キロンの影響

テーマ:
昨日の半影月蝕はTスクエア(ハードなことを通して物事が動いたり、価値観が変わる作用がある)を作っていたが、同時に傷と癒しを意味するキロンもそばにいた。
昨夜はそれを象徴するかのようなことが起きた。

9月15日は孫の誕生日、その日私は孫へのお祝いもそこそこにお嫁さんへの感謝や労いの言葉を贈った。

長い間、姑の過干渉に苦しんだ私は
(もちろん、今となっては私に責任があることは承知しています)
お嫁さんには、なるべくかかわらないようにしていた。
孫がこんなこんなで大変なんです、と言われても
姑という立場上、何かアドバイスをして余計に追い詰めてしまわないか
と口をつぐんでいた。
長男一家は世間一般からすると
優等生的な家族のように見えるかもしれないが
私からは、誰もが一生懸命で、
長男はより高みをめざして仕事に精を出し
お嫁さんは立派に子育てしようとがんばり
子供たちは親の期待に応えようといっぱいいっぱいでパニクリ
何かゆとりのなさを感じていた。
でも、それはそれで彼らの生き方であり、見守るしかないと
(本当は、見ないように蓋をしていたのかもしれないけど)

お嫁さんの返事にはこうあった
「お母さんのメッセージを読んで、涙が止まらなくなりました・・・」と

通じた・・・
私は胸をなでおろすと同時に温かいものが広がっていくのを感じた
一緒に癒された気がした。

いっぱいいっぱいだったのは私も同じかもしれない
私も私に我させていたことから解放してあげよう


AD
今朝の半影月蝕、私の生まれた時の月の位置と、1度のずれもなくコンジャンクション(重なった)
どうなることかと思ったけど、ここ数日の凄まじい怒り、葛藤によって、既に手放しを余儀なくされていたので、何事もなく過ぎ去りそう・・・かな?

(占星術を知らない人には、説明もなくすみません)

このところの柔軟宮祭り
ネイタルに乙女座、射手座、魚座と正に柔軟宮の星オンパレードの私
ここ数か月、トランジットが重要なアスペクトを組む日には、必ずと言っていいくらいネイタルの星が絡んでいた・・・

きつかった
一転二転三転と、どこまで転げていくのやら
でも、そのおかげで、「ありえない」「そんなわがままな」
という選択にふみきる覚悟ができました。
怒りや葛藤をただ感じ続けていたら
ふと、ある朝目覚めたら腹が据わっていた、みたいな感じで

後は自分を信頼して、一歩踏み出すだけですね

今日は、今までの怒涛の日々をねぎらって
カフェ「米なごみ庵」さんで、和スイーツを食べてなごんできました☆




AD

浄化の嵐

テーマ:
昨夜、猛烈な怒りに襲われた。
それは、2,3日くらい前から、少しずつ顔を出していて
胃がムカムカしたり、夫の言動にイラついたり・・・
一昨日は、断食もしていた

その猛烈な怒りのターゲットになったのは
もちろん夫
もう、我慢できない!
やっぱり、一人暮らししたい!
耐えられん!
という気持ちが湧き出て
それは、ものすごい勢いだった

パートナーシップの課題は
ここ数年続いていて、乗り越えたと思ったら、また、あらわれて
を繰り返している
最初は、私が言いたいことを言えないことだったり
コミュニケーションの未熟さだったりで
それはそれなりに
私の成長に役立ってくれていた

最近は、もっぱら私自身が抱えている怒りに問題がありそうだ
(過去、潜在意識の中に溜め込んだものだったり
前世から持ち越しているものもあると聞く)
それが、繰り返し出て来ているだけで
怒りの相手は、ただ、私と接触してる人なら誰でもいいし
誰でもなりうる可能性はある

そう結論づけているのは、瞑想中に何度かそう感じたから

だがしかし、そうとわかりつつも
怒りが噴出しているあいだは
そんな理屈では鎮まらない
いや、鎮め方はいろいろある
リラックスできる音楽を聞いたり
アロマを焚いてみたり
美味しいものを食べたり・・・
(エネルギーワークは、ヴィパッサナーが禁じている)

でも、昨夜はそれをしたくなかった

以前、クンダリーニが上昇する過程で
ものすごい怒りが湧いてくるという話を聞いたことがある
そして、それは止めてはいけない、ということも

同じく、6月のヴィパッサナー瞑想合宿で
耐えられないほどの怒りに見舞われた人がいた
(終了日には鎮まったようです)
それも、潜在意識の汚泥を落とすプロセスのようだった

私も、6月の合宿で、吐き気と頭痛というプロセスに見舞われ
帰ってからもしばらく悩まされたけど、1か月ほどでおさまっていた
ヴィパッサナーの瞑想は現在も続けている
これが、もし、プロセスなのであれば、止めてはもったいないと思った

そして、猛烈な怒りと向き合いながら
ただ感じることに努め
いつしか眠りについた。

今朝、起きると
まるで、一晩高熱にうなされ、翌朝熱が引いた時のように
身体はだるいけれど、気分はスッキリ
全てが洗い流されたような気がした

その後、まだ燃えカスがあるのを感じたけれど
それでも、かなりの怒りが私の身体から、潜在意識から
出て行ってくれたように思う

プロセスは、まだまだ続きそう


AD

休めない理由

テーマ:
連日深夜までの残業がめずらしくない日本
長男の以前の勤め先がそうでした。
家に帰ってもあまり寝る時間がとれないので社内で寝泊りする人もいたとか

異常じゃない?と思うのですが、企業側の問題だけでもないのかも、と
凛さんの記事を読んで思いました。

休めないとか、ぽっかり時間が空くと落ち着かない人の中には、
「自分の本当の気持ちに気づいてしまう」と大変なので
忙しくして気づく暇がないようにしているということもあるんじゃないかと思うのです。

ちょっと、飛躍しすぎ?



この記事の続きも興味深いです。


cafe Ciel さん

昨日、黒川温泉内?近く?にあるcafe Ciel さんにお邪魔しました。
とてもお洒落な空間で、どれも洗練されたお味でした。
なかでも赤ビーツのボルシチが抜群♡







数日前、黒川温泉にきた時に入湯手形というのを買ったので、温泉にも入りました



こちらは、¥1300で黒川温泉内24件のお湯
どこでも好きなところを選んで3件入ることができます。
しかも半年間有効
でも、このペースだと1か月も持たないようですね



今は、生活全てが旅のような感じ
これって、誰かの占星術の本で読んだとおりになってます☆