薔薇の華やかさに憧れ
お金を生み出さない名もない野の花には価値がないと思っていた
私は薔薇になるんだ!
こんな私は私ではない!
生きづらさや苦しみが、他人の価値観や評価を基準に
生きていることからくるものだと気づかずに
幸せから遠ざかっていた日々

自分を知ること
あるがままに自分を見ることは
時間を要し、時に痛みを伴った
その先に「ほんとうの幸せ」が待っていることに気づいた時
「名もない花」と思っていた花にも名前があることを知った


AD

イカンバカールの帰り道

テーマ:
ジンバランのイカンバカールで食事を済ませた私は、暗い夜道をホテルへと歩いていた。
「今日のお店は失敗やったわ、高いし、美味しくないし・・・・、私の直観なんてぜんぜんあてになれへん」
と、その時だった。
肩にかけたエコバッグがぐいっと引っ張られた。
何が起こっているのかわからないまま悲鳴を上げた。
エコバッグは抵抗もむなしくもぎとられ、二人乗りのバイクが走り去っていった。
事態を理解し、どうしようとうろたえそうになった私の目の前に
バッグから滑り落ちたのであろう中身が散乱していた。
財布、携帯電話、老眼鏡・・・
ないと困るものは全てそこにあった。
彼らが持って行ったのは、AfternoonCafeのエコバッグ、「地球の歩き方」、スカーフ、ホテルのルームキー
困ったものがひとつあった・・・

ホテルへ帰り事情を話すと、みんなやさしく、すぐに別の部屋を用意してくれて、キー代を弁償するといっても受け取ってくれなかった。
ホテルに迷惑かけてしまったけど、腕に青たんが出来ただけですんだ。
「大難が小難に、小難が無難に」という言葉が浮かんだ。

今回の渡バリで、私はなぜかエコバッグを2つ持って来ていて、あてにならないと毒づいた私の直観はこんなところで発揮されていた。

*ジンバランのイカンバカール(シーフードのBBQのような感じ)は有名で、浜辺で食べるお味は格別です。


AD

インチョン空港でのこと

テーマ:
今回の渡バリは、大韓航空を利用
帰りの乗継便が欠航となったため、インチョン空港で10時間近く待ち時間があった。
ほとんどレストエリアで過ごしていたが、気分転換に滑走路が見渡せるお洒落なカフェに入った。

そこで、少し生活に疲れているような表情の母らしき人とやさしそうな物腰の青年が隣に座った。
なんて幸せだろう、本人たちは気づいていないかもしれないけど・・・
「どうぞ、これからもお幸せに」と
思ったとたん、熱いものがこぼれそうになった。

それと同時に、最近、次男とメールのやり取りをするようになったことが浮かんだ
別々に暮らしだしたこともあるけれど、いろいろときっかけがあって
メールをしてきてくれるようになった。
隣の親子のようになれる日が来る
そんな予感に胸が震えたのかもしれない



バリ島を訪れるたびに私の中の闇が
ひとつ、またひとつ、と統合されていく
丁度、今年のタロットのイヤーカードは「月」
闇に向き合うと、「太陽」が待っている


AD
バリ島から帰国して、はや4日が経とうとしています。
ご報告が遅れましたが、滞在中の6日に開催しましたシンボリックメディテーションの会にお二人の方が参加下さいました。
お一人の方は、偶然旅行中にネットで見つけたとか
繋がる人とは繋がるのですね

「人間関係をより良いものにするメディテーション」は全部で7つあり
瞑想時間も長く、普段使っていない脳を使うため、ちょっと大変なのですが、よく頑張って下さいました。
お二方とも、それぞれの色に対応した人が瞑想中に出て来て、凄いなと私が感動

後から、「とてもスッキリしました」というご感想をいただきました。
これから、より良い変化がありますよう願っています。


リトリート回顧録②

テーマ:
今回は異例ともいえるタロットリーディングがプログラムに入っていた。
私もタロットリーダーの端くれとして、興味深々
いや、はっきりいうと、少し見くびっていたかもしれない
(私がお世話になった方々程ではないだろうと、汗)

臨時に作られた部屋は、爽やかなサーモンピンクのようなアースカラー、どことなく異次元な雰囲気を醸し出していた。
質問はさせてもらえず、「あなたに今必要なメッセージをお伝えします」と言われ
(後から聞くと、質問した人もいるようです)
初めて見た少し小ぶりのカードをシャッフルして、78枚から21枚を引く
こんなに情報量一杯でどうやって読むつもり・・・
と思うやいなや、まるでチャネラーのようにとうとうと話し出した
少しの合間をぬって、さえこさんが通訳してくれる

内容は、占星術でおそらくこんなことがあるだろうと予測していたことや、タロットパスワークで見ていたビジョンなどが含まれていた。
その中には私の「特別感」を満たしてくれるものもあったけれど、それはあくまで応援であり、「そこを意識すると危険よ!」という突っ込みを入れながら、自分の課題をしっかりと胸に刻んでおこうと気を引き締めた