諦めなくてよかった

テーマ:
違う、違うんだけど・・・
一旦は、「ありがとう」で終わらせようとした
その瞬間

「いい人やめたいんだよね
本当の自分を出したいんだよね
たとえ、嫌われても・・・」

ああ、そうだった
勇気を出して、再び伝えた
通じた

諦めなくてよかった
ものわかりのいい人にならなくてよかった


AD

パラドックス

テーマ:
幸せになりたいと思うほどに
幸せから遠ざかり

楽しもうとするほどに
楽しくなくなり

リラックスしようと思うほどに
緊張し

何者かになろうとするほどに
何者にもなれず

ポジティブになろうとするほどに
闇が大きくなり

無になろうとするほどに
雑念が湧く

この世はパラドックス

手放せば入ってくるのに
しがみついていることに気づかない

絶望があきらめとなり(明らかとなり)
パラドックスから抜け出させてくれる


AD

サレンダー 降参

テーマ:

「もう、我慢しなくていいよ」
「好きに生きていいよ」
何度耳にしただろう
外側からも
内側からも

いったい何を我慢してるっっていうの?
いやいや、好きに生きてますけど?

その都度、頭の中で反論していた

「もう、がんばらなくていいよ」
「やりたくないことはやらなくていい」
「好きに生きたらいいよ」

またか
と思いながらも目からは涙がこぼれた


反論はなかった

AD

宇宙の中心へダイブ

テーマ:
ワンネスさんのお宅で出会った「ことだま ことほぐ」のほぐさん
 
私が到着した時に、パンを買いにいらしてて
なんてピュアな美しいお嬢さんなんだろうと
どきどきして眺めていたら、お話する機会があり
絵を描いていらっしゃるのがわかり、描いていただくことになった
(その後、ほぐさんも宴に参加される流れに)
 
送っていただいた絵がこちら
 
これが私、私の魂?エネルギー?
どちらにしても、嬉しい
とっても気に入ったから
 
鳥が天から突撃してきている・・・
そんな風に感じてはいても言葉に出来なかった私
 
そこの部分を見事にほぐさんは表現してくださった
私の娘よりお若いほぐさん
感性や表現力に年齢は関係ないのですね
感想を送った後にくださったメールにはこうありました
 
 
**************
 

実はこの絵、水色と青の世界のバランスを

ピンクが崩すように入ってきて、

どうなるかな〜と見守っていたんです。

ピンクが水色の広がりをブロック

していた、というか。

そのあとで鳥がでてきて…。

ピンクの壁を突き抜け、

一気に絵に動きと調和が広がりました。

宇宙の中心へダイナミックなダイブ。

この絵のこの後の物語を想像すると、

鳥は、きっと愛そのものに変容するのですね。

私が絵を描きながら感じたことですが、

面白いかなと思い、書いてみました。

絵の解釈は見る人の数だけあると思っているので、

たえさんの感じられたことが一番です☆

 

***************

 

 

ワンネス学校参加中に気づいたこと

(皆さんが気づかせてくれたのだけど)

まだ私は私を止めている

ありのままを許していない

殻を破ることへの恐怖

それが、この絵で出来るという自分への信頼に変わった

 

ほぐさん、ありがとう

ワンネス学校に参加して

テーマ:

ワンネスさんのブログと繫がったのは、1年とちょっと前
真砂リカさんという方がFBでシェアされてたのを読んで
心を鷲掴みにされたのが始まり
透明感、澄み渡った空気
私の理想の世界がそこにあった



ブログを読んでいるだけでは、私が入っていける余地は全くないのではないか

と思うほど毛色の違う方々、違う世界の人々という印象を持っていたけれど
(異次元、そんな言葉がしっくりくるような)
実際伺ってみると
その日集まった人たちは、とても人間ぽくて愛すべき人たちだった
ワンネスさんご夫妻はいうまでもなく

ここの参加を決めたのは、昨年の10月
その頃は、私も調子が良くて、何か相談したいとか、聞いてみたいことがあるとかではなくて
単純にワンネスさんの暮らしぶりをのぞいてみたいという興味だけだったのが
いざ、その日が訪れてみると、私は迷路にはまり込み、なにもかもリセットしたい衝動にかられていた。

こういうのを「うまくできている」というのか



みんなで囲んだ宴は最高に楽しく





私の知らない世界が広がっていた