2004年11月11日 21時00分30秒

もうしばらくお待ちください。

テーマ:優良企業分析ブログ
優良企業分析その2-2 トヨタ自動車

「中国市場でのトヨタ戦略」で分析中です。

もうしばらく、お待ちください。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2004年11月06日 14時14分13秒

アドバイスを頂きました。

テーマ:優良企業分析ブログ
「ブログにご意見さん」から、アドバイスを頂きました。

アドバイス頂いた部分を若干修正し、分析部分を少し増やしていきたいと思います。

優良企業株を買うのに迷っている皆さんのお役に立てれば幸せです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2004年11月05日 02時22分13秒

優良企業分析その2 トヨタ自動車(株)

テーマ:優良企業分析ブログ
トヨタ自動車(株) (東証1部:7203)

1 事業概要:
  ・「自動車」・・・国内外における自動車の製造、販売
  ・「金 融」・・・顧客への自動車ローン、販売店への資金の貸付
  ・「その他」・・・住宅設計、製造、販売、

2 特  色:
 いわずと知れた、日本を代表する企業です。トヨタ=日本、日本=トヨタと、日本快進撃の立て役者ではないかと考えます。1995年の日米自動車競技により、海外生産や部品購入を海外に移し、グローバル化を強力に推進した結果、今や世界最大の自動車メーカーGM社を脅かす存在となっています。2003年の世界販売台数でフォード社を抜き2位に躍り出ています。

3 最新実績(17年3月期:H16.4.1-H16.9.30)
  ・自動車
    生産実績 3,469,053台(日本2,177,133台 海外1,291,920台)13.2%増加
    販売実績 3,567,081台(日本1,106,718台 海外2,460,363台)12.5%増加 
    売上高  8兆3,396億円(前年比 +7.492億円)
    営業利益  7,586億円(前年比  +542億円)
  ・金 融
    売上高   3,844億円(前年比 +129億円)
    営業利益  1,027億円(前年比 +410億円)
  ・その他
    売上高   4,668億円(前年比 +631億円)
    営業利益   127億円(前年比) +67億円)

4 中間決算の業績
 ガリバーの分析で示したように、日本における、新車登録台数推移は、年々減少傾向にあります。しかし、トヨタ自動車は、国内での軽自動車を除く販売シェアを4.6%と前年同期比+2.1%増加の中間決算を発表しました。
 海外においても、全地域で販売実績を伸ばし、原油高や円高などの逆風にもかかわらず、中間期としては6期連続の過去最高を更新しました。

5 同社の強み:
  ・高耐久性、高品質な自動車の製造
  ・GPC(グローバル生産推進センター)での世界同時モデルチェンジへの取り組み
  ・最先端技術の導入に莫大な資金の投入
  ・富裕層向け高級ブランド「レクサス」の日本上陸
 
6 株価情報:

 取引値1   11/4     4,110円
 発行済株式数   3,609,997,492株
 配当利回り        1.09%
 1株配当         45.00円
 株価収益率(連)     11.99倍
 1株利益(連)      342.90円
 純資産倍率(連)      1.58倍
 1株株主資本(連)   2,602.72円
 株主資本比率(連)     37.1%
 株主資本利益率(単)     9.95%
 総資産利益率(単)     6.68%
 調整1株益(連)      342.86円
 決算年月        2004年3月
 単元株数          100株

7 株価予想:
 株価に関しては、材料で尽くし感から一端下も考えられ、3,800円近辺で待つことが出来るのではないでしょうか。
 ただし、外国人からの強烈な買いが入る可能性もありますので、日経平均を見ながらの対応が良いでしょう。特に、欧州勢からの売り買いには、注意する必要があります。ここ数年では、欧州が動き始めてから欧米が動く傾向があるようです。
 東証のホームページでは、1ヶ月ごとに外国人の売買動向を公開していますのでチェックしてみてください。

8 気になるリスク(要チェック!)
 JDパワー・アンド・アソシエイツをご存じでしょうか?JDパワーは、自動車の自動車購入後の初期品質調査を専門に行っている米国発の調査会社です。米国では、JDパワーの調査結果に対する重要性が既に浸透しておりますが、その調査でのトヨタのランキングが最近、下降傾向にあります。
 米国でのトヨタブランドの種類は、レクサス、トヨタ、サイオンの3つがあります。ランキングで、レクサスが1位を獲得しているものの、トヨタは8位、サイオンは下から4番目の34位となっています。

 あと、記憶に新しいのが、グローバル展開を目指している中国において、プラドを販売しましたが、中国向けのネーミングに失敗し、中国進出の出鼻を挫かれ、今後、中国ユーザーを取り込むためには多大な労力を必要とすることが考えられます。
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2004年10月31日 00時29分48秒

優良企業分析その1 (株)ガリバーインターナショナル

テーマ:優良企業分析ブログ
(株)ガリバーインターナショナル (東証1部:7599)


1 事業概要:
  ・「直営店舗等による中古自動車の買い取り及び販売」
  ・「フランチャイズ契約により生じるロイヤリティ及び研修等による役務の提供並びに中古自動車の売買の仲介」

