1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-01-31 22:35:53

何か硬い

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


今回はセリフの話し方についてお送りします。

セリフの内容がどうも伝わってこない。
や硬いとか言われたことありませんか。


多くの方はセリフを言う時に
どう話せばいいのかという表現方法について
考えてしまいがちです。


そうなってしまうと
伝わらない演技。

心ここにあらずな、演技にうつってしまいます。

どうしたらいいでしょう。



これからこのセリフを話そうという
初動は、
意識すればするほど伝わってしまいます。


セリフ通り話そうとすると
普段使っている言葉と違うし、
棒読みになってしまいがちです。

方言が抜けない人や、
普段から砕けた言葉で話している人はここが苦労すると思います。



普段の生活に置き換えて考えてみましょう。


言葉というのは、
相手や周りの状況から受け取って、
自分の身体や頭を通して始めて口から発するのです。


それをセリフに置き換えてみればいいわけです。


セリフの内容を
自分の言葉に置き換えて相手役に伝えてみる。
その内容を相手が受け取って
ちゃんと理解しているか確認してみましょう。


そして、
相手役にもセリフの内容をその人自身の言葉で
伝えてもらってこちらが理解しているか確認してもらう。


そうやっていくと、
自分が何を伝えたいか、
相手も何を伝えたいか。

セリフの話し方の
足りない部分が見えてくるはずです。



一度やってみてください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-01-30 11:38:01

心を磨く

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


演技の基本は人の心を理解することです。

小手先の表現で、

その人の人間性、
魂でぶつかっていく。


大げさのようですが、
俳優修行は人間修行になります。


他人の心がわからない人には
いい演技ができませんからね。



俳優修業は即、人間修業になります。
人の心がわからない人は良い演技ができません。



良い演技をしたいと思ったら、
まず演技を学びどのように表現したらいいかを
考えがちですが、
まず人としての土台がなければ、
表現するものも薄っぺらい物になってしまいます。


逆にその土台がしっかりしていれば、
表現方法としての舞台、映像と
テクニックを変えていっても
観客の心をつかむ演技が出来ると思います。


人の心に共感する。深く同情する。
相手と共にある。



人として心を磨く。
当たり前だと思ってやっていってもらいたいと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-29 16:55:13

鶴橋の韓国料理屋さんランチ

テーマ:大阪
出張で大阪に行ったときに寄った鶴橋の焼肉屋さんランチ。



鶴橋の駅前は本当に大久保もびっくりの韓国街。

狭い路地にキムチやらの匂いが充満してて、
東京にすると
大久保と上野のアメ横を足してパワフルにした感じかな(‐^▽^‐)



昼から焼肉はちょっと重かったので、
確かコムタンスープの定食だったかな?
にしてみましたアップ



芸能界を志す方へ

韓国料理には小鉢が必ずついてくるのが嬉しいところ。
スープにご飯を入れて食べます。

寒い季節には体が温まって美味しいですね。
味付けも塩と肉から出るおダシで、
日本人にもうける
ホッとする味でしたドキドキ


午後も頑張れたし、
営業の足取りも軽かったです(^-^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-29 10:25:28

闇雲にレッスンを受ければいいのか

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。

最近ある養成所のスタッフさんと話したのですが、
やっているレッスンがダンス、殺陣、演技、発声とのことでした。



最近そのようなところが増えている気がします。


悪いとは思いませんが、
ダンスをやりたい人はダンスレッスン。


歌手志望だったら
ボーカルレッスン。


それでいいと思うのですが、
カリキュラムをある程度ボリュームあるものにするには
必要だとのこと。


また演技は経験しているうちにうまくなるとのこと。

たしかにそれはその通りだけど、
それじゃ不要なレッスン省けばいいのに。



レッスン受けないよりは、
やっておいた方がいいのは間違いないけど、
あまり無駄があるんだったら考えものかと思いました。


また演技を勉強しても、
リアリティがないと面白くありません。


役を表現するような演技レッスンが多いように見受けられます。

そうすると、
一生懸命頑張ってるな、演じているな、というふうに映ってしまいます。
やってる方はそう見られてしまうと辛いと思います。


いくら勉強しても、
それを発揮する場がないとモチベーションを
保つことができないと思います。

もっと現場に出られるようなところを
探したほういいかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-28 15:08:37

