変化があることに気がつくでしょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-01-25 13:44:31

八丈島にある裏見滝

テーマ:東京23区外
八丈島にある裏見滝(うらみのたき)です。

初めて聞いたときは恨みの滝かと思えて、
何かの怨念でも宿っているのかとおもいました。
ブルブル震えながら向かいましたら
こういうことかと納得。
滝の裏に入ることができます(^_^)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-01-24 13:42:43

理屈よりも自分の感覚

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


演技についてですが、
自分の感覚を信じてやっていても、
演技論的に疑問が生じることがあります。


以前講師の先生にこんな風に教わったな。
演出家の方が言ってた内容がイマイチ腑に落ちない。
など。


そんなときは一旦止まってしまうが、
やはり自分の感覚を信じるしかないと思います。


それでうまくいけば、
演技論は後付けすることができます。

人から教わったことと違うのであれば、
違うモノを自分の演技論として、
人に伝えればいいのです。


自分のやったことを検証して、
それを論じればいいのです。


役者として演技論ありきとして
考える必要はありません。


何も分からないうちは、
取り入れてみる必要がありますが、
それを実証するのは自分自身です。


ある程度経験を積んでいる方は、
やってみて自分の感覚に合わなければ、
無理に取り入れる必要はありません。


まずは、
自分の感覚を信じることです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。