 
2 特  色:
  同社は、中古車の展示販売を一切行わず、買い付けた中古車を自社システムのドルフィネットシステムもしくは、オークション会場で販売するという、画期的なビジネスモデルで成長し続けている会社です。
  1994年4月に事業をスタートし、2003年8月に中古車業界として初めて、東京証券取引所市場第一部に株式上場しています。この間、わずか9年4ヶ月というスピードです。


3 実  績
  ・買取実績 1,250,000台(2004年実績:250,000台)
  ・販売実績  150,000台(2004年実績: 45,000台)
   
   
4 業界動向
  日本における、新車と中古車の登録台数推移は、1991年に中古車登録台数が新車登録台数を上回り、2003年には新車582万台に対して中古車819万台と、中古車登録台数は約1.4倍まで拡大しています。
   

5 同社の強み:
  ・全国で513店舗を展開する買い取りネットワーク(直営店237+加盟店276)
  ・全国150箇所のオークション会場との提携により、販売価格が高い会場で販売
  ・在庫期間1週間~10日でオークション会場に搬送
  ・画像による車販売システム「ドルフィネット」により、中古車販売業者へ直接販売
  ・最大2年間の保証制度の導入
  ・メジャーリーガー松井秀樹選手とのCM契約


6 最新決算状況:
 17年02月中間決算(H16.10.19)は、下記に示すとおり着実に高成長を維持しています。
        17年2月中間期   16年2月中間期
   売 上 高 66,154百万(19.3%)  55,440百万(22.4%)    
   営業利益 3,907百万(30.5%)   2,994百万(15.3%)
   経常利益 3,907百万(29.5%)   3,016百万(14.9%)
       *パーセント表示は、前年中間期増減率です。


7 株価情報:

  取引値     10/29 10,760円  
  発行済株式数   10,563,900株
  配当利回り       1.07%
  1株配当        115.00円
  株価収益率(連)     27.35倍
  1株利益(連)      393.36円
  純資産倍率(連)     6.57倍
  1株株主資本(連)   1,636.74円
  株主資本比率(連)    59.3%
  株主資本利益率(連)   28.81%
  総資産利益率(連)    17.50%
  調整1株益(連)     384.92円
  決算年月       2004年2月
  単元株数         10株


8 株価予想
  2年チャートを見てみると、ペナント型の三角保ち合いを形成中であり、業績から推測すると上昇ペナント型を期待できるものと考えています。ただし、レーティングについての強気は、5社から4社に減少しています。 
  

9 気になるリスク(要チェック!)
  業績、戦略とも申し分ありませんが、インターネット上でのガリバーへの苦情の書き込みが気になります。
  例えば、従業員・加盟店への待遇や営業マンの接客態度の苦情の書き込みが目立ちます。
  今後の課題としては、従業員教育及び職員待遇の整備が必要になってくるのではないかと考えます。

 さらに、トヨタなどのディーラーも中古車買い取り専門事業(TーUPなど)を手がけ始めており、業界での競争の激化が予想されます。今後の企業戦略も注目していく必要があります。

****************************************************************************

<書き忘れ追記>
ガリバーは、ニューヨーク・ヤンキース松井秀喜選手とタッグを組み、「ガリバープレゼンツ・松井秀喜ホームランチャリティー 世界遺産スタディープログラム」を実施しています。
「日本の将来を担う子供達を対象に公募を行い、彼らに世界遺産登録地への訪問や地元の方との交流会等を通じ、地球の偉大さや先人の創造力に実際に触れてもらう事で、チャレンジ精神や大きな夢を育んでほしい」としております。

運営資金は、シーズンの公式戦におけるホームラン数を、背番号55番にちなみ1本55万円で換算し、合計本数に値する金額を原資としてガリバーが拠出する事とします。
  現在ホームラン31本なので、1,705万円(55万円×31本)を拠出していただけます。

余談ですが、私は世界遺産が大好きで、地球人として大切に守らなければならないものであると考えています。私の最終目標は、事業を展開し生み出した生産性を地球上の「たぐいまれな世界遺産」に継続的に還元するシステムを構築することです。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2004年10月30日 20時27分49秒

タイトルとテーマの変更

テーマ:優良企業分析ブログ
またまた、5名の方に読者登録していただきました。

登録していただいた方々は以下のとおりです。
ありがとうございました。

miwamadoka様:育株(儲かるチャート分析)
mii143様:稼げるマネープラン
howtokabu様:やさしく株がわかる
konitanblog様:投資、経済、日常、人生
yuukanmadam様:夕刊マダムの悠々優待生活


miwamadoka様から頂いたアドバイスに基づき、タイトルとテーマを変更させていただきました。

今後は、投資に役立つ優良企業の株価分析に絞って、情報を提供していきたいと思います。

記念すべき優良企業第1号は、 (株)ガリバーインターナショナル (東証1部:7599)
の企業分析を掲載したいと考えています。

現在、詳しく分析中ですので、しばらくお待ちください。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。