自分は商品という意識

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


芸能の世界でやっていきたい人、
たくさんいると思います。


ただ、たまにちょっと勘違いしている人がいます。


ちやほやしてもらうこと。
自分がやりたいことを表現する場。

それが目的だという考え方ではいけません。


仕事は利益を出すためのものなので、
あくまでも自分自身商品だという考え方が必要です。


CMだと、
そのCMが企業イメージに与える影響。
企業のイメージや売上アップに貢献するもの。。

出演者はそのことを理解した上で
仕事に臨まなければなりません。


結果仕事がきちんとできてくれば、
ちやほやしてくれることもありますが、
あくまでのそれは目的ではありません。


仕事は自分を見てもらったり、
我を通す場ではありません。

自分を通して、
企業や観客の役に立っていただく。

そこが違うと、
居心地が悪く感じてしまうかもしれません。



オーディションで担当をしていただく方は、
会社からしたら担当者ですが、
参加者から見ると自分という商品に価値をつけてくれる方、
だという認識が必要です。


また仕事をしたあとは、
次のこの人と仕事をしたい、
という気配りも必要です。

自分のことだけを考えるだけではやっていけません。
次が回ってこなくなります。


また、
どんな仕事でも喜んでやる。

些細なことでも喜んで自分から進んでやっていく。


見てないようで、
皆あなたのことをしっかり見てますからね。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-26 14:19:04

講師選びは慎重に

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。


演技を習うのに、
ちゃんとした講師に
教えてもらうことが必要です。

ウソ、ホントを見分ける能力がある講師。
ウソっていうよりリアルさがないっていった方が近いかもしれないです。


演技するのに才能よりも努力が必要で、
努力してもちゃんとした人から学ぶこと。


リアルさがないと思ったら、
それをどうやってリアリティある演技につなげられるかを
伝えられる能力。




ダメだしは誰でもできますが、
そこから成長させられるヒントを教えてあげなければ、
萎縮してしまうだけかもしれません。

逆にいいよいいよと褒める人もいますけど、
それもいけません。


確かに講師は生徒が来てくれるから
その場にいるんだけど、
褒めるだけでは成長しません。

もし、褒められてばかりだったら
気をつけたほうが良いかもしれませんね。


自分の課題を見出してもらって、
的確に指摘してくれるところ。

また成長すればするほど、課題は細かくなってくるはずです。
レベルが上がれば細かいところを追求してくるようになってきますから。


ゴールは見えませんし、へこたれることもあるかもしれないですが、
そのうち振り返ってみるとかなり成長していると思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-25 10:27:09

目標をもつ

テーマ:プロダクションマガジン
役者志望の人の目的って人それぞれで、

有名になりたい。
演じるのが好きで、役に近づきたい。
自分を認めて欲しい。
モテたい。

人それぞれ目的が違うのは
当然だし、よく解ります。

世の中いろんな養成所があって、
いろんな人がそこに参加をしてレッスンをしています。

自分の高い目標を持っていても、
目標の低い人たちの中にいると
知らないうちに自分の掲げていた目標、目的もぼんやりしてきたりします。


セリフを覚え、
それっぽくしゃべる程度は少し勉強すれば誰でもできる技術だと思います。


自分の目的・目標を高く明確に掲げましょう。
周りの環境によって、次第に目的も失われがちですが、
環境も自分で選ぶことができると思うんです。


養成所も自分に合わなければ選ばなければ良いわけです。


一年後には○○に出演できるようになりたい。
とか、
このくらいの観客が観に来てくれるような舞台役者になりたい。
とか、
まずは目標を作って見るといいと思います。

目標があれば、
達成した時にあじわう達成感もあると思うので、
小さな目標も併せて持つといいでしょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-24 09:42:33

余分余裕が必要

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。

演技に限らずに
自分はちゃんとしていなきゃ、
必要以上に完璧でなければならない。

って頑張りすぎてる人って多くないですか。


そんなことない?
だったらあなたの人間関係は良好かもしれないですね。

類は友を呼ぶというので、
完璧主義な人はそんな人に囲まれ
さぞや気苦労も多いことかと思います。


日本人に多いと思いますが、
真面目な気質なものあるんでしょうね。


正確さや完璧さを求めると、
精神的に不安定になってり、常に緊張状態が続いて
病気になってしまったりします。

相手にもそれを求めてしまったり


たまに役者にもいると思います。
自分に完璧さを求めるのと同様に
他人にもそれを期待したり。

しょせん人は人なのに、
それがかなわないとイライラしたりする人いますよね。


人は完璧な存在ではないと思います。


考え方としては
自分のベストを尽くそう。

今できることを一生懸命やる。

また精神的に余裕がないと
新しい発想も生まれません。

考え方にも余地は必要だと思います。

俯瞰というのでしょうか。

自分のことを離れたところから見つめ直してみる。


正解はないし、
今正解だと思ってることも10年後には自分の中で変わっているかもしれません。

よくありますよね。


人は完璧主義ではない。
そこを理解しましょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-23 10:49:12

今必要だから起こってるんだよな

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。

ついてないな、
なんで自分ばっかりこんなついてないんだろう。

って思うことないですか。

ずっとそんなこと思ってたら、
かなり辛いかもしれませんが。

たまにそういう時期って訪れて、
大体の場合、
何となくそのうち普段の状態に戻っていくので、
喉元過ぎればなんとやらで、
忘れてしまうかもしれません。



でももしかしたら、災難というよりは
今のあなたに足りないことを
気づかせてくれるいいきっかけになってるのかもしれません。

例えば
普段から時間にルーズだと、
大事な時に電車が遅れて遅刻しちゃったり。

でも普段から時間に余裕を持って行動していれば、
ちょっと遅れても何事もないかもしれません。

また、
普段から貯蓄してないと、
いざという時が重なると家計がピンチってなるかもしれません。

でも普段から備えておけば、
ちょっと重なっちゃったな、って思うだけで済むかもしれません。


今自分の一番弱いところは、
ちょっと変化があっただけで
自分の身に堪える経験になってしまうから、
そのショックも大きいのだと思います。


それは災難というよりも必然なわけであって、

何となく同じような災難が訪れるな、
って感じる人は
その部分がちょっと足りないのかもしれません。


そう考えると自分の身に起こることも、
見つめられるようになるかもしれませんね。

かくいう私は注意力散漫なので、
いざ集中しようとすると邪魔が入るって
思うことがよくあります(笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-22 14:28:04

自分を見つめ直す

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。

演技力を磨くためには
新しいことを学び、
技術を付ける。

ことも重要ですが、
それだけだとみんな同じような演技に
見えてしまいがちです。


役者というのは
その役を体を通して演じるものです。

よって、役者の身体や精神が変わると
表現する質も変わってきます。


だから、自分のこころを磨くことが必要です。
自分自身を知るということです。

案外自分のことを
認識しているつもりでも、
その現実から目を背け自分をまっすぐ認めていないことが多いです。


人から弱く見えないようにあえて強がってみせたり、
オーディションで自分の良いところばかり見せようとして、
型にはまった対応しかできなかったり。


自分に蓋をして、隠していたものを
開放してあげると
演技としても人間としても魅力あるものに映ると思います。


自分と深く向き合っていくこと。
そしてそれを認めて
受け入れること。

全てオープンにすること。


役を演じるのに役者自信がオープンにできないものを持っていると、
演じきることができませんからね。

一度自分を見つめ直すことをやってみてください